高山
高山観光
外国人観光客も魅了する”飛騨の小京都”

古い町並みを歩きながら食べたい!飛騨高山のオススメ食べ歩き4選

取材・写真・文:

茨城在住
訪問エリア:28都道府県

2018年3月13日更新

5,942view

お気に入り

写真:あやか

江戸時代以来の城下町・商家町の姿が保全されていることから、「飛騨の小京都」と呼ばれている飛騨高山。日本を訪れる外国人観光客向けのガイドブック『ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン』で、3つ星の評価を受けていることや、「日本の風景画を残す町」としても紹介されたことをきっかけに、日本国外からも観光客が後を絶ちません。今回は、そんな風情ある町・飛騨高山を散策しながら食べたい、オススメの食べ歩きスポットを紹介します。

この記事の目次表示

飛騨高山の「古い町並み」とは

  • 写真:あやか飛騨高山の古い町並み

高山の名の始まりは、金森長近が豊臣秀吉の命によって、飛騨を鎮定、領主となったことに遡ります。約15年かけて築き上げた城を高山城と名付け、武士や町人の居住地域として城下町にしました。

城下町の中心として発展した高山の上町、下町を「古い町並み」と呼んでおり、特に、上三乃町、上二乃町、上一乃町は「さんまち通り」と呼ばれ、高山の定番スポットとなっています。またこの通りには、食べながら街歩きできるような、オススメのご当地グルメのお店が集まっています。

  • 写真:あやか飛騨高山の古い町並み
飛騨高山さんまち通り
高山 / 町・ストリート / 観光名所 / 女子旅 / 一人旅 / 重要伝統的建造物群保存地区
住所:岐阜県高山市上三之町地図で見る
電話:0577-32-3333
高山の古い町並み
高山 / 町・ストリート
住所:岐阜県高山市上三之町周辺地図で見る

[1]創業90年!日本一おいしいミンチカツのお店「助春」

「日本一おいしいミンチカツのお店」という、印象的な看板を自ら掲げている「助春(すけはる)」。

  • 写真:あやか日本一美味しいミンチカツの店「助春」

自信を持って、このような看板を掲げているのには訳があります。

肉は、上品な甘みを感じられる飛騨牛を使用しています。玉ねぎは、やわらかくジューシーで甘みのある淡路産。生地のつなぎには小麦粉をほとんど使わず、あっさりと仕上がる山芋、大阪から取り寄せた生パン粉、高山で採れたての新鮮な玉子を使用するなど強いこだわりっぷり。

こうしたこだわりも評価され、全国観光土産連盟の審査会において「助春のミンチカツ」が全国的に優秀な土産品として認定されました。

このこだわりぬいたミンチカツはテイクアウト、1個380円から頂くことができます。また、ミニミンチカツの2個セットは420円で、友人や恋人などと訪れた際は、1つずつ食べるのもオススメ。食べ歩きにはちょうど良いサイズです。

  • 写真:あやかミニミンチカツ2個セット

カリっとした衣とジューシーな肉汁を、ぜひ味わってみてください!

助春
高山 / 肉料理 / ご当地グルメ・名物料理 / ランチ / 飛騨牛
住所:岐阜県高山市上一之町19地図で見る
電話:0577-35-3663
Web:http://www.takayama-sukeharu.com/

[2]飛騨牛料理認定店!飛騨牛にぎりを食べるなら「こって牛」

飛騨高山エリアでは、あらゆる所で飛騨牛にぎりを頂くことができますが、その中でも超がつくほどの人気店がこの「こって牛」。

  • 写真:あやかこって牛

こって牛では飛騨牛料理認定店として、最高級である5等級の希少部位を使用しています。飛騨牛にぎりのメニューは全部で4つあり、オススメなのが「飛騨牛トロさしにぎり(2貫900円)」です。

  • 写真:あやか飛騨牛トロさしにぎり

霜降りの多い部分が使用され、わさび醤油と白髪ねぎで頂く逸品で、口の中に入れた瞬間にとろけてしまう美味しさです。この飛騨牛にぎりは、お皿の代わりに「あおさ入り手焼きせんべい」を使って提供されており、散策しながらでも気軽に味わえます。

常にお客さんで賑わっていますが、並んでも、ぜひ食べて頂きたい逸品です。

こって牛
高山 / 寿司 / ご当地グルメ・名物料理 / 食べ歩き / 女子旅 / 一人旅 / 飛騨牛
住所:岐阜県高山市上三之町34地図で見る
電話:0577-37-7733(咲くやこの花)
Web:http://takayama-kotteushi.jp/

[3]みたらしではなくみだらし!高山名物「陣屋だんご店」

飛騨高山での食べ歩きのお供は、飛騨牛だけではありません。飛騨牛以外で有名なのが、みたらしだんごです。

全国的にみたらしだんごといえば、甘いタレが一般的ですが、飛騨高山のみたらしは、甘くない醤油ダレを表面につけて香ばしく焼いています。また、呼び名も「みたらし」ではなく、「みだらし」と濁るのが高山流です。

飛騨高山エリアには、様々なだんご屋さんがありますが、今回オススメするのが「陣屋だんご店」。観光名所の「高山陣屋」のすぐ隣にあります。

  • 写真:あやか陣屋だんごのみだらしだんご

陣屋だんご店では、もちもちとした柔らかいだんごにこだわっており、香ばしく焼いても固くならないのが特徴です。味もしょっぱすぎず、米の風味もあります。1本80円で提供されているので、食べ歩きのお供にぴったり!

陣屋だんご店
高山 / スイーツ / 女子旅 / 食べ歩き / 一人旅
住所:岐阜県高山市本町1丁目47地図で見る
電話:0577-34-9139

[4]お土産だけじゃない!テイクアウトコーナーが併設された「角桑」

飛騨高山エリアで、トップクラスのお土産点数を誇る「角桑」。古い町並みを歩いて、1分程の場所にある角桑は、テイクアウトコーナーも設けています。

  • 写真:あやか角桑のテイクアウトコーナー

少し休憩したい、小腹が空いたので何か食べたいときなど、その利用は様々です。オススメは、「飛騨牛串焼き(1本300円)」。注文を受けてから焼いてくれるため、アツアツを頂くことができます。

  • 写真:あやか飛騨牛の串焼き

その他、飛騨牛コロッケや飛騨牛つくね、高山ラーメンなどもあり、お土産同様に種類が豊富なのも特徴です。飛騨高山に来たら、是非寄ってみてください。

角桑 総本店
高山 / おみやげ屋 / ご当地グルメ・名物料理 / 飛騨牛
住所:岐阜県高山市上一之町110地図で見る
電話:0577-35-1226
Web:http://kadokuwa.jp/hpgen/HPB/entries/1.html

高山の旅行予約はこちら

高山のパッケージツアーを探す

高山のホテルを探す

高山の航空券を探す

(中部国際空港)

高山の現地アクティビティを探す

高山のレンタカーを探す

高山の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年4月28日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


全国の人気ご当地グルメ47選!お取り寄せもできる都道府県別の名物グルメ特集

旅行の楽しみの一つ「ご当地グルメ」。この記事では全国47都道府県ごとに、人気の名物グルメを厳選してご紹介します。いずれのご当地グルメもお取り寄せもできますよ。


【飛騨高山】「焼肉ハウス 味蔵天国」と「丸明」がオススメ!高級グルメの飛騨牛をリーズナブルに味わおう!

せっかく飛騨高山を訪れるのなら、飛騨牛を食べなきゃ始まらない♪今回ご紹介する「焼肉ハウス 味蔵天国」と「丸明 飛騨高山店」では「この美味しいお肉がこのお値段!?...

【岐阜】モダンな飛騨高山で歴史&グルメを満喫♪1泊2日の観光モデルコース

古い町並みが残り、歴史とグルメを楽しめる岐阜県・飛騨高山。名物の飛騨牛やテイクアウトグルメも堪能したいけど、観光もショッピングも楽しみたい・・・。そんなあなたに...

【岐阜・高山】並んでも食べたい!超人気のパン屋さん「トラン・ブルー」

飛騨牛、高山ラーメンなど、美味しいモノがいっぱいの飛騨・高山。ここに、パン好きなら絶対にチェックしておきたいお店があるんです。その名も「トラン・ブルー」。今回は...

東海の人気観光スポットTOP50!旅行好きが行っている観光地ランキング

伊勢神宮や名古屋城、白川郷に名古屋港水族館などをはじめとする東海の観光スポットの中で、トリップノートの4万7千人の旅行好きトラベラー会員(2019年10月現在)...

この記事を書いたトラベルライター

旅する歴女
東京生まれ東京育ち。
小さいころから歴史好きで、大学では歴史と博物館について学び、卒業。
社会人になってからは、仕事の休みは大好きな旅ばかりしてきました。
介護職→歴史・文書館関係のお仕事→東京から茨城(県北)へ移住。
2021年4月~地域おこし協力隊として活動中です◎

一度きりの人生、どんなこともチャレンジ!
「好き」を仕事に、自由に生きていく方法を日々模索しています。

1日で満喫できる!尾道・しまなみ海道【生口島】のおすすめ観光プラン

しまなみ海道は、広島県尾道市と愛媛県今治市を繋ぐ全長約60キロメートルに及ぶ西瀬戸自動車道の愛称です。瀬戸内海にある6つの島を9本の橋で結び、美しい景観やグルメ...


【鬼怒川温泉】駅周辺で買える!オススメお土産5選&お土産店のご紹介

「東京の奥座敷」と呼ばれる関東有数の温泉地、鬼怒川。鬼怒川温泉駅周辺にはいくつものお土産屋さんがあります。今回この記事では、実際に筆者が購入して良かったお土産を...


【福岡】インスタ映え抜群!糸島のおすすめ観光スポット6選

福岡県の最西部に位置する糸島市。福岡市の中心部から車で約40分という距離にありながら、玄界灘に面した糸島半島は、美しい海岸線と豊かな自然が広がっています。そんな...

【栃木】鬼怒川温泉エリアをのんびり観光!1泊2日モデルコース

「東京の奥座敷」といわれる鬼怒川温泉。今回この記事では、実際に筆者が体験した、鬼怒川温泉の1泊2日のモデルコースをざっくりの時間と共にご紹介します。時間がなくて...

2020年秋までの期間限定オープン!チームラボプラネッツ【東京・豊洲】

2018年6月にオープンしたお台場のデジタルアートミュージアムに引き続き、2018年7月には新豊洲駅前に「チームラボプラネッツ」がオープンしました。こちらのチー...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります