ミャンマー
ミャンマー観光
世界三大仏教遺跡のひとつであるバガン遺跡は見逃せない

【ミャンマー】インレー湖ボートツアーで水上生活を覗こう!

取材・写真・文:

東京在住

2018年9月6日更新

2,628view

お気に入り

写真:Emily

ミャンマーのリゾート地の一つ、インレー湖。湖畔にはリゾートホテルが並んでおり、西洋人がバケーションを悠々と過ごしている様子が見られますが、ボートで奥に行くと、その土地に住んでいるインター族が日常生活を過ごしている場所になっており、独特の生活文化を垣間見ることができます。今回はこのインレー湖をボートで巡るツアーをご紹介します。

この記事の目次表示

ミャンマーのおすすめツアー
◆◇価格重視のスタンダードホテル宿泊◇◆<日本語ガイド送迎&毎朝食付/フリープラン>ヤンゴン4日間 
63,800円~114,800円
◆◇価格重視のスタンダードホテル宿泊◇◆<日本語ガイド送迎&毎朝食付/フリープラン>ヤンゴン5日間 
68,800円~125,800円
◆◇価格重視のスタンダードホテル宿泊◇◆<日本語ガイド送迎&毎朝食付/フリープラン>ヤンゴン6日間 
72,800円~135,800円

インレー湖とは

インレー湖はシャン州ニャウンシュエ県にある湖です。ヤンゴンから1時間のフライトで到着するヘーホー空港がインレー湖に行くための空路での入り口です。

空港からまずはインレー湖観光の拠点となる街、ニャウンシュエに行きましょう。タクシーで約1時間で着きます。ニャウンシュエの中心地からは西に進むと徒歩15分ほどでインレー湖に続く運河に到着します。

ボートのチャーターの仕方

  • 写真:Emily運河はボートがたくさん。夕方になると夕日がとても綺麗に見えるスポットでもあります。

運河にはたくさんのボートが並んでいます。歩いていると船頭さんが来てくれますので、何時間のチャーターが可能なのか(多くは1日/約8時間のコースか、半日/約4時間のコースです)を聞きましょう。

だいたい案内されるところは決まっているようですが、もしガイドブック等で見て、訪れてみたいところがあればそこからは交渉となります。

多くのボートは5人まで1台のボートに乗ることができます。料金はボート1台の値段で提示されます。今回は1日/約8時間で、18,000チャット(約1,470円)のツアーの様子をご紹介します。

ボートツアー開始の時間について

暑い時期は、昼間から出発するとボートの上で強い日差しを受けることになり、とても辛いので、朝早くから出発するほうを断然お勧めします。前日の夕方には交渉をし、翌日朝に出発してもらえるように集合時間を決めておくといいでしょう。

いざ、出発!!

運河にある船着場に到着すると、乗り込むボートに案内されます。

  • 写真:Emily縦1列に5人が座れる細長いエンジンボートに乗ります。

ここで救命胴衣を着て、船着場からボートを出し、早速出発!

  • 写真:Emily午前7時、まだ涼しいうちに出発です。

ボートはスピードを増し、かなりの風を感じ、そして水しぶきが飛んできます。

  • 写真:Emily

15分ほど進むと”Welcome to Inle”の看板。ここから「インレー湖」です。

人々の生活が垣間見える湖上

  • 写真:Emily
  • 写真:Emily

まず目に入るのがここインレー湖に住むインター族の漁師。小さい船に片足で立ち、船を漕いでいる姿を見ることができます。インレー湖を象徴する景色としても有名です。

浮畑と住居で湖上生活を垣間見られます

  • 写真:Emily

しばらくすると突如湖上に広い緑色の畑が出てきます。インレー湖では湖の上に農地があり、トマトや唐辛子などを育てているそう。湖の湖面が揺れるとその農地もプカプカと揺れる様子が見えます。

  • 写真:Emily

そしてインター族の住居も見えてきます。水の侵入を防ぐため、住居の床が高いのが特徴です。

  • 写真:Emily
  • 写真:Emily人々が料理の下準備をしていたり洗濯をする様子が見られます。

マーケットに行って人々の活気ある交流を見てみましょう

  • 写真:Emily
  • 写真:Emily

インレー湖に住む人々の貴重なお買い物場所になっている「五日市」。5日に1度の周期で日替わりで開催地が移動するので「五日市」と言うそうです。

ここでは新鮮な野菜からお土産にぴったりな小物、そして簡単な食事を取れるような出店もあります。人々が交渉しながら買い物をする、活気ある生活の様子を見ることができます。

  • 写真:Emilyインター族の漁師の形をした可愛い小物もあります。

工房見学でインター族伝統工芸作成現場を見学

ボートツアーでは湖上にある伝統工芸の工房に立ち寄ってくれます。もちろん、お土産としてショッピングもできます。

銀で作られたリアルなお魚を見よう!銀細工工房

  • 写真:Emily
  • 写真:Emily

細かい作業をして銀を細工していく様子がみられます。尻尾が本物のように動く魚のチャームがここでは有名です。また、銀で作られたピアスやネックレスなどのアクセサリーもあります。

可愛らしい小物がたくさん!紙工房

  • 写真:Emily
  • 写真:Emily

こちらでは丁寧に漉いた丈夫な紙で作られた工芸品を楽しむことができます。ランプシェイドや扇子が人気のお土産品だそう。

  • 写真:Emily

ここでは首長族の女性が織物を織る様子も見学することができます。記念写真撮影もできますよ。

日本でもおなじみのあの植物から糸が…!!織物工房

  • 写真:Emily

大きな機織りの機械を器用に動かしている若い女性。どんどん綺麗な布が出来上がっていく様子を見るのはとても面白いですよ。この織物、実はハスの茎の繊維からできた糸で作られています。器用にハスの茎から繊維を取り出す様子も見られます。

  • 写真:Emily

ハスの繊維からできた布は触り心地がよく、ストールがお土産品として人気だそうです。

いろいろな香りが楽しめるタバコ工房

  • 写真:Emily

工房に入ってすぐ、タバコの香りが漂ってきます。ここではアニス・メンソール・フルーツの香りのタバコを作っており、希望すれば試飲も楽しめるそうです。タバコを吸う方へのお土産にいいかもしれません。

次のページを読む

ミャンマーの旅行予約はこちら

ミャンマーのパッケージツアーを探す

ミャンマーのホテルを探す

ミャンマーの航空券を探す

ミャンマーの現地アクティビティを探す

ミャンマーのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年5月25日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

【ミャンマー】絶景!!落ちそうで落ちない不思議なゴールデンロック

東南アジア最後のフロンティアとして昨今注目を集めているミャンマー。国民の90%以上が仏教徒と言われています。パゴダという仏塔を配した寺院に行くと人々が熱心に信仰...

世界三大仏教遺跡「バガン遺跡」で押さえておきたい見どころ12選

カンボジアのアンコールワット、インドネシアのボロブドゥール寺院に並んで世界三大仏教遺跡と言われるミャンマーのバガン遺跡群。広大な平原に広がる、11世紀から13世...


【ミャンマー】古都マンダレー必見8大スポット

ミャンマー第2の都市であるマンダレー。ここは、ミャンマー最後の王都が置かれた王宮都市であり、旧王宮を中心に碁盤の目状に整備された街です。そんな街には、たくさんの...

【ミャンマー】意外に安い?!バガン遺跡の朝陽・夕陽を手軽に見られる「贅沢ホテル」宿泊のススメ

ミャンマーのバガン遺跡は、カンボジアのアンコール・ワット、インドネシアのボロブドゥールとともに、世界三大仏教遺跡のひとつと称されています。その絶景から見られる朝...


【ミャンマー】世界三大仏跡!シュエダゴン・パゴダの参拝徹底ガイド

カンボジアのアンコール・ワット、インドネシアのボルブドールと並んで、世界三大仏跡に数えられる寺院が、ミャンマーの旧都市ヤンゴンにあります。その寺院の名前は「シュ...

この記事を書いたトラベルライター

グルメもアートも世界遺産も絶景も!とことん貪欲トラベラー
普段は粛々と、黙々と、真面目に仕事をこなす30代会社員。でも、心の中はいつでも、次の休みはどこに旅行しようかな〜と考えている。友達とワイワイ行く旅行も好き。一人で現地で知り合った方とビールを飲みながらお話しするのも好き。旅先で欠かせないものはその土地ならではの食、世界遺産、美術、そして人との交流!せっかく旅行するのなら貪欲に自分のやりたいこと、見たいもの、食べたいものはぜーんぶ楽しむ♪ アメリカ・フロリダ州オーランドとシンガポールは1年ずつ住んでいたことがあるので、特に好きなところ!

【台湾・台北】人気スーパーで買うお土産にぴったりな台湾の味

みなさんは台湾に行ったらお土産に何を買いますか? 今回は、帰国してもいつでも台湾の味を楽しみたい!という方々のために、「食材系お土産」をご紹介します。観光客にと...

【フランス・トゥールーズ】「バラ色の街」の観光必須スポット11選

フランスというと多くの人はその首都「パリ」を思い浮かべますが、ワインで有名なボルドーやバカンスの地として人気があるニース、食の街リヨンなど、個性豊かな都市がいく...


【ミャンマー】絶景!!落ちそうで落ちない不思議なゴールデンロック

東南アジア最後のフロンティアとして昨今注目を集めているミャンマー。国民の90%以上が仏教徒と言われています。パゴダという仏塔を配した寺院に行くと人々が熱心に信仰...

【オーストリア・ウィーン】宮殿の味!ターフェルシュピッツの名店「プラフッタ」

オーストリア料理の名物と言えば、薄くて大きい「ウィーン風カツレツ」でしょうか。しかし、「ターフェルシュピッツ」という料理も名物中の名物!日本ではなじみのない名前...


【フランス・トゥールーズ】A380が目の前に!エアバス社見学ツアー

世界初の総二階建ての旅客機として2005年に初飛行をして以来、世界中で多くの人を運んでいる、エアバス社のA380。このA380の組み立て工場がフランス・トゥール...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?