シンガポール
シンガポール観光
いまアジアで最も勢いのある多国籍な近未来都市

シンガポールのチャイナタウンで絶対買いたいお土産8選!

取材・写真・文:

シンガポール在住
訪問エリア:19ヶ国

2019年10月8日更新

2,534view

お気に入り

写真:Kokoa

どこの国に行っても、大切な人へのお土産や、自分用の記念品を探すのは楽しいですよね。物価の高いシンガポールでも安くて使えるお土産を買いたい、というあなたには、チャイナタウンがおすすめです!今回は、シンガポール在住の筆者が、チャイナタウンで購入できる、シンガポールならではのお土産をご紹介しちゃいます!

この記事の目次表示

1.普段使いに!「トートバック」

  • 写真:Kokoa

若者から、年配の方にまで喜ばれる、シンガポールの観光地がプリントされた「トートバック。」4個でSGD10(約750円)程で購入できちゃいます。

チャックもついているので、雨でも中のものが濡れません。小さいお子さんのいるママは、「おむつ入れ」としても大活躍するそうですよ。お気に入りの柄をみつけてくださいね!

  • 写真:Kokoa

2.ビール好きへのお土産に「タイガービール・Tシャツ」

  • 写真:Kokoa

海外の定番土産といえばTシャツですが、中でもシンガポールのご当地ビール、タイガービールのマークがプリントされたTシャツは、とても喜ばれます。

サイズがわからない場合は、少し大きめサイズを購入して、部屋着として活用してもらいましょう。

  • 写真:Kokoa

3.かわいいパッケージの「紅茶」

イギリスの植民地だったことから、シンガポールは今でも紅茶文化が発展しています。

お値段がお高めな紅茶の有名ブランドもありますが、チャイナタウンには、お手頃な価格(SGD14.90/約1,150円)でかわいいパッケージの紅茶が手に入ります。お味は定番の「イングリッシュ・ブレックファースト」。この紅茶を飲みながら、シンガポールのお土産話を語るのも楽しいですね。

  • 写真:Kokoa

4.おやつやおつまみに「ポークジャーキー」

牛肉を乾燥させたビーフジャーキーはなじみのある方も多いと思いますが、中華系が多いシンガポールでは豚肉が主流で、お土産にもってこいの1品です。

干し肉のことを中国語では「バクワ」といい、豚肉を干して甘辛いたれで焼いた「ポークバクワ」は地元の人にも大人気!おやつに、おつまみに活躍しますよ。

  • 写真:Kokoa

5.エレガントな「バティック柄」

  • 写真:Kokoa

ろうけつ染め、とい方法で布に柄をつけていくという、「バティック柄」は、シンガポール航空のユニフォームにもなっていることから、シンガポール土産として有名になっています。

カラフルなのに気品のあるバティック柄で作られた雑貨や衣類は、女性のお土産にすると喜ばれますよ。

  • 写真:Kokoa

6.優秀な石鹸「サンダルウッド石鹸」

こちらはインドが産地の石鹸ですが、体から顔まで全身に使えちゃう石鹸です。

サンダルウッドの精油が入っていて、美白効果もシミも防ぐという万能石鹸。パッケージもかわいくて、香りもよし、お値段もSGD1.6(124円)とお安いので、バラマキ土産にもピッタリです!

  • 写真:Kokoa

7.軽くてかわいい「ネックピロー」

  • 写真:Kokoa

マーライオンの柄が入ったかわいい「ネックピロー」は、長時間のフライトのお供に、ご自分用に購入してはいかがですか?

とても軽いので、持ち運びにも便利ですよ!

  • 写真:Kokoa

8.シンガポールの定番土産「タイガーバーム製品」

  • 写真:Kokoa

シンガポール定番土産のタイガーバームを購入するときは、日本で手に入りにくい「タイガーバームの赤ラベル」を買いましょう。タイガーバームの赤ラベルは、シナモンの成分が多く含まれていて、体を温めてくれるんですって。

タイガーバーム製品の中でもう一つおすすめなのが、虫よけスプレー。天然成分だけで作られているので、小さいお子さんのいるママにも喜ばれます。レモングラスの香りもグッドです!

  • 写真:Kokoa

おまけ「ドリアン」

チャイナタウンを歩いていると、必ず嗅ぐことになるきつめの匂い。においのもとをたどってみると、そこには「ドリアン」!ドリアンそのものをお土産に日本へ持って帰ることはできませんが、食べやすくパックに入っているものが売られているので、その場でぜひ食べてみて。

好き嫌いがはっきりわかれると言われる、魅惑のフルーツドリアン。お口に合わなくても、ご家族で、お友達で、「まずーい。」と言って笑うのも楽しいもの。話題づくりに試してみるのも面白いです。

  • 写真:Kokoa
  • 写真:Kokoa
  • 写真:Kokoa

おわりに

いかがでしたか?今回ご紹介したお土産は、チャイナタウンの色々なお店に売っていますが、同じものでもお店によって価格が変わってくるので、たくさん歩いて、お得なお土産をゲットしてくださいね!

チャイナタウン
シンガポール
住所:chinatown, singapore地図で見る

シンガポールの旅行予約はこちら

シンガポールのパッケージツアーを探す

シンガポールのホテルを探す

シンガポールの航空券を探す

シンガポールの現地アクティビティを探す

シンガポールのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年10月8日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【アーユルヴェーダ石鹸徹底ガイド】シンガポールのお土産はこれで決まり!

シンガポールのお土産として、女性に人気のアーユルヴェーダ石鹸。インドの伝統医学をもとに作られた100%植物性の石鹸で、シンガポールなら1ドル前後で購入できます。...


在住者おすすめ!シンガポールの人気ショップ&スーパーで買えるお土産20選

ブンガワンソロのクッキーにTWGの紅茶など、シンガポールの人気ショップで買えるお土産から、マーライオンのお菓子やドライフルーツなど、街中のスーパーで買えるお土産...

シンガポール高島屋で買えるオススメお土産10選!

旅行中時間がなくて、あちこちでお土産を買えないという方、オーチャード通りのど真ん中、最もにぎやかな場所に建つ高島屋の地下2階がオススメです。ここでは、シンガポー...

女子ウケ抜群のシンガポールおすすめお土産7選!雑貨・コスメ・定番みやげ特集

シンガポールで女子ウケするお土産選びに悩んだら必見!アーユルヴェーダ石鹸やリップなどの手頃なコスメ系から、上質な紅茶にスイーツまで、女性が喜んでくれるシンガポー...

シンガポール土産の新定番!塩卵の「ソルテッドエッグポテトチップス」は即ゲットすべし

旅行の楽しみといえばお土産選びもそのひとつ。せっかくならばインパクトのあるもので勝負しませんか?シンガポールで話題沸騰中なのが、ソルテッドエッグポテトチップス(...

この記事を書いたトラベルライター

常夏の国シンガポールを拠点とした暑い情報を伝えます
---------------------------------------------------------------------
2017年上半期海外部門
アクセストップ賞とお気に入りトップ賞をダブル受賞しました!
https://tripnote.jp/minna/award/2017/1
---------------------------------------------------------------------
日本と海外の架け橋になりたい。
小さい頃からの漠然とした夢の中で、18歳からアメリカに留学し、その後1度東京に戻るもカナダに渡り働いていましたが、アジアのハブであるここに魅了され4年前からシンガポールに移住しました。
アジアの熱気の中で、私の経験をみなさんと共有していきたいです。

おやつに何食べる?絶対食べたいシンガポールのローカルスイーツ6選!

旅行と言えば、食べ歩き。特に甘いものは、疲れを癒してくれますよね。今回は、お手軽なお値段で気軽に試せちゃう、シンガポールならではのご当地スイーツ6選を紹介します...


やっぱり麺が好き!絶対食べてほしいシンガポールおすすめヌードル5選

シンガポールでは、ホーカーセンターと呼ばれる屋台街や、団地やビジネスビルにもフードコートが必ずといっていいほどあり、多くのお店が所狭しと並びます。せっかくシンガ...


安くて使える!タイに行ったら絶対買いたいお土産8選!

3か月に1度のペースでタイ・バンコクに遊びに行くほどタイ好きの筆者。今回は、筆者が本当に大量買いしてくる、リーズナブルなのに優秀な品を集めました。どれも日常で使...

新しいお店が続々オープン!シンガポールの駅ビル「タンジョンパガーセンター」おすすめ5選

2016年12月にオープンしたMRTタンジョンパガー駅直結ビル「タンジョンパガーセンター」。地上64階のシンガポールで一番高い複合施設の勢いはとどまるところを知...

シンガポールから4時間で楽園へ!大人気「ラワ島」リゾート満喫の秘訣

数々のリゾート地へ気軽に行けるのがシンガポールの魅力でもありますが、その中でもシンガポールから飛行機を使わずに、車とボートで4時間弱で行けちゃうマレーシアの「ラ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?