シンガポール
シンガポール観光
いまアジアで最も勢いのある多国籍な近未来都市

一皿一皿がアート!70階の絶景!シンガポールのフレンチレストランJAAN

取材・写真・文:

Tamami Persson
シンガポール在住

2018年9月5日更新

3,553view

お気に入り

写真:Tamami Persson

ミシュラン1つ星、アジアのベストレストラン50入賞。70階からのマリーナベイを臨む絶景で、世界的に評価が高いシンガポールのフレンチレストランJAANをご紹介します。繊細な味覚と卓越した美的感覚で、一皿一皿、目でも舌でも楽しめる料理を提供してくれます。

この記事の目次表示

レストランJAAN

絶景!

JAANは、ヴェネツィアングラスを贅沢に使った独創的なシャンデリアが特徴的な、40席ほどのフレンチレストランです。

  • 写真:Tamami Persson

MRTシティホール駅直結のホテル、スイソテル70階という立地からは、マリーナベイが臨め、眺めは最高です!

席がゆったりと配置されているため、眺めを堪能しながら美味しいお食事をいただくことができます。

  • 写真:Tamami Persson

世界的に評価の高いシェフ カーク・ウェスタウェイ

開店より高い評価を受けて来たJAAN。

1代目、2代目ともJAANのシェフは名声を得た後、独立して自分のお店を持ちました。

サンペレグリノ・ヤングシェフの東南アジア部門で優勝の経歴を持つ、3代目のシェフ、カーク・ウェスタウェイは、2代目のシェフ、ジュリアン・ロイヤーの元で働き、ジュリアン・ロイヤーが自分のレストランODETTEを開くために去った後のJAANを任されることになったのでした。

現在のカーク・ウェスタウェイの下でJAANは、2016年のシンガポール版ミシュランで1つ星、2017年アジアのベストレストラン50で42位という華々しい受賞歴を誇り、世界でも極めて評価の高いレストランです。

また、最高級シャンパンのクリュッグからレストランアンバサダーにも選ばれ、JAANのメニューにはクリュッグとのペアリングのために特別に考えられたコースもあります。

英語ができなくても安心

なんと、JAANには日本語の流暢なイタリア人のスタッフの方もいらっしゃるので、英語が苦手な方も安心して行けるのではないでしょうか。(2017年6月現在)

お料理

世界中から集めた良質な季節の素材を、伝統と創造性を持って調和させたシェフお任せのコースメニューが楽しめます。

JAANで出されているお料理の例として、筆者が実際にいただいた、シグネチャーランチ6コースを紹介します.

シグネチャーとは「看板メニュー」と言う意味ですので、6品すべてシェフの自信作と言うことになります。

豪華な食材を使った手の込んだ前菜

  • 写真:Tamami Persson

まず最初に出された前菜から、プレゼンテーションが凝っていました。

日本の庭園を彷彿とさせる雰囲気ですね。

写真一番奥は、フォアグラとトリュフのマカロン。前菜から贅沢です!

黒い石板のようなものに乗っているのは、鯖の燻製をそば粉の一口大パンケーキに挟んでキャビアを乗せたものです。

写真右側は、シェフの母国の名物の「フィッシュ&チップス」。イギリス人であるシェフ ウェスタウェイは、10代の頃に近所のパブでバイトを始めたのをきっかけに、料理のキャリアをスタートしたそうです。

イギリスの伝統的なパブメニューを独創的にアレンジした彼のフィッシュ&チップスは、マッシュしてモンブランのように線状にしたジャガイモを、器のような形にしてパリパリに焼き、その上に鱈の身をほぐしたものを乗せた変り種です!

写真左の春巻きのようなものですが...あまりに品数が多かったため、失念してしまいました!ちょっとひねった中身の春巻きであることには間違いないです。

スープ

  • 写真:Tamami Persson

スープはポテトのポタージュのようなものが汁椀のようなものに入って出され、トリュフ味のブイヨンを足して、お椀を口に持って行って直接いただきます。

トリュフの良い香りがふわっとして来ますが、味は日本のポテトのポタージュみたいで馴染みのあるお味でした。

ひねりを加えたオイスター

  • 写真:Tamami Persson

こちらは、オイスターに、瓶の中に入っただしを固めたダイス状のゼリーをかけていただきます。

生のオイスターにだしを合わせると言う発想は日本人にはないので意外ですが、良く合っていてとても美味しかったです!

写真奥に写っているのはパンです。3種類出された内、ボウルの右側のものはイギリスのホットクロスバン。特に味に特徴があるパンではないのですが、シェフがイギリス人なんだなと思い出させますね。

季節感満載の野菜

  • 写真:Tamami Persson

グリーンアスパラガスと、ヨーロッパでは特に春の初物として食べられる白アスパラガスのコンビネーションです。

白アスパラガスには、パルメザンチーズを焼いてパリパリにしたものが巻いてあります。それに生ハムと、マヨネーズに似たオランデーズソース が添えらえています。小さな白い花とクローバーの葉が飾られていてかわいいです!春らしさの演出ですね!

温泉玉子!

  • 写真:Tamami Persson
  • 写真:Tamami Persson

そして大きな玉子のような器で出されたのは、なんと温泉玉子でした!

JAANの器は、ほとんどがお店のオリジナルだそうです。プレゼンテーションにかける情熱を感じますね。

温泉玉子の味付けは和風のだし風味で、添えられたアーティチョークを太いきしめんのようにスライスしたものが程よくコリコリしていて美味しかったです。

次のページを読む

シンガポールの旅行予約はこちら

シンガポールのパッケージツアーを探す

シンガポールのホテルを探す

シンガポールの航空券を探す

シンガポールの現地アクティビティを探す

シンガポールのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年6月15日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

お焦げが絶品!シンガポールB級グルメ「クレイポットライス」

世界中から多くの人が集まるアジアの中心地、シンガポール。中華にイタリアン、インド料理に日本食と、お金を出せばな〜んでも食べられる美食大国です。その中でも知られざ...

シンガポールのローカル料理をバイオレット・オンのおしゃれで優雅なレストランで

シンガポールのローカル料理と言えば、固定式屋台のホーカーや庶民的な食堂のようなところで食べられるものがほとんどです。しかし国民的料理研究家 バイオレット・オンの...


【シンガポール】 ここだけは絶対に外せない!必見必食スポット

毎年世界各国から多くの観光客が訪れる、東南アジア屈指の近代都市シンガポール。多種多様な文化や習慣を持ち合わせていて、自然、食、歴史など、様々な面で旅を楽しむこと...

シンガポールで飲茶を食べるなら?絶対行くべき「レッドスター」!

人口の70%以上を中華系で占めるシンガポールは、飲茶のレベルもとっても高いんです。数ある飲茶店の中から今回おすすめするのは、その中でも老舗のお店「レッドスター」...


【シンガポール】一度は行きたい!マリーナ・ベイ・サンズ徹底ガイド

いまや人気の観光都市シンガポール。中でもCMで話題になったホテル「マリーナ・ベイ・サンズ」は、すでにご存じの方や記憶に新しい方も多いのではないでしょうか。今回は...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?