マカオ
マカオ観光
世界最大のカジノ都市の豪華すぎるカジノが話題

地元マカオ人に聞いた!マカオで食べるべきおすすめマカオグルメ8選

取材・写真・文:

東京在住

2018年9月4日更新

134,900view

お気に入り

この記事の目次表示

5.日本人に定番のマカオスイーツ、エッグタルト(Lord Stow's Bakery 安德魯餅店)

  • 写真:kyonntra

日本人にもお馴染み、マカオを代表するマカオスイーツの定番、エッグタルト。もともとは、ポルトガルのスイーツですが、元ポルトガル領だったマカオならではのエッグタルトを、ぜひ味わってみてください。

たいていどこのお店でも売られており、どこで食べてもはずれのないエッグタルト。中でも地元マカオ人のおすすめは、Lord Stow's Bakery 安德魯餅店です。ダウンタウンのはずれにあるパン屋ですが、エッグタルトを求め、多くの観光客が訪れています。

  • 写真:kyonntra

エッグタルト以外にも、たくさんのパンが並んでいます。

Lord Stow's Bakery
マカオ / パン・サンドイッチ
住所:路環市區市中心撻沙街 1 號地下地図で見る
電話:2888-2534
Web:http://www.lordstow.com/

6.名もなき有名露店、ふわふわ焼きたてワッフル(Pensao Ka Va付近の露店)

Pensao Ka Vaという建物沿いの坂の途中で、日中の数時間のみ営業する露店です。ここのワッフルも、食べられるかどうかは運次第。

  • 写真:kyonntra

お店が出ているときは、地元住民が群がっています。

  • 写真:kyonntra

サクサクの焼きたてワッフルに、たっぷりとバターを塗りこみ、パタッと二つ折りで渡されます。

  • 写真:kyonntra
ワッフルの露店
マカオ / スイーツ
住所:Pensao Ka Va, Patio das Flores, 1-9號地図で見る

7.小腹がすいたらぜひ!カレー風味のおでん(恆友魚蛋)

  • 写真:kyonntra

世界遺産であるマカオ歴史地区などの観光スポットの近くにあるので、ぜひ立ち寄ってほしいお店。マカオ人によると、恆友魚蛋はごはんとしてではなく、おやつ感覚で食べるおでんなんだとか。日本でいう、たこ焼き感覚でマカオ人には親しまれています。

  • 写真:kyonntra

まずは、豊富な食材のなかから自分の食べたいおかずを選び、

  • 写真:kyonntra

お店の人に、カレー風味のだしで、一気に茹で上げてもらいます。小腹がすいたらぜひ味わってみてください。

  • 写真:kyonntra
恆友魚蛋
マカオ / アジア料理
住所:新馬路大堂巷12C號地下地図で見る

8.国民的定番マカオグルメ、ポークチョップ(雅憩花園餐廳)

  • 写真:kyonntra

意外にもマカオ人にとって国民的フードであるのが、肉をオーブンで焼いて、ケチャップで味付けしたポークチョップ。ポルトガル文化を受け継いだ、マカオでは馴染みのある食べ物だそうで、マカオのたいていのレストランで食べることができます。

雅憩花園餐廳で味わえる、甘いケチャップで煮られた厚切りの豚肉をご飯の上に乗せた丼ぶりは、大変ボリューミーで食べごたえもありますよ。

またこちらのレストランでは、海鮮料理が一番の目玉だそうです。値段も大変リーズナブルなのが特徴で、一人旅や少人数旅行でも、大変お手軽な値段で食事ができるのがいいですね。

  • 写真:kyonntra
Cafe Nga Tim
マカオ / アジア料理
住所:路環市區計單奴街8號地図で見る
電話:2888-2086

そもそもマカオって?

もともと植民地時代、ポルトガル領だったマカオ自治区。現在でも香港や台湾と同様、中国の特別自治区として指定されています。厳密には国としてマカオを認めていない国も一部ありますが、独自の通貨、文化が存在し、マカオ国民のパスポートだってあります。主要観光スポットは、カジノや、世界遺産です。

マカオでの通貨について

マカオ通貨はありますが、マカオでは香港通貨も使うことができます。ただし香港ドルで支払いした場合、お釣りはマカオ通貨になることがほとんどです。

マカオで気を付けなければいけないのは、マカオ通貨は、マカオ国外では両替できない点です。マカオを出る際には、必ずマカオ国内ですべてのマカオ通貨を換金するか、使い切るようにしましょう。

まとめ

地元マカオ人に聞いた!マカオで食べるべきおすすめマカオグルメ8選を紹介しました。いかがでしたか。香港同様、広東料理も親しまれていますが、植民地時代の名残もあり、ポルトガル料理も魅力なんですよ!

マカオグルメの味付けは、大変日本人好みであることが多いので、近隣の台湾や香港よりもはずれにあたることも少ないです。

マカオは小さい国ですが、私たちが知らないだけで、魅力溢れるグルメ大国。ポルトガル文化と広東文化の混ざった、独自のグルメが食べられるのはマカオならではですよ!ぜひ、エッグタルト以外のマカオグルメにも挑戦してみましょう。

マカオの旅行予約はこちら


マカオのパッケージツアー(新幹線・飛行機付宿泊プラン)を探す

マカオのホテルを探す

マカオの航空券を探す

マカオの現地アクティビティを探す

(現地ツアー&体験)

(チケット)

マカオのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


毎日でも食べたい!1,000円以下で食べられるマカオの絶品グルメ5選

世界遺産に街歩き、カジノにエンターテイメント、楽しいことが盛りだくさんの、マカオのもう一つのお楽しみは「食」。本場中華料理からポルトガル料理、ゴージャスホテルで...


極上のホテル!ザ・リッツ・カールトン・マカオで美食とスパ体験!

5つ星ラグジュアリーホテル“ザ・リッツ・カールトン・マカオ”は、リゾート施設であるGalaxy Macau(ギャラクシー・マカオ)内に建つホテルで、マカオのタイ...

ランチがおすすめ!マカオのミシュラン3つ星レストラン”Robuchon au Dome”

日本のフランス料理界に大きな影響を与えたシェフの一人、ジョエル・ロブション(Joel Robuchon)。そのすごさは、1976年にフランスの国家最優秀職人章(...

極上ステイ「マンダリン・オリエンタル」で過ごすマカオの旅

5つ星ホテル「マンダリン・オリエンタル・ホテル・マカオ」は、ホスピタリティー優れるサービスや、大人気のレストラン・バーも楽しめる注目のホテル。マカオ半島側に位置...

見どころ厳選で行く弾丸マカオ、観光・グルメ・お土産スポット4選

ユネスコの世界遺産である、歴史地区の遺跡や、旧ポルトガル植民地だった頃の面影が残るマカオ。香港観光とセットで、日帰りでマカオに行かれる方も多いです。今回はそんな...

この記事を書いたトラベルライター

エディター/写真作家
20ヶ国を超える国々に事務所をもつフォトエージェンシーの契約写真作家です。国内では大手サイト及び雑誌や書籍のフリーライター兼フォトグラファーとして活動しています。tripnoteでは駆け出し時代の2016年よりトラベルライターとして好きなものを好きな感じで、今もマイペースに細々と書かせいていただいています。(現在28記事/ 約35万アクセス)
過去のアーカイブはこちらでご覧いただけます。
https://tripnote.jp/writer/kyonntra
https://www.instagram.com/kyonntra/

緊急事態⚠︎空港で預け荷物が届いてない時の5つの心構え【保存版】

旅行先での相棒といえばのスーツケース。フライトを終え現地の入国審査を終えて、あとは旅の相棒(スーツケース)をお迎えに。「さあ!旅のはじまりだ」なんてスタートのは...


ハローキティ新幹線2021年版、最新情報まとめ

新大阪駅〜博多駅間を1日各1本限定で走行するハローキティ新幹線。車両全体がりぼんに包まれたデザインで、かわいい車体が特徴です。2018年より走行しているハローキ...


フォローしたい!旅動画&写真が凄い男性インスタグラマー5人

前回トリップノートでは、「フォローしたい♡世界を旅する日本人の女子インスタグラマー5人」をご紹介しました。今回は男性にフォーカスして、旅動画&写真が凄いインスタ...

フォローしたい*インスタジェニックな旅動画が凄いクリエーター5人

ストーリーをはじめとする機能がますます充実し、人気が広がるインスタグラム。皆さんにとっても旅先での必須アプリの一つではないでしょうか。多くの人が憧れるインスタ映...

フォローしたい☆話題のフォトジェニックが凄いインスタグラマー5人

インスタ映えという言葉に加え、今話題の言葉、フォトジェニック。そもそもフォトジェニックって何?イメージが湧くようで、くわしい意味はわからない人でも、今回紹介する...

トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります