台北
台北観光
おいしくて楽しくて癒やされる♪週末ふらり旅もできる人気都市

台湾朝ごはんや夜食は豆乳店で!台北MRT中山駅近く【四海豆漿大王】

取材・写真・文:

台湾在住
訪問エリア:4ヶ国

2018年3月13日更新

16,268view

お気に入り

写真:Chocolate ice cream

台湾旅行でぜひ楽しみたいのが、台湾ローカル朝ごはん。台湾の街には特色ある朝ごはん屋がたくさんありますが、台湾朝ごはんデビューにおすすめなのが「豆漿店(豆乳店)」での食事です。豆乳店には台湾ならではの特色ある朝ごはんメニューがずらり!中でも台北MRT中山駅や台北駅から徒歩でアクセスできる「四海豆漿大王」は、立地の良さから旅行中気軽に利用しやすいですよ。しかも朝6時から夜10時まで営業しているため、朝ごはんだけでなくランチや夜食としての利用も可能です。

台北MRT中山駅近くの豆乳店「四海豆漿大王」

  • 写真:Chocolate ice cream

台湾では朝ごはんを外食にしたり持ち帰りして職場や学校で食べる方が多いため、街にはたくさんの朝ごはん屋が軒を連ねます。中でも台湾で昔から親しまれている「豆漿店(豆乳店)」では、豆乳を使用した優しい味わいの料理や手軽につまめるメニューが提供されており、朝食や夜食にぴったりです。

台北MRT中山駅や台北駅から徒歩でアクセス可能な「四海豆漿大王」も人気の豆乳店の一つで、朝早くから夜遅くまで賑わっています。

  • 写真:Chocolate ice cream

持ち帰りの場合はできあがりを外で待つのですが、店内でいただく場合はまずメニュー表をもらって席に着きましょう。店員の方はとても親切で、テキパキと空いている席に案内してくれます。

席数豊富な店内

  • 写真:Chocolate ice cream

店内は席数が豊富で回転が早く、満席でも少し待てば座ることができるでしょう。混んでいる時は相席になる可能性もあります。


メニューはこちら

  • 写真:Chocolate ice cream

注文はメニュー表に記入する形で行います。書き終わったらカウンターに持っていき、その場で会計を済ませます。料理ができあがるとできあがりを知らせてくれるのでそれまで席で待ち、できあがったらカウンターまで取りに行きます。

豆乳メニューに焼きたて蒸したて朝ごはん!

  • 写真:Chocolate ice cream

それでは、このお店で人気のメニューをいくつかご紹介します。まず欠かせないのは豆乳を使用したメニューです。そして焼きたて蒸したて朝ごはんはあたたかくてほっとする味。一つ一つのメニューはそんなに大きくないので、何種類かのメニューを一度に味わってみるとよいでしょう。

優しい味わいの「鹹豆漿(シエンドウジャン)」

  • 写真:Chocolate ice cream

普通の豆乳ももちろんおいしいのですが、台湾の豆乳メニューでぜひ試していただきたいのがこの「鹹豆漿(シエンドウジャン)」です。1つ30元(約109円)。油條(ヨウティャオ)と呼ばれる揚げパンやネギなどの具に醤油や酢などの調味料を入れ、温かい豆乳をたっぷりとかけて作られます。

時間が経つにつれ豆乳がおぼろ豆腐のような食感に変化していくのがなんとも不思議な、優しい味わいの豆乳メニュー。日本人の口にも合う味わいで、一度食べるとハマってしまう方が多く、人気も高いです。

サクサクもちもち「焼餅+蔥蛋」

  • 写真:Chocolate ice cream

薄く焼き上げられた「焼餅(シャオビン)」は、中にいろいろな具を挟んで楽しむことのできる豆乳店での定番メニューです。写真は焼餅にネギ入り玉子焼きが挟まれた「焼餅+蔥蛋」、1つ27元(約98円)。サクサクもちもちの焼餅にふわっとした玉子焼きの組み合わせがおいしい、大満足の一品です。

ハーフサイズの「小籠湯包」

  • 写真:Chocolate ice cream

実は豆乳店では小籠包も定番メニュー。ここのお店ではセイロに小籠湯包が8つ入った通常サイズに加えて、ハーフサイズの小籠湯包「半籠4個」があるので、お一人様でも気軽に注文しやすいですよ。半籠4個で35元(約127円)です。

小皿に盛り付けられた刻みショウガに、醤油や酢などをたらして好みのたれを作ったらさっそくいただきます。専門店の小籠包と比べて皮が厚めで食べごたえがあり、お肉の味をしっかりと感じます。ぜひ熱いうちに召し上がってくださいね。

営業時間が長いのがうれしい!「四海豆漿大王」

「四海豆漿大王」は、駅近くの便利な立地であることに加えて営業時間が長いため、朝だけでなく夜食などにも利用しやすいですよ。台湾旅行の際にはぜひ、台湾ならではの豆乳メニューや焼きたて蒸したてメニューを味わってみてくださいね。

※記事内の元から日本円への換算は2018年3月現在のレートを利用しています(1元=約3.64円)。

四海豆漿大王
台北 / 中華料理
住所:台北市大同區長安西路29號地図で見る
電話:02-2556-2785

台北の旅行予約はこちら

台北のホテルを探す

台北の航空券を探す

台北のパッケージツアーを探す

台北の現地アクティビティを探す

(レストラン)

(チケット)

(現地ツアー&体験)

台北のWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年3月12日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

【台湾・台北】人気スーパーで買うお土産にぴったりな台湾の味

みなさんは台湾に行ったらお土産に何を買いますか? 今回は、帰国してもいつでも台湾の味を楽しみたい!という方々のために、「食材系お土産」をご紹介します。観光客にと...

台湾朝ごはんの定番「豆漿店」を徹底攻略!おすすめメニュー7選

朝早くに台湾の街を散策していると、「豆漿」という文字が含まれている朝ごはん屋が賑わっているのを目にすることでしょう。豆漿(ドウジャン)とは豆乳のことで、豆漿店は...


【台湾】ディープなお店からおしゃれスポットまで♪台北女子旅1dayプラン

人気が続いている台湾。なかでも台北は、魅力溢れる見どころやグルメがたくさんあります。今回は、昔ながらのディープなお店と続々と増えているオシャレスポットなどを厳選...

本当は教えたくない...台湾リピーターの筆者が厳選する台北の必食グルメ5選!

美食の国台湾!日本からもほど近く、行かれたことがある方も多いはず。そんな台湾の首都台北には、ガイドブックには載っていないものの何度でもリピートしたくなる絶品のお...


【台湾】台北・士林夜市で食べ歩き!おすすめ人気グルメ6選

台湾旅行で楽しみたい事といえば、夜市での食べ歩き!台北の士林夜市は世界的に有名ですが、どんな屋台グルメが人気なのでしょうか?この記事では、定番からちょっと変わっ...

この記事を書いたトラベルライター

台湾の街歩き&グルメ情報ならおまかせ♪
台湾への語学留学、ワーキングホリデーを経て現在も台湾と日本をしょっちゅう行き来しているトラベルライターです。他のWEB媒体ではYui Imaiというネームも使用しています。

台湾で長く生活していくうちに、あたたかくてエネルギッシュでちょっぴりおせっかいな台湾がすっかり大好きに♪台湾を中心におすすめの観光スポットやグルメ、お土産情報など、はじめて旅行される方にもわかりやすい情報を発信していきたいと思います。
http://mangoxuehua.blog.fc2.com/

【台湾台北】リピートしたい台湾の人気土産!おすすめ10選

台湾旅行で気になるお土産選び。何を買って帰ろうか迷ってしまいますよね。この記事では、台湾暮らしの筆者が実際に渡して喜ばれた人気台湾土産を10選紹介します。ちょっ...

ぜ~んぶおすすめ!台湾旅行で食べたい絶品スイーツ10選【保存版】

台湾にはおいしくて幸せ気分に浸ることのできるスイーツがとにかくたくさん!台湾に長く住んでいる筆者も台湾スイーツが大好きすぎて、お気に入りスイーツ店の前を通るとつ...


台湾朝ごはんの定番「豆漿店」を徹底攻略!おすすめメニュー7選

朝早くに台湾の街を散策していると、「豆漿」という文字が含まれている朝ごはん屋が賑わっているのを目にすることでしょう。豆漿(ドウジャン)とは豆乳のことで、豆漿店は...

台湾土産に!台北・迪化街【紅海棠】の小さなプーアル茶がかわいい♪

台湾旅行で気になることの1つがお土産選び。「選ぶの楽しい!大好き!」という方もいれば、「何を差し上げたらよいのだろう」と頭を悩ませてしまう方もいらっしゃるかもし...


台北で人気の朝ごはん屋「鼎元豆漿」は、MRT中正紀念堂駅からすぐ

台湾に行ったらぜひ食べていただきたいのが、台湾ならではの朝ごはん!台湾では多くの方が朝ごはんを外で食べたりテイクアウトして会社などで食べる習慣があることから、街...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

アプリ「Pokke」で台北の音声ガイドを聴く

台北の観光スポットの音声ガイドをアプリ「Pokke」で聴くことができます。

旅行前にダウンロードしておけばオフラインでも使える!
プロのガイドに案内されるように旅を楽しめる!

Pokkeについて

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?