ベトナム
ベトナム観光
フランスの名残りも感じるハノイに活気溢れるホーチミン

【ベトナム】世界遺産!ホイアンからもダナンからも行ける「ミーソン遺跡」

取材・写真・文:

東京在住

2019年1月18日更新

180view

お気に入り

写真:Emily

ベトナムには2019年1月現在、計8カ所の世界遺産がありますが、今回は1999年に世界遺産に登録され、中部の都市ダナンからもフエやホイアンからも行ける世界遺産「ミーソン遺跡」をご紹介します。ジャングルの中に突如現れる神秘的なレンガ作りの遺跡がとても印象的な場所です。

この記事の目次表示

ミーソン遺跡とは

  • 写真:Emily

ミーソン遺跡とはチャンパ王国の聖地であった場所です。チャンパ王国とは、4世紀後半に始まり、一時期は海洋国家として繁栄を築いていた国家でした。(その後、16世紀に、現在のベトナムを作った「キン族」によって滅ぼされました。) 

このチャンパ王国、ベトナムの歴史でも少し変わった歴史を持っています。というのも、ベトナムは中国によって支配されたことで古くから仏教大国ですが、このチャンパ王国はインド人上人がもたらした国家でした。よって、仏教ではなくヒンドゥー教の影響がこのミーソン遺跡に残っているのです。

ミーソン遺跡がある一帯は深い木々に覆われていたため、ベトナム人の間にも長らく知られておらず、フランス人によって20世紀初頭にようやく発見されたのでした。

ここには8世紀から13世紀末までに建てられた遺構が残っています。自然崩壊の影響もありますが、ベトナム戦争時に受けた被害のため、かなり崩壊が進んでいるのが現状です。

ミーソン遺跡にはツアーを利用していこう

ミーソン遺跡へは個人で行くのは困難。ホイアンやダナンからのツアーを利用すると良いでしょう。今回筆者は、ホイアン発の半日バスツアーに参加しました。

ホテルへピックアップに来てくれる

ホイアンの旧市街に近いホテルであれば、ほとんどのツアーがホテルへピックアップに来てくれるとのこと。もしくは、旧市街の近い場所を指定されてそこで集合ということもあるようです。

約1時間半ほどでミーソン遺跡に到着

  • 写真:Emily

バスの中で下の写真のような「ミーソン遺跡への入場券との引換券」をもらいますので、入り口にて渡します。

  • 写真:Emily

ツアーはガイド付き

帰りのバスの出発時間を言われ、バスの駐車位置も伝えられましたが、ツアーは丁寧なガイド付きです。英語でのツアーでしたが、ガイドの方の英語がとても分かりやすいので、単独行動よりも、ガイドを聞きながら見学することをお勧めします。

ミーソン遺跡内部の紹介

ミーソン遺跡展示館

  • 写真:Emily
  • 写真:Emily
  • 写真:Emily
  • 写真:Emily

遺跡チケット売り場の横に展示館があります。館内では写真や地図はもちろん、遺跡も展示されています。

  • 写真:Emily

展示館は日本の援助で建てられたもの。日本語の簡単な説明もあります。

遺跡群へはシャトルで行こう!

  • 写真:Emily

遺跡群へは展示館から2kmほどあるので、無料のシャトルを使って行くのが便利です。心地いいスピードで山道を走っていくので気分も爽快です。

  • 写真:Emily

一番後ろの席に座れば、山間の景色を独り占めしている気分になれます。

5分ほどシャトルに乗れば遺跡群の入り口に到着。ここからもう少し歩きますが、道は舗装されているので歩きやすく安心です。

  • 写真:Emily

途中にポツンとある遺構がこれからの見学へのワクワク感を高めてくれます。

  • 写真:Emily

8グループに分けられている遺跡群

遺跡群はA〜Gの8つにグループ分けがされています。今回は主な見所になっているグループを、シャトル発着所に近い順にご紹介します。

グループEとF

  • 写真:Emily

2015年に修復が完了した宝物庫。レンガのオレンジ色が鮮やかで新しいものだと分かりますね。

  • 写真:Emily
  • 写真:Emily

リンガとヨニと呼ばれる、男性と女性のシンボル(子孫繁栄の象徴)。

  • 写真:Emily

修復中の祠堂もありました。

  • 写真:Emily

こちらは、門衛神のドヴァラパーラ。(頭部はフランス人が持って帰り、ルーブル美術館にあるのだとか。)

グループBとCとD

一番保存状態が良いとされているエリア。1300年前に建てられたヒンドゥー教のシヴァ神を祀る祠堂が並びます。

  • 写真:Emily

ちなみにミーソン遺跡の建物はレンガで造られていますが、レンガをくっつける際に漆喰などの「接着剤」となるものを全く使った痕跡がないとのこと。どのようにして「くっつけられた」のか今でも不明だとのことです。また、1000年以上もの昔のレンガであるにもかかわらず、コケや草が隙間が生えてくることも少ないので、その理由もいまだに不明だそうです。

美しいレリーフをたくさん堪能することができます。

  • 写真:Emily
  • 写真:Emily
  • 写真:Emily

また、幾つかの遺構の内部は展示室となっており、シヴァ神や象などが展示されています。

  • 写真:Emily
  • 写真:Emily
  • 写真:Emily

グループG

13世紀に小高い丘の上に建設された祠堂があります。

  • 写真:Emily

この祠堂はイタリアの援助によって再建されたそうですが、元々の高さがどれくらいまであったのか不明なため、再建途中でイタリアの援助は撤退したそうです。

  • 写真:Emily

石碑もありますが、まだ解読されていないとのこと。

グループA

かつては美しい祠堂があった場所です。しかし、ベトナム戦争時の爆撃によって破壊され、現在は土台の部分だけが残っている状態です。(今回のツアーでは行きませんでした。)

遺跡管理小屋

遺跡管理小屋では1日3回、約30分のチャムダンスショーが行われています。


ミーソン遺跡見学時の注意

熱中症対策/雨季対策

遺跡は森の中にあるとは言え、全て屋外。2月~9月頃までの乾季の時期は、とても強い日差しに長時間さらされます。必ず日焼け対策と、水分補給の準備をしましょう。

また、12月ころまでの雨季は雨対策が必要。また、滑りにくい靴の方が雨で濡れたところを移動するのには安全です。

服装

ミーソン遺跡はヒンドゥー教の聖域なので、特に女性は肌を露出し過ぎる服装は避けた方がいいでしょう。前述の通り、滑りやすいところもあるので、足元はサンダルなどではなくスニーカーを履いた方がいいでしょう。

今回参加したツアーについて

今回筆者が参加したツアーは、ホイアンのホテルで予約してもらったホイアン発ツアーでした。

8時半にホテル出発、10時半頃にミーソン遺跡到着。2時間ほどのガイドツアーがあり、その後、旧市街まで帰ってきて14時過ぎに到着。13,000ドンでした。(約610円 ※2019年1月時点での換算レート使用)

ホテルやホステルでは色々なツアーが用意されていますし、ホイアンでしたら旧市街の旅行代理店などですぐに申し込める印象でした。


最後に

ミーソン遺跡、いかがでしたか。カンボジアのアンコールワット遺跡群やミャンマーのバガン遺跡群に比べると小規模ですが、レリーフの美しさにはとても感動するはずです。半日のツアーもあるので、ぜひ気軽にツアーに参加してミーソン遺跡を楽しんでみてください。

ミーソン聖域
ベトナム / 遺跡・史跡 / 観光名所
住所:My Son Sanctuary地図で見る

ベトナムの旅行予約はこちら

ベトナムのホテルを探す

ベトナムの航空券を探す

ベトナムのパッケージツアーを探す

ベトナムの現地アクティビティを探す

ベトナムのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年1月15日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

【ベトナム】半日で巡る!お土産天国ダナン市街の見どころ

ベトナム中部の都市ダナンは、お土産天国と言っても差支えないほど、様々な名品が低価格で購入できるんです。中には女子ウケするカワイイ小物もいっぱい。そんなダナン市街...

ベトナムの世界遺産・全8つはココだ!

ハロン湾に代表されるベトナムの世界遺産。2014年にチャンアンの景観複合体が認定され、2016年1月現在8つ登録されています。この記事ではその全てをご紹介。ベト...


ホーチミンから日帰りで大満足!メコン川クルーズツアーで出来ること&ざっくりタイムスケジュール

ベトナム南部に位置するホーチミン。活気あふれる街は、観光客で賑わいます。本記事では、ホーチミンから日帰りで行ける、人気のメコン川クルーズツアーの様子をレビューし...

【ベトナム】今注目のリゾート地「ダナン」!ビーチも街歩きも世界遺産も最短2泊4日で満喫するモデルコース

成田から直行便で行けるベトナム中部最大の都市ダナンは、今注目のリゾートエリア!海やホテルステイだけでなく、グルメ、街歩き、そして近隣には3つの世界遺産「ホイアン...


美しすぎる満月の夜の祭典【ベトナム・ホイアン】ランタン祭の魅力

ベトナム最大のランタンの祭典がある町、ホイアン。まさにこのために、ベトナムへ行くのもアリ?実はホイアンは、17世紀から19世紀にかけて、江戸時代だった日本と盛ん...

この記事を書いたトラベルライター

グルメもアートも世界遺産も絶景も!とことん貪欲トラベラー
普段は粛々と、黙々と、真面目に仕事をこなす30代会社員。でも、心の中はいつでも、次の休みはどこに旅行しようかな〜と考えている。友達とワイワイ行く旅行も好き。一人で現地で知り合った方とビールを飲みながらお話しするのも好き。旅先で欠かせないものはその土地ならではの食、世界遺産、美術、そして人との交流!せっかく旅行するのなら貪欲に自分のやりたいこと、見たいもの、食べたいものはぜーんぶ楽しむ♪ アメリカ・フロリダ州オーランドとシンガポールは1年ずつ住んでいたことがあるので、特に好きなところ!

【台湾・台北】人気スーパーで買うお土産にぴったりな台湾の味

みなさんは台湾に行ったらお土産に何を買いますか? 今回は、帰国してもいつでも台湾の味を楽しみたい!という方々のために、「食材系お土産」をご紹介します。観光客にと...

【フランス・トゥールーズ】「バラ色の街」の観光必須スポット11選

フランスというと多くの人はその首都「パリ」を思い浮かべますが、ワインで有名なボルドーやバカンスの地として人気があるニース、食の街リヨンなど、個性豊かな都市がいく...


【フランス・トゥールーズ】 公共交通機関を使いこなそう!

パリから1時間ほどのフライトで着く、フランス第5の都市、トゥールーズ。美しい建物が多いことから「バラ色の都市」とも呼ばれています。今回はそんなトゥールーズを安く...

【ミャンマー】絶景!!落ちそうで落ちない不思議なゴールデンロック

東南アジア最後のフロンティアとして昨今注目を集めているミャンマー。国民の90%以上が仏教徒と言われています。パゴダという仏塔を配した寺院に行くと人々が熱心に信仰...


【フランス・トゥールーズ】A380が目の前に!エアバス社見学ツアー

世界初の総二階建ての旅客機として2005年に初飛行をして以来、世界中で多くの人を運んでいる、エアバス社のA380。このA380の組み立て工場がフランス・トゥール...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?