イギリス
イギリス観光
アフタヌーンティーやパブ文化も楽しみたい

【イギリス】ハリーポッター誕生の地を巡る、魅惑の街エディンバラ!

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:35ヶ国

2020年6月1日更新

87,912view

お気に入り

写真:aka-region

『ハリーポッター』の物語が書かれた街が、英国スコットランド地方の州都エディンバラにあります。作者のJ.K.ローリングがペンを握り、1杯のコーヒーを飲みながら物語が生まれました。第1巻が街のカフェで書き始められ、最終巻も市内のホテルで書き上げられました。今回は、そんな世界中を魅了した魔法の物語が生まれたルーツ、エディンバラの街歩きをご案内します。ハリーポッターファンでもそうでなくても、エディンバラ市の雄大な自然と歴史的な街が融合する、おとぎ話のような世界観に魅了されることでしょう。

この記事の目次表示

スコットランドってどんなところ?

スコットランドは、「イギリス」の一部を成しブリテン島の北に位置します。近年、イギリスからの独立で国民投票が行われ、独立とはならなかったものの話題となりました。スコットランドにはのどかな田園風景が広がります。ネッシー伝説の生まれたネス湖や、産業革命時に造船で栄え、あのタイタニック号も造られたグラスゴー、お城が美しいスターリン、そして街全体がお城のような州都・エディンバラなどが見所です。

  • 写真:aka-regionエディンバラの旧市街

スコットランドの中心・エディンバラは、歴史的で美しい街の中に文化が根付く魅力的な場所で、世界中を魅了した『ハリーポッター』の物語が生まれた街でもあります。

  • 写真:aka-regionスコットランドの州都・エディンバラの街の様子

作者のJ.K.ローリングは、エディンバラ市内のカフェで、ハリーという魔法使いが主人公の、夢のある魔法の物語を書き始めました。エディンバラの旧市街に張り巡らされている石畳の路地や、緑豊かな公園を歩いていると、魔法の世界からハリーが出てきそうでわくわくします。J.K.ローリングは、街の至る所でインスピレーションを得たのでしょう。

  • 写真:aka-regionエディンバラではどこからともなくバグパイプの音が聞こえてきます

ハリーポッター物語が生まれたカフェ

エディンバラ市の旧市街地エリアにあるのが「エレファント・ハウス」です。ここは、小さなカフェですが、窓から岩山に聳えるエディンバラ城を見ることができます。店内は、エディンバラ大学の学生やおしゃべりを楽しむおばちゃんたちなどから、常に人気を博しています。

『ハリーポッター』の作者J.K.ローリングも、このカフェの窓辺に座って、創造の世界を広げていったのでしょう。

  • 写真:aka-regionエディンバラの街にあるカフェから城を眺める
エレファント ハウス
イギリス / カフェ・喫茶店
住所:21 George IV Bridge, Edinburgh EH1 1EN地図で見る
電話:0131-220-5355
Web:http://www.elephanthouse.biz

ハリーポッターも通ったホグワーツ城のモデルとなった城

『ハリーポッター』の物語の中の、魔法学校ホグワーツのモデルとなった場所があります。それがエディンバラ城です。映画に出て来るホグワーツ城のような尖塔こそありませんが、エディンバラ城は大きな岩山の上に聳え、その礎が映画『ハリーポッター』での、ホグワーツ城のモデルとなったと言われています。

  • 写真:aka-regionエディンバラ城の迫力

エディンバラ城はいくつかの建物群に分類されます。城内で最も古いのは12世紀初期の建築物であるセント・マーガレット教会堂で、その他には16世紀以前にできた戦争記念館やホール等、石造りの重厚な建物があります。

夏になると「ロイヤル・ミリタリー・タトゥー」という、兵隊の行進のお祭りショーがあります。ショーを見るための特設観客席が設置され、エディンバラ城正門を背景にショーが行われます。眺めも最高のロケーションで、異空間が感じられる屋外ステージに大変身します。

  • 写真:aka-regionエディンバラ城の入口
エディンバラ城
イギリス / 建造物 / 観光名所 / 城・宮殿
住所:Edinburgh EH12NG, Scotland地図で見る
Web:https://www.edinburghcastle.gov.uk

ハリーポッター物語の最終巻が書き上げられたホテル

エディンバラの街は、『ハリーポッター』の物語の終わりの地ともなりました。作者が滞在したのは、エディンバラ市の中心部にあり、1902年創業の老舗5つ星高級ホテル「The Balmoral」です。そこの552号室で、作者のJ.K.ローリングは、『ハリポッター』シリーズの最終巻を書き上げました。

彼女が滞在したスイートルームは現在「J.K.Rowling Suite」と名付けられ、宿泊費は1泊1,000英ポンド(約20万円弱)となっていますが、世界各国からの根強いハリーポッターファンを呼び込んでいます。

バルモラル ホテル
イギリス / ホテル
住所:1 Princes St, Edinburgh EH2 2EQ, Scotland地図で見る
Web:https://www.roccofortehotels.com/hotels-and-resort...

次のページを読む

イギリスの旅行予約はこちら


イギリスのパッケージツアー(新幹線・飛行機付宿泊プラン)を探す

イギリスのホテルを探す

イギリスの航空券を探す

イギリスの現地アクティビティを探す

イギリスのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【2024】イギリスの人気観光スポットTOP35!旅行好きが行っている観光地ランキング

バッキンガム宮殿やビッグ・ベンなどをはじめとするイギリスの観光スポットを、トリップノートの9万2千人を超える旅行好きトラベラー会員(2024年1月現在)が実際に...


一度は行きたい!世界の美しいカフェ&絶景レストラン10選!

女子必見!世界一豪華なカフェと言われるブダペストのニューヨークカフェを始め、可愛いカフェや絶景が見えるレストランなど、一度は行きたい世界のカフェやレストランを集...

ロンドン新名所!スカイ・ガーデンの予約と裏技2種

ロンドンの新名所として人気が高く、予約が取りづらいのが「スカイ・ガーデン」。地上約155mの高さからロンドンの街を一望できる場所です。天井までガラス張りで開放感...

路線バスに乗っているだけで次々に観光名所が!ロンドンバス・ルート11

なんと、ロンドンの路線バスには乗っているだけで有名な観光地を縫うように進むルートがあるのです!バス停を拠点に移動すれば迷わず観光地を回れるお助けツールに!また、...

ファッション好き必見♡おしゃれなショップやマーケットの集まるリバプールストリート

リバプールストリートは、金融街として有名なシティオブロンドンの北東部に位置するターミナル駅ですが、付近にはマーケットやおしゃれな古着屋などもある洗練されたエリア...

この記事を書いたトラベルライター

暮らすように旅をする
aka-regionです☘
計4年間、ヨーロッパ(フィンランド、アイルランド)で住んでいる間に見聞きしたこと、経験したことを紹介します。旅のテーマは、「暮らすように旅をする」。旅のある暮らし方、ライフスタイル、文化に関する情報を発信していきます!

♬Countries & Areas: Europe (アイルランド、フィンランド他),日本(島根、山陰地方、東京他)
♬Hobbies: アイリッシュフィドル、水泳
♬Speciality: 島好きです!
http://akaregion.blogspot.jp/

【保存版】フィンランドのお土産厳選10選!

北欧デザインにサンタクロース、森の中でのウォーキングにサウナ。こんなキーワードを聞くだけで、ほのぼのとしたおとぎ話の世界が思い浮かぶフィンランド。日本から直行便...


【保存版】ポルトガルのお土産・厳選10選!

ポルトガルはヨーロッパの西端に位置し、地中海性気候の穏やかな気候で過ごしやすく、食もおいしく古い街並みが美しい国です。カステラやカルタ、天ぷらなどポルトガルと日...


【保存版】スウェーデンのお土産・厳選10選!

北欧スウェーデンには、手芸・工芸(クラフト)や、クラフト・ジン(酒)など「つくる」ことにこだわったお土産が多くあります。今回は、デザイン大国スウェーデンで質や独...

【保存版】アイルランドのお土産・厳選10選

イギリスの西に位置する小さな島国アイルランド。日本よりも北にありますが暖流の影響で1年を通して温暖な気候の過ごしやすい国です。伝統とモダンカルチャーが共存する首...

【保存版】アイスランドのお土産・厳選10選!

北欧アイスランドは、ヨーロッパの北西端に位置する島国です。国名から氷だらけの寒そうなイメージを持ちますが、意外にも暖流の影響で冬でもわりと温暖です。日が暮れない...

トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります