台北
台北観光
おいしくて楽しくて癒やされる♪週末ふらり旅もできる人気都市

あったかもちもちが嬉しい♪台北の老舗台湾スイーツ店【雙連圓仔湯】

取材・写真・文:

台湾在住

2017年12月8日更新

1,239view

お気に入り

写真:Chocolate ice cream

台湾の方はもちもちした食感のスイーツが大好き。夏の台湾スイーツといえばカキ氷が思い浮かびますが、寒い時期にはあったかもちもちスイーツが大人気です。あたたかくておいしいもちもちスイーツを味わってみたい!という時におすすめのお店が、台北MRT雙連駅近くにある老舗台湾スイーツ店「雙連圓仔湯」です。寒い時期にいただく甘味に心も身体もほっこりしますよ。

台北MRT雙連駅からすぐ「雙連圓仔湯」

  • 写真:Chocolate ice cream

「雙連圓仔湯(シュアンリエンユエンズタン)」は、台北の地下鉄MRT雙連駅1番出口から歩いてすぐの場所に位置します。雙連は駅の近くに朝市があることでも有名なエリアで、1番出口の向かい側にある2番出口周辺は買い物客で賑わっています。

  • 写真:Chocolate ice cream

こちらが店舗の入り口の様子です。大通りに沿って歩いていけばすぐに見つけることができますよ。お店の隣には台湾で人気のカフェチェーン店「LOUISA COFFEE」があります。

清潔感のある店内

  • 写真:Chocolate ice cream

店舗入り口は明るくて清潔感があり、入りやすい雰囲気です。まずは入店し、席を探しましょう。店内は1階だけでなく2階にも席があり広々としています。

  • 写真:Chocolate ice cream

席について上を見上げるとお店おすすめメニューの写真がずらり!どれもおいしそうで迷ってしまいますね。

  • 写真:Chocolate ice cream

写真をよく見てみると、お汁粉のようなあたたかいメニューもあれば、カキ氷といった冷たいメニューもあることに気づきます。こちらのお店では冬はあたたかいスイーツ、夏は冷たいスイーツと季節に応じた豊富なメニューを楽しむことができるんですよ。


注文票に記入したらレジでお会計

  • 写真:Chocolate ice cream

では、さっそく注文票に記入しましょう。筆者が訪れた日は秋であったため、あたたかいメニューがメインとなっています。メニュー表の1番上は「燒麻糬(シャオマーシュー)」という油餅で、この店おすすめのメニューです。1個45元(約169円)、2個80元(約300円)です。

(甜)と書かれているものは甘い油餅、(鹹)と書かれているものはしょっぱい油餅で、お店おすすめは甘い油餅のようです。筆者はしょっぱいものに線を引いてしまいましたが、後から甘い方にチェンジして注文しています。

続いて「紅豆」系列のメニューがずらりと並びます。こちらはあずきのスープのことで、日本でいうお汁粉のようなものです。「紅豆」の隣に書かれている文字は、あずきスープの中に入るトッピングを表しています。

続く「花生」とはピーナッツスープ系列のことで、こちらもいろいろなトッピングを選ぶことができるようになっています。注文票への記入を終えたら、入り口近くにあるレジで精算しましょう。

あったかもちもちスイーツの登場!

  • 写真:Chocolate ice cream

こちらが「雙連圓仔湯」のあったかもちもちスイーツです。「燒麻糬」を注文するとあたたかいお茶もセットで出してくれるようです。

看板メニューの油餅がもっちもち!

  • 写真:Chocolate ice cream

なんといっても看板メニューの油餅「燒麻糬」がやわらかくってもちもちです。たっぷりとかかっているピーナッツパウダーに絡めながらいただきましょう。

油餅と聞くと、油っぽい食べ物なのかな?と思ってしまいそうですがそんなことはなく、甘くてあたたかくておいしい!きっと幸せ気分に浸ることができるでしょう。

あずきスープも甘くておいしい

  • 写真:Chocolate ice cream

あずきスープも見逃せません。こちらは「403紅豆・花生・芋塊・湯圓」で、あずきスープの中に3つのトッピングが入っています。1つ90元(約338円)です。「花生」とはピーナッツのこと、「芋塊」はタロイモ、「湯圓」とは白玉団子のようなお餅のことです。

あずきスープは日本のお汁粉よりもさらっとしていて食べやすいです。ほんのりとした甘さにほっとします。たくさんのトッピングにも大満足で、これだけでお腹いっぱいになってしまうかも。


おわりに

「雙連圓仔湯」は、あったかもちもちスイーツが食べたいという時におすすめのお店です。特にこだわりの「燒麻糬」は他ではなかなかいただけないおいしさですよ。寒い時期の台湾観光の際に訪れれば、ほっと一息つくことができるでしょう。

※記事内の元から日本円への換算は2017年12月現在のレートを利用しています。

雙連圓仔湯
台北 / スイーツ
住所:台北市民生西路136號
電話:02-2559-7595
Web:https://www.sweetriceball.tw/

台北の旅行予約はこちら

台北のホテルを探す

台北の航空券を探す

台北のパッケージツアーを探す

台北の現地アクティビティを探す

(レストラン)

(チケット)

(現地ツアー&体験)

台北のWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年12月6日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

【台湾・台北】人気スーパーで買うお土産にぴったりな台湾の味

みなさんは台湾に行ったらお土産に何を買いますか? 今回は、帰国してもいつでも台湾の味を楽しみたい!という方々のために、「食材系お土産」をご紹介します。観光客にと...

【台湾】台湾に行ったら買いたい!美味しいかわいいプチプラお土産 ベスト10

台湾は、懐かしいレトロな街並みとオシャレなお店、食べ歩き、異国情緒溢れる雰囲気で女子旅に人気です。台湾のお土産はプチプラで美味しくてかわいいものが沢山で、女子の...


【台湾】台北の人気お土産店を午前中で制覇!半日モデルコース

台湾旅行ではお土産をたくさん買いたいけれど、観光の時間もしっかりと取りたいという方は多いでしょう。この記事では、台湾茶、プチプラ土産、雑貨やドライフルーツ、ヌガ...

台湾朝ごはんや夜食は豆乳店で!台北MRT中山駅近く【四海豆漿大王】

台湾旅行でぜひ楽しみたいのが、台湾ローカル朝ごはん。台湾の街には特色ある朝ごはん屋がたくさんありますが、台湾朝ごはんデビューにおすすめなのが「豆漿店(豆乳店)」...


台湾朝ごはんの定番「豆漿店」を徹底攻略!おすすめメニュー7選

朝早くに台湾の街を散策していると、「豆漿」という文字が含まれている朝ごはん屋が賑わっているのを目にすることでしょう。豆漿(ドウジャン)とは豆乳のことで、豆漿店は...

この記事を書いたトラベルライター

台湾の街歩き&グルメ情報ならおまかせ♪
台湾への語学留学、ワーキングホリデーを経て現在も台湾と日本をしょっちゅう行き来しているトラベルライターです。他のWEB媒体ではYui Imaiというネームも使用しています。

台湾で長く生活していくうちに、あたたかくてエネルギッシュでちょっぴりおせっかいな台湾がすっかり大好きに♪台湾を中心におすすめの観光スポットやグルメ、お土産情報など、はじめて旅行される方にもわかりやすい情報を発信していきたいと思います。
http://mangoxuehua.blog.fc2.com/

台湾朝ごはんや夜食は豆乳店で!台北MRT中山駅近く【四海豆漿大王】

台湾旅行でぜひ楽しみたいのが、台湾ローカル朝ごはん。台湾の街には特色ある朝ごはん屋がたくさんありますが、台湾朝ごはんデビューにおすすめなのが「豆漿店(豆乳店)」...

ぜ~んぶおすすめ!台湾旅行で食べたい絶品スイーツ10選【保存版】

台湾にはおいしくて幸せ気分に浸ることのできるスイーツがとにかくたくさん!台湾に長く住んでいる筆者も台湾スイーツが大好きすぎて、お気に入りスイーツ店の前を通るとつ...


台湾朝ごはんの定番「豆漿店」を徹底攻略!おすすめメニュー7選

朝早くに台湾の街を散策していると、「豆漿」という文字が含まれている朝ごはん屋が賑わっているのを目にすることでしょう。豆漿(ドウジャン)とは豆乳のことで、豆漿店は...

台北で人気の朝ごはん屋「鼎元豆漿」は、MRT中正紀念堂駅からすぐ

台湾に行ったらぜひ食べていただきたいのが、台湾ならではの朝ごはん!台湾では多くの方が朝ごはんを外で食べたりテイクアウトして会社などで食べる習慣があることから、街...


台湾土産に!台北・迪化街【紅海棠】の小さなプーアル茶がかわいい♪

台湾旅行で気になることの1つがお土産選び。「選ぶの楽しい!大好き!」という方もいれば、「何を差し上げたらよいのだろう」と頭を悩ませてしまう方もいらっしゃるかもし...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

アプリ「Pokke」で台北の音声ガイドを聴く

台北の観光スポットの音声ガイドをアプリ「Pokke」で聴くことができます。

旅行前にダウンロードしておけばオフラインでも使える!
プロのガイドに案内されるように旅を楽しめる!

Pokkeについて

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?