鳥取
鳥取観光
砂丘で知られ、漫画家・水木しげる氏の関連スポットが人気

【鳥取】中国地方第2の高峰・氷ノ山!登山中上級者向けの「仙谷コース」を徹底紹介

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:25都道府県

2019年11月11日更新

3,545view

お気に入り

写真:SaoRi

中国地方で第2位の標高を誇る「氷ノ山(ひょうのせん)」。第2位の標高ときくと少し構えてしまうかもしれませんが、氷ノ山には登山初心者から中上級者までが楽しめる複数のコースがあります。今回はそのなかでも登山中上級者の方に特にオススメな「仙谷コース」について詳しくご紹介していきます!

この記事の目次表示

「氷ノ山」って、どんな山?

氷ノ山は鳥取県と兵庫県の県境に位置している山で、氷ノ山後山那岐国定公園の中心地として知られています。

  • 写真:SaoRi

標高は1,510mあり、中国地方第1位の大山に次いで中国地方第2位の高さを誇っています。

貴重なブナの自然林が広がり、天然記念物のイヌワシやヤマネをはじめ、様々な動物たちが生息しています。

  • 写真:SaoRi

春の新緑、夏の青々とした緑、秋の紅葉と、四季折々の景色が楽しめ、冬にはスキー場として賑わい、県内外の多くの人々に親しまれている山です。

氷ノ山の登山コースについて

氷ノ山の登山コースは複数あり、鳥取県側から登れるコースは「氷ノ越コース」「仙谷コース」「三ノ丸コース」と3つあります。

  • 写真:SaoRi

今回ご紹介する「仙谷コース」は中上級者向けといわれており、沢沿いを歩いたり、鎖場があったりと、バラエティに富んだコースを楽しめます。

  • 写真:SaoRi

「三ノ丸コース」は同じく登山中上級者向け、「氷ノ越コース」は登山初心者でも気軽にチャレンジできるコースとなっているので、自分のレベルにあったコースを選択して挑戦してみて下さいね!

登山中上級者にオススメ!仙谷コースを徹底紹介

では、さっそく「仙谷コース」について詳しくご紹介していきます!

  • 写真:SaoRi

仙谷コースは氷ノ山山頂まで10の区分で分けられており、登山道の看板も1/10(10分の1)というように表示され、いま山頂までどのくらいの距離を進んだのかが分かるようになっています。

コースの様子やポイントとなる地点が判りやすいように、今回は下記の流れにそってご紹介していきます。

①アルパインコース入口(スタート地点)→②仙谷登山口→③仙谷コース1/10~5/10→④仙谷コース6/10~7/10→⑤仙谷コース8/10(氷ノ越登山道合流地点)→⑥仙谷コース9/10~氷ノ山山頂

道の状態やコースの目印など詳しくご紹介していくので、ぜひ参考にして下さいね!

①アルパインコース入口(スタート地点)

仙谷コースの登山口は、他のコースの登山口と比べて少し判りづらい場所にあります。まず目指すのは、仙谷コース登山口へと続く「アルパインコース入口」です。

アルパインコース入口は、アルパインスキー場にあります。

  • 写真:SaoRi

冬にはスキー場として賑わう氷ノ山には複数のリフトがあり、初めて訪れる方にとってはどれがアルパインスキー場か判断するのが難しいかと思います。

迷われた際に目印にしてほしいのが「アルパインヒュッテ」という建物です。

  • 写真:SaoRi

この建物のすぐ前に入口があり、そこからスキー場の斜面を見上げると、仙谷登山道を示す道標が見えます。

  • 写真:SaoRi

その道標に向かって、スキー場の脇を歩いていきましょう。

アルパインヒュッテ
鳥取 / その他宿泊施設
住所:鳥取県八頭郡若桜町つく米635-12地図で見る
電話:0858-82-0956
Web:http://www.hyounosen.co.jp/alpain/index.html

②仙谷登山口

アルパインコース入口から仙谷登山口の道標まではすぐに到着します。

  • 写真:SaoRi

道標に従い、リフトとススキを横目にスキー場を登っていきます。

  • 写真:SaoRi

ほどなくして杉林に到着し、ここから本格的な登山道へと変わっていきます。山頂を示す道標と共に、クマ出没の貼り紙や注意の看板が置かれています。

  • 写真:SaoRi
  • 写真:SaoRi

氷ノ山周辺はツキノワグマの生息地としても有名なので、入山する際には鈴やラジオなど、音の出る物を携帯して入りましょう。

氷ノ山登山道入口(仙谷コース)
鳥取 / 自然・景勝地 / ハイキング
住所:鳥取県八頭郡若桜町つく米635-12地図で見る

次のページを読む

鳥取の旅行予約はこちら

鳥取のパッケージツアーを探す

鳥取のホテルを探す

鳥取の航空券を探す

(鳥取空港)

(米子鬼太郎空港)

鳥取の現地アクティビティを探す

鳥取のレンタカーを探す

鳥取の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年11月8日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【難易度順】登山初心者にオススメな鳥取県の山10選~低山から中国地方最高峰まで~

たくさんの自然豊かな山がある鳥取県!美しい大自然に魅せられて登ってみたいなぁと思うものの、山登りにあまり慣れていない方にとっては、どの山からチャレンジしたらいい...


【鳥取県倉吉市】赤瓦・白壁土蔵群観光で見たい!食べたい!やりたいこと15選

鳥取県中部の倉吉市にある「赤瓦・白壁土蔵群」は県内でも人気の観光地の1つです。レトロな町並みや、散策のお供にピッタリな食べ歩き・飲み歩きのお店、歴史や伝統などに...

【鳥取】日本三百名山の1つ!初心者にもオススメの「扇ノ山・河合谷コース」を徹底紹介!

鳥取県と兵庫県にまたがる標高1,310mの山「扇ノ山」。関西百名山や日本三百名山にも選ばれている名山で、県内外の多くの登山者に親しまれ続けています。今回は、複数...

【鳥取・船上山】ド迫力!絶壁の突端 「千丈のぞき」でスリルと絶景を堪能しよう!

鳥取県琴浦町にある「船上山」は、数キロに渡って続く屏風岩と呼ばれる断崖絶壁で有名です。麓や登山道から見る屏風岩もとても見応えがあるのですが、なんと山頂からはその...

【鳥取】中国地方最高峰!伯耆富士・大山の定番コース「夏山登山道」を徹底紹介

日本百名山にも選ばれている「大山」は中国地方の最高峰として知られ、毎年全国から多くの登山者が訪れます。今回はそんな大山登山のなかでも特に人気な定番コース「夏山登...

この記事を書いたトラベルライター

転勤族ライター
子供の頃から現在に至るまでの生粋の転勤族!転勤の先々でその地ならではの良さを暮らしながら体感し、ディープに発信していきたいと思います!

特に体や足を使ったアクティブな取材が大好きなので、登山や探勝路などで出会った絶景や情報などをお伝えしていければと思います♪
https://www.one-access.work/

ハワイ限定!モニ・ホノルルでお土産にも嬉しい【日焼けスヌーピー】グッズを♡

ハワイ限定の「日焼けスヌーピー」グッズが買えるモニ・ホノルル。カップルコーデやおそろコーデで人気のTシャツをはじめ、バッグやマグカップなど、種類豊富なアイテムが...


【徳島】大秘境を満喫!小歩危・大歩危・祖谷のオススメスポット&楽しみ方8選

「大股で歩いても、小股で歩いても危険」といわれていたことからその地名がついた大歩危(おおぼけ)・小歩危(こぼけ)、そして平家の落人が隠れ住んだと伝えられている祖...


【鳥取県】すなば珈琲に行ったら食べておきたい定番メニュー8選!

2014年に鳥取市内に2店舗同時オープンしたのをきっかけに、現在では鳥取県全域にわたってお店をかまえる「すなば珈琲」。平成28年に鳥取県が行った「鳥取県の観光地...

大行列!完全数量限定・三方六の切れ端!【北海道・音更】柳月スイートピア・ガーデン

柳月(りゅうげつ)は、北海道旅行のお土産にもよく用いられる、北海道を代表する老舗菓子店の1つです。その工場である柳月スイートピア・ガーデンでは「お菓子の里 十勝...

【北海道】本店ならではのレアな商品がいっぱい!六花亭帯広本店の魅力

「マルセイバターサンド」のお土産などで全国的にも有名な、北海道を代表するお菓子メーカー・六花亭。帯広市周辺や札幌市周辺を中心に喫茶室を併設したお店が数多く展開さ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります