鳥取
鳥取観光
砂丘で知られ、漫画家・水木しげる氏の関連スポットが人気

開放的すぎてほぼ丸見え!鳥取県・三朝温泉の【河原風呂】

取材・写真・文:

訪問エリア:43都道府県

2018年1月22日更新

14,035view

お気に入り

鳥取県を代表する名湯、三朝温泉(みささおんせん)。世界有数のラドン含有量を誇るラジウム温泉であり、その効能の高さで名が知られています。ですが、三朝温泉の注目すべきポイントは効能だけではありません。三朝温泉には日帰り入浴可能な施設が複数あるのですが、その中の1つであり三朝温泉のシンボル的存在である【河原風呂】が、一度見たら忘れられないくらい開放的なのです。今回は、三朝温泉を代表する露天風呂【河原風呂】を紹介します。

この記事の目次表示

そもそも三朝温泉とは?

  • 写真:やまざき にんふぇあ

【河原風呂】を紹介する前に、三朝温泉について簡単に説明します。

場所は?アクセスは?

三朝温泉は鳥取県のほぼ中央、鳥取市の西側に位置します。鳥取砂丘コナン空港からリムジンバスで約60分、古い町並みで知られる倉吉駅からは路線バスで20分程度です。鳥取駅から行きたいのであれば、鳥取駅から倉吉駅まで60分程度列車に乗る必要があります。

歴史は?

およそ850年の歴史があり、開湯伝説も伝わっています。源義朝の部下である大久保左馬之祐が、主家再興のためのお参りの最中に白狼を見つけます。左馬之祐は矢を放とうとしましたが、お参りの最中に殺生は良くないと思い直し見逃しました。

するとその晩妙見菩薩が夢枕に立ち、自分の使いである白狼を見逃した礼として温泉の場所を教えたところから始まったといわれます。

効能は?そもそもラジウム温泉って?

三朝温泉は、ラジウムが分解される際にできたラドンを含んでいます。ラドンは微量の放射線を発するのですが、これをあびると新陳代謝が活発になると共に、自然治癒力、免疫力が高まるといわれます。ラジウム温泉は日本を始め世界各地にありますが、三朝温泉のラドン含有量は世界有数です。

三朝温泉
鳥取 / 町・ストリート / 温泉地 / 女子旅 / 一人旅
住所:鳥取県東伯郡三朝町三朝地図で見る
電話:0858-43-0431
Web:https://misasaonsen.jp/

あまりにも開放的な【河原風呂】

  • 写真:やまざき にんふぇあ

さて、さっそく【河原風呂】を訪ねてみましょう。

三朝温泉は徒歩で回りきれる程度の広さであり、中央を三朝川がつらぬいています。温泉街の中心には川を渡るために三朝橋という橋がかけられており、その橋のすぐ下が【河原風呂】です。

写真のように木の壁で一応は見えないようになっています。それではいよいよ入浴してみましょう。

勇気を出していざ入浴!

  • 写真:やまざき にんふぇあ

それでは、川岸におりてみましょう。木の壁の裏側は棚になっており、脱いだ服や荷物をおいておくことができます。

風呂は中央で仕切られており、奥が熱湯、手前がぬる湯となっています。この風呂には水道やシャワーなどの設備はありません。店には洗面器がおかれているので、十分にかけ湯をして体をきれいにしてから入りましょう。

  • 写真:やまざき にんふぇあ

お湯につかったら、改めて周りを見回してみましょう。橋の方には前述のように木の壁が作られていますが、橋の大きさのわりに木の壁が短いので、橋を通る人や車などの姿が見え隠れしますし、話し声もよく聞こえます。

さらに川の向こう側には車道があり旅館が建ち並んでいますが、目隠しは隙間の開いた風通しのいい木の壁しかありません。ただ距離は離れているので、橋の上からの視線ほどは気にならないでしょう。

ここまで周りに何もない開放的な露天風呂は、なかなかありません。慣れてくればクセになるはずですよ。

利用する上での注意点

  • 写真:やまざき にんふぇあ河原風呂はハードルが高いという方は普通の公衆浴場を利用しましょう。

三朝温泉の名湯に抜群の開放感の中無料で入れるという素晴らしいスポットですが、それゆえにいくつか注意点があります。マナーとルールを守って【河原風呂】を満喫してみてくださいね。

  • 奇数日の8時から11時はお湯の入れ替えのため入れません。
  • ロッカーなどはありません。棚においた荷物を見張りながら入りましょう。
  • シャワーや水道はありません。きちんとかけ湯をして身を清めてから入りましょう。
  • 混浴の上にお湯が透明ですが、バスタオルや水着などを着用しての入浴はNGです。そのため女性の入浴は少しハードルが高いかもしれません。
  • もちろん、開放的すぎない普通の公衆浴場もあります。河原風呂はハードルが高いという方はこちらを利用しましょう。上の写真は「たまわりの湯」。入湯料500円でシャワーもあるため気軽に利用できます。
【閉業】たまわりの湯
鳥取 / 日帰り温泉
住所:鳥取県東伯郡三朝町三朝910−7地図で見る
電話:0858-43-0017
Web:http://www.tottori-guide.jp/tourism/tour/view/180
河原風呂
鳥取 / 日帰り温泉
住所:鳥取県東伯郡三朝町三朝903−1地図で見る
電話:0858-43-0431

鳥取の旅行予約はこちら


鳥取のパッケージツアー(新幹線・飛行機付宿泊プラン)を探す

鳥取のホテルを探す

鳥取の航空券を探す

(鳥取空港)

(米子鬼太郎空港)

鳥取の現地アクティビティを探す

鳥取のレンタカーを探す

鳥取の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【2024】西日本の人気温泉TOP39!旅行好きが行っている温泉地ランキング

兵庫の有馬温泉や岐阜の下呂温泉、大分の湯布院温泉をはじめとする西日本エリアにある温泉地を、トリップノートの9万2千人の旅行好きトラベラー会員(2024年1月現在...


ダイナミックな断崖が迫力満点!日本のおすすめ断崖絶壁21選

サスペンスドラマのロケ地として有名な「東尋坊」や、50mの断崖が2kmも続く「三段壁」、断崖絶壁から見るエメラルドグリーンの海が絶景の「オハイ」など、ダイナミッ...

鳥取砂丘は冬がオススメ!?地元民だからこそ知っている冬の魅力!

雪がとけて春の息吹が感じられるようになる頃から少しずつ観光客が増し、ゴールデンウィークから夏過ぎまで、その数がピークに達する鳥取砂丘。そんな大人気の鳥取砂丘の冬...

【難易度順】登山初心者にオススメな鳥取県の山10選~低山から中国地方最高峰まで~

たくさんの自然豊かな山がある鳥取県!美しい大自然に魅せられて登ってみたいなぁと思うものの、山登りにあまり慣れていない方にとっては、どの山からチャレンジしたらいい...

【日本】大自然に癒される!自然のおすすめパワースポット22選

幻想的な光景がジブリの世界のようだと話題の「亀岩の洞窟」や、東洋のナイアガラと言われる「吹割の滝」、大地のパワーを感じる「大観峰」など、大自然に癒される、日本全...

この記事を書いたトラベルライター

一人旅好きのブロガー
国内で一人旅ばかりしているブロガーです。メジャーではないけどマニアックすぎない、「もっと評価されるべき」スポットを中心に紹介します。個人ブログやツイッターで今までに訪れた場所について書いたり、ここではない某所でもトラベルライターとして活動したりしているので、ぜひ参考にして頂ければと思います。
http://85irimusume.doorblog.jp/

寿司に神社に恐竜まで!福井駅周辺の面白スポット4選

東尋坊や永平寺などの観光地が有名な福井県。日本総合研究所が2016年に発表した情報によると、日本で1番幸福度が高い県とされています。そんな意外な実力を隠し持つ福...


城崎温泉から渡し船で行く!柱状節理が広がる不思議な洞窟「玄武洞」

近畿地方を代表する温泉、城崎温泉。そこから車で10分ほどのところに、大量の石柱が建ち並んでいるように見える奇妙な洞窟、玄武洞があります。今回は、城崎温泉から気軽...


3億年かけて作られた神秘の洞窟、山口県・秋芳洞

山口県美称市に広がる日本最大級のカルスト台地、秋吉台。元はサンゴ礁だった石灰岩が、3億年以上もの時をかけて堆積してできた奇跡の風景です。さらに秋吉台の下には、大...

鯉が泳ぐ城下町。「山陰の小京都」島根県・津和野を歩く

「山陰の小京都」の異名を誇る島根県・津和野。津和野藩亀井氏の治めていた城下町であり、鯉の群れが泳ぐ水路、1,000の鳥居を持つ稲荷神社、畳敷きの教会、西周や森鴎...

【北海道】日本の最果て。「宗谷岬」と「ノシャップ岬」を訪ねる

日本最北に位置する市、稚内市。その先端である宗谷岬は、一般人が立ち入れる場所としては日本の最北端です。今回は、日本の最果てと言っても過言ではない宗谷岬と、宗谷湾...

トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります