ノルウェー
ノルウェー観光
世界遺産にも登録されたフィヨルドの美しさ

フィヨルドに佇むアールヌーヴォーの街オーレスン ~ノルウェーの小さな港町を散策しながらアート建築に触れる~

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:155ヶ国

2016年11月18日更新

532view

お気に入り

写真:toshel

首都オスロより飛行機でおよそ一時間。ノルウェー海に面して入り組むフィヨルドの沿岸に、この小さな港町オーレスンはあります。およそ100年前の大火で多くの家が焼失してしまったこの街は、その後、復興のために立ち上がったノルウェーの建築家たちとともに見事に復活します。当時のアールヌーヴォー様式の建物は、今も鮮やかで美しい街並みを演出しており、歩くだけで楽しい芸術の街です。

この記事の目次表示

静かなる港町オーレスンを彩るアールヌーヴォー

  • 写真:toshel

ノルウェーの西岸、入り組んだフィヨルドの島にあるこの街は「静かな入り江の港町」という印象です。

歩くだけで楽しいカラフルタウン!

  • 写真:toshel

100年前の大火で多くの建物が焼失し、住人たちに暗い影を落としたこの街は、その思いを拭い去るように鮮やかさをもって復活!歩いているだけで気分の踊るようなカラフルタウンに生まれ変わりました。

  • 写真:toshel

アールヌーヴォー様式を取り入れたアート建築

カラフルなだけではありません。アールヌーヴォー様式を取り入れたアート建築はどれもとても美しいです。
ところで「アールヌーヴォーという言葉はよく聞くけど、実際どんなもの?」と思われている方がいらっしゃるかもしれません。

簡単に説明しますと、アールヌーヴォーは1890年から1905年にかけてヨーロッパで人気となったデザイン様式で、自然界にある花、草、木のツタ、 昆虫、動物などの流動的な曲線をモチーフに、家具や建築へそれらを装飾として取り入れたものです。

  • 写真:toshel
  • 写真:toshel

ただ壁があるより、よいアクセントになりますよね! 「こんなに素敵な家に住む人は一体どんな人なのだろう?」とか「どんな素敵な内装なのだろう?」と思いを馳せてしまいます。実際のところ、部屋の中まで伺い知ることはできませんが、そんな想像まで掻き立たせてくれるほど街歩きが楽しい!

  • 写真:toshel
  • 写真:toshel

建物正面の数字が意味するもの

建物の正面に掲げられている数字はこの建物が建設された西暦です。こちらの家は1904年の大火の一年後に建てられた家のようです。

  • 写真:toshel
  • 写真:toshel

妖精がいそうな町の教会

こちらはGiske kirkeという街の教会です。12世紀に建てられたロマネスク様式のこの建物は、ノルウェーの中でも最も古い教会のひとつだそうです。建物はどこか可愛らしく、季節によっては花々が咲き乱れるため、まるでおとぎの国のよう!草の陰から妖精がひょっこり顔を出してもおかしくなさそうな雰囲気です。

  • 写真:toshel
  • 写真:toshel

豊かな漁場の恩恵にあずかった美味しいシーフードレストラン

ところで、ノルウェーといえば魚!というイメージがございませんか?小さな街オーレスンですが、実はここ、ノルウェーにとって漁業の要となる漁港の街でもあるのです。

  • 写真:toshel

特にタラの水揚げ高は世界有数なのだとか。ノルウェー海の豊かな自然環境で育まれた海産物は、多くの恵みをこの街にもたらすのでしょうね!ノルウェーサーモンやマスといった代表的な中型魚をはじめ、様々な海産物が水揚げされるため、オーレスンは魚介類を料理してくれるレストランが多いです。中でも美味しくて有名なのはオシャレなこちらのシーフードレストラン。

  • 写真:toshel

XL Dinerはサーモンやマス、エビなどをはじめ様々な魚介類を、工夫を凝らした絶妙な味付けでいただくことができます。

  • 写真:toshel
  • 写真:toshel
  • 写真:toshel
  • 写真:toshel

ワインも豊富に取り揃えられており、カジュアルながら落ち着いた雰囲気のある素敵なレストランです。

XL Diner
ノルウェー / 魚介・海鮮料理
住所:Skaregata 1B, 6002 Ålesund, Norway地図で見る
電話:+47 70 12 42 53
Web:http://xldiner.no/nb-NO/XL-Diner.aspx

街を一望!そしてフィヨルドの美しい景色

また、この素敵な街やその先のフィヨルドを一望できるビュースポットもお勧め。オーレスン中心部から東方面にあるアクスラ(Aksla)という小高い山。中心部から隣の島へ向かう短い橋(歩いてすぐ)を渡り、タウンパーク内の階段を上った頂上にあります。歩いても行けますし、車でもOK!(少し回り道になりますが、10分くらいで着きます。)街中も美しいですが、高い場所から見渡す街並みは、また絶景ですね!

  • 写真:toshelAksla Utsiktspunkt
  • 写真:toshel
  • 写真:toshel

静かな海とフィヨルドを形成する遠くの島の山々も素晴らしいです。このビューポイントにはちょっとしたカフェもあり、温かいコーヒーを飲みながらこの風景を眺めるのは最高のひと時です。

  • 写真:toshel
アクスラ山
ノルウェー / 展望・景観 / 自然・景勝地
住所:Aksla, 6002 Aalesund ,Norway地図で見る

フィヨルド観光やウィンタースポーツの起点にもなるオーレスン

近くにスキー場などもありウィンタースポーツも盛んなオーレスン。

  • 写真:toshel

ガイランゲルという世界遺産に登録されたフィヨルドへのツアー拠点ともなっています。

  • 写真:toshel

特に夏のシーズンは混み合うようですので、ホテルやレストランの予約はお早めに!

  • 写真:toshel
オーレスン
ノルウェー / 町・ストリート
住所:Aalesund,Norway地図で見る

ノルウェーの旅行予約はこちら

ノルウェーのパッケージツアーを探す

ノルウェーのホテルを探す

ノルウェーの航空券を探す

ノルウェーの現地アクティビティを探す

ノルウェーのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2016年11月11日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

【ノルウェー】在住者が選ぶ!オスロ観光の定番スポット12選

日本人の方には、あまりなじみがないノルウェーの首都オスロ。しかし今回はそのオスロの魅力がギュッと詰まった定番の名所や観光スポットを、在住者である筆者が厳選して1...

◎北欧3国◎オスロ・ヨーテボリ・コペンハーゲンをさらりと巡る!おすすめ周遊コース

北欧デザインのインテリアや雑貨は日本で人気があり、いつか北欧に行ってみたい!と思っている方もいらっしゃると思います。どの国も見所がぎっしりあり、何日あっても足り...


★ノルウェー・オスロ★フォトスポット5選

ノルウェーというとフィヨルドやオーロラのイメージが強いかもしれませんが、首都のオスロは、近代的な建物・中世の雰囲気のどちらも楽しむことができる街です。筆者が撮っ...

スリル満点!地上984メートルの岩壁に挟まれた岩、ノルウェー・シェラーグボルテンで奇跡の一枚を撮ろう

ノルウェーにある「奇跡の岩」、シェラーグボルテンをご存知でしょうか。なんでも崖と崖の間に挟まれたこの岩は、人工的ではなく偶然この場所に収まったんだとか。そんなシ...


【ノルウェー】ハンザ同盟時代の木造建築がかわいらしい!ベルゲン散策のススメ

ノルウェー西岸の街で、首都オスロに次ぐ第2の都市ベルゲン。フィヨルド観光の拠点としても知られているこの町の魅力をご紹介します。

この記事を書いたトラベルライター

Jetsetter
行ったことのない国を中心に、毎月ひとり旅しています。これまで訪ねた155ヵ国およそ400都市の街の美しい景色、壮大な自然の風景、出会う人々との会話など、真の地元を皆様とシェアできればと思います。皆様もご一緒にそこへ旅したように感じてもらえると嬉しいです。

あと一年余りで、世界のすべての国を網羅できそうです。

レバノン観光と言えばここ!ベイルート・ビブロス・バールベックの見どころと国の背景

遠い昔、世界の中心が地中海にあった時代、レバノンは東西貿易の交差点となる重要な位置にあり、繁栄の極みにありました。古くから数多くの王様や将軍が、この土地を挙って...

宇宙に手を広げ仰ぎみる巨木群~マダガスカル島のバオバブ並木~

アフリカ大陸の東に浮かぶマダガスカル島は、世界で四番目に大きい島です。日本の1.5倍の面積を有し、そのほとんどが広大な豊かな自然に覆われた動植物の宝庫です。なか...


モンテネグロの世界遺産~小さな港町コトルの旧市街と裏山からの絶景~

イタリア半島とバルカン半島に挟まれたアドリア海は、非常に美しい地中海の内海です。そのアドリア海に面したモンテネグロには、数多くの港やビーチが点在し、中でもコトル...

砂漠の中から浮き上がったような蜂蜜色の国、地中海のマルタ共和国

マルタ島のルア国際空港に到着し、市内へ向けて走るバスの中から目にする光景は、建物が砂に埋もれてしまった砂漠をイメージするものでした。実際は、埋もれているわけでは...


ペルシャ湾の風吹く砂漠の新スポット!~アラブの香り漂うルーブル・アブダビ~

フランス、、、いえ、世界で最も有名な美術館の一つであるルーブルが、初の別館を2017年11月、中東地域にオープンさせました。UAEの首都アブダビの、ペルシャ湾に...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?