サンフランシスコ
サンフランシスコ観光
多国籍なカルチャーが入り混じるリベラルな都市

【サンフランシスコ】社員以外でもアクセス可能!有名企業のオフィスビル巡り

取材・写真・文:

アメリカ在住

2019年2月7日更新

647view

お気に入り

写真:くー

ツイッターやセールスフォースなど、有名なIT企業の本社が集まるサンフランシスコ。これらの企業の中には、社員でなくてもロビーのソファでくつろいだりコーヒーが飲めるオフィスビルが数多く存在します。その中で位置的に近く、歩いて回れるおすすめの4社をピックアップして紹介します。

この記事の目次表示

サンフランシスコのおすすめツアー
[先着50名様限定]【とにかく安く!】【サンフランシスコ3泊×ロサンゼルス2泊7日間】価格重視!シビックセンター駅近くの老舗ホテル「ウィットコム」&ダウンタウンまでメトロで一本!地下鉄近くでリーズナブルなホテル『ラマダウィルシャー』
103,000円~360,000円
━ANA全日空利用━全区間直行便【サンフランシスコ3泊×ロサンゼルス2泊7日間】駅近でどこへ行くにも便利な立地「ホリデイイン シヴィックセンター」&リトルトウキョウ地区に立地!日本人向けサービスが充実な日系ホテル「ミヤコホテル」
130,000円~278,000円
《復路は直行便利用♪》【ラスベガス3泊&サンフランシスコ2泊周遊7日間】2014年オープン!立地抜群「THELINQ」&駅チカで便利な立地「ホリデイイン」*ユナイテッド航空
141,000円~321,000円

【1】Airbnb本社:開放感あふれるロビー

  • 写真:くーサンフランシスコのSOMA地区にあるAirbnb本社ビル

民泊仲介サイトの最大手Airbnb(エアビーアンドビー)は、サンフランシスコのSOMA(サウス・オブ・マーケット)地区に複数のオフィスビルを所有しています。その中の一つでもある本社は、ブラナンストリートと8番ストリートの角にあります。

  • 写真:くー中庭のような明るさが魅力のロビー

5階建てのビルは1階がロビーとレストランになっていて、誰でも利用できます。吹き抜けのロビーはとても明るく、モダンな住居の中庭をイメージしたような設計。上階のオフィスも個室のように区切られた部分が「部屋」を連想させ、同社の経営の基盤である「民泊」にマッチしています。

  • 写真:くーランチを食べたり仕事をしたり会話を交わしたり。ロビーには自由な空気が流れています

ロビーにはセキュリティーを兼ねた受付デスクがありますが、ロビーフロアの利用のみであれば特にここでチェックインする必要はありません(2019年1月現在)。トイレも完備しているので、覚えておくと便利です。

Airbnb本社
サンフランシスコ / その他スポット
住所:888 Brannan Street, San Francisco, CA 94103地図で見る
Web:https://www.airbnb.jp/

【2】Pinterest:本格派カフェも併設

  • 写真:くーブラナンストリート沿いにあるPinterestの最新オフィス

インターネット上の画像や動画を検索し、お気に入りを集めて拡散できるアプリPinterest(ピンタレスト)も、Airbnbと同様、SOMA地区に複数のオフィスがあります。

  • 写真:くーホテルのようなモダンなロビー。誰でもソファでくつろげます

その中で一番新しい建物が2018年に完成した505 Brannan Streetのオフィスです。ロビーは落ち着いたグレートーンでまとまっていて、柔らかい木目調がアクセントになっています。

  • 写真:くーロビー併設のカフェはサラダやサンドウィッチも販売。かわいいロゴのグッズもそろっています

ここでは赤い押しピン(画鋲)をロゴに起用したカフェも要チェック。サンフランシスコで大人気のベーカリー、Tartine(タルティーン)のスイーツやコーヒーが味わえます。

ピンタレスト(505 Brannan Streetオフィス)
サンフランシスコ / その他スポット
住所:505 Brannan Street, San Francisco, CA 94107地図で見る
Web:https://www.pinterest.jp/

【3】LinkedIn:公共スペースはまるで美術館

  • 写真:くーLinkedInのオフィスビル入り口。ビルの側面がミラー状なので周囲の建物が映っています

ビジネス上の人脈拡大や転職活動などに特化したSNS、LinkedIn(リンクトイン)。本社はシリコンバレーにありますが、サンフランシスコにある26階建てのオフィスビルもスタイリッシュで存在感を放っています。

  • 写真:くーLinkedInの公共スペース。大きなアート作品が飾られ広々としています

特に圧巻なのは、車道に面した公共スペース。とにかく広々としていて、美術館にいるような気分になります。大きなテーブルが並んでいるので、ラップトップでの作業やミーティングにもぴったり。奥のカフェでEquator(エクエーター)のコーヒーを購入して、のんびりとくつろぐのもおすすめです。

  • 写真:くー公共スペースは平日の午前8時から午後6時までオープン

ビルの入り口にはこんなロゴが飾られています。これはサンフランシスコ市が1985年に制定した「高層ビル建設の際には敷地内に一般市民向けの公共スペースを設けること」という条例に沿ったもので、最近では利用者に分かりやすいようロゴの表示が義務付けられました。

ダウンタウンにはこのような公共スペースがたくさん存在するので、興味のある方は「POPOS (Privately Owned Public Open Spaces) San Francisco」で検索してみてください。

リンクトイン(サンフランシスコ・オフィス)
サンフランシスコ / その他スポット
住所:222 Second Street, San Francisco, CA 94105地図で見る
Web:https://jp.linkedin.com/

【4】Salesforce:ハワイアンレストランもあるオフィスビル

  • 写真:くーミッションストリートとフリーモントストリートの交差点にはSalesforceのビルが3棟建っています

企業向けの顧客管理サポート大手のSalesforce(セールスフォース)は、サンフランシスコで一番高いビル「セールスフォースタワー」が有名ですが、道を挟んで「セールスフォース・ウエスト」および「セールスフォース・イースト」と呼ばれるオフィスビルがあり、これらはロビーが一般に開放されています。

  • 写真:くーSalesforce Eastのロビー。壁の巨大スクリーンにも緑が映し出されています

「Blaze Your Trail(新たな道を切り拓こう)」を合い言葉に、好奇心旺盛なマスコットを広告塔に起用している流れから、ロビーの造りもアウトドア派。あまり広くはありませんが、国立公園のキャンプ場のような風景を絵本調に再現しています。

  • 写真:くーSalesforce Eastの2階にオープンした「Trailblazer Tavern」。ハッピーアワーは大賑わいです

セールスフォース・イーストの2階には、2018年末にオープンしたレストラン「Trailblazer Tavern(トレイルブレーザー・タバーン)」があります。ハワイ料理を軸にしたフュージョンメニューが人気で、ドリンクやおつまみを手ごろな値段で楽しめる平日のハッピーアワーは、同社の社員だけでなく周辺オフィスで働く人々も仕事帰りに集う熱いスポットとなっています。

  • 写真:くーTrailblazer Tavernのテラスでひと休み。スパムの缶詰を再利用したカクテルが人気です
トレイルブレーザー・タバーン
サンフランシスコ / 洋食・西洋料理
住所:350 Mission St, San Francisco, CA 94105 アメリカ合衆国地図で見る
セールスフォース・ウエスト
サンフランシスコ / その他スポット
住所:50 Fremont St, San Francisco, CA 94105地図で見る
Web:https://www.salesforce.com/
セールスフォース・イースト
サンフランシスコ / その他スポット
住所:350 Mission St, San Francisco, CA 94105地図で見る
Web:https://www.salesforce.com/

おわりに

以上、サンフランシスコのSOMA地区にある企業オフィスの中から、観光目的で訪れても楽しめる4社を紹介しました。ロビーやレストラン以外のエリアは残念ながら社員や関係者でないとアクセスできませんが、同じビルの中にいることで働いている人たちや会社の雰囲気を感じてもらえたら、と思います。

サンフランシスコ旅行を自分好みにアレンジしよう!

オンライン旅行会社「旅工房」ならばサンフランシスコのツアーのアレンジも承ります(相談無料)。

  • 泊数を変えずに価格を抑える
  • 複数のホテルに宿泊する
  • 2ヶ国以上周遊する、など

旅工房でサンフランシスコのすべてのツアーをみる>>

サンフランシスコの旅行予約はこちら

サンフランシスコのパッケージツアーを探す

サンフランシスコのホテルを探す

サンフランシスコの航空券を探す

サンフランシスコの現地アクティビティを探す

サンフランシスコのWi-Fiレンタルを探す

サンフランシスコのレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年2月5日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


SF名物料理ダンジネスクラブは老舗Crustaceanで♪

サンフランシスコの名物料理といえば様々ありますが、日本人から大人気なのがダンジネスクラブ。当記事では日本では馴染みのないダンジネスクラブを存分に楽しめるレストラ...


サンフランシスコで味わう!本場のサードウェーブコーヒーショップ

サンフランシスコは、シリコンバレーに隣接する、言わずと知れたIT産業の中心地です。ビジネスをこの地で立ち上げる人も多く、スタートアップ企業が集うパワー溢れる街で...

サンフランシスコ・ベイエリアの日本人でも親しみやすいスイーツ7選

サンフランシスコ・ベイエリアは、たくさんのスイーツ店で溢れており、その数は年々増え続けています。場所柄多くの人種が混在し、特にアジア人がアメリカの他地域に比べて...

カリフォルニア料理を堪能♪サンフランシスコで行きたい大満足レストラン5選♡

地元産の採れたて食材の味を活かして、アメリカ料理をベースにさまざまなエスニック料理との融合を楽しめる「カリフォルニア料理」。特に食の文化への関心が高いサンフラン...

美味しさには秘密があります! サンフランシスコで味わえるミルクシェイク3選

アメリカでは1885年から楽しまれているミルクシェイク。日本でもファストフード店などでは定番のメニューです。しかし、アメリカで飲んだミルクシェイクの美味しさに、...

この記事を書いたトラベルライター

サンフランシスコから離れられません
大学留学で渡米し、サンフランシスコに流れ着きました。寛容でリベラルで肩の力が抜けたところがツボにはまり、格差社会が叫ばれ家賃高騰が続く今も離れられずにいます。できるだけお金をかけずに楽しいことを探すのが趣味。定番の観光スポットだけでなく、サンフランシスコの現在形が体感できる情報をお届けしたいと思っています。
http://mottosf.com

【アメリカ】誰でも訪問可能!アップル本社のApple Park Visitor Center

使いやすさとデザイン性を重視した製品に定評のあるアップル社。カリフォルニア州にある本社キャンパス(通称Apple Park)のビジターセンターも近未来的でありな...


知っていれば安心 サンフランシスコのラーメンマップ10選

日本のソウルフードともいえるラーメンですが、サンフランシスコでもブームに火が付き、ラーメンをメニューに載せるレストランが数年間で一気に増えました。ラーメン専門店...

旅先で素敵な出会いがあるかも!?サンフランシスコの雑貨屋巡り

海外旅行の楽しみの一つであるショッピング。観光名所でお土産を買うのは定番ですが、趣味のいい雑貨屋さんで仲の良い友人や自分へのお土産を探すのも旅の思い出になります...

並んでこそ価値がある? サンフランシスコで食べたい人気スイーツ8選

質の高いレストランが集まる美食の街、サンフランシスコ。予約が取れないレストランがあるように、開店に合わせて並ばないと人気の商品が売り切れてしまうスイーツ専門店も...

観光バスは必要なし! サンフランシスコを感じる市営バス8選

サンフランシスコといえばケーブルカーの印象が強い街ですが、実はそのほかの公共交通機関もかなり発達していて、市内のほとんどの場所にバス、またはメトロと呼ばれる路面...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?