オランダ
オランダ
運河のある街並や絵本のような風車のある景色

★オランダ・ライデン★フォトスポット7選

2018年6月14日更新

67view

お気に入り

ライデンは、日本が鎖国をしていた頃から交流があった街です。首都のアムステルダムよりもコンパクトで、1日あればじっくり観光しオランダらしい景観を楽しめます。この街のフォトスポットを、筆者が撮影した写真と併せてご紹介します。

この記事の目次表示

フォトスポット7選

【1】Leiden Centraal Station(ライデン中央駅)

運河や風車、木靴、チューリップのイメージが強いオランダですが、駅は近未来的なデザインのものが多いです。ライデン中央駅もそのうちの一つで、キューブが連なったようなデザインです。低めのアングルから空が映るように撮影すると、白いパイプに青い面がついたキューブのような写真が撮れます。

ライデン中央駅
オランダ / 駅・空港・ターミナル
住所:Leiden Centraal Station

【2】Molen de Valk(デ・ヴァルク風車)

運河沿いにある風車です。周りに高い建物がないので、近未来的な作りの駅からそれほど離れていないにも関わらず、のどかな風景を写すことができます。

デ・ヴァルク風車
オランダ / 建造物
住所:Molen de Valk

【3】Hooglandse Kerk(ホーフランセ教会)

ゴシック式の教会です。前の道が狭いこともあり、その大きさには圧倒されることと思います。真正面に立つと、大きすぎて全貌を写すことはできないのですが、【4】でご紹介するライデン要塞の入り口から撮影すると、アーチ型の入り口の先にホーフランセ教会が覗く写真を撮ることができます。

  • ライデン要塞の入り口から撮影
ホーフランセ教会
オランダ / 社寺・教会
住所:Hooglandse Kerk

【4】Burcht van Leiden(ライデン要塞)

かつて要塞として使われていたライデン要塞ですが、現在はここからの眺めが良いため、観光客が訪れる展望台のような場所になっています。展望台というと坂道や階段をかなり登るイメージかもしれませんが、それほど体力を使うことなく行くことができます。木に遮られるところもありますが、360度街を一望できますので、必見です。

  • このゲートから階段を上ると要塞に到着します
ライデン要塞
オランダ / 建造物
住所:Burcht van Leiden

【5】City Hall Leiden(ライデン市役所)

日本の役所は地味な建物が多いですが、海外の役所はおしゃれなものが多いですよね。ライデン市役所もそれに同じく、煉瓦造りの建物に塔があり、一際目立っており、写真映えします。

ライデン市役所
オランダ / 建造物
住所:ライデン市役所

【6】Rembrandtplaats(レンブラント生誕地)

レンブラントはライデン出身の画家です。レンブラントの像、書きかけのキャンバス、完成した絵の3つが飾られています。「アトリエの画家」というレンブラントの絵があるのですが、カンバスの裏手側から写真に撮ると、まさにその絵のような構図で写すことができます。

  • カンバスの裏手側から撮影
レンブラント記念碑
オランダ / その他スポット
住所:Weddesteeg 29, 2311 VX Leiden

【7】Rembrandtbrug(レンブラント橋)

跳ね橋と風車を一緒に写真に写すことができる場所です。この橋は跳ね橋ではあるものの開閉はしないもので、風車についてもレプリカだそうですが、いかにもオランダらしい風景を写真に収めることができます。

レンブラント橋
オランダ / 建造物
住所:Galgewater 50, 2311 VX Leide

おまけ

ライデンの街では、建物の壁に世界各国の詩をその国の言葉で書くプロジェクトがあるそうで、中には日本語のものもあります。筆者が見つけたのは、松尾芭蕉と新国誠一のものです。場所は冒頭で紹介した地図上にオレンジ色のマークをつけています。

外国の街並に立つ建物に日本語が書いてある様子は不思議な感覚ですが、どこか少し嬉しくなるものですので、ぜひ訪れてみてください。

芭蕉の詩
オランダ / その他スポット
住所:Rapenburg 75 2311 GK Leiden
新国誠一の詩
オランダ / その他スポット
住所:Pieterskerkgracht 17, Leiden

ライデンへの行き方

アムステルダムから行く場合

Amsterdam Centraal Station(アムステルダムセントラール駅)からIntercity(電車)で約35分です。

スキポール空港から行く場合

Schipol Airport(スキポール空港駅)からIntercity(電車)で約15分です。

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年5月11日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

同じテーマの記事

1位は山中湖花の都公園!トリップノートのインスタ”いいね”数BEST10(2018年5月)

トリップノートのインスタグラムに投稿された写真の中から、「いいね!」が多かった写真のBEST10をご紹介!2018年5月の1位はトリップノートトラベラーtani...

オランダ・デンボスの必見スポット9選!

オランダの南部に位置している、北ブラバント州の中心都市「デンボス」。中世の黄金時代にはとても栄えた街で、今でも当時の色を濃く残しており、その様子を至る所で見るこ...

アムステルダムのイチ押し女子旅プランはコレ!朝カフェ、運河クルーズ、アンネ・フランクの隠れ家

オランダ・アムステルダムに着いたら、初日は「運河クルーズ」でてっとり早く街をぐるっと観光しちゃいましょう。世界遺産「運河」が縦横無尽にはりめぐらされたアムステル...

オランダ絵画が大集結!激レアなフェルメール作品を4点も収蔵するアムステルダム国立美術館

「フェルメール」という画家をご存じですか?青いターバンが印象的な「真珠の耳飾りの少女」を描いたオランダの画家です。「光の魔術師」との異名を持つフェルメールが画家...

★オランダ・アムステルダム★フォトスポット7選

水の都として知られる、オランダの首都アムステルダム。運河地区は世界遺産に登録されており、中世の街並みがそのまま残っています。日本からヨーロッパ各国を訪れる際に、...



この記事を書いたトラベルライター

なんにもないおひとりさまトラベラー
2010年に大学を卒業し、どこにでもいるような普通の会社員をしながら、仕事の合間で少しでも休みができると弾丸ひとり旅に出かけていました。

ものすごく英語が喋れるわけでもなく、ものすごくお金があるわけでもなく、ものすごく地理や歴史に詳しいわけでもなく・・・そんな何にもない私ですが、少しの好奇心とエイやっ!の気持ちで数十カ国巡って数え切れないほどの絶景を見てきました。

興味があるのが、建築物・街並み・大自然・植物・飛行機電車など、詳しくないのは食べ物と買い物とビーチリゾートです。

一人海外旅行をやってみたいけどなかなか思い切れない、という人のきっかけになれればと思っています。
https://liberidesign.wixsite.com/liberidesign

★ベトナム・ホイアン★フォトスポット7選

ベトナム中部・世界遺産の街「ホイアン」。かつて貿易で栄えたこの街は、夜になるとランタンの光に包まれます。ウエディングフォトを撮るベトナム人カップルも多くいるこの...

【大阪】北堀江にある穴場お花見スポット、土佐稲荷神社

関西のお花見の名所には、大阪城公園や夙川公園がありますが、いい場所が取れなかったり、あまりに人が多くてゆっくりできなかったりという思い出がある方もいらっしゃるの...

★オランダ・アムステルダム★フォトスポット7選

水の都として知られる、オランダの首都アムステルダム。運河地区は世界遺産に登録されており、中世の街並みがそのまま残っています。日本からヨーロッパ各国を訪れる際に、...

★イタリア・ローマ★フォトスポット7選

イタリアの首都「ローマ」。永遠の都と称されるこの街には、旅行好きでなくても知っているスポットがたくさんあるのではないでしょうか。コロッセオ、トレビの泉、真実の口...

★マレーシア・クアラルンプール市内&近郊★フォトスポット7選

マレーシアの首都「クアラルンプール」。東南アジアのエキゾチックな雰囲気に、近代的な高層ビルが立ち並んでおり、独特な景色が広がります。クアラルンプール市内と近郊の...



トラベルライターアワード・2017年間受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

アプリ「Pokke」でオランダの音声ガイドを聴く

オランダの観光スポットの音声ガイドをアプリ「Pokke」で聴くことができます。

旅行前にダウンロードしておけばオフラインでも使える!
プロのガイドに案内されるように旅を楽しめる!

Pokkeについて

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?