シドニー
シドニー観光
シティもビーチも楽しめる南半球最大の都市

【シドニー】チャイナタウンで食べ歩き&お買い物♪

取材・写真・文:

オーストラリア在住
訪問エリア:28ヶ国

2019年10月2日更新

15,283view

お気に入り

この記事の目次表示

チャイナタウンならではの多国籍フードコート

チャイナタウンと言っても中華料理だけではありません。Dixon Street沿いにあるDixon Houseの地下、またSussex Centreの2Fにはアジアン・フードのフードコートがあります。

  • 写真:mayumiDixon Houseの地下にあるフードコートはかなりローカルっぽい雰囲気。
  • 写真:mayumiご飯付きで定食形式の鉄板焼き。かなりボリューム満点です。

中華を始めとして日本、韓国、タイ、ベトナム、マレーシア料理の店舗が並んでいます。見た目は普通のフードコードですが、どのお店もハズレがなくそしてボリューム満点です。店内はいい意味でローカル感漂う佇まいです。

  • 写真:mayumiSussex Centreの2Fにあるフードコートはとてもキレイ。

Sussex Centreにあるラーメン屋さんでは、かなり本格的な日本のラーメンが頂けます。因みにほとんどのお店では現金しか使用できないので、予め現金を用意しておきましょう。

ディクソン・ハウス・フードコート
シドニー / フードコート
住所:Little Hay St, Haymarket NSW 2000地図で見る
サセックス・センター・フードコート
シドニー / フードコート
住所:401-403 Sussex St, Sydney NSW 2000地図で見る
電話:02 9281 6388
Web:http://www.sussexcentre.com.au/dining/

Paddy’s Market(パディーズ・マーケット)でショッピング

  • 写真:mayumi

Dixon StreetをDarling Harbour側の北門から南下したHay Street側には南門があり、「Market City(マーケット・シティ」と「Paddy’s Market(パディーズ・マーケット)」という三角形のビルがあります。

  • 写真:mayumi

1Fにある「パディーズ・マーケット」はちょっとマニアックなマーケット。生鮮食品を扱う市場もありますが、「I ♡ AUSTRALIA」のような典型的な土産物、本物か偽物か判断がつかない(!?)商品が所狭しと並んでいます。シドニーっぽくない場所なので、クスッと笑ってしまう面白土産をゲットするには良いかもしれません。

  • 写真:mayumi

その上にある「マーケット・シティ」はカジュアル・ファッションを中心としたアパレルや日本食も扱う中華系スーパーもあるショッピングセンターです。こちらにもアジア系フードを中心とした多国籍フードコートがあるんですよ。

  • 写真:mayumi

Hay Streetには路面電車のライトレールが通っていて、2018年6月現在シティを中心にレールの拡張工事が大々的に行われています。まさに再開発の真っ最中です。

パディーズ・マーケット
シドニー / 市場・朝市
住所:9-13 Thomas St & Hay Street, Sydney NSW 2000地図で見る
電話:1300 361 589
Web:https://paddysmarkets.com.au/
マーケット・シティ
シドニー / ショッピングモール・デパート
住所:9-13 Hay St, Haymarket NSW 2000地図で見る
電話:02 9288 8900
Web:https://www.marketcity.com.au/

活気のある金曜夜のナイトマーケット

  • 写真:mayumi

チャイナタウンでは毎週金曜日の4:00pm〜11:00pmの間はナイト・マーケットが行われていて、様々なお店が露店を出しています。蒸篭から湯気を上げている点心、その場で揚げているお饅頭、カラフルなスイーツなどなど目移りしてしまいます。何故かアクセサリーやキャラクターのぬいぐるみなども売っていますが、それもアジアン・マーケットならでは。

  • 写真:mayumi
  • 写真:mayumi

毎週行われているので、金曜日にシドニーにステイされる機会があればナイト・マーケットに訪れてみてはいかがでしょうか。

多国籍な街シドニーでアジアを感じるエリア

チャイナタウンとは言いますが、この辺り一帯は中国系だけでなく日本食、韓国、タイ、ベトナム、マレーシアなどアジア系のお店が集中しているエリアで、中華料理だけでなく人気のアジアン・レストランも点在しています。

  • 写真:mayumi

タウン・ホールからジェージ・ストリートを南下して行くと道ゆく人々のアジア人比率が徐々に増えてくるので、CBD(セントラル・ビジネス地区)とはまた違った雰囲気が味わえます。週末や深夜までやっているお店も多いので、シドニーを訪れた際や食べるものに困った時はチャイナタウンを訪れてみてはいかがでしょうか。

チャイナタウン(シドニー)
シドニー / 町・ストリート
住所:Chinatown,Sydney地図で見る

シドニーの旅行予約はこちら

シドニーのパッケージツアーを探す

シドニーのホテルを探す

シドニーの航空券を探す

シドニーの現地アクティビティを探す

シドニーのWi-Fiレンタルを探す

シドニーのレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年6月25日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


在住者厳選!スーパーで買うオーストラリア土産15選

オーストラリアNo.1を誇る最大手のスーパーのWoolworth(ウールワース)。今回はアクセス抜群のシドニー・シティの中心にあるタウン・ホール店で購入できる、...


シドニーの人気No.1ビーチ、憧れのボンダイビーチの楽しみ方!

シドニーといえばオペラハウスやハーバーブリッジが有名ですが、数多くの美しいビーチも存在します。今回は、その中でも観光客が必ずと言っていいほど訪れる人気No.1の...

シドニーの人気観光スポットTOP25!旅行好きが行っている観光地ランキング

オペラハウスやハーバーブリッジなどをはじめとするシドニーの観光スポットの中で、トリップノートの4万5千人の旅行好きトラベラー会員(2019年9月現在)が実際に行...

シドニーに行ったら外せない!オススメの美術館と併設カフェ3選

シドニーには大小さまざまな美術館や博物館がありますが、それぞれコンセプトが異なるので、展示物や展示手法などに違った趣があります。またそれぞれに併設されているカフ...

オーストラリア土産にも!スーパーで買えるオススメのスナック菓子5選

海外を訪れたらその国のお菓子を試したい!ということで、今回はオーストラリアのスーパーで購入できる在住者オススメのスナック菓子をご紹介します。お土産にもピッタリで...

この記事を書いたトラベルライター

シドニー在住 / 建築好きフォトグラファー&ライター
東京生まれ、子供時代をメキシコやイギリスで過ごした後、現在は都市と自然が隣接するマルチカルチュラルな街、オーストラリア・シドニー在住。
元「建築士&インテリアデザイナー」で、現在は「フォトグラファー&ライター」のmayumiです。

旅が大好きで、訪れた国は北米やアジア、ヨーロッパなど合わせて28ヶ国60都市以上に及びます。

専門のインテリアや建築、アートなど、デザインインスピレーションを刺激するものを始め、在住者だからこそお伝えできるシドニーのライフスタイル、美味しいもの、素敵なお店やフォトジェニックな風景などをご紹介します。
http://sydneytales.com/

在住者厳選!スーパーで買うオーストラリア土産15選

オーストラリアNo.1を誇る最大手のスーパーのWoolworth(ウールワース)。今回はアクセス抜群のシドニー・シティの中心にあるタウン・ホール店で購入できる、...


在住者厳選!ドラッグストアで買えるオーストラリア・コスメブランド10選

オーガニック先進国であるオーストラリアには、オーガニックやナチュラルな化粧品がたくさんあります。人気のジュリークやイソップなど有名ブランドももちろんですが、ドラ...


シドニーに行ったら外せない!オススメの美術館と併設カフェ3選

シドニーには大小さまざまな美術館や博物館がありますが、それぞれコンセプトが異なるので、展示物や展示手法などに違った趣があります。またそれぞれに併設されているカフ...

シドニーの週末恒例行事!行っておくべきオススメのマーケット5選

シドニーでの週末恒例行事と言えば、青空の元のんびりとお買い物ができるマーケット。毎週末、公園や広場、学校の校庭などを使って行われており、マーケットによってそれぞ...

一度は行ってみたいシドニーの素敵すぎる図書館6選

シドニーを訪れたら定番の美術館や博物館もいいですが、図書館巡りをしてみるのはいかがでしょうか。歴史を感じさせる荘厳なものから有名建築家の設計によるモダンなもの、...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります