タイ
タイ観光
多彩な魅力をもつタイには世界中から多くの旅行者が訪れる

タイ最後の楽園!リペ島が美しすぎる!!行き方&見どころ

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:27ヶ国

2019年2月15日更新

2,006view

お気に入り

写真:sosuke

プーケットやパタヤ、ピピなど、多くのリゾート地を有する常夏の国タイ。そんなタイには数多くの島があり、その多くがリゾート地として人気を集めています。その中でもタイ最南端に位置するリペ島はタイ最後の楽園と言われており、プールのように美しい海と、ゆったりとした居心地の良い時間が流れる場所として、とても注目を集めています。今回はそんなリペ島への行き方と、島の魅力をお伝えしていきます。

この記事の目次表示

最大88%OFF!格安航空券をお得に探す

リペ島がある場所

  • 写真:sosuke

リペ島はタイ南部のサトゥン県に属する、直径3kmほどの小さな島。アンダマン海のタルタオ海洋国立公園内に浮かび、立地としてはタイの首都バンコクよりもマレーシアのランカウイ島に近く、そちらからのルートで入島をすることもできます。

まだ開発されきっていない島を取り囲む海は透明度が高く、ダイビングやシュノーケルを楽しみたい方にはもってこい。また島民や観光客も多くないことから、静かな環境でゆったりとバカンスを過ごしたい人に支持されており、知る人ぞ知るタイ最後の楽園と呼ばれる島です。

タイ随一の透明度を誇る海!!

  • 写真:sosuke

リペ島がタイ最後の楽園と呼ばれる理由の一つに、海の綺麗さがあります。まだ多くの観光客が訪れていないだけあって、タイで最も透明な海がそこにはあります。その透明度はまさにプールのよう!ボートに乗っていても海底にいる魚が見えるほどで、タイの人たちも「ここより綺麗な海は無い」と口を揃えます。

もちろんダイビングやシュノーケリング、カヤックなどのアクティビティも楽しめるので、ぜひこの透明な海を堪能して見てはいかがでしょうか。

  • 写真:sosuke

また、リペ島は海の綺麗さだけでなく、ビーチの綺麗さでも有名です。特にリペ島の主要ビーチの1つであるパタヤビーチは真っ白な砂浜が有名で、石やサンゴもあまり落ちていないため、寝転がったり散歩をしたりするのに最適。見ているだけ癒される、まさに楽園のようなビーチです。

パタヤビーチ
タイ / ビーチ
住所:Pattaya Beach,koh lipe地図で見る

この島唯一の繁華街 [ウォーキングストリート]

  • 写真:sosuke

小さなリペ島に唯一ある繁華街がウォーキングストリートと呼ばれる、長さ1kmほどの道。こちらにはレストランやダイビングショップをはじめ、スーパーマケットやコンビニ、病院・薬局やお土産ショップまで、必要とされるものはなんでも揃っています。

リペ島が高く評価されている点として、小さいながらも必要な設備が揃っているという点が挙げられます。特に海外のリゾート地では病院などの施設が無いことも多く、いざという時の対処がでいないのですが、リペ島ではここウォーキングストリートに複数のクリニックがあるため安心。

レストランに関してはタイ料理がメインとなりますが、中にはイタリアンや中華、日本食もありますので、長期の滞在でも食事に飽きることなく楽しむことができるんです。

ウォーキングストリート
タイ / 町・ストリート
住所:Walking St, Koh Lipe地図で見る

筆者が実践!!バンコクからの行き方をご紹介

  • 写真:sosuke

今回はタイの首都であるバンコクから、実際に筆者が行った行き方をご紹介します。まずリペ島へは飛行機・バス・船を使っていく必要があり、全行程で約4時間半〜6時間ほどを要します。

現在直接飛行機で島まで行くことはできないのですが、飛行機・バス・船の全てがセットになった、ジョイントチケットと呼ばれるタイプのチケットを購入することができます。こちらはタイエアアジアノックエアーの2社で購入をすることができます。

※いずれのサイトで購入する場合でも、出発地点を「バンコク(Bangkok)」、目的地を「リペ島(Koh Lipe)」と入力して検索することでジョイントチケットを見つけることができます。

  • 写真:sosuke

タイの首都バンコクからは、飛行機でタイ南部に位置するハートヤイ空港へ。飛行時間はおおよそ1時間半ほどです。

ハートヤイ空港からは、車でParkbara Pierという港へ行く必要があります。ハートヤイ空港に着くと、Air AsiaNok Airの看板を持った人たちが待機していますので、その人たちに名前を告げれば車まで案内してくれます。ちなみに空港からPakbara Pierへは1時間半ほど。筆者が行った際には、途中で1回のトイレ休憩を挟みました。

  • 写真:sosuke

Pakbara Pierに到着をしたら、いよいよスピードボートでリペ島へ向かいます。島まではこちらも1時間半ほどの道のりです。特に雨季の場合は雨が降った後に海が荒れることもありますので、酔い止めは必須!!また波しぶきがかかることもありますので、水に濡れて困るものはスーツケース内にしまっておくのが無難でしょう。

一度は訪れてみたい夢の島

  • 写真:sosuke

いかがでしたか?バンコクからは少し距離があるものの、リペ島はタイ人も一度は訪れてみたいと憧れる素晴らしいリゾート地です。まだまだ知名度はありませんが、知名度のない今だからこそゆったりとした雰囲気を楽しめるはず。タイを訪れる際にはぜひプランに入れてみてくださいね。

ビーチやウォーキングストリートの雰囲気がわかる!筆者が撮影したリペ島の動画もぜひご覧ください!

リペ島
タイ / その他スポット
住所:Ko Lipe, Thailand地図で見る
Booking.com

タイの旅行予約はこちら

タイのパッケージツアーを探す

タイのホテルを探す

タイの航空券を探す

タイの現地アクティビティを探す

タイのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年2月15日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


ディープなタイを満喫! バックパッカーの聖地「カオサンロード」【フード編】

東南アジアに位置する、微笑みの国・タイ。飛行機の直行便で約6時間、時差マイナス2時間という近すぎず遠すぎない距離で、近年注目を集めています。物価が安いことから、...


美味しい!可愛い!バンコクのお洒落カフェ「Iwane goes nature」!

バンコクの中心ともいえる、BTSアソーク駅から徒歩数分の「Iwane goes nature」というお洒落で可愛いカフェを紹介します。海外は初めてで心配…そんな...

元駐在員が紹介!南インドの玄関口・チェンナイから直行便で行ける観光地10選

ANAが成田からの直行便就航を2019年秋に予定し、今後益々日本との関係が深まりそうな南インドの玄関口・チェンナイ。筆者のように駐在する人や、南インド観光の拠点...

【タイ】ラプンツェルの世界!タイのコムローイ祭りに参加しよう

世界最大のランタン祭り・コムローイ祭りをご存知ですか?映画『塔の上のラプンツェル』の1シーンのモデルとも言われるこのお祭りは、毎年11月にタイで開催されています...

【タイ】バンコクで一番高いルーフトップの展望台「マハナコーン・スカイウォーク」

78階建て、地上314メートルの「キングパワー・マハナコーンビル」の最上階にある、タイで一番(2019年時点)高い展望台「マハナコーン・スカイウォ-ク」。見晴ら...

この記事を書いたトラベルライター

旅するマーケター
兵庫県生まれ/ニューヨーク・千葉育ち/旅するウェブマーケター兼時々フォトグラファー
都内でファッションECのマーケターをしながら、年に4~5回海外旅行、時々出張をし、現在25カ国以上を制覇。
バックパッカースタイルも、ちょっと贅沢なラグジュアリー旅行もどちらも好き。

旅の醍醐味は食べること、歩くこと、人と会うこと。
世界中に"お気に入りの場所"と"会いに行ける友人"を持つことがよろこび。
夢は198カ国、全世界制覇!
普通のガイドブックでは得られない情報を皆さんとシェアできればと思います。

現役アパレルマンの筆者が教える、ロンドンで必訪な古着屋3選!

世界でも有数のファッション都市として知られているロンドン。東京やニューヨークなどと並んで流行の発信地としても名高い場所ですが、実はロンドンは他のファッション先進...


本当は教えたくない...台湾リピーターの筆者が厳選する台北の必食グルメ5選!

美食の国台湾!日本からもほど近く、行かれたことがある方も多いはず。そんな台湾の首都台北には、ガイドブックには載っていないものの何度でもリピートしたくなる絶品のお...


【決定版】お土産にも最適!現地人も太鼓判のタイのソープ&シャンプーブランド3選!!

タイの土産といえば、皆さん何を想像しますか?ドライマンゴーやタイパンツなどタイならではのお土産はたくさんありますが、実はソープやシャンプーを買って帰られる方も多...

足つぼマッサージの元祖!台湾で極上マッサージが体験できる十足健康へ!

台湾旅行の醍醐味と言えば、やはり足つぼマッサージ。今や世界に広がりを見せた台湾式足つぼマッサージですが、もちろん台北市内には観光客向けのものからローカル向けまで...

まるで映画の中の世界!?香港一のインスタ映えスポットをご紹介!

人気の旅先の一つである香港。中国に属していながらも行政区が異なり、独特の文化が育まれ、世界から多くの観光客を集めている観光都市です。そんな香港の国土面積は札幌市...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

アプリ「Pokke」でタイの音声ガイドを聴く

タイの観光スポットの音声ガイドをアプリ「Pokke」で聴くことができます。

旅行前にダウンロードしておけばオフラインでも使える!
プロのガイドに案内されるように旅を楽しめる!

Pokkeについて

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?