シドニー
シドニー
シティもビーチも楽しめる南半球最大の都市

【シドニー】フォトジェニックなアート&マーケット「キャリッジワークス」

2018年4月24日更新

385view

お気に入り

シドニー・シティ南部近郊のRedfern(レッドファーン)にあるCarriageworks(キャリッジワークス)は鉄道車両工場の跡地に作られたアート施設。ヴィンテージ感漂う無骨なデザインがオシャレだと高感度な人に大人気です。展覧会やイベントはもちろん、毎週末開催されているファーマーズ・マーケットには沢山の地元の人々が新鮮な食材を求めて訪れます。今回はフォトジェニックなおしゃれスポット、Carriageworksをご紹介します。

Carriageworks(キャリッジワークス)とは?

Carriageworks(車両作業場)という名の通り、元々1880年代に建てられた鉄道車両のメンテナンス作業場だった場所が、建物の老朽化や鉄道会社の経営悪化より1988年に一旦閉鎖された後、NSW州芸術省がリノベーションし、2007年にオープンした文化芸術の複合施設です。

今では美術の展覧会、演劇、パーティ、ファッションショーなどのイベントなどが行われています。元工場独特の無骨なインダストリアル・デザインが満載の建物がとてもフォトジェニックで格好いいんです!

リアルなインダストリアル・デザインの建物

煉瓦積みの建物内部にはギャラリースペース、イベントスペース、劇場など大小10以上の様々なスペースがあります。老朽化した部位は新設したものの、床や壁、柱などはそのまま残っているので、電車のレールや錆びたスチールの柱や梁など所々で鉄道工場の名残を感じます。

「インダストリアル(工業)風」ではないリアルなインダストリアル・デザインです。天井が高くとても開放的な空間。洞窟のような暗がりもありつつ、点在する窓から入る独特の光とのコントラストがとても美しいスペースです。

Katharina Grosse(カタリーナ・グロッセ)の展覧会

BAY 21というエリアではドイツ人アーティストKATHARINA GROSSE(カタリーナ・グロッセ)のインスタレーションが展示されています(2018年3月現在)。10m以上もある天井から吊るされた大きな布地をキャンバスにして、眩いばかりのカラフルな色が散りばめられています。

巨大なカーテンのドレープの隙間から中に入ると、そのダイナミックさに思わず声を上げそうになります。波打つ布から溢れる色の洪水の中に漂っているような不思議な感覚です。

幾重にも重なった布のドレープは彫刻のようでもあるし、実際にそこに座ったり寝っ転がったり体感することができる建築のようでもあります。子供達が遊んでいたり、カップルが座って語り合っていたり、学生グループがセルフィーを撮りまくっていたりと皆それぞれ彼女のアートを体感していました。

CARRIAGEWORKSという独特な空間の良さを最大限活用した展示で、まさにここでしか味わえない体験型のアートワークです。2018/4/8まで無料で開催しています。写真ではお伝えしきれないと思うので、是非訪れることをオススメします!

Corner Stone Bar & Food(コーナー・ストーン・バー&フード)

建物の一角にあるのがCorner Stone Bar & Food(コーナー・ストーン・バー&フード)というカフェ。週末はマーケットや展覧会帰りの人々でいっぱいですが、平日は近隣のビジネスマンがランチで来ていたり、仕事をしている人がいたりと比較的のんびり過ごせます。

チェスターフィールドのソファやスチールの家具、照明やグリーンなど小物に至るまでインダストリアル感、ビンテージ感満載でオシャレです。

  • BROWN RICE SALAD WITH CHICKEN($16.00 / ¥1,320)GFメニュー

ランチにはToday's Specialだったチキンと玄米のサラダをオーダーしました。ヴィネグレット・ドレッシングであえた食べ応えのある玄米にクランベリーとフェタ・チーズが混ざっていて甘塩っぱい美味しさです。サクサクのクルミの食感もよく合って、とても美味しかったです。

お気に入りのソファやイスに座って、この空間の中でのんびりした時間を過ごせるオススメのカフェです。

コーナー・ストーン・バー&フード
シドニー / カフェ・喫茶店
住所:245 Wilson St, Eveleigh NSW 2015
電話:02-8571-9004
Web:http://www.cornerstonebarandfood.com.au/

次のページを読む

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年2月24日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

同じテーマの記事

【シドニー】の秋・冬に渡豪するべき5つの理由

日本とは季節がほぼ反対のオーストラリア。3月〜5月が秋、6月〜8月が冬の季節にあたります。オペラハウスの白い屋根に太陽が反射して、眩しい!なんていう夏のオースト...

シドニーの人気観光名所のワンランク上のフォトスポット15選

観光名所を訪れたらほとんどの方が必ずすることといえば写真撮影!その土地のランドマークを写真に収めるべく、観光名所では多くの観光客がカメラや携帯電話で写真を撮って...

オシャレ満載!シドニーの大人気カフェ複合施設The Grounds of Alexandria

シドニーにあるアレクサンドリアは工業地帯とカフェ文化が入り交じったエリア。そこに2012年4月にオープンした、カフェを中心とした大人気の複合施設「ザ・グラウンズ...

シドニーの人気No.1ビーチ、憧れのボンダイビーチの楽しみ方!

シドニーといえばオペラハウスやハーバーブリッジが有名ですが、数多くの美しいビーチも存在します。今回は、その中でも観光客が必ずと言っていいほど訪れる人気No.1の...

シドニーのおすすめ観光スポット10選

シドニーを旅行するなら訪れたいおすすめの観光スポットを紹介しています。世界遺産から賑やかな観光スポットに、街歩きが楽しいエリアまで、シドニーを満喫するならココ!...



この記事を書いたトラベルライター

シドニー在住。インテリアデザイナー&フォトグラファー、時々ライター。
東京生まれ、メキシコ~イギリス経由、東京育ち、現在はオーストラリア・シドニー在住のMayumiです。 初めてシドニーに訪れた際の街の雰囲気、人、空気感が忘れられず、遂には夫婦で移住してしまいました。
旅行が大好きで、訪れた国はアメリカ大陸やヨーロッパ、アジアなど合わせて25ヶ国以上にも渡ります。
シティとビーチなどの自然が隣接し、様々な国籍の人々が暮らすマルチカルチュラルな街・シドニー。在住者だからこそお伝えできる、ライフスタイル、美味しいものや素敵なお店、専門のインテリア・建築・アートなどデザインインスピレーションを刺激するものやフォトジェニックな風景などシドニーの愛すべきものについてご紹介していきます。
http://sydneytales.com/

オーストラリア初のバブルテントでグランピング「バブルテント・オーストラリア」

みなさんは「バブルテント」ってご存知ですか?フレームの無い透明なツルッとしたバブル(泡)のような丸いテントのことで、元々はヨーロッパを中心に広まっているグランピ...

オーストラリア発のオーガニックスーパー「ABOUT LIFE」でショッピング!

オーストラリアはオーガニック意識が高く、普通のスーパーでもオーガニックの野菜やお肉、食材などを比較的簡単に購入することができます。今回はそんなオーガニック先進国...

女性が喜ぶ♪ABOUT LIFEで買うヘルシーなオーストラリア土産

オーガニック先進国のオーストラリアではオーガニックフードはもちろん、生活用品から化粧品まで地球や人にやさしい商品をマーケットやスーパーで簡単に手に入れることがで...

在住者厳選!スーパーで買うオーストラリア土産10選

オーストラリアNo.1を誇る最大手のスーパーのWoolworth(ウールワース)。今回はアクセス抜群のシドニー・シティの中心にあるタウン・ホール店で購入できる、...

シドニーの週末恒例行事!行っておくべきオススメのマーケット5選

シドニーでの週末恒例行事と言えば、青空の元のんびりとお買い物ができるマーケット。毎週末、公園や広場、学校の校庭などを使って行われており、マーケットによってそれぞ...



トラベルライターアワード・2017年間受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?