ミャンマー
ミャンマー観光
世界三大仏教遺跡のひとつであるバガン遺跡は見逃せない

【ミャンマー】古都マンダレー必見8大スポット

取材・写真・文:

東京在住

2018年3月21日更新

1,995view

お気に入り

写真:Emily

ミャンマー第2の都市であるマンダレー。ここは、ミャンマー最後の王都が置かれた王宮都市であり、旧王宮を中心に碁盤の目状に整備された街です。そんな街には、たくさんのパゴダ(仏塔)や僧院が点在し、仏教国ミャンマーをより色濃く感じられる場所でもあります。今回はこのマンダレーの必見スポットを8箇所お伝えします。

この記事の目次表示

ミャンマーのおすすめツアー
◆◇価格重視のスタンダードホテル宿泊◇◆<日本語ガイド送迎&毎朝食付/フリープラン>ヤンゴン4日間 
63,800円~114,800円
◆◇価格重視のスタンダードホテル宿泊◇◆<日本語ガイド送迎&毎朝食付/フリープラン>ヤンゴン5日間 
68,800円~125,800円
◆◇価格重視のスタンダードホテル宿泊◇◆<日本語ガイド送迎&毎朝食付/フリープラン>ヤンゴン6日間 
72,800円~135,800円

1) マハムニ・パゴダ (Maha Muni Pagoda)

  • 写真:Emily
  • 写真:Emily

マンダレー最大規模のパゴダで、高さ4メートルの仏像があります。

  • 写真:Emily
  • 写真:Emily

男性なら仏像の脇へ上がることもでき、金箔を貼り付けて祈りを捧げることができます。女性は残念ながら仏像には触ることができないので、男性が貼っている様子を「生中継」した動画を見ることができます。

  • 写真:Emily

また、境内には青銅像があります。これはカンボジアのアンコールワットにあったもので、アンコール王朝と戦ったときにアユタヤ王朝が勝ち、ビルマに持ち帰ったと言われています。

自分のお身体の悪い部分と同じところを触ると治ると言われているため、青銅像はあらゆるところがテカテカになっています。

  • 写真:Emily

筆者は朝一番に行きましたが、とても人が多く、地元の人から愛されているパゴダだということが一目瞭然でした。

  • 写真:Emily
  • 写真:Emily

また、敷地内はとても広く、4メートルの仏像以外にも、ミャンマー独自の八曜日の神様が祀られていたり、また境内にもおみやげ屋さんやちょっとした食べ物が食べられるお店も出ていて、とても賑やかでした。

  • 写真:Emily

ちなみに日本では神社やお寺にATMがある光景はあまり見られないと思いますが、ミャンマーでは大きなパゴダの中にはATMがあります!

マハムニ・パゴダ
ミャンマー / 社寺・教会
住所:Mahamuni Pagoda, Mandalay, Myanmar地図で見る

2) シュエインビン僧院 (Shwe Inbin Kyaung)

  • 写真:Emily
  • 写真:Emily
  • 写真:Emily

1895年に建てられた総チーク材の僧院。創建時のままの姿で、屋根や壁、扉、欄干などあらゆるところに施された彫刻はとても繊細で見ていて飽きることはありません。

  • 写真:Emily

特に屋根は、木特有の柔らかさと模様の燃え立つような強さでとても素敵です。雨風にさらされながらも100年以上もこの姿を保っているのが不思議です。

  • 写真:Emily

本堂の中はとても静かで、こげ茶の建物の中に金の仏像が映えてとても綺麗です。

  • 写真:Emily
  • 写真:Emily

こちらは僧院なので袈裟を着たお坊さんがお食事されていたり、洗濯をしていたり、生活の一部を垣間見ることができます。

シュエインビン僧院
ミャンマー / 社寺・教会
住所:89th St, 37/38 Mandalay, Myanmar地図で見る

3) 旧王宮 (The Mandalay Royal Palace)

  • 写真:Emily

旧王宮の大きさは到着前に分かります。すぐに旧王宮には行けるのに、入り口に行くまでに延々と続く外壁…。それもそのはず、敷地の1辺は約3.2キロもあるのだとか。

1862年に造られたこの王宮は1885年にイギリス軍に占領され、軍の施設になった歴史があります。第二次世界対戦中に戦闘で建物が焼失されましたが、その後一部を復元し、今では見学が出来るようになりました。

  • 写真:Emily
  • 写真:Emily
  • 写真:Emily

王宮いう名にふさわしく、建物がいくつもあります。どの建物も天井がとても高く、広々とした印象です。全ての建物を見ようとするととても多いので、歩きやすい靴、そして暑い日には帽子とお水が必須です。

  • 写真:Emily

敷地内には「監視塔」という名で展望台があります。階段は急で狭いので上るのがとても大変ですが、見晴らしは最高です。

  • 写真:Emily
旧王宮(マンダレー)
ミャンマー / 社寺・教会
住所:66th St Mandalay, Myanmar地図で見る

4) シュエナンドー僧院(Shwe Nandaw Kyaung)

  • 写真:Emily

1883年に完成した木造の僧院。先ほどのシュエインビン僧院と同じようにこちらもチーク材で造られたお寺で、とても静かなところです。建物の外の壁にも綺麗なレリーフが彫られているのが特長です。

建物の廊下では外からの光がやさしく差し込んできて、それが神聖さを増しているようにも感じられます。

  • 写真:Emily
  • 写真:Emily

仏像が置かれているエリアでは女性は立ち入ることができませんが、その雰囲気を味わえるだけでも満足が出来るくらい、とてもいい雰囲気です。

  • 写真:Emily

本堂には天井や柱などに金箔が残り、昔の豪華絢爛さを想像することができます。

シュエナンドー僧院
ミャンマー / 社寺・教会
住所:62nd St, at 14th St Mandalay, Myanmar地図で見る

次のページを読む

ミャンマーの旅行予約はこちら

ミャンマーのパッケージツアーを探す

ミャンマーのホテルを探す

ミャンマーの航空券を探す

ミャンマーの現地アクティビティを探す

ミャンマーのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年3月15日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

【ミャンマー】絶景!!落ちそうで落ちない不思議なゴールデンロック

東南アジア最後のフロンティアとして昨今注目を集めているミャンマー。国民の90%以上が仏教徒と言われています。パゴダという仏塔を配した寺院に行くと人々が熱心に信仰...

世界三大仏教遺跡「バガン遺跡」で押さえておきたい見どころ12選

カンボジアのアンコールワット、インドネシアのボロブドゥール寺院に並んで世界三大仏教遺跡と言われるミャンマーのバガン遺跡群。広大な平原に広がる、11世紀から13世...


【ミャンマー】インレー湖ボートツアーで水上生活を覗こう!

ミャンマーのリゾート地の一つ、インレー湖。湖畔にはリゾートホテルが並んでおり、西洋人がバケーションを悠々と過ごしている様子が見られますが、ボートで奥に行くと、そ...

絶景の宝庫!世界三大仏教遺跡を見に行こう!!

世界で4番目に大きく、4億人以上の信者を抱えるという仏教。日本人にとって一番馴染みのある宗教と言っても過言ではありませんが、世界でも、特にアジア圏を中心に仏教は...


【ミャンマー】意外に安い?!バガン遺跡の朝陽・夕陽を手軽に見られる「贅沢ホテル」宿泊のススメ

ミャンマーのバガン遺跡は、カンボジアのアンコール・ワット、インドネシアのボロブドゥールとともに、世界三大仏教遺跡のひとつと称されています。その絶景から見られる朝...

この記事を書いたトラベルライター

グルメもアートも世界遺産も絶景も!とことん貪欲トラベラー
普段は粛々と、黙々と、真面目に仕事をこなす30代会社員。でも、心の中はいつでも、次の休みはどこに旅行しようかな〜と考えている。友達とワイワイ行く旅行も好き。一人で現地で知り合った方とビールを飲みながらお話しするのも好き。旅先で欠かせないものはその土地ならではの食、世界遺産、美術、そして人との交流!せっかく旅行するのなら貪欲に自分のやりたいこと、見たいもの、食べたいものはぜーんぶ楽しむ♪ アメリカ・フロリダ州オーランドとシンガポールは1年ずつ住んでいたことがあるので、特に好きなところ!

【台湾・台北】人気スーパーで買うお土産にぴったりな台湾の味

みなさんは台湾に行ったらお土産に何を買いますか? 今回は、帰国してもいつでも台湾の味を楽しみたい!という方々のために、「食材系お土産」をご紹介します。観光客にと...

【フランス・トゥールーズ】「バラ色の街」の観光必須スポット11選

フランスというと多くの人はその首都「パリ」を思い浮かべますが、ワインで有名なボルドーやバカンスの地として人気があるニース、食の街リヨンなど、個性豊かな都市がいく...


【ミャンマー】絶景!!落ちそうで落ちない不思議なゴールデンロック

東南アジア最後のフロンティアとして昨今注目を集めているミャンマー。国民の90%以上が仏教徒と言われています。パゴダという仏塔を配した寺院に行くと人々が熱心に信仰...

【オーストリア・ウィーン】宮殿の味!ターフェルシュピッツの名店「プラフッタ」

オーストリア料理の名物と言えば、薄くて大きい「ウィーン風カツレツ」でしょうか。しかし、「ターフェルシュピッツ」という料理も名物中の名物!日本ではなじみのない名前...


【フランス・トゥールーズ】A380が目の前に!エアバス社見学ツアー

世界初の総二階建ての旅客機として2005年に初飛行をして以来、世界中で多くの人を運んでいる、エアバス社のA380。このA380の組み立て工場がフランス・トゥール...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?