パキスタン
パキスタン観光
インダス文明やガンダーラ王国の遺跡

【パキスタン】意外に整然とした首都イスラマバード

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:183ヶ国

2021年8月27日更新

76view

お気に入り

この記事の目次表示

小さなモスクがあちこちに

宗教とともに生きるパキスタンの方々は、1日5回の礼拝を欠かしません。イスラム教を国教としている他国と同様、お祈りの時間になると街中のあちこちでアザーンが流れ、どこからともなく現れた男性たちが皆、黙々と近くのモスクへ向かいます。

  • 写真:toshel
  • 写真:toshel

観光客である私たちは、大きいモスクばかりに目が行きがちですが、街の小さなモスクもデザイン性に優れており、一見の価値ありです。ちょっとした集会所くらいの大きさではありますが、外観に凝ったものも多く、パキスタンのムスリムがどれだけ宗教を重んじているかを知ることのできる場所でもあります。

筆者はイスラム教を国教とする国々を数十か国訪ねましたが、パキスタンはその中でも深く敬虔なイスラム教徒が多い印象の国の一つです。

  • 写真:toshel

こちらは、お祈りの際に被るクフィです。持っていない方のため、また持ってくるのを忘れた人のためモスク入り口に大量に置いてあります。これを被らないと、モスクには入れません。尚、女性はこれを被っても中には入れません。

  • 写真:toshel

やっぱりカレーは美味しい!

元々は同じインドだったパキスタンは、インド同様にカレーの美味しい国です。店前にあるこのような大きな鉄鍋で大胆に調理されるカレーは、街行く人の目も誘います。

  • 写真:toshel

筆者の個人的な感想としては、マトンカレーが非常に美味で、癖になる旨味でした。

  • 写真:toshelマトンカレー

パキスタン名物!デコトラ

街から出て高速へ乗ると、よく見られるのがデコトラです。パキスタンの大型トラックは、ほとんどがデコレーションされています。無骨で威圧感のある大型トラックをカラフルにデコレーションすることで、道行く人々の目を楽しませたいとの思いがあるそうですよ。

  • 写真:toshel
  • 写真:toshel
  • 写真:toshel
  • 写真:toshel

ぜひ、郊外のガンダーラ遺跡などへ行く際にチェックしてみてください。

イスラマバードへの行き方

2021年8月現在、日本からイスラマバードまでの直行便はありませんので、東南アジアや中東を経由して行きます。

さいごに

パキスタンと聞くと少し危険なイメージを持たれるかもしれませんが、実際には人々は穏やかで親切。首都イスラマバードでも危険を感じることはありません。

  • 写真:toshel

インダス文明を輩出したパキスタンは、それをあまり派手にアナウンスこそしませんが、ガンダーラをはじめ、ハラッパ、モヘンジョダロなど、古代の錚々たる遺跡が点在していますので、是非、旅の計画の候補にあげてみてください。

パキスタンの旅行予約はこちら

パキスタンのパッケージツアーを探す

パキスタンのホテルを探す

パキスタンの航空券を探す

パキスタンの現地アクティビティを探す

パキスタンのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2021年8月26日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【パキスタン】もはや解明不可能?謎の文明「モヘンジョ・ダロ」

パキスタン南部にある古代インダス文明の遺跡「モヘンジョ・ダロ」は、後世「死の丘」と呼ばれ、地元の人は決して近づかない呪われた場所でした。核戦争で滅びたとまで言わ...


そこに行けばどんな夢も叶うというよ!遥かに遠い愛の国ガンダーラ in パキスタン

ガンダーラは、紀元前6世紀から長きに渡り存続した古代王国です。当時のギリシャとオリエントが融合したヘレニズム文化の源流となり、そこで確立された仏教美術は世界中へ...

ムガル帝国の優美をパキスタンで堪能!歴代皇帝の愛した都市ラホール

近年、何かと物騒なニュースの多かったパキスタンですが、ここにきて治安は好転し、穏やかな日々が戻りつつあります。先日は、ノーベル平和賞を史上最年少で受賞したマララ...

日本とパキスタンの時差は「4時間」!パキスタンへの飛行時間は?

パキスタン旅行に出かける前に知っておきたい、日本とパキスタンの時差や、サマータイム、日本からパキスタンへの飛行時間について解説します。

【パキスタン】古き良き大都市「カラチ」の見どころ

パキスタン最大都市のカラチは、イスラム教を重んじる国の中ではかなり先鋭的な都市です。建物や見た目こそ古いものの、賢明で先進的な市民のもと急激な発展を遂げようとし...

この記事を書いたトラベルライター

行ったことのない国中心の一人旅
行ったことのない国を中心にひとり旅しています。他国の歴史、文化、宗教、遺跡、そしてそこに住む人々の考え方に興味があります。

車の運転が好きなので、海外ではドライブ旅を楽しんでます。普段は会社員です。

これまで訪ねた183ヵ国およそ400都市の街の美しい景色、壮大な自然の風景、出会う人々との会話など、真の地元を皆様とシェアできればと思います。皆様もご一緒にそこへ旅したように感じてもらえると嬉しいです。

記事は、個人旅行をされる方向けの内容です。

世界屈指の犯罪都市~ホンジュラスの首都テグシガルパ~

世界の治安が悪い国ランキングなどを見ると、毎年必ず上位になってしまうホンジュラス。しかし、手つかずの美しい自然が多く、世界遺産に登録されたマヤ文明のコパン遺跡を...


レバノン観光と言えばここ!ベイルート・ビブロス・バールベックの見どころと国の背景

遠い昔、世界の中心が地中海にあった時代、レバノンは東西貿易の交差点となる重要な位置にあり、繁栄の極みにありました。古くから数多くの王様や将軍が、この土地を挙って...


ついに観光ビザ解禁!閉ざされていた王国サウジアラビアの珍しい文化と各都市の見どころ

観光での入国が困難だったサウジアラビアが、2019年9月27日に突然、ツーリストビザの発給開始を発表しました。今回は、サウジアラビアに古くからある慣習と文化、そ...

世界の危険都市上位?南米ベネズエラの首都カラカス

世界屈指の産油国にしてハイパーインフレーションに陥った南米の国ベネズエラ。かつて、スペイン植民地から独立へと導いた英雄「シモン・ボリバル」の生まれ育った街でもあ...

カリブの島はどこがいい?陽気レゲエでちょっぴり危険な「バルバドス」どこまでも静かな「アンティグア」

カリブ海には、大小様々な島がおよそ700あります。そのほとんどは欧米各国の領土で、独立国はわずか13カ国のみ。今回は、その中より対極にある2つの小さな島国をご紹...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります