3億年かけて作られた神秘の洞窟、山口県・秋芳洞

162

view
   2017年4月18日更新

山口県美称市に広がる日本最大級のカルスト台地、秋吉台。元はサンゴ礁だった石灰岩が、3億年以上もの時をかけて堆積してできた奇跡の風景です。さらに秋吉台の下には、大小合わせ450もの洞窟が存在します。これらの洞窟は、石灰岩の割れ目に雨水がしみこんで侵食し続け、ついには崩れてできたものです。秋吉台の南の地下に広がる秋芳洞も、数10万年かけて秋吉台の下に誕生した洞窟の1つです。今回は、気の遠くなるような時間をかけて作られた神秘的な洞窟、秋芳洞を紹介します。

秋芳洞へのアクセスは?

秋芳洞最寄りのバス停へは、山口駅前からバスで1時間ほど、または新山口駅前からバスで45分ほどで行くことができます。秋芳洞には、正面入口、黒谷入口、エレベーター入口の3か所から入れます。バス停から一番近いのは正面入口です。

バスは、観光総合案内所の前で停車します。コインロッカーやトイレがあるため、身支度はここで整えましょう。

案内所から秋芳洞の入口までは徒歩10分ほどです。秋芳洞への道にそって、土産屋や飲食店が建っているので迷うことはないでしょう。

入口を過ぎても、すぐに秋芳洞に入れるわけではありません。秋芳洞から流れてくる清水が流れる川をさかのぼるように進みます。

5分ほど歩くと、秋芳洞の正面入口に到着します。コバルトブルーの川と濃い緑の木々にふちどられた洞窟の中に足を踏み入れましょう。全長は8.7キロですが、見学できるのはそのうち1キロです。

今回は、正面入口から入って黒谷入口で引き返し、エレベーター入口から外に出て秋吉台を見る、というルートで回ってみましょう。

意外と多くの生き物でにぎわう秋芳洞

秋芳洞の中には川が流れており、温度は1年を通して17度で一定となっています。

一見コウモリ以外の生き物は住んでいなそうですが、ヨコエビの一種や、ガロアムシ、ゴミムシ、ザトウムシなどが暮らしています。目が退化した虫や、かつて祖先が地上で暮らしていたいわゆる「生きた化石」といわれる虫、名前の一部に「アキヨシ」とつく秋芳洞特有の虫も存在します。

暗い上にどれもが小型のため、見つけるのは少し難しいですが、懐中電灯の明かりなどを頼りに探してみるのも良いかもしれません。

懐中電灯を持って進む冒険コース

正面入口から入った場合、入ってすぐに冒険コースへの分かれ道があります。ここでは追加で300円を払うことで、懐中電灯を持って岩肌をのぼることができます。

スタート直後からはしごがあります。

手すりはありますが、暗い上に岩肌の泥で滑りやすいです。慎重に進みましょう。

冒険コースでは、洞窟を上から見下ろせます。所要時間は15分程度で、ゴールはスタート地点のすぐ手前にあるので、すぐに散策を再開できます。

秋芳洞屈指の奇景、百枚皿

秋芳洞といえば、この百枚皿を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。段丘を流れる水の石灰分が、長い年月をかけて波紋の形にかたまったもので、実際には500枚以上の皿があります。

余談ですが、山口宇部空港のベルトコンベアには百枚皿のオブジェがあります。まさに、秋芳洞だけでなく山口県を代表する場所といえます。

百枚皿

山口 / 自然・景勝地 / 自然・景勝地 / 自然・景勝地

自然が長い年月をかけ作りだした不思議な造形物たち

秋芳洞の中では、他にも水にふくまれた石灰分が不思議な形に固まっているところが数多くあります。

大松茸。キノコの傘のような形に、石灰分が固まっています。

大黒柱。天井からつらら状の鍾乳石が伸び、その先端からも石灰をふくんだ水がしたたって石筍(地面から伸びる鍾乳石)ができ、やがておたがいが合体したものです。

エレベーター入口への分かれ道を通りすぎ、黒谷支洞に入ったところにある黄金柱。天井の割れ目から流れ落ちる水の石灰分が、何万年も積もってできました。高さ14メートル、幅4メートルの大作です。

黒谷支洞にある巌窟王。8メートルもある石筍です。人の形にも見えます。

大松茸

山口 / 自然・景勝地 / 自然・景勝地 / 自然・景勝地

大黒柱

山口 / 自然・景勝地 / 自然・景勝地 / 自然・景勝地

黄金柱

山口 / 自然・景勝地 / 自然・景勝地 / 自然・景勝地

巌窟王

山口 / 自然・景勝地 / 自然・景勝地 / 自然・景勝地

エレベーターで秋吉台へ

黄金柱の近くには、エレベーター入口があります。エレベーターで80メートル上にあがり、外に出て5分ほど歩くと、やがて大草原から無数の石灰岩が露出した奇妙な光景に出くわします。秋芳洞の上にある草原、秋吉台です。

サンゴ礁の石灰が、3億年以上かけて堆積し固まってできた日本最大規模のカルスト台地で、石灰岩にはサンゴなどの化石が混じっています。

秋吉台

山口 / 自然・景勝地

もっと探検気分を味わいたい方におすすめの「秋芳洞闇のロマン探検」とは?

最後に、もっとスリルやドキドキ感がほしい方向けに「秋芳洞闇のロマン体験」を紹介します。

実はこの秋芳洞、一般の客がいなくなり照明も落とされた19時からもガイドの案内で回ることができます。頼りになるのは貸し出された懐中電灯だけ、というかなりスリリングな探索が楽しめます。

実施期間は4月〜11月(ただし繁忙期やイベント期間などは実施しないことがあります)、1週間前には予約が必要、当日参加人数が4人以上、といくつか条件がありますが、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

関連リンク

秋吉台・秋芳洞観光サイト:カルストドットコム

秋芳洞

山口 / 自然・景勝地

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年4月9日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。
トラベルライター
一人旅好きのブロガー

国内で一人旅ばかりしているブロガーです。メジャーではないけどマニアックすぎない、「もっと評価されるべき」スポットを中心に紹介します。個人ブログやツイッターで今までに訪れた場所について書いたり、ここではない某所でもトラベルライターとして活動したりしているので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

http://85irimusume.doorblog.jp/

同じテーマの記事

【トラベルライターアワード2016 受賞結果発表】2016年、特に人気を集めた記事&活躍したライターさんを発表します!

アプリなら記事も地図もサクサク快適!

  • 行きたい観光スポットをお気に入り登録すれば自分専用のガイドブックに。
  • 旅した国・都道府県をチェックして、自分だけの塗りつぶし地図を作ろう!