山口
山口観光
海に囲まれた、高級ふぐの特産地

【下関】水揚げ日本一!市場や神社もふぐづくしの唐戸を散策しよう

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:36都道府県

2017年6月30日更新

1,070view

お気に入り

写真:YYOKO

北は北海道から南は九州まで、全国のふぐが一堂に会する下関。ふぐは冬だけでなく、夏でも全国から集まってきています。ふぐの旬は秋の彼岸から春の彼岸までと言われ、冬に食べることが多いのですが、夏のふぐも意外とおいしい。しっかりとした食感で、紫外線対策にも効果があるとか…何よりも薄く切られたお刺身は清涼感を演出してくれます。近年ではわざわざ海外から食べにくる人が増えてきたというふぐ。下関の人たちはふぐのことを福とかけて''ふく''と呼ぶくらい、ふぐが大好き。そんなふぐの町の魅力をご紹介します!

この記事の目次表示

ふぐの水揚げ日本一!下関の市場へ

仲卸が集う南風泊(はえどまり)市場

  • 写真:YYOKO南風泊市場
  • 写真:YYOKO袋セリ像(唐戸市場前)

下関駅から西へ車で10分ほど。中心地から離れた場所に、一般の観光客は入れないふぐの玄人たちが集まる南風泊(はえどまり)市場があります。ここが全国から運ばれてくるふぐが集う場所。南風泊の名前の由来は、海が南風でしけになったとき、この港で船が停泊していたことからきているとか…。

「袋セリ」という、セリ人と業者が布袋に手を入れて指先で値段を決める昔ながらの落札方法が行われています。このあたりはふぐの加工場も多く、ふぐの毒を取り除いてから、地元はもちろん、築地や関西の市場などに送られています。まさにふぐ食安全の要といえる場所です。

  • 写真:YYOKO南風泊活魚センター前
  • 写真:YYOKO南風泊ふぐ像

市場以外にあるのはきれいな海だけですが、漁協の入り口には昭和5年に種田山頭火が詠んだ「久しぶりに逢った秋のふくと汁」という碑もあります。ふぐと包丁の銅像も…かわいい!

南風泊市場
山口 / 市場・朝市
住所:山口県下関市彦島西山町4-11-39地図で見る
電話:083-267-8181

観光客向けの唐戸市場

  • 写真:YYOKO唐戸市場とふぐ像
  • 写真:YYOKO唐戸市場

南風泊市場から下関駅を挟んで反対側。駅から車で東へ10分ほどのところにあるのが、唐戸市場です。卸売市場なので、安くて新鮮!いつも観光客でにぎわっています。

  • 写真:YYOKO唐戸市場内準備風景
  • 写真:YYOKO唐戸市場魚屋準備

営業開始の朝5時には、魚屋さんが準備を始めます。新鮮な魚をさばく様子が見られるかも。準備風景を楽しんだら、市場の朝ごはんがおすすめ!2階の食堂で食べられます。

  • 写真:YYOKO唐戸食堂
  • 写真:YYOKOふぐの唐揚げ定食

こちらのお店では、ふぐのから揚げ定食がたった750円!からあげはその場で揚げてくれるので、あつあつで衣はカリカリ。淡白ながら弾力のあるふぐの身はほくほくです。

  • 写真:YYOKO昼の馬関街混雑
  • 写真:YYOKO馬関街テーブル

朝が苦手という方には、同じ唐戸市場内で金・土・日・祝日の観光にも便利な時間帯に行われる「活き活き馬関街」がおすすめ。お昼にかけて、屋台が出て、お寿司や海鮮丼などが、たっぷり味わえます。

  • 写真:YYOKO馬関街お店のお寿司
  • 写真:YYOKO馬関街ふぐ雑炊

ふぐにこだわりたい人には、ふぐ刺し、ふぐ汁、ふぐ雑炊、ふぐのから揚げ、ふぐ寿司、ふぐの白子寿司と様々!

  • 写真:YYOKO馬関街お店のふぐ寿司
  • 写真:YYOKOお店ふぐの刺身

いつもは高くて手を出せないふぐ刺しが、なんと1,000円以下で食べられます。

唐戸市場
山口 / 市場・朝市
住所:山口県下関市唐戸町5-50地図で見る
電話:083-231-0001
Web:http://www.karatoichiba.com/

ふぐを訪ねて?唐戸市場周辺を散策

伊藤博文が解禁!不遇のふぐ食文化

  • 写真:YYOKO春帆楼
  • 写真:YYOKO春帆楼ふぐ像

唐戸は古来から中国(唐)などの諸外国への玄関口(戸)でした。遡ることおよそ500年。豊臣秀吉の朝鮮半島遠征のときにも、下関は重要な拠点でした。

しかし、集結した兵士たちの多くが下関で、ふぐ中毒によって死亡。それを受けて秀吉は武士たちに「ふぐ食禁止令」を出しました。その後も江戸、明治にかけてと長い間、ふぐを食べるのは禁止されていました。でも、庶民たちはふぐを楽しんでいたようです。

  • 写真:YYOKO春帆楼の伊藤博文像
  • 写真:YYOKO日清講和記念館(春帆楼)

そして運命の日。時の総理大臣・伊藤博文が立ち寄った料亭で、女将が打ち首覚悟でふぐ料理を出しました。すると伊藤博文はいたく感動し、こんなにおいしいものを禁止しておくのはもったいないと、ふぐを解禁。

その店は、「春帆楼」と命名され、ふぐ料理の公許第一号店となりました。日清講和条約(下関条約)が結ばれたのもこの春帆楼。お店の脇には、日清講和記念館もあります。

春帆楼は唐戸市場から歩いて5分ほどのところにあり、現在も営業中。気になる方は総理大臣を虜にしたふぐの味を堪能しながら、歴史に浸ってみては?

春帆楼 下関本店
山口 / 魚介・海鮮料理
住所:山口県下関市阿弥陀寺町4-2地図で見る
電話:083-223-7181
Web:https://www.shunpanro.com/location/shimonoseki/

世界一?亀山八幡宮のふぐの像

  • 写真:YYOKO亀山八幡宮
  • 写真:YYOKO亀山八幡宮お社内

唐戸市場の目の前にある神社、それが平安時代(859年)の創建といわれている亀山八幡宮です。古くは航海安全を祈願したり、藩主たちが崇敬したりと、地元では氏神様として親しまれています。

  • 写真:YYOKO亀山八幡宮ふぐ絵馬
  • 写真:YYOKO亀山八幡宮ふぐ守り

社務所を覗くとふぐの形をした「ふく絵馬」。お守りにもふぐが…かわいい…

  • 写真:YYOKO亀山八幡宮のふぐ像

その境内にあるのが、地元の人たちから日本一とも、世界一の大きさとも称され、愛され続けるふぐの銅像。下関ではふぐをふくと呼び、幸運をもたらしてくれると信じられています。

実はこのふぐの像は、平成元年に2,000万円かけて再建された2代目。1代目は昭和9年に建てられたものの、わずか10年後、戦時中の金属供出によって鉄砲玉に変えられてしまったそうです。

再建された銅像は平成2年9月29日に除幕式が行われ、その後毎年9月29日は、ふぐ像の前で航海安全・豊漁・商売繁盛を願うふく祭りが行われています。ふぐの銅像は平和の象徴でもあるのかもしれません。

亀山八幡宮
山口 / 社寺・教会
住所:山口県下関市中之町1−1地図で見る
電話:083-231-1323
Web:http://www.kameyamagu.com/

道を歩いてもふぐ尽くし!

  • 写真:YYOKOふぐ自動販売機
  • 写真:YYOKOふぐロゴのカフェ

下関の道は広くてとてもきれい。歩き回ってみるのもおすすめです。お楽しみはふぐ探し!唐戸市場の近くの自動販売機にもふぐ。カフェのロゴもふぐ。

  • 写真:YYOKOふぐちょうちん

駅ではふぐちょうちんがお出迎え。

  • 写真:YYOKO下関グランドホテル
  • 写真:YYOKOホテルの鍵

宿泊したホテルの鍵にもふぐ。

  • 写真:YYOKOふぐマンホールふた
  • 写真:YYOKOふぐ下水道ふた

道端の下水道管のふたにもふぐ。下関市では「フクフクマーク」と呼んでいます。カラーもあるようなので、探してみると楽しそう。

  • 写真:YYOKO止水栓ふた

こんなふたも、だんだんふぐに見えてきちゃうかも…

下関グランドホテル
山口 / ホテル
4.4 (78件の口コミ)
料金(目安):5,000円〜45,316円
宿泊時間:15:00〜12:00
住所:山口県下関市南部町31-2地図で見る

山口の旅行予約はこちら

山口のパッケージツアーを探す

山口のホテルを探す

山口の航空券を探す

山口の現地アクティビティを探す

山口のレンタカーを探す

山口の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年6月28日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

2019春の旅行に!3月・4月・5月の国内おすすめ旅行先・観光地45選

春(3月・4月・5月)におすすめの国内旅行先を月ごとにご紹介!春休みの家族旅行や、カップルでのお出かけにぴったりな旅先を全国から厳選しました。週末の1泊旅行でも...

奇跡の酒「獺祭」が買える!山口県岩国市「獺祭ストア 本社蔵」

日本酒「獺祭(だっさい)」。近年多くのメディアで取り上げられ、知らない人も少ないのではないでしょうか?今では製造が追いつかないほど人気のある「獺祭」を求めて、蔵...


【2019】7月の国内おすすめ旅行先22選!夏休みに行きたい観光地特集

7月ともなると暑さも本格的!涼しい避暑地や、海にひまわり畑・ラベンダー畑など夏らしい景色を求めて旅行に出かけたくなる季節ですね。7月の連休や夏休みにおすすめの国...

【山口県・岩国市】市民に愛される「いろり山賊」ってどんな店?

みなさんは山口県にある「いろり山賊」をご存知でしょうか?山道を登っていくと突如現れる鯉のぼり、まるでお祭りのようににぎやかな装飾、昔ながらの建物…。そしてメニュ...


半日でまわれる!【山口県岩国】錦帯橋と周辺のおすすめスポット6選

山口県岩国市にある錦帯橋は、美しいアーチ型が特徴の日本を代表する木造橋。1674年に完成した橋は1950年の大規模台風で倒壊してしまいましたが、1953年に再建...

この記事を書いたトラベルライター

気ままな旅人のマニアック道中
旅先で初めにすること、それは地図を手に入れること!地図を片手に散らばる名所をいかに効率よく歩いて回るか、それが私の旅の醍醐味です。綺麗なところで写真を撮って、疲れたらお茶して、お腹が空いたら食べる、それが私の気まま旅。帰ってから、訪れた場所がどんなところだったのか、調べます。時々行っておけばよかったと思うこともありますが、そんな時は、めげずにもう1回!可能な限り行ってみます。マニアックにまとめて、旅先の意外な魅力を楽しんでいただけたらと思います。

【高野山】永遠の聖域!弘法大師が瞑想を続ける奥の院

聖域・奥の院は高野山の信仰の中心。弘法大師・空海が今もなお、世の平和と人の幸せを願って瞑想を続けていると信じられています。弘法大師が入定しているという御廟までの...

【ノリッジ】英国人に人気!知られざる美しい街を訪ねる旅

2016年にガーディアン紙による「英国人が選ぶ働きやすい街No.1」に選ばれた、イギリス東部の街ノリッジ(Norwich)。中世の街並みが残る美しく穏やかな街は...


【高野山】幻想的な体験!普賢院の宿坊と恵光院のナイトツアー

高野山を訪れるなら一度は滞在したいのが、宿坊。参詣者が宿泊できるお寺です。どの寺院でも精進料理や写経、朝の勤行などを体験できますが、ぞれぞれの特色はさまざま。客...

【山口県・壇ノ浦】パワースポット!平家ゆかりの地をめぐる旅

1185年、平家と源氏の軍船が関門海峡に集結し、平家一門は滅亡に向かいました。幼い安徳天皇を抱いた清盛の妻・二位の尼が入水し、戦いは終結。そんな平家滅亡の面影は...


【イギリス】壮麗な夢の世界へ!クリスマスの夜長を楽しむロンドン

ロンドンのクリスマスはおもちゃ箱のよう...壁のように立ち並ぶ古代ギリシャを彷彿とさせる建物、その間に伸びる大通りの上には、さまざまな色や形をしたライトをちりば...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?