長崎
長崎観光
ハウステンボスやグラバー園など、有名観光スポットが多数

【長崎】青に映える壮麗なお城「島原城」

2018年6月5日更新

363view

お気に入り

島原城は、長崎県島原市にある安土桃山期の築城様式を取り入れた五層天守閣のお城です。海沿いにあり、背景に見えるのは空と海のみ!白亜のお城は青い背景に良く映え、浮かび上がる姿は壮麗です。天守の最上階からは360°のパノラマビューが臨め、島原市内から眉山、そして海の向こうには熊本の山々を展望する事ができますよ。キリシタン弾圧や日本最大の一揆「島原の乱」など、壮絶な歴史とも関係の深いお城。歴史に満ちた島原城へ出かけましょう!

この記事の目次表示

島原城の歴史

築城の名手、松倉重政が7年をかけ築城

  • 白亜の島原城

1681年から、築城の名手、松倉重政が4年~7年の歳月をかけ築きました。この場所にはかつて森岳と呼ばれる小さな山があった事から、森岳城とも呼ばれていたそうです。

  • 五層天守閣

五層天守閣で、安土桃山期の築城様式を取り入れた壮麗なお城。その築城と同時に、城下町も整備され、武家屋敷も観光スポットになっています。

  • 島原城の由来

築城以来、松倉氏・高力氏・松平氏・戸田氏と4氏19代のお城として、繁栄した島原城ですが、明治維新の際、廃城となりました。

現在の島原城はまだ新しく、復元が行われたのは昭和39年の事です。

キリシタンの歴史に深く関わったお城

  • コレジオ祭壇十字架

九州は、南蛮との貿易を行い利益を上げていたため、松倉氏はキリスト教徒に関して寛容でした。しかし、徳川幕府が鎖国政策を行った事により、徹底したキリスト教弾圧を行うようになります。

敷地内には天草四郎の銅像や、キリシタンの墓碑がある他、天守閣内には貴重な島原の乱にまつわる数多くの資料が展示されています。

昭和に入って復元された島原城

  • 島原城

1960年(昭和35年)、島原市の方々の熱意が実り、島原城の復元工事が始まりました。まず1960年(昭和35年)に「西の櫓」、1964年(昭和39年)に「天守閣」と次々に復元されていきました。

完成した白亜の島原城は青い海と空に良く映え、美しく建つ姿は壮麗そのものです。

天守には島原の歴史が詰まっていた!

入口周辺

  • 天守閣前の駐車場

実はこの島原城の駐車場は他のお城ではあまり見ない、天守の前が駐車場になっています。おそらく、入場まで最短で行けるお城ではないかと思います。

  • 島原城七万石武将隊

入口には女性だけでつくられた「島原城七万石武将隊」の方が日替わりで衣装を着て案内してくれます。武将は、有馬晴信、天草四郎、松平忠雄、松倉重政、高力忠房の5名、平日は2名~3名、週末・祝日などは5名全員がお出迎えしてくれるそうですよ!記念撮影をお忘れなく。

1階から3階は島原の歴史資料がぎっしり

  • キリシタン展

天守閣内は、1階「キリシタン史料」、2階「郷土資料」、3階「民俗資料」が展示されており、歴史の教科書で見たような物が沢山ありました。特に、1階のキリシタン史料は、島原の乱にまつわる数多くのものがあり、和洋ミックスの文化をが見れ興味深い場所でした。

  • 踏絵

沢山の方の人生を左右したであろう「踏絵」も展示されています。

  • 甲冑

甲冑や鉄砲、松平家家宝の神気・神息の太刀など、沢山展示されており、島原の歴史を知る展示品が沢山並んでいます。

  • 島原城とその城下町の地図

大きな古い島原城の地図も必見です。

最上階からの眺望はあっぱれ

  • 天守閣展望所

最上階の天守閣・展望所からは360°見渡すパノラマビュー!

  • 展望所から見る眉山

西には1792年に地震により大崩壊を起こしたが眉山見えます。崩壊した土砂が一気に海に流れ出し、海を埋め立てたため「流れ山」と呼ばれる独特の景観をつくったそうでうす。

  • 海の向こうにみ見える熊本の山々

そして、海の向こうには熊本の山々を望む事もできますよ!

変身体験も!あなたは忍者になる?それともサムライ?

  • 入口に並ぶ甲冑

島原城では、忍者や甲冑を着けたサムライに変身する事ができます。着用はなんと無料!旅の思い出に1枚いかがですか。

その他城内の見どころ

西の櫓

  • 西の櫓

重厚な造りの「西の櫓」。こちらには全国の名城画などが展示されています。

御馬見所(おんうまみしょ)

  • 御馬見所(おんうまみしょ)

藩士の訓練状況を見る視察所として使われていた場所。江戸時代から残る建物で、国の有形文化財に登録されています。

民具資料館

  • 民具資料館

明治から昭和の暮らしで使われた民具が展示されています。

終わりに

  • 島原城と梅の花

島原城はいかがでしたでしょうか。他ではあまり見られないキリシタン史料のエリアでは、キリシタン弾圧の様子を感じる事ができる貴重な品が沢山ありました。そして、青い海と空を背景に建つ白亜の島原城は壮麗そのもの。ぜひ、歴史ある島原城へ足を運んでみて下さいね!


基本情報

  • 最寄り駅:島原鉄道 島原駅
  • 開館時間: 9:00~17:30
  • 休館日:無休
  • 料金:【入館料】大人540円 小・中・高生270円 【駐車料金】一般車両320円/小型バス540円/大型バス1,080円
島原城
長崎 / 建造物 / 観光名所
住所:長崎県島原市城内 1-1183-1
電話:0957-62-4766
Web:http://shimabarajou.com/

長崎の旅行予約はこちら

長崎のホテル予約をじゃらんで探す

長崎の航空券予約をskyticketで探す

長崎のパッケージツアー予約をJTBで探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年11月20日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

九州女子旅のおすすめ観光スポット14選!旅ツウのトラベルライターが厳選

温泉にパワースポット、自然に癒されるスポットやインスタ映えする夜景スポットなど、旅ツウのトラベルライターが、九州の女子旅におすすめの観光スポットをご紹介!九州で...

【長崎】坂本龍馬ゆかりのスポット亀山社中周辺を幕末散歩するぜよ!

「日本を今一度、せんたくいたし申し候」と言う名言の元、新たな日本を創るため江戸幕府を倒すきっかけを作った坂本龍馬。その坂本龍馬が志士達と共に駆け抜けたであろう長...


海や湖に浮かぶ鳥居が美しい日本の神社10選

海に浮かぶ鳥居といえば、広島県にある世界遺産「厳島神社」の鳥居が有名ですが、日本にはまだまだあるんです。海、そして湖をふくめて、水辺に鳥居が浮かぶ神秘的な光景を...

長崎の定番・観光スポットならココ!25選

年間300万人もの観光客が訪れるハウステンボスがあることで知られる長崎県。期間限定で行われるハウステンボスのイルミネーションは、”日本三大イルミネーション”のひ...


【長崎/五島】世界遺産の地!教会だけじゃない五島の魅力

2018年5月4日、世界文化遺産に登録された長崎・天草の潜伏キリシタン関連遺産のある五島列島。しかし、実は世界遺産以外にも美しい自然や体験など、めいいっぱい楽し...

この記事を書いたトラベルライター

温泉大好き!神社仏閣、史跡巡りが大好き!
温泉と神社仏閣巡りが大好きです。
各地(主に西日本)へ車で出かけ、温泉やその土地の史跡、歴史を見て巡っています。
温泉旅館で、美しい庭を愛で、美味しい料理をいただき、そして、まったりと温泉に浸かる・・・まさに至福の時間。
たくさんの所へ出かけ、その土地の歴史を感じていきたいと思います。
https://onsen100.jimdo.com/

【兵庫】日本の神々の聖地おのころ島神社は縁結びのパワースポット!

兵庫県淡路島にある「おのころ島神社」。このおのころ島神社は、淡路島でも屈指の縁結びパワースポットとして有名な神社で、「お守りを買って持っていると願いが叶う」と言...

初心者でもリフトで楽らく登山♪徳島の剣山で絶景天空散歩

徳島県の中央に位置し、四国で2番目に高い名峰「剣山(つるぎざん)」。中腹まではロープウェイで登る事が出来るため、初心者の方でも挑戦しやすい山です。そしてがんばっ...


衝撃の青いハンバーガー「デニムバーガー」と、幸せを呼ぶ「しあわせプリン」を倉敷美観地区でいただく

岡山県倉敷市にある、倉敷美観地区は伝統的な日本建築の建物の他、レストラン、カフェ、美術館、博物館、宿泊施設などがある、見どころ沢山の観光スポットです。岡山県は国...

悪縁を切って良縁を引き寄せる「両参り」岡山のパワースポット最上稲荷

岡山県岡山市にある最上稲荷。正式名称は「最上稲荷山妙教寺」と言われ、神様と仏様が両方祀られている珍しいお寺です。敷地は広く、多くの見どころがありますが、中でも「...


1年で2日だけ開く島に5万人の親子連れが押し寄せる!香川・津嶋神社

香川県西部、瀬戸内海に浮かぶ小さな島に津嶋神社はあります。津嶋神社には子供の健康と成長の守り神が祀られており、江戸時代から子供の守り神として信仰されています。で...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?