サンフランシスコ
サンフランシスコ観光
多国籍なカルチャーが入り混じるリベラルな都市

【サンフランシスコ】塩水に浮かぶ究極のリラクゼーション体験!スパReboot

取材・写真・文:

アメリカ在住

2019年5月27日更新

842view

お気に入り

写真:くー

高濃度の塩水に体を浮かせ、光も音も遮断して究極のリラクゼーションを促す「アイソレーションタンク」。サンフランシスコにあるスパ「Reboot」には、カプセル型の最新タンクが数台揃えられています。ここでちょっとした異体験を行い、旅の疲れを癒してみてはいかが?

この記事の目次表示

アイソレーションタンクとは?

  • 写真:くー「Reboot」が所有するアイソレーションタンクは卵型。どこか宇宙船のような佇まいです

人間がひとり入れる大きさのタンクに、大量のエプソムソルト(硫酸マグネシウム)を溶かした人肌程度のぬる湯を張り、利用者の希望に合わせて光と音を遮断できる装置が「アイソレーションタンク」です。

タンクに入っているお湯に浸かると体が自然に浮き、皮膚からマグネシウムを吸収することで体の疲れや痛みを和らげる効果があるほか、ストレスの軽減や睡眠障害の改善なども期待することができます。イメージトレーニングを行うために、このアイソレーションタンクを利用しているというスポーツ選手も少なくありません。

専用スパ「Reboot Float & Cryo Spa」はベイエリアに3店舗

  • 写真:くーバレンシアストリートに店を構える「Reboot Float & Cryo Spa」ミッション店

このアイソレーションタンクを各店舗に4〜6台揃え、シャワー付きの個室で1時間のフローティング体験を提供しているのが、専用スパ「Reboot Float & Cryo Spa(リブート フロート&クライオ スパ)」です。サンフランシスコに2軒、オークランドに1軒あるので、旅程に合わせて便利な店舗を選ぶことができます。

  • 写真:くー明るく清潔感漂うロビー

お店はエステサロンとスポーツジムを足して割ったような雰囲気で、入りにくい雰囲気は皆無。スタッフも親切で、料金や手順について分かりやすく説明してくれます。

2019年3月時点で、アイソレーションタンクの使用料(メニュー名:Float/フロート)は、1回79ドル(約8,800円)です。初回のみ、149ドル(約1万6,600円)で3回分の回数券が購入できます。

この回数券は90日間有効で、友人や家族とのシェアも可能。3人でシェアすれば、一人1回50ドル(約5,565円)でフローティングを体験できます。なお、料金の支払いはクレジットカードまたはPayPalのみとなっています。

いざ入水「Float」初体験

  • 写真:くーネオンカラーに照らされた廊下を歩いて個室に向かいます

小雨の降る月曜日の午後、バレンシアストリートにあるミッション店で筆者は初フロート(Float)を体験しました。シャワーとタンクがセットになった個室に通され、簡単な説明を受けた後は、完全にプライベートな時間です。耳栓をしてからシャワーを浴び、そのまま全裸でタンクへ。自分でふたを閉めて、まずは体を浮かせてみます。

  • 写真:くータンクは幅1.5メートル、長さ2メートル強。水深は30センチほどです

両腕を横や上に伸ばしたり、備え付けのシャンプーハットのような浮き輪を頭の下に入れてみたりして、一番落ち着くポジションを模索。青、赤、緑と移り変わる照明にも慣れたところで左手のスイッチを押すと、完全な闇の中にとり残されます。水面下で控えめに流れていた音楽も気がつけば止まっていて、心臓の音だけが聞こえてきます。

  • 写真:くータンクの横からシャワーを見た図。部屋はひとりで使用するには充分な広さです

筆者はこれを機に瞑想に挑戦してみようとも思いましたが、リラックスしすぎたのか眠ってしまい、フローティングの終了を告げる音楽で目が覚めました。最初は「時間を持て余すのでは?」と不安もありましたが、終わってみるとあっという間。せっかくの体験を昼寝に費やしてしまい、少し残念な気もしたほどでした。

  • 写真:くーロビーの脇にはフロートの後にくつろげる共有スペースがあります

タンクから出て再びシャワーを浴び、着替えて退室。フローティングと前後のシャワーで、個室にいた時間は約1時間半でした。部屋を出るとロビー脇のエリアにレモン水が用意されているので、そちらで水分補給を行うことができます。スタッフが部屋の前で待機していることもなく、退室後も自由にくつろぐことができる心地良い空気となっています。

極端な「Cryo」というトリートメントメニューも

  • 写真:くー全身を零下130度の冷気で冷やす「Cryo」トリートメントの装置

Rebootでは、上記で紹介したフローティング体験の他に「Cryo(クライオ)」という凍結トリートメントを体験することもできます。

「Cryo」とは、全身をマイナス100度以下で短時間冷却することで、血液内の酸素を増やしたり、怪我の治癒を促進させるといわれる全身凍結療法(Whole Body Cryotherapy)のことです。

  • 写真:くー「Cryo」の装置は使用中でなければ廊下から丸見えです

まるでSF映画に出てきそうな装置が存在感たっぷりなので、実際にトリートメントを受けなくても、装置を見せてもらうだけでも土産話になるかもしれません。

「Cryo」は、Rebootのミッション店とロックリッジ店(オークランド)にて、一回55ドル(約6,120円)で体験することができます。また、美肌効果を狙ったフェイシャルのみの施術も可能です。

最後に:「Float」を楽しむための注意点

  • 写真:くーふたの開閉は少し力が要ります。タンクの底は滑りやすいので気を付けてください

お店の公式サイトにも注意事項が挙げられていますが、時間が限られた「Float」を楽しむために、気を付けたいポイントを書き出しておきます。

  • 利用の4時間前からカフェインの摂取は避けましょう
  • 耳栓はシャワー前の皮膚が乾いている時に付けましょう
  • カミソリでの除毛から数時間は塩水が染みるのでフロートはおすすめしません(ワックスの場合は24時間)
  • 開いたままの傷口も塩水が染みます。傷が小さい場合はお店でワセリンを貸してくれます
  • カラーリングしたばかりの髪は色が抜ける可能性があります
  • タンクの内側には目に塩水が入った場合の洗浄用の真水スプレーとタオルが用意されています
  • 個室に入る前にトイレに行っておきましょう。フロート中に尿意をもよおすとリラックスできません
  • 音楽はフロートの最初と最後に流れるよう設定されていますが、自分のスマートフォンやMP3プレーヤーを接続して好きな音楽を聴くこともできます
  • ヘアドライヤーは個室ではなく共有エリアに用意されています
  • 利用前に注意事項などが書かれた書類を読み、署名する必要があります。予約を入れると書類のリンクが送られてくるので、フロートの直前に読まずに済むよう、事前に確認&署名しておきましょう

アイソレーションタンクでFloatを行う効果のひとつに「時差ボケ解消」も挙げられています。心と体をリフレッシュさせて、良い旅を!

リブート フロート&クライオ スパ ミッション店
サンフランシスコ / その他リラクゼーション
住所:810 Valencia Street, San Francisco, CA 94110地図で見る
電話:415-654-5125
Web:http://www.rebootfloatspa.com/
リブート フロート&クライオ スパ マリーナ店
サンフランシスコ / その他リラクゼーション
住所:1912 Lombard Street, San Francisco, CA 94123地図で見る
電話:415-494-9032
Web:http://www.rebootfloatspa.com/
リブート フロート&クライオ スパ ロックリッジ店
サンフランシスコ / その他リラクゼーション
住所:6239 College Avenue, Oakland, CA94618地図で見る
電話:510-350-8839
Web:http://www.rebootfloatspa.com/

サンフランシスコの旅行予約はこちら

サンフランシスコのパッケージツアーを探す

サンフランシスコのホテルを探す

サンフランシスコの航空券を探す

サンフランシスコの現地アクティビティを探す

サンフランシスコのWi-Fiレンタルを探す

サンフランシスコのレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年4月16日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

最近人気の記事


アメリカの人気観光スポットTOP55!旅行好きが行っている観光地ランキング

タイムズスクエアやディズニーランドなど、アメリカの数ある観光スポットの中で、トリップノートの6万3千人の旅行好きトラベラー会員(2020年8月現在)が実際に行っ...


間違いない!サンフランシスコのおすすめお土産12選

旅行の楽しみのひとつで、悩みの種でもある「お土産」。旅行中にお土産を探す時間があまりない方や「もう明日帰国!!」という方でも迷わず購入できる、サンフランシスコの...

【アメリカ】誰でも訪問可能!アップル本社のApple Park Visitor Center

使いやすさとデザイン性を重視した製品に定評のあるアップル社。カリフォルニア州にある本社キャンパス(通称Apple Park)のビジターセンターも近未来的でありな...

【アメリカ】In-N-Out Burgerの裏メニュー、一挙にご紹介!

In-N-Out Burger(イナウトバーガー)は、アメリカ、カリフォルニア生まれの人気ハンバーガーチェーン店。フレッシュな商品を提供することにこだわった日本...

【サンフランシスコ】アルカトラズ島の刑務所に潜入!

かつて、「世界で最も脱獄の難しい刑務所」といわれていたサンフランシスコ湾の真ん中に浮かぶアルカトラズ島の刑務所。現在は一般公開しており、当時の生々しい様子を見学...

この記事を書いたトラベルライター

サンフランシスコから離れられません
大学留学で渡米し、サンフランシスコに流れ着きました。寛容でリベラルで肩の力が抜けたところがツボにはまり、格差社会が叫ばれ家賃高騰が続く今も離れられずにいます。できるだけお金をかけずに楽しいことを探すのが趣味。定番の観光スポットだけでなく、サンフランシスコの現在形が体感できる情報をお届けしたいと思っています。
http://mottosf.com

【アメリカ】誰でも訪問可能!アップル本社のApple Park Visitor Center

使いやすさとデザイン性を重視した製品に定評のあるアップル社。カリフォルニア州にある本社キャンパス(通称Apple Park)のビジターセンターも近未来的でありな...


旅先で素敵な出会いがあるかも!?サンフランシスコの雑貨屋巡り

海外旅行の楽しみの一つであるショッピング。観光名所でお土産を買うのは定番ですが、趣味のいい雑貨屋さんで仲の良い友人や自分へのお土産を探すのも旅の思い出になります...


知っていれば安心 サンフランシスコのラーメンマップ10選

日本のソウルフードともいえるラーメンですが、サンフランシスコでもブームに火が付き、ラーメンをメニューに載せるレストランが数年間で一気に増えました。ラーメン専門店...

並んでこそ価値がある? サンフランシスコで食べたい人気スイーツ8選

質の高いレストランが集まる美食の街、サンフランシスコ。予約が取れないレストランがあるように、開店に合わせて並ばないと人気の商品が売り切れてしまうスイーツ専門店も...

観光バスは必要なし! サンフランシスコを感じる市営バス8選

サンフランシスコといえばケーブルカーの印象が強い街ですが、実はそのほかの公共交通機関もかなり発達していて、市内のほとんどの場所にバス、またはメトロと呼ばれる路面...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?