サンフランシスコ
サンフランシスコ観光
多国籍なカルチャーが入り混じるリベラルな都市

サンフランシスコにもあります。クリスマス気分が味わえるデコレーション10選

取材・写真・文:

アメリカ在住

2018年9月5日更新

4,629view

お気に入り

この記事の目次表示

【6】グレース大聖堂で神聖なクリスマス

  • 写真:くーグレース大聖堂のデコレーションとステンドグラス

フェアモントから公園を挟んだ場所に位置するグレース大聖堂は、パリのノートルダム大聖堂に似た外観の教会で、観光客にも人気があります。クリスマスシーズンにはツリーが飾られますが、聖堂の中は常に静かで厳粛な空気。外界の喧噪から切り離されて心が洗われるような感覚をおぼえます。

この時期にサンフランシスコに来たら聖歌隊による賛美歌をぜひ聴いてください。クリスマスイブのコンサートは特に人気が高く、満席になると入場できない可能性があるので要注意です。天気のよい昼間に訪れ、ステンドグラスから差し込む色とりどりの光の中で、床に描かれたラビリンスを歩くのも貴重な体験になるでしょう。

グレース大聖堂
サンフランシスコ / 社寺・教会 / 教会
住所:1100 California St, San Francisco, CA地図で見る
電話:1-415-749-6300
Web:http://www.gracecathedral.org/

【7】ハイアットリージェンシーのイルミネーション

  • 写真:くーハイアットリージェンシーのロビー

エンバカデロセンターの高層ビル群に隣接するホテル、ハイアットリージェンシーもホリデーシーズンには外せないスポット。吹き抜けの広いロビーの天井から無数の電球が雨のように降り注ぐイルミネーションは、長年サンフランシスコの冬の風物詩として親しまれてきました。

ホテルは2016年秋にロビーや客室のリノベーションを終えたばかり。初めて迎えるクリスマスはこれまでとは趣きを変えたデコレーションで宿泊客やゲストを驚かせる予定と聞いています。スタイリッシュに生まれ変わったロビーでドリンクを楽しむのもいいかもしれません。

ハイアットリージェンシー・サンフランシスコ
サンフランシスコ / ホテル
住所:5 Embarcadero Center, San Francisco, CA地図で見る
電話:1-415-788-1234
Web:https://sanfrancisco.regency.hyatt.com/en/hotel/ho...

【8】パレスホテルのガーデンコート

  • 写真:くーパレスホテルのガーデンコートに飾られたツリー

ダウンタウンのパレスホテルは歴史を感じさせる重厚感と大理石をふんだんに使った豪華なロビーで知られていますが、ガラス張りの天井から豪奢なシャンデリアが吊るされたガーデンコートも一見の価値があります。

ホリデーシーズンにはガーデンコートの中央にツリーが飾られ、華やかさがさらにアップ。宿泊客でなくてもブランチやアフタヌーンティーが楽しめるのでサンフランシスコ滞在の記念にどうぞ。

パレスホテル・サンフランシスコ
サンフランシスコ / ホテル
住所:2 New Montgomery St, San Francisco, CA地図で見る
電話:1-415-512-1111
Web:http://www.sfpalace.com/

【9】真っ赤に光る金融街のツリー

  • 写真:くー金融街で赤く輝く555 California Streetのツリー

オフィスビルが建ち並ぶファイナンシャルディストリクト(金融街)は観光客にはあまり縁のないエリアです。でもチャイナタウンやノースビーチに近いので、ちょっと足をのばして雰囲気を味わってみるのも悪くありません。

ホリデーシーズンの日没後に歩く機会があれば、カリフォルニア・ストリートとカーニー・ストリートの角にある真っ赤なツリーをお見逃しなく。リボンなどのオーナメントは一切なく、ただ純粋に赤いだけのツリーもストイックでなかなか素敵です。

Holiday Tree at 555 California Street
サンフランシスコ / その他スポット
住所:555 California St, San Francisco, CA地図で見る
電話:1-707-812-2592
Web:http://www.555treelighting.com/

【10】トム&ジェリーのお家

  • 写真:くー毎年サンフランシスコ市民を楽しませてくれるトム&ジェリーのお家

最後にご紹介するのは静寂な住宅街にこの時期だけ大勢の見物客を集める「Tom & Jerry's House」です。皆さんご存知のアニメとは関係なく、たまたま本名がトムさんとジェリーさんというおふたりが自宅をクリスマスの飾りで目一杯デコレーションし、道行く人々の目を楽しませているのです。

  • 写真:くーカラフルなデコレーションにお子さまも夢中になるはず

場所はカストロ地区とノイバレーの中間にある住宅街。公共交通機関でもアクセス可能ですが、急な坂道を歩くのは避けられません。歩きやすい靴で出かけましょう。車で行く場合も坂道運転になるので、心の準備が必要です。ご近所さんに迷惑にならないようマナーを守って見学しましょう。

トム&ジェリーのお家
サンフランシスコ / その他スポット
住所:3650 21st St, San Francisco, CA地図で見る

サンフランシスコの旅行予約はこちら

サンフランシスコのパッケージツアーを探す

サンフランシスコのホテルを探す

サンフランシスコの航空券を探す

サンフランシスコの現地アクティビティを探す

サンフランシスコのWi-Fiレンタルを探す

サンフランシスコのレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2016年11月17日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【2021最新】アメリカの人気観光スポットTOP51!トラベラーが行っている観光地ランキング

タイムズスクエアやディズニーランドなど、アメリカの数ある観光スポットの中で、トリップノートの6万8千人の旅行好きトラベラー会員(2021年1月現在)が実際に行っ...


【アメリカ】誰でも訪問可能!アップル本社のApple Park Visitor Center

使いやすさとデザイン性を重視した製品に定評のあるアップル社。カリフォルニア州にある本社キャンパス(通称Apple Park)のビジターセンターも近未来的でありな...

【サンフランシスコ】アルカトラズ島の刑務所に潜入!

かつて、「世界で最も脱獄の難しい刑務所」といわれていたサンフランシスコ湾の真ん中に浮かぶアルカトラズ島の刑務所。現在は一般公開しており、当時の生々しい様子を見学...

NBAウォリアーズがサンフランシスコに! 新拠点チェイスセンターがオープン

全米プロバスケの強豪、ゴールデンステート・ウォリアーズの新しい本拠地として2019年9月サンフランシスコ市内に完成した「チェイスセンター(Chase Cente...

本場で野球観戦ならサンフランシスコのオラクルパークへ!

アメリカで観戦できるプロスポーツの中で、試合数が多くチケットが取りやすいのが野球。サンフランシスコには2010、2012、2014年に全米制覇を果たしている名門...

この記事を書いたトラベルライター

サンフランシスコから離れられません
大学留学で渡米し、サンフランシスコに流れ着きました。寛容でリベラルで肩の力が抜けたところがツボにはまり、格差社会が叫ばれ家賃高騰が続く今も離れられずにいます。できるだけお金をかけずに楽しいことを探すのが趣味。定番の観光スポットだけでなく、サンフランシスコの現在形が体感できる情報をお届けしたいと思っています。
http://mottosf.com

【アメリカ】誰でも訪問可能!アップル本社のApple Park Visitor Center

使いやすさとデザイン性を重視した製品に定評のあるアップル社。カリフォルニア州にある本社キャンパス(通称Apple Park)のビジターセンターも近未来的でありな...


旅先で素敵な出会いがあるかも!?サンフランシスコの雑貨屋巡り

海外旅行の楽しみの一つであるショッピング。観光名所でお土産を買うのは定番ですが、趣味のいい雑貨屋さんで仲の良い友人や自分へのお土産を探すのも旅の思い出になります...


知っていれば安心 サンフランシスコのラーメンマップ10選

日本のソウルフードともいえるラーメンですが、サンフランシスコでもブームに火が付き、ラーメンをメニューに載せるレストランが数年間で一気に増えました。ラーメン専門店...

並んでこそ価値がある? サンフランシスコで食べたい人気スイーツ8選

質の高いレストランが集まる美食の街、サンフランシスコ。予約が取れないレストランがあるように、開店に合わせて並ばないと人気の商品が売り切れてしまうスイーツ専門店も...

本場で野球観戦ならサンフランシスコのオラクルパークへ!

アメリカで観戦できるプロスポーツの中で、試合数が多くチケットが取りやすいのが野球。サンフランシスコには2010、2012、2014年に全米制覇を果たしている名門...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります