イギリス
イギリス観光
アフタヌーンティーやパブ文化も楽しみたい

【イギリス】ハリーポッター誕生の地を巡る、魅惑の街エディンバラ!

2017年3月21日更新

7,582view

お気に入り

『ハリーポッター』の物語が書かれた街が、英国スコットランド地方の州都エディンバラにあります。作者のJ.K.ローリングがペンを握り、1杯のコーヒーを飲みながら物語が生まれました。第1巻が街のカフェで書き始められ、最終巻も市内のホテルで書き上げられました。今回は、そんな世界中を魅了した魔法の物語が生まれたルーツ、エディンバラの街歩きをご案内します。ハリーポッターファンでもそうでなくても、エディンバラ市の雄大な自然と歴史的な街が融合する、おとぎ話のような世界観に魅了されることでしょう。

スコットランドってどんなところ?

スコットランドは、「イギリス」の一部を成しブリテン島の北に位置します。近年、イギリスからの独立で国民投票が行われ、独立とはならなかったものの話題となりました。スコットランドにはのどかな田園風景が広がります。ネッシー伝説の生まれたネス湖や、産業革命時に造船で栄え、あのタイタニック号も造られたグラスゴー、お城が美しいスターリン、そして街全体がお城のような州都・エディンバラなどが見所です。

  • エディンバラの旧市街

スコットランドの中心・エディンバラは、歴史的で美しい街の中に文化が根付く魅力的な場所で、世界中を魅了した『ハリーポッター』の物語が生まれた街でもあります。

  • スコットランドの州都・エディンバラの街の様子

作者のJ.K.ローリングは、エディンバラ市内のカフェで、ハリーという魔法使いが主人公の、夢のある魔法の物語を書き始めました。エディンバラの旧市街に張り巡らされている石畳の路地や、緑豊かな公園を歩いていると、魔法の世界からハリーが出てきそうでわくわくします。J.K.ローリングは、街の至る所でインスピレーションを得たのでしょう。

  • エディンバラではどこからともなくバグパイプの音が聞こえてきます

ハリーポッター物語が生まれたカフェ

エディンバラ市の旧市街地エリアにあるのが「エレファント・ハウス」です。ここは、小さなカフェですが、窓から岩山に聳えるエディンバラ城を見ることができます。店内は、エディンバラ大学の学生やおしゃべりを楽しむおばちゃんたちなどから、常に人気を博しています。

『ハリーポッター』の作者J.K.ローリングも、このカフェの窓辺に座って、創造の世界を広げていったのでしょう。

  • エディンバラの街にあるカフェから城を眺める
エレファント ハウス
イギリス / カフェ・喫茶店
住所:21 George IV Bridge, Edinburgh EH1 1EN
電話:0131-220-5355
Web:http://www.elephanthouse.biz

ハリーポッターも通ったホグワーツ城のモデルとなった城

『ハリーポッター』の物語の中の、魔法学校ホグワーツのモデルとなった場所があります。それがエディンバラ城です。映画に出て来るホグワーツ城のような尖塔こそありませんが、エディンバラ城は大きな岩山の上に聳え、その礎が映画『ハリーポッター』での、ホグワーツ城のモデルとなったと言われています。

  • エディンバラ城の迫力

エディンバラ城はいくつかの建物群に分類されます。城内で最も古いのは12世紀初期の建築物であるセント・マーガレット教会堂で、その他には16世紀以前にできた戦争記念館やホール等、石造りの重厚な建物があります。

夏になると「ロイヤル・ミリタリー・タトゥー」という、兵隊の行進のお祭りショーがあります。ショーを見るための特設観客席が設置され、エディンバラ城正門を背景にショーが行われます。眺めも最高のロケーションで、異空間が感じられる屋外ステージに大変身します。

  • エディンバラ城の入口
エディンバラ城
イギリス / 建造物 / 観光名所
住所:Edinburgh EH12NG, Scotland
Web:https://www.edinburghcastle.gov.uk

ハリーポッター物語の最終巻が書き上げられたホテル

エディンバラの街は、『ハリーポッター』の物語の終わりの地ともなりました。作者が滞在したのは、エディンバラ市の中心部にあり、1902年創業の老舗5つ星高級ホテル「The Balmoral」です。そこの552号室で、作者のJ.K.ローリングは、『ハリポッター』シリーズの最終巻を書き上げました。

彼女が滞在したスイートルームは現在「J.K.Rowling Suite」と名付けられ、宿泊費は1泊1,000英ポンド(約20万円弱)となっていますが、世界各国からの根強いハリーポッターファンを呼び込んでいます。

バルモラル ホテル
イギリス / ホテル
住所:1 Princes St, Edinburgh EH2 2EQ, Scotland
Web:https://www.roccofortehotels.com/hotels-and-resort...

エディンバラの街を眺められるスポット

アーサーの玉座 ~Arthur’s Seat~

エディンバラには、アーサー王伝説から名を取った場所があります。それが市民の憩いの場「アーサーの玉座」と呼ばれる、標高250mの丘のある公園です。

  • アーサー王座からの眺めは最高。

その昔の火山活動によって形成され、起伏に富んだ地形になっています。地元の人たちのウォーキング、サイクリングコースになっており、休日ともなると多くの人々が訪れます。丘を登っていくと小さな湖があったり、廃墟があったりします。頂上付近からは、エディンバラの旧市街を一望することができます。

  • アーサー王座から眺めるエディンバラの街

また、平原の向こうに広がるフォース湾を眺めることができ、気持ちのよい場所です。

  • 街と自然との近さがエディンバラの魅力
アーサーの玉座
イギリス / 公園・動植物園
住所:Holyrood Park, Edinburgh EH16 5BT, Scotland
Web:https://www.visitscotland.com/info/see-do/holyrood...

カールトン・ヒル

J.K.ローリングが『ハリーポッター』を書き上げたホテル「The Balmoral」を挟んで、旧市街の北側に「アーサーの玉座」があるのに対し、南側には「カールトン・ヒル」という丘があります。

旧市街のメイン通り「ロイヤル・マイル」の両端をつなぐように、西側には「エディンバラ城」が、東側には、エリザベス2世の夏季の滞在地として知られている「ホリールード宮殿」があります。カールトン・ヒルは、エディンバラの街がどんなところに築かれたのか、その地形を見ながら街を見下ろすことができる絶景スポットです。

  • カールトン・ヒルからエディンバラの旧市街を眺める

新市街側にある階段を上っていくと、この丘の頂上に登ることができます。こちらも古代には火山だった場所で、その後ハンセン病患者の居留地、処刑所、埋葬所として使われました。また丘の上には、ギリシャのパルテノン神殿を模して建てられたナショナル・モニュメントがあります。これはナポレオン戦争(19世紀)で亡くなった、スコットランド兵のための戦没者記念碑です。

現在では、広大な公園の芝生でのんびりしたり、エディンバラの旧市街やフォース湾を眺められるスポットとして、地元の人たちや観光客に人気です。

カールトン ヒル
イギリス / 公園・動植物園
住所:off Regent Road, Edinburgh EH1 3DG, Scotland
Web:http://www.edinburghguide.com/parks/caltonhill

おわりに

  • エディンバラ旧市街のメイン通り・ロイヤルマイルをゆく

まるで絵はがきのような街、エディンバラ。

このうっとりとするような風景を眺めながら街歩きをすれば、きっとエディンバラのとりこになることでしょう。

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年3月5日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

プーさんマニアの聖地・イギリスのハートフィールドってこんなトコ!

イギリス・ロンドンから電車で1時間ほど離れた場所に「ハートフィールド」という森があるのをご存知ですか? 実はこの森、プーさんマニアなら知らない人はいないプーさん...

店舗総数は1,000軒超え!ロンドンのカムデン・マーケットで外せない厳選ショップ21選

ロンドンでは、街中の通りや倉庫など様々な場所でマーケットが行われています。その中でも上位の人気を保つカムデン・マーケットには、ヴィンテージやオリジナルデザインの...


ピーターラビットに会いに!イギリス・湖水地方の歩き方

美しい景観が魅力のイギリス、湖水地方。ここには、ピーターラビットの作者、ビアトリクス・ポターが住んでいた町があります。都会のスタイリッシュなイギリスもおすすめで...

ロンドンでお気軽アフタヌーンティーなら大英博物館で!

イギリスといえば、アフタヌーンティー。女子なら絶対体験したい事の一つですね。でもドレスコードやオーダーが二人からなど、決まり事が面倒だったりします。そんな時、大...


路線バスに乗っているだけで次々に観光名所が!ロンドンバス・ルート11

なんと、ロンドンの路線バスには乗っているだけで有名な観光地を縫うように進むルートがあるのです!バス停を拠点に移動すれば迷わず観光地を回れるお助けツールに!また、...

この記事を書いたトラベルライター

暮らすように旅をする
aka-regionです☘
計4年間、ヨーロッパ(フィンランド、アイルランド)で住んでいる間に見聞きしたこと、経験したことを紹介します。旅のテーマは、「暮らすように旅をする」。旅のある暮らし方、ライフスタイル、文化に関する情報を発信していきます!

♬Countries & Areas: Europe (アイルランド、フィンランド他),日本(島根、山陰地方、東京他)
♬Hobbies: アイリッシュフィドル、水泳
♬Speciality: 島好きです!
http://akaregion.blogspot.jp/

【保存版】フィンランドのお土産厳選10選!

北欧デザインにサンタクロース、森の中でのウォーキングにサウナ。こんなキーワードを聞くだけで、ほのぼのとしたおとぎ話の世界が思い浮かぶフィンランド。日本から直行便...

【保存版】ポルトガルのお土産・厳選10選!

ポルトガルはヨーロッパの西端に位置し、地中海性気候の穏やかな気候で過ごしやすく、食もおいしく古い街並みが美しい国です。カステラやカルタ、天ぷらなどポルトガルと日...


【保存版】アイルランドのお土産・厳選10選

イギリスの西に位置する小さな島国アイルランド。日本よりも北にありますが暖流の影響で1年を通して温暖な気候の過ごしやすい国です。伝統とモダンカルチャーが共存する首...

【保存版】デンマークのお土産・厳選10選!

北欧にあるデンマークはデザイン大国として有名で、近年日本でも注目度がアップしている国の一つです。丁寧な暮らしをするデンマークの人たちが生んだ、人が使いやすい機能...


【フィンランド】独立100周年限定商品を買い集めるヘルシンキ街歩き

2017年はフィンランドがロシア帝国から独立を果たしてちょうど100周年の年。フィンランド国内外では、100周年記念を祝う催し物が数多く開催されています。そんな...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

アプリ「Pokke」でイギリスの音声ガイドを聴く

イギリスの観光スポットの音声ガイドをアプリ「Pokke」で聴くことができます。

旅行前にダウンロードしておけばオフラインでも使える!
プロのガイドに案内されるように旅を楽しめる!

Pokkeについて

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?