宮島
宮島観光
瀬戸内海に立つ大きな鳥居がシンボル

これさえ押さえておけば大丈夫!宮島で行くべきスポット7選

取材・写真・文:

兵庫在住
訪問エリア:18都道府県

2018年7月9日更新

19,030view

お気に入り

写真:まなもんさん

国内外の観光客に人気がある広島県・宮島。厳島神社は有名ですが、それ以外はどこに行けばいいのか分からない方もいるかと思います。今回は、最低限ここだけ行けば宮島のスポットやご当地グルメ、お土産は大丈夫!なお店やスポットについて紹介していきます。

この記事の目次表示

【1】スターバックスコーヒー厳島表参道店

  • 写真:まなもんさんスターバックスコーヒー厳島表参道店・外観
  • 写真:まなもんさん店内にあるブラックボード(2018年4月撮影)

2017年11月、日本で唯一船に乗って行くスターバックスコーヒーが宮島にオープン!店内は宮島を訪れた国内外の観光客や修学旅行生で溢れかえっています。

広島限定と厳島表参道店限定のタンブラーやマグカップ等も販売されているので、お土産にもピッタリです。

  • 写真:まなもんさん

2階は木の温もり溢れる飲食スペースで、特に宮島名産のしゃもじが飾られた壁は必見です。外にはテラス席もあり、瀬戸内海を見渡せ、潮風を感じられますよ。

スターバックスコーヒー厳島表参道店
宮島 / カフェ・喫茶店
住所:広島県廿日市市宮島町459-2地図で見る
電話:0829-40-2205
Web:http://www.starbucks.co.jp/store/search/detail.php...

【2】宮島水族館

  • 写真:まなもんさん宮島水族館・外観

宮島にある唯一の水族館で、周りの景観に配慮し外観が和風になっているのが特徴です。入場料は高校生以上:1,400円、中学生・小学生:700円、幼児:400円、4歳未満:無料です。

こちらの水族館でしか見られない「カキいかだ」やテッポウウオのシューティングパフォーマンス、ペンギンとの触れ合い、アシカのショー等見どころ満載です。

  • 写真:まなもんさん
  • 写真:まなもんさん

2018年9月30日(予定)までは地元広島の球団「広島東洋カープ」の応援の一環として、カープグッズが使われた「カープ応援アレンジ水槽」や「カープ応援壁面」、「カープ応援フォトスポット」が展示されており、賑やかで見ていて楽しい気分になれます。

宮島水族館みやじマリン
宮島 / 女子旅 / 観光名所 / 水族館 / 子供が喜ぶ / 雨の日観光 / 夏のおすすめ観光スポット / 冬のおすすめ観光スポット / 遊び場
住所:広島県廿日市市宮島町10−3地図で見る
電話:0829-44-2010
Web:http://www.miyajima-aqua.jp/

【3】牡蠣屋(かきや)

  • 写真:まなもんさん牡蠣屋・外観

宮島でカキを食べるならこちら。カキ料理専門店の「牡蠣屋」です。焼きがきをはじめ、特選カキフライや牡蠣グラタン、かきめし等、カキ料理を堪能できます。またカキ料理以外に、アルコールも充実しています。

  • 写真:まなもんさん焼きがきとモヒート(広島レモンとストロベリー&ブルーベリー)

オススメは焼きがき(1人前4個1,200円:税抜)モヒート(各600円:税抜)

焼きがきは県内産のカキが使用されており、味付けはされておらず海の塩味のみでいただきます。ジューシーでカキの旨味が口いっぱいに広がるので、何も味付けしない意味が分かります。ちなみに、1個から注文することも可能です。

モヒートには自家製フルーツコンポートと自家菜園のミントが使用されています。味は4種類あり、ノンアルコールでもアルコールを入れてもらうことも可能です。

2017年5月には、牡蠣屋が手がけたモヒートのテイクアウト専門店「牡蠣屋のモヒート」もオープンしました。モヒートを飲みながら散策したい方は「牡蠣屋のモヒート」を、カキと一緒にお酒やモヒートを楽しみたい方は「牡蠣屋」をおススメします。「牡蠣屋」では、冬場はオイスターチャウダーの販売もあります。

牡蠣屋
宮島 / 魚介・海鮮料理 / ご当地グルメ・名物料理 / ランチ / 女子旅 / 一人旅 / 牡蠣
住所:広島県廿日市市宮島町539地図で見る
電話:0829-44-2747
Web:http://www.kaki-ya.jp/
牡蠣屋のモヒート
宮島 / ドリンク
住所:広島県廿日市市宮島町530-1地図で見る

【4】紅葉堂本店

  • 写真:まなもんさん紅葉堂本店・外観

もみじまんじゅうを天ぷらにした揚げもみじは、こちら紅葉堂の登録商標です。もみじまんじゅうはお土産として持ち帰ることが出来ますが、揚げもみじはこちらでしか食べられない宮島の和スイーツです。

  • 写真:まなもんさん揚げもみじ

味はこし餡、クリーム、チーズの3種類あり、値段は各180円(税込)です。揚げたてのもみじまんじゅうは衣がサクサクしており、和菓子が苦手な方でも食べやすいです。

串にささっているので食べ歩きすることも出来ますが、お店の中でイートイン出来るのも嬉しいですね。

紅葉堂 本店
宮島 / スイーツ / ご当地グルメ・名物料理 / 女子旅 / 一人旅 / もみじ饅頭 / 食べ歩き
住所:広島県廿日市市宮島町448-1地図で見る
電話:0829-44-2241

次のページを読む

宮島の旅行予約はこちら

宮島のパッケージツアーを探す

宮島のホテルを探す

宮島の航空券を探す

宮島の現地アクティビティを探す

宮島のレンタカーを探す

宮島の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年7月8日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【2020年版】みんなが行った国内の人気観光スポットランキングTOP50!

2020年の1年間にトリップノートアプリでトラベラー会員が登録した「行ったスポット」のデータを元に、トラベラーのみなさんが実際に行った国内の人気観光スポットラン...


【2020年版】全国の人気神社・お寺TOP60!旅行好きが訪れた寺社ランキング

2020年にトリップノートのトラベラー会員が登録した「行ったスポット」のデータを元に、トラベラーのみなさんが実際に訪れた国内の寺社ランキング【2020年版】をご...

【2021最新】全国の人気水族館TOP36!旅行好きが行っている水族館ランキング

沖縄美ら海水族館や海遊館をはじめとする全国の人気水族館を、トリップノートの6万8千人の旅行好きトラベラー会員(2021年1月現在)が実際に行っている順にランキン...

地元民おすすめ!広島・宮島食べ歩きグルメ9選

広島県、瀬戸内海に浮かぶ安芸の宮島。宮島にはお食事処やカフェ、出店がひしめき合っており、牡蠣やもみじまんじゅうをはじめ、食べて美味しい名物がたくさんあります!そ...

広島のおすすめドライブスポット33選!車で行きたい絶景スポット&名所特集

国の名勝に指定されている景勝地・帝釈峡や、日本で唯一間近で潜水艦を眺められるアレイからすこじま、しまなみ海道がつなぐ風光明媚な島々など、広島ドライブにおすすめの...

この記事を書いたトラベルライター

温泉かわいい研究家
国内旅行(特に温泉)が好きです。

某専門学校 旅行学科・ツアープランナーコース卒業。その為、旅行関係や温泉関連の資格はそこそこ取っていますが、特に温泉では20代であれば詳しいほうかなと思います。

鉄道旅も好きで、ドライブ旅(特にSAやPA巡り)も好きです。


また、温泉が好きで、女子の特権を活かし「オシャレでかわいく、快適に温泉を楽しみたい」と常に考えています。

実際に考えた温泉コーデや、自分なりにこだわりのある温泉グッズを持って、実際に温泉に足を運んで楽しんでいます。

これからも、どんどん日本各地の観光地や温泉を巡り、その良さを伝えていきます♪
https://ameblo.jp/sea7423

温泉好きが教える♪日帰り温泉で女性が必要な持ち物

日帰り温泉に行く際、皆さんは何を持っていきますか?今回は温泉好きの筆者が、日帰り温泉に行く際に持ち歩くアイテムを、「体や頭を洗う場合」と「湯船に浸かるだけの場合...


高速道路でスタバ!?SA・PAスタバでドライブ旅をもっと楽しく♪

皆さんは高速道路のSA・PA(サービスエリア・パーキングエリア)に、世界的に有名なコーヒーチェーン店「スターバックスコーヒー」があることをご存知ですか?今回はS...


【広島】ポルノグラフィティ聖地巡礼4選!第①弾:因島編

瀬戸内海に浮かぶ島といえば、淡路島や小豆島を思い浮かべる方が多いかと思います。今回紹介する、広島県と愛媛県を結ぶしまなみ海道にある「因島(いんのしま)」は、ポル...

これさえ食べれば大丈夫♪草津温泉のご当地グルメ4選

旅先でどうしても食べたくなるご当地グルメ。食べ逃すと後悔することもあるかと思います。今回は、群馬県で有名な草津温泉のご当地グルメを紹介していきます。紹介するのは...

【広島】ポルノグラフィティ聖地巡礼7選!第②弾:因島・尾道編

広島県尾道市(旧因島市)出身のポルノグラフィティ。特に2018年は、地元の高校の卒業式にサプライズ登場をしたり、9月には尾道でライブが開催される等、因島や尾道に...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります