沖縄
沖縄観光
琉球時代の遺跡が人気の、美しい海に囲まれた島々

ちんすこうにシーサー?これで完璧沖縄土産10選

取材・写真・文:

福島在住
訪問エリア:30都道府県

2021年4月21日更新

1,925view

お気に入り

写真:Olive

日本が誇る南国リゾート沖縄。独自の琉球文化から、お土産品もオリジナルな物が多く、ちんすこうに紅芋タルト、チラガーにシーサーなど名前を聞いただけでは何?と思う物がたくさん。そんな中から、定番の沖縄土産10選をご紹介します。

この記事の目次表示

【1】ちんすこう 

  • 写真:Oliveちんすこう ¥410

沖縄のお菓子と言えば、ちんすこうというぐらい、大定番ですね。個包装なので、配りやすいし、日持ちもするので、お土産としては最高です。現在では、塩、黒糖、チョコ味など様々なテイストが販売されています。

【2】紅いもタルト 

  • 写真:Olive紅いもタルト ¥718

昭和54年、読谷村(よみたんそん)の村おこしをきっかけに生まれた紅いもタルト。現在では、沖縄の新定番として大人気のお菓子です。紫芋の程よい甘さがおいしく、ほっくりとした食感。冷蔵庫で冷やせば、冷たいスィーツ。冷凍庫で凍らせると、タルトアイス。オーブントースターで温めると、出来立てタルトになるなど様々な楽しみ方ができます。

御菓子御殿 読谷本店
読谷村(中頭郡) / おみやげ屋
住所:沖縄県中頭郡読谷村字宇座 657-1地図で見る
電話:098-958-7333
Web:https://www.okashigoten.co.jp/

【3】ジーマーミ豆腐 

  • 写真:Oliveジーマーミ豆腐 ¥370

豆腐と名前はついていますが、まったく別物!落花生(ピーナッツ)を使った沖縄県の郷土料理です。ジーマーミとは、沖縄の方言で落花生を意味します。驚くほど、もっちり、ねっとり感のある料理で、ソースは色々種類があるようですが、一番オーソドックスなのは、みたらし団子のタレのような醤油ベースの甘いタレです。

【4】沖縄そば 

  • 写真:Olive沖縄そば @230

お店で食べるソーキそばとは、別物ですが、カップ麺として考えれば、沖縄風を感じられるので、お土産の一品として面白いと思います。かつおの出汁がきいていて、優しい味わいの中に添付の紅ショウガが良いアクセントになっています。

【5】タコライス 

  • 写真:Oliveタコライス ¥400

オキハムから出ているタコライス。温かいご飯に湯煎したタコミートを乗せ、チーズ、レタス、トマトを載せれば、簡単かつ完璧なタコライスが完成します。添付のホットソースで辛さが調整できるけれど、そのままでも結構パンチがきいています。お好みでカットしたアボカドや、トルティーヤチップスなどもトッピングすると、より一層おいしくなりそうです。

オキハム 本社・読谷工場
読谷村(中頭郡)
住所:沖縄県読谷村字座喜味2822番地の3地図で見る
電話:098-958-4330
Web:https://okiham.shop-pro.jp/

【6】らふてぃ 

  • 写真:Oliveらふてぃ ¥454

これも沖縄を代表する郷土料理ですね。豚の三枚肉とゴボウが甘辛く味付けされた一品は、温めればすぐ食べられる沖縄の味。間違いない美味しさで、ご飯のお供にはもちろん、お酒のおつまみにも、最高。お口の中でとろける旨さです。

【7】シークワーサージュース 

  • 写真:Oliveシークワーサージュース ¥165

爽快感抜群のジュース。同じ柑橘系でも、レモンやグレープフルーツとは一味違う、シークワーサー独特の爽やかさを感じるジュースです。酸味が強烈ではないので、酸っぱいのが苦手な方でも大丈夫かも?

【8】チラガー 

  • 写真:Oliveチラガー ¥540

チラガーとは、沖縄の言葉で豚の顔の皮のことです。沖縄の市場を訪れると必ず目にする、そう!あれのことです!観光客を威嚇するがごとく、お肉屋さんの前に陳列されている豚の面皮。抵抗があるかもしれませんが、こちらはスライスされており、原型をとどめていません。

そして何より、美味しいのです。コリコリとした食感と程よくスパイシーな味付け。止まらなくなります。ビールのお供に最高です。

【9】シーサーのオブジェ 

  • 写真:Oliveシーサーのオブジェ ¥500~

沖縄旅行で何度となく目にするシーサー。昔から、家を邪気から守ってくれる守り神として信じられてきました。お土産店で目にすることも多く、色柄やテイストの種類の多さに圧倒されてしまいますが、これはご縁と考えて、自分が「これ!」と感じたオブジェを購入するのが1番かと思います。

ちなみに口を閉じているのがメス、開いているのがオスで、向かって左側にメス、右側にオスを置くのがお約束のようです。

【10】紅型柄のガーゼタオル

  • 写真:Oliveガーゼタオル ¥432

鮮やかな色彩と美しい模様が特徴の沖縄紅型(びんがた)柄のガーゼタオルは、旅の思い出としても、友人へのお土産としても最適です。水分の吸収率がよいガーゼ素材は、肌にも心地よくお勧めです。値段もお手ごろですし、実用的な品物なら、お土産として頂いても嬉しいですね。

さいごに

沖縄土産の定番品に加えて、一品だけ珍品も加えてみました。会社や友人に配れるお菓子から、家庭で楽しめるお惣菜、簡単ひと手間で主食が完成する調味料から、ジュースにおつまみ、オブジェまで、様々なテイストで選んでみました。ぜひお試しください。

沖縄の旅行予約はこちら

沖縄のパッケージツアーを探す

沖縄のホテルを探す

沖縄の航空券を探す

沖縄の現地アクティビティを探す

沖縄のレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年6月8日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


全国の人気ご当地グルメ47選!お取り寄せもできる都道府県別の名物グルメ特集

旅行の楽しみの一つ「ご当地グルメ」。この記事では全国47都道府県ごとに、人気の名物グルメを厳選してご紹介します。いずれのご当地グルメもお取り寄せもできますよ。


【2021】沖縄で買うべきお土産27選!旅ツウのトラベルライターがおすすめ

沖縄らしいお菓子にスイーツ、グルメから沖縄らしいご当地雑貨まで、旅行経験豊富なトリップノートのトラベルライターが選んだ沖縄のおすすめのお土産をご紹介します。

沖縄料理のおすすめ20選!沖縄名物の食べ物特集

郷土料理からアメリカの食文化の影響を受けたグルメまで、沖縄には独特の料理・食べ物が豊富です。一度は食べてみたい、おすすめの沖縄料理・食べ物をご紹介します。旅行ツ...

【那覇】おすそ分けしたい!国際通り周辺で買えるお土産のお店10選

沖縄の観光やグルメを満喫した後は、お土産を買うだけ!でも、雑貨やスイーツといったお店があるけど、どこに行こうか迷っちゃう・・・。そんなあなたにピッタリなお土産が...

【宮古島】お土産選びで迷ったらココ!お土産屋さん4選

旅行にはお土産が必須!家族や友達、会社の人にと何かと悩むお土産選び。定番土産から一点物が買えるお土産屋さんに加えて、オススメのお土産商品をご紹介いたします。

この記事を書いたトラベルライター

お出かけ、食べることが大好き!
日帰りドライブから、国内、海外を問わずお出かけするのが大好きです。ずっとタウン重視でお買い物に夢中の旅でしたが、10年ほど前にアメリカ・サンフランシスコに在住。国立公園めぐりをしたことをきっかけに、自然も大好きになりました。少し歴史を知ってから出かけると楽しいこと、美味しい食べ物や綺麗な風景に出会えると幸せなこと。小さな情報が、誰かの楽しい!や嬉しい!につながったらいいなと思っています。これからも、いろんなところへ出かけて、たくさんの情報を発信してゆきたいと思っています。少しでも参考になれますように!

これで完璧!奄美土産31選はここで買う!

島特有の文化が残る奄美大島では、古くから島に伝わる調味料や、加工品が多くあり、お土産としても喜ばれそうな品が豊富です。特産品を使ったお菓子や、珍しい雑貨などと共...


半日で周れる!奈良のいいとこ取り観光スポット・ベスト3

日本の国宝の5分の1は、奈良県にあると言われるほど、見どころの多い奈良ですが、町中から離れている場所もあり、1度に見て周るのは大変です。そこであまり時間はないけ...


これで完璧!【広島・宮島】の観光スポット10選と名物グルメ5選

海に浮かぶ社殿で有名な嚴島神社は、広島県にある世界遺産の一つ。本州の宮島口から10分ほどのプチ船旅で、神秘の島「宮島」に到着します。古より神の島として崇められ、...

【長野】湯田中温泉周辺の観光スポット10選&お土産

長野でも潤沢な湯量を誇る湯田中温泉周辺はとても魅力的な場所。車で1時間圏内には、人気の観光スポットが目白押しです。素朴な温泉街、美味しいものに溢れた町歩き、地獄...

きっと一番心に残る旅!ベルギー・ブルージュの観光スポット14選

「天井のない美術館」、「北のベネチア」、「ベルギーの水の都」と呼ばれ、ベルギーで最も人気の街ブルージュ。街を流れる運河に羽を休める白鳥、歴史的な建造物と昔ながら...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります