横浜
横浜観光
海のある風景から西洋の町並みまで魅力いっぱいの港町

美味しい!かわいい!横浜中華街で人気の食べ歩きグルメ

取材・写真・文:

神奈川在住
訪問エリア:29都道府県

2020年3月6日更新

263view

お気に入り

写真:まきまき

観光しながら様々なグルメを気軽に楽しむことのできる食べ歩き。今やブームのひとつとなっていますが、食が豊かな横浜中華街も見逃せない場所ですね。今回は日本一大きなチャイナタウン、横浜中華街の食べ歩き情報をお届けします。

この記事の目次表示

ビッグサイズ!江戸清の元祖ブタまん

  • 写真:まきまき

中華街の食べ歩きで外せないのは、なんといってもふわふわの皮に包まれた本格肉まんですね。中でも目を引くのは明治27年創業の江戸清(エドセイ)のブタまんで、これによって横浜中華街に食べ歩きブームを巻き起こしたとも言われています。

  • 写真:まきまき

江戸清のブタまんは顔くらいあるのではないかという大きなサイズと、肉汁たっぷりのジューシーさが魅力です。お値段はひとつ500円とちょっとお高めですが、かなりボリュームがあるので、食後ではなく空腹時に食べた方がいいかもしれません。そしてふたつに割ると肉汁がこぼれ出すので、そのままかぶりつくのがおすすめです。

香ばしいもちもちゴマ団子もおすすめ!

  • 写真:まきまき

中華街のもうひとつの名物といえば、もちもち食感のゴマ団子ではないでしょうか。江戸清のゴマ団子はおやつに最適な小さめサイズで、香ばしいゴマの風味と甘さ控えめの餡の組み合わせが上品な味わいを醸し出しています。お値段はひとつ100円とお手ごろなので、お腹に余裕があればこちらも是非試してみてください。

ブタまんの江戸清 本店
横浜 / 中華料理 / ご当地グルメ・名物料理
住所:神奈川県横浜市中区山下町192地図で見る
電話:0120-047-290
Web:http://www.edosei.com/

かわいい老維新のパンダまん

  • 写真:まきまき

中国を象徴する動物といえば、日本でも大人気のパンダですね。老維新(ローイシン)ではそんなパンダまんじゅうがケースにずらりと並んでいて、食べるのがもったいないくらいのキュートな顔がこちらを見つめています。

  • 写真:まきまき

さらに肉まん・あんまん・角煮まん・チョコカスタードまん・イチゴパンダまん・抹茶パンダまんなど、味の種類も豊富です。お値段はどれも300〜350円ほどで、食べ歩きはもちろんお土産として購入しても喜ばれるでしょう。かわいい姿にほっこり癒され、思わず笑顔になってしまうおやつタイムが楽しめます。

老維新
横浜 / 中華料理 / 女子旅 / インスタ映え
住所:横浜市中区山下町145地図で見る
Web:http://www.rouishin.com/TOP

スイーツなら耀盛號のハリネズミまん

  • 写真:まきまき

かわいいおまんじゅうといえば、耀盛號(ヨウセイゴウ)のハリネズミまんも人気です。油で揚げてあるため外はカリカリ中はふっくらしていて、中心部分にはカスタードクリームが入っています。味はもちろん見た目にも楽しむことができ、ちょうどいいひと口サイズに作られているのでおやつにぴったりの一品です。

  • 写真:まきまき

また耀盛號には小ぶりのエッグタルトやゴマ団子なども売られているので、たくさん買っていろんな味を楽しむのもいいでしょう。お土産にするなら耀盛號のスイーツはとても喜ばれると思います。価格はハリネズミまん、エックタルト、ごま団子はそれぞれ1個120円。そのほか春巻きやチヂミなども売られています。

本格点心なら王府井酒家の焼き小龍包

  • 写真:まきまき

中華街の名物のひとつ、焼き小籠包のお店も数多く見かけます。そんな中でおすすめなのは、小籠包専門店の王府井酒家(ワンフーチンシュカ)。ガラス越しに小龍包を巻いている様子が伺え、作り立てのもちもちジューシーな味が楽しめます。

作り立ての小籠包は、アツアツの肉汁で口の中を火傷しないように注意しなければいけませんが、やはりふたつに割ってしまうよりは、汁ごとパクッとひと口でいただくのがベストです。じゅわーと広がる豊かな味わいは後を引く美味しさです。

  • 写真:まきまき

いろいろな味を試したい場合は、3種6個入りのミックス生煎包(サンチェンパオ)がおすすめで、こちらはお値段が880円です。そのほか蒸し小龍包と焼き小龍包のミックスも売られていて、こちらは2種8個入りで1,000円。ガッツリ食べたい方や数人でシェアする場合は、2種12個入りで1,500円のセットを選んでもいいでしょう。

王府井本店
横浜 / 中華料理
住所:神奈川県横浜市中区山下町191-24地図で見る
電話:045-641-1595
Web:https://www.wangfujing.co.jp/

テイストが選べる大珍楼のフカヒレまん

  • 写真:まきまき

こちらは大珍楼(ダイチンロウ)のフカヒレまん。大珍楼といえば横浜中華街の名店として知られていますが、売店ではそんな老舗の味を気軽に楽しむことができます。

  • 写真:まきまき

高級食材のフカヒレが肉と一緒に練り込んであり、さらにしょう油味か塩味かの好きなテイストを選べるのが嬉しいところ。普段はあまり口にすることのないフカヒレですが、中華街に来たら是非味わいたいメニューのひとつではないでしょうか。大珍楼のフカヒレまんの価格はひとつ450円です。

大珍楼本店
横浜 / 中華料理
住所:神奈川県横浜市中区山下町143地図で見る
電話:045-663-5477
Web:http://daichin.co.jp/

横浜の旅行予約はこちら

横浜のパッケージツアーを探す

横浜のホテルを探す

横浜の航空券を探す

横浜の現地アクティビティを探す

横浜のレンタカーを探す

横浜の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2020年3月5日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


全国の人気ご当地グルメ47選!お取り寄せもできる都道府県別の名物グルメ特集

旅行の楽しみの一つ「ご当地グルメ」。この記事では全国47都道府県ごとに、人気の名物グルメを厳選してご紹介します。いずれのご当地グルメもお取り寄せもできますよ。


横浜・子供と行きたい観光スポット50選!子連れ旅行におすすめ

実は子ども向けの施設も多い横浜中華街や、お散歩するだけでも楽しめる山下公園、キャラクターイベントが人気の横浜ランドマークタワーなど、横浜への子連れ旅行におすすめ...

横浜デートに!カップルにおすすめのデートスポット46選

港町らしい雰囲気抜群のスポットにおしゃれカフェ、まったり過ごせる公園から夜景の名所、最新の話題スポットまで、カップルで行きたい横浜デートにおすすめのスポットを厳...

横浜の新ランドマーク♪「横浜ハンマーヘッド」のおすすめのお店8選

おしゃれなお店が立ち並ぶ横浜・みなとみらい地区に、新しい観光スポットがオープンしたのをご存じですか?それが「横浜ハンマーヘッド」です。豪華客船が見られるスポット...

【横浜ランチ】ランドマークタワー周辺のキッズメニュー提供レストラン6選

こどもと一緒にお出かけすると、ランチの場所って結構気を遣いますよね。こどもと大人、食べたいものが違うこともしばしば。そこで今回は、横浜・みなとみらいにあるランド...

この記事を書いたトラベルライター

トラベルフォトグラファー
カメラを片手に一人旅をしています。行ったことのある場所を再び訪れても、旅にはふたつとして同じ経験はなく、世界はミラクルの連続です。感動からハプニングまで、様々な出会いの中にたくさんの面白さがあり、出発してから帰るまですべての場所が目的地ですね。

それらを旅好きな仲間達と共有していけたらと思っています。みなさんの旅がHappyでありますように。
http://makimomo.com

スーツケースのキャスターゴムの自力でかんたん修理方法

スーツケースのキャスターを保護する表面のゴム部分。ここが取れてしまったら大ピンチです。壊れる前に対処をしなければなりませんが、修理に出したり買いかえるのはちょっ...


スーツケースDIY修理!セルフでキャスターを交換する方法

スーツケースのキャスター部分を修理に出すと、1ヶ所数千円もかかるため買い替えた方が早いです。でも部品そのものは安価であるため、自力で直せたら助かりますね。今回は...


日本三大パワースポット!長野県の分杭峠でゼロ磁場を体感しよう

長野県の分杭峠(ぶんぐいとうげ)は標高1,424mの静かな山の中に位置しています。そこはゼロ磁場と呼ばれる特殊な状態が生み出されていて、世界有数のパワースポット...

のんびり過ごせる冬の沖縄・石垣島の楽しみ方とおすすめ観光

日本を代表する南国の島といえば、沖縄県の石垣島。その素晴らしい光景は、一度訪れたことで虜になる人も多いのではないでしょうか。ただ南国といっても、活動的に過ごすだ...

【2020年】ロシア大使館とビザセンターでのビザ申請方法と注意点

2019年6月3日からロシア大使館でのビザ申請は完全予約制となりました。このような制度は急な変更が付き物ですが、東京の在日ロシア大使館とロシアビザセンターで申請...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?