ポーランド
ポーランド観光
首都ワルシャワは中世の町並みを復元し世界遺産に

欧州ポーランドが生んだ作曲家、ショパンづくしの旅!

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:35ヶ国

2018年3月29日更新

1,135view

お気に入り

写真:aka-region

1810年にポーランドに生まれた作曲家でありピアニストのショパン。ポーランドのみならず世界的に有名で、今日でもノクターンやワルツなど広く人々を魅了する音楽が生き続けています。幼少期をポーランドで過ごし、ウィーン(オーストリア)やパリ(フランス)等各地に住み演奏を続けた彼の生涯は、ヨーロッパ中で起こった戦の中にあり、彼の音楽は戦の中の灯となりました。今回は、ポーランドの人々にとって永遠のヒーローであるショパンの、息づかいが聞こえてきそうなポーランド・ショパンづくしの旅にご案内します。

この記事の目次表示

ショパンが生まれ育ったポーランドという国

ポーランドは西ヨーロッパに位置し、北はバルト海に面し、北東はロシアの飛地カリーニングラード州とリトアニア、東はベラルーシとウクライナ、南はチェコとスロバキア、西はドイツと国境を接する国です。

  • 写真:aka-region街並みの美しい首都ワルシャワの旧市街

首都はワルシャワで、新市街と昔の風情を残す旧市街とが解け合う街となっています。ポーランドと言えば、最近ではポーリッシュポタリーのケルセン(Kersen)など、日本でもその温もりある手作り陶器をお店で見かけるようになりました。

その他、琥珀が名産であり、食べ物ではポーランドの餃子であるピエロギやアップルタルトのシャルロットは、ポーランド旅行に欠かせないものです。

そしてポーランドと言えば忘れてはならないのが、ショパン。ポーランドを旅すると街の教会で演奏会が頻繁に行われており、ポーランドの人々のショパンに対する愛を感じることができます。

今回は、そんな魅力たっぷりのポーランドの中でも、ショパンの足跡を辿るスポットをご紹介します。

生家や公園、教会...ショパンを味わい尽くす!

ショパンは、誰もが一度は耳にしたことのある世界的に有名な作曲家で「幻想即興曲」 、「軍隊ポロネーズ」、ワルツ第9番「別れのワルツ」等の名曲を世に遺しました。

ショパン音楽のルーツが眠るショパンの生家

ワルシャワから西に約60kmほどの村にあるのが、1810年にショパンが生まれた家です。現在は博物館になっており、手紙や出生証明書、ピアノ(複製)などショパンゆかりの品が展示されています。

ワルシャワ市内からの道中、国名「ポーランド(平らな土地という意味)」が示すように見渡す限り平らで広大な土地が広がります。

  • 写真:aka-regionワルシャワ郊外のショパン生家に向かう。どこまでも平らな大地。

ショパンの生家は真っ白い壁の平屋建てで、各部屋の四方に窓があり、温かな日差しの入る家です。

  • 写真:aka-regionショパンの生家 外観
  • 写真:aka-regionポーランドの首都ワルシャワ郊外にあるショパン生家

家の中には、家具はなく、2つの部屋にそれぞれショパンが使っていたピアノの複製が置かれているのみです。それでもピアノのあるショパンの当時の暮らしの様子を伺わせる雰囲気となっており、ショパンのルーツを想像することができます。

  • 写真:aka-regionショパン生家にあるもう一つのピアノ部屋
  • 写真:aka-regionショパン生家から眺める空
ショパンの生家
ポーランド / 博物館・美術館
住所:elazowa Wola 15, 96-503 Sochaczewm, Poland地図で見る
Web:http://chopin.museum/en/information/visitors/id/43...

首都ワルシャワにあるフレデリック・ショパン博物館

ショパンの足跡を辿ってポーランドの首都ワルシャワに戻りましょう。

ワルシャワにはショパンの遺品を展示したり、彼の功績を知ることのできる博物館があります。それがフレデリック・ショパン博物館です。

  • 写真:aka-regionワルシャワにあるショパン博物館

ショパンが作曲した直筆の楽譜や、映像で楽しむ曲と彼の人生物語について知ることができるコーナーや子供向けのコーナーなど、充実した展示の数々となっています。

こちらの動画で館内の雰囲気を垣間見ることができます。

また、見どころはショパン本人が使用していたピアノの展示です。ショパンの生家には複製品しかなかったピアノですが、こちらではガラス越しに実物を見ることができ、飴色に変わった木の色や所々色あせた鍵盤など、ショパンの呼吸が聞こえてきそうな本物を見ることができます。

  • 写真:aka-regionショパン博物館にて、ショパンが実際に使っていたピアノ
フレデリック・ショパン博物館
ポーランド / 博物館・美術館
住所:Pałac Gnińskich, 00-368, Okólnik 1, 00-368 Warszawa地図で見る
Web:http://chopin.museum/en

壮大なショパン像が存在感を放つワジェンキ公園(Lazienki Park)

首都ワルシャワの中心部に市民憩いのワジェンキ公園(Lazienki Park)があります。こちらでは、毎年5月~9月の日曜日に無料の野外コンサート「ショパン・コンサート」が開催されることで有名です。

ポーランド最後の王・ポニャトフスキーがここにワジェンキ宮殿を建造したため、そのまま公園名になりました。 敷地面積は76万㎡、植物園や劇場もありヨーロッパでも屈指の美しい公園として知られています。

中でも公園内にそびえる巨大なショパン像は、バラ庭園に囲まれ、この公園のシンボル的存在となっています。柳の木の下に座り、ワルシャワの今昔を見守るショパン。どこか哀愁が漂いながらも動きの見える美しい存在感たっぷりの像となっています。

  • 写真:aka-regionワルシャワの公園には迫力満点のショパンの像がある
ワジェンキ公園
ポーランド / 公園・動植物園
住所:Agrykola 1 Street, Warsaw, Poland地図で見る
Web:http://www.lazienki-krolewskie.pl/

ショパンの心臓が埋められている聖十字架教会

オーストリアやフランス等ヨーロッパ各地を旅したショパン。最期には39歳の若さでパリでその生涯を終えました。

遺体はパリ市内の墓地に葬られましたが、遺言によりショパンの心臓は祖国ポーランドの教会に埋められることとなりました。ショパンの心臓が眠るのがポーランドの首都ワルシャワにある聖十字架教会です。

  • 写真:aka-regionショパンの心臓が埋められている教会

教会内に入ると心臓が埋められている柱にはひと際目立つ装飾が施されており、ショパンの心臓が埋められていることが記載されています。

  • 写真:aka-regionこの柱にショパンの心臓が埋められている

ショパンの心臓は小さな壺に入れられ、コニャックらしきアルコール液体に漬けられた状態で、レオナルド・マルコーニ作の柱の最下部に納められています。ショパンの心臓は、第2次世界大戦中に避難のため持ち出された時を除いて、こちらで眠っています。

こちらの教会でもたまにショパン・コンサートが開かれているようですが、ポーランドで聴くショパンの音楽はまた格別です。ショパンが愛したポーランドの空気を感じながら、どこか哀愁漂うこの中欧の土地で、1人の有名な作曲家の足取りを辿って旅をしてみてください。

聖十字架教会
ポーランド / 社寺・教会
住所:Krakowskie Przedniescie, Warsaw, Poland地図で見る
Web:http://swkrzyz.pl/

ポーランドの旅行予約はこちら

ポーランドのパッケージツアーを探す

ポーランドのホテルを探す

ポーランドの航空券を探す

ポーランドの現地アクティビティを探す

ポーランドのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年3月29日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


ヨーロッパの人気のお城・宮殿TOP30!旅行好きが行っているお城&宮殿ランキング

バッキンガム宮殿やノイシュバンシュタイン城など、ヨーロッパの有名なお城・宮殿の中から、トリップノートの4万7千人の旅好きトラベラー会員(2019年10月現在)が...


【厳選】女子旅にオススメ♡心ときめく世界の可愛い村と街12選!

インスタ映え間違いなし!まるで童話の世界のような可愛い家や、中世の面影残る美しい街並み。一度は行きたいとっておきの村や街を、可愛いものに目がない筆者が厳選してご...

【海外】女子ひとり旅におすすめ旅行先6か国と過ごし方!迷ったらココ!第二弾

大好評「女子ひとり旅シリーズ」の第二弾!女子一人でも安心・満喫できるおすすめの国(都市)をご紹介!気になる治安面を考慮し、街の可愛さはもちろんのこと、周りやすさ...

【ポーランド】負の遺産から学ぶ「アウシュビッツ博物館」

ヒトラー率いるナチス・ドイツが、第二次世界大戦中に造った強制収容所「アウシュビッツ」。当初はポーランド人の政治犯が多く収容されましたが、次第に「労働に適さない」...

【ポーランド】週末が狙い目!?美しい世界遺産ワルシャワの街歩き

ポーランドの首都ワルシャワは、日本からの直行便もあるアクセスしやすいヨーロッパ都市のひとつ。そんなワルシャワの街歩きと、観光するなら週末がちょっとお得なポイント...

この記事を書いたトラベルライター

暮らすように旅をする
aka-regionです☘
計4年間、ヨーロッパ(フィンランド、アイルランド)で住んでいる間に見聞きしたこと、経験したことを紹介します。旅のテーマは、「暮らすように旅をする」。旅のある暮らし方、ライフスタイル、文化に関する情報を発信していきます!

♬Countries & Areas: Europe (アイルランド、フィンランド他),日本(島根、山陰地方、東京他)
♬Hobbies: アイリッシュフィドル、水泳
♬Speciality: 島好きです!
http://akaregion.blogspot.jp/

【保存版】フィンランドのお土産厳選10選!

北欧デザインにサンタクロース、森の中でのウォーキングにサウナ。こんなキーワードを聞くだけで、ほのぼのとしたおとぎ話の世界が思い浮かぶフィンランド。日本から直行便...


【保存版】ポルトガルのお土産・厳選10選!

ポルトガルはヨーロッパの西端に位置し、地中海性気候の穏やかな気候で過ごしやすく、食もおいしく古い街並みが美しい国です。カステラやカルタ、天ぷらなどポルトガルと日...


【保存版】オランダのお土産・厳選10選!

ヨーロッパ北西部にあるオランダ王国は、チューリップ畑に水車といった田園風景や運河沿いの家々の街並みが代名詞的存在の牧歌的な国です。また画家レンブラントやフェルメ...

【保存版】デンマークのお土産・厳選10選!

北欧にあるデンマークはデザイン大国として有名で、近年日本でも注目度がアップしている国の一つです。丁寧な暮らしをするデンマークの人たちが生んだ、人が使いやすい機能...

【保存版】ドイツのお土産・厳選10選!

ドイツは、30年前のベルリンの壁の崩壊で西ドイツ・東ドイツが統一され、激動の歴史を物語る観光スポットやお土産が多くあります。また、スーパーで買える定番お菓子から...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?