やっぱり麺が好き!絶対食べてほしいシンガポールおすすめヌードル5選

4,725

view
   2017年4月24日更新

シンガポールでは、ホーカーセンターと呼ばれる屋台街や、団地やビジネスビルにもフードコートが必ずといっていいほどあり、多くのお店が所狭しと並びます。せっかくシンガポールに来たのに、何を食べていいかわからない、なんてことになっては困りますよね。そこで、お手軽で、誰もが愛するシンガポールの庶民の味、絶対外せない麺5選を紹介します。

1. もっちもち麺の「ビーフ・クェイ・ティアオ(牛肉河粉)」

  • もっちもちの麺!

もっちもちの麺とたっぷりの薄切り牛肉、そこに甘みのある醤油あんが絡まった、食べごたえ十分のビーフ・クェイ・ティアオ

ビーフ」は英語で牛肉、「クェイ・ティアオ」は中国語で太めの米粉麺、という意味で、スープ入りもありますが、定番は炒めた「ドライ・ビーフ・クェイ・ティアオ(小 SGD4・320円、大 SGD5・390円)」。

麺の種類は?と聞かれても決して迷わず、もちもち食感のクェイ・ティアオを試してくださいね。

  • てきぱきとしたご夫婦が切り盛りします。
  • どの麺もおいしそう~。
  • もやしはしゃきしゃき、牛肉はジューシー。
テオチュウ ビーフ クェイティアオ

チャイナタウン / フードコート

 

住所:#01-23 Amoy Street Food Centre, 7 Maxwell Road, 069111

2. 濃厚だしがたまらない「プラウン・ミー(蝦麺)」

  • えびのだしがたまならない!

海老のだしがよくきいた濃厚なスープと、太めの卵麺、プリップリの海老が入った「プラウン・ミー(SGD 5.5・430円)」。日本人のお口に絶対合うこと間違いなし!

プラウン」は英語で大きめの海老、「ミー」とは中国語で麺という意味なんです。

お酢に漬かった唐辛子をちょっとずつスープに入れてパンチを利かせるのがシンガポール流。こしのある麺はもちろんのこと、スープまで飲み干しちゃうこと間違いなしのお味です。

  • 込み合った店内は相席も覚悟で。
アース キッチン

チャイナタウン / アジア料理

 

住所:10 Anson Road #01-46 International Plaza

電話:6323 2980

3. シンガポールの国民食!?「ワンタン・ミー(雲呑麺)」

  • 麺はよく混ぜてね。

日本でワンタン麺といえば汁麺、というイメージが強いかもしれませんが、シンガポールでは汁なしの「ドライワンタン麺(SGY5.3・420円)」が主流。

肝心のワンタンはスープになって、麺とは別にでてくるのも特徴です。麺の上には、焼き豚と青菜がのっています。

麺の方には、特製の甘辛ソースがかかっていますので、それを麺とよく混ぜましょう。麺とワンタンスープは別々に、交互に食べて味わいます。さらに麺を食べ終えたら、丼に残った甘辛ソースにワンタンスープを入れて、最後は味を変えて楽しむというのが通の食べ方なんですって!

  • 何にしようかな~。
コーヒー ハイブ

チャイナタウン / アジア料理

 

住所:138 Cecil Street #01-02 Singapore 069538

電話:6423 9920

Web:http://thecoffeehive.com/locate-us/

4. くせになる塩味の「ホッケン・ミー(福建麺)」

  • さっぱり塩味魚介の風味!

ホッケン(=中国の福建省)」地方から伝わったという「ホッケン・ミー(SGD5・390円)」は、2種類の麺が使われているのが特徴で、こくのある磯の香りが食欲をそそります。

卵を使った太麺と米粉の細麺を、海老やイカなどの海鮮と一緒に炒めた、一風変わった塩味ヌードルは、食べると納得、くせになるお味。

  • 色々なお店が並ぶLau Pa Sat屋台街
  • 大きな中華鍋!
Seng Kee Local Delights

チャイナタウン / フードコート

 

住所:18 Raffles Quay Singapore 048582

5. ピリ辛マイルドな「ラクサ」

  • とろーっとしたマイルドなスープはやみつき!

「ラクサ(SGD10・780円)」とは、プラナンカン地方の料理で、ピリッと辛いチリが効いたココナッツミルクの濃厚スープに、米粉の麺が絡み合い、止まらなくなるおいしさ。

ラクサリーフというプラナカン料理のハーブが使われているのも特徴で、これが美味しさの隠し味、と言われています。

Chong Wen Ge Cafe

チャイナタウン / アジア料理

 

住所:168 Telok Ayer St, Singapore 068619

電話:9168 3208

おまけ:絶品麺と一緒に飲んでほしいおすすめドリンク!

サトウキビジュース(Sugarcane Juice)

  • しぼりたてを楽しめます。

100%の自然の甘み、絞りたてサトウキビのジュース。日本ではあまりなじみのないジュースも、シンガポールではお手軽なお値段(SGD1.3・100円)で気軽に楽しめます。

レモン付(SGD1.6・125円)もできるので、是非レモンを絞って飲んでみて。さっぱりなのに甘い、なんともいえないくせになるお味は、どの麺にも合いますよ!

  • 自然の甘さ!
  • 絞った後のさとうきび。いい香り。

豆乳(Soy Milk)

シロップ入りの甘い豆乳も、ピリ辛麺とよく合うんです。スープの辛さを豆乳が和らげてくれるので、ますます麺を食べる箸が止まらなくなります。

冷たい豆乳ももちろんありますが、体の冷えを気にするシンガポール人は、常温の豆乳を好んで飲むので、是非常温を試してみて。

  • 美容効果もある豆乳!
  • 杏仁豆腐もおすすめ!
アモイ ストリート ホーカー センター

チャイナタウン / フードコート

 

住所:#01-23 Amoy Street Food Centre, 7 Maxwell Road, 069111

最後に

いかがでしたか。シンガポールに来たら絶対食べてほしい絶品麺の数々。同じ種類の麺でもお店によって味付けやお値段が微妙に違います。チリを入れて辛さを調整したり、ライムを入れて酸味を調整して楽しめるのが、シンガポール麺の楽しいところ。

色々なお店を試して、あなたの1番を探してみて!

※日本円の価格は、2017年4月のレートです。

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年3月28日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。
トラベルライター
常夏の国シンガポールを拠点とした暑い情報を伝えます

日本と海外の架け橋になりたい。
小さい頃からの漠然とした夢の中で、18歳からアメリカに留学し、その後1度東京に戻るもカナダに渡り働いていましたが、アジアのハブであるここに魅了され2年前からシンガポールに移住しました。
アジアの熱気の中で、私の経験をみなさんと共有していきたいです。

同じテーマの記事

シンガポールの人気記事
シンガポールの予約
ホテル予約
チェックイン
チェックアウト
人数
現地在住日本人にトラベロコで無料で質問する
最新の旅行情報をチェック!

【トラベルライターインタビューVol.1】ライターとしてのやりがいや、記事を書き続けるコツとは?ライターさんの素顔に迫ります!

アプリなら記事も地図もサクサク快適!

  • 行きたい観光スポットをお気に入り登録すれば自分専用のガイドブックに。
  • 旅した国・都道府県をチェックして、自分だけの塗りつぶし地図を作ろう!