アメリカ
アメリカ観光
大都会も大自然も楽しめるエキサイティングな国

ただの摩天楼じゃない!シカゴを観光するなら「由緒ある建築物」も必見

取材・写真・文:

兵庫在住
訪問エリア:18ヶ国

2018年1月22日更新

2,508view

お気に入り

写真:まき子

シカゴは、食、観光、娯楽、スポーツなどいろんな楽しみ方ができる都市ですが、ぜひ建築物にも目を向けてみてください。シカゴの建築物は日本ではあまり知られていない興味深い歴史があり、現在の建築、デザインに大きく影響を残しています。あちこちにそのような建築物がたくさんあり、まるでシカゴの街中が“建築博物館”。どのような面白い建築物があるのか、1つ1つご紹介いたします!1〜2日もあれば、全てをゆったり歩いて巡れます。

この記事の目次表示

「摩天楼」はシカゴ発祥!

  • 写真:まき子

空港からシカゴのダウンタウンへ車を走らせ、高層ビルの群衆「摩天楼」と言われる街並みが見えて来てくるとワクワクします。実はこの「摩天楼」、今では新宿、ニューヨーク、香港などが代表的かもしれませんが、シカゴ発祥 なのです。

それは【シカゴ大火】という大災害から始まりました。

19世紀最大の火災【シカゴ大火】

アメリカの大都市の一つでもあるシカゴでは、建物のほとんどが 1871年のシカゴ大火 の後に建てられたものです。

出火は未だ不明ですが 19世紀最大の火災 と言われており、まだ木造建築の多かった当時は、約2日間でダウンタウンのほとんどが焼き尽くされたそうです。

大災害からの再生

燃え尽くされ、焼け野原となったシカゴの街…打ちひしがれる市民に、シカゴの代表的な新聞社 シカゴ・トリビューン が「復興」を呼びかけ、アメリカ全土の多くの建築家が応じました。

中には「実験的に建ててみよう」という建築家もいましたが、結果的にその奇抜な建築技術やデザインが現代に受け継がれています。

「今後は木造建築は禁止!」が今につながる

シカゴ大火の後は、州の条例で「木造建築禁止」となりました。建築素材は木造以外の、レンガ、石造、鉄製を推奨。ここから近代的なビルの建築ラッシュが始まりました。だからこそ、この時の建築技術やデザインなどが、現代の建築技術やデザインにも大きな影響を及ぼしのですね。

では、シカゴといったらこの建築物!と言えるべき建物をご紹介いたします!

【1】Merchandise Mart マーチャンダイズ・マート

  • 写真:まき子

空港からシカゴへ車で近づくと見えてくるのが、まるで「ぬりかべ」のように佇んでいる Merchandise Mart マーチャンダイズ・マート。近寄ってしまうと大きすぎてカメラに収まりきりません(笑)。

廊下が12kmもあるなど、ペンタゴンができるまでは、世界で最大のスペースを使った建物だったとか。今では様々なオフィスが入っています。

マーチャンダイズ・マート
アメリカ / 建造物
住所:#470, 222 W Merchandise Mart Plaza, Chicago, IL 60654 アメリカ合衆国地図で見る

【2】Tribune Tower トリビューン・タワー

  • 写真:まき子

シカゴ大火に打ちひしがれる市民に復興を呼びかけ、今ではシカゴ最大の新聞社となった シカゴトリビューン の本社、Tribune Tower トリビューン・タワー です。

この建物のデザインは、ピラミッド、万里の長城、ノートルダム寺院、パルテノン神殿、ホワイトハウス、ベルリンの壁…など様々なデザインが盛り盛りと取り入れられているのだそうです。

トリビューン・タワー
アメリカ / 建造物
住所:435 N Michigan Ave, Chicago, IL 60611 アメリカ合衆国地図で見る
Web:http://tribunetower.info/toc.cfm

【3】Wrigley Building リグレービル

  • 写真:まき子

Wrigley リグレー といえば、アメリカ大手のチューインガム企業。こちらがその本社です。

  • 写真:まき子

こちらの時計台は、建築当時から親しまれているんだそう。

リグレービル
アメリカ / 建造物
住所:400-410 N Michigan Ave, Chicago, IL 60611 アメリカ合衆国地図で見る
Web:http://www.thewrigleybuilding.com/

【4】Marina City マリーナシティ

  • 写真:まき子

トウモロコシが2本建っているような面白い建物は Marina City マリーナシティ です。でも面白いのは形だけではありません。

  • 写真:まき子

今となっては、居住・アミューズメント・オフィス・駐車場が一体化しているビル は当たり前な時代ですが、マリーナシティはその都市計画の思想を一番最初に実現したビルだとか。

昔はプールやライブハウス、ホテル、ボーリンング場、レストラン、銀行までもあって、このビル内だけで生活できるように設計されたそうです。

マリーナシティ
アメリカ / 建造物
住所:300 North State Street, Chicago, IL 60654地図で見る

【5】Rookery ルッカリー

1888年に建てられた Rookery ルッカリー は、「近代摩天楼の建築の原本」 とも言われるほど重要な建物で、国定歴史建造物 にも指定されいます。

  • 写真:まき子

ビル内にも説明書きがきちんとあります。建物自体はシカゴ派で有名な建築家 バーナム が設計しましたが、内装は フランク・ロイド・ライト が、1905年に改修したんだそう。

  • 写真:まき子
  • 写真:まき子

細かいディティールにこだわって造られているのが一目で分かります。今となっては他にもたくさんの高層ビルが建っており、正直、外見はパッとしませんが、中に入って見るべき建物です。

関東大震災を乗り切った「帝国ホテル」に携わったライト

なんと、このフランク・ロイド・ライトは、東京の 帝国ホテル の設計にも携わったそうです。日本の“宮大工”に感銘を受け、日本ファンになって大正時代に来日。その際に、帝国ホテルの再設計に携わり、1923年に完成させましたが…

1923年といえば 関東大震災 。でも、地震で周辺の建物が崩れて行く中、帝国ホテルは頑丈に佇んでいたそうです。

その帝国ホテルも老朽化と新館設立に伴い、1967年に解体されてしまいましたが、ライトの設計技術は世界中に広まっていることは伺い知れます。

ルッカリー
アメリカ / 建造物
住所:209 S LaSalle St, Chicago, IL 60604地図で見る
Web:http://therookerybuilding.com/

【6】Marchall Field's マーシャル・フィールズ

  • 写真:まき子

Marchall Field's マーシャル・フィールズ は、シカゴにおいては老舗のデパートでした。今は、アメリカ大手のデパート企業 Macy's に買収されてしまいましたが、“Marchall Field's マーシャル・フィールズだったよ!” というプレートはきちんと残っています。

  • 写真:まき子

建物を一見すると、よくあるデパートビルのようですが、窓の造りに注目です。“シカゴ派” といわれる建築特色の Cage construction シカゴ窓 という、籠のような構造になっています。これは耐風のための造りなんだとか。

ちなみに、この シカゴ窓は、シカゴの建築物にはたくさん見られます。

マーシャル・フィールズ/メイシーズ
アメリカ / 建造物
住所:111 North State Street, Chicago, IL 60602-1659地図で見る

【7】Harold Washington Public Library ハロルド・ワシントン図書館

  • 写真:まき子

図書館としては 世界最大!! と言われる建物です。建築に70年も費やし、1991年に設立されました。

  • 写真:まき子

図書館の名「Harold Washington ハロルド・ワシントン」は、シカゴで初めて アフリカ系アメリカ人 として市長となった方の名前で、シカゴ市の名誉市長でもあります。

  • 写真:まき子

図書館なので自由に中に入れます。この天井の高さ!「ここは博物館?」と思ってしまうほどです。

この建物の中には図書館だけではなく、コンサートホールやアトリウムもあります。

次のページを読む

アメリカの旅行予約はこちら

アメリカのパッケージツアーを探す

アメリカのホテルを探す

アメリカの航空券を探す

アメリカの現地アクティビティを探す

アメリカのWi-Fiレンタルを探す

アメリカのレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年1月18日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【2021最新】アメリカの人気観光スポットTOP51!トラベラーが行っている観光地ランキング

タイムズスクエアやディズニーランドなど、アメリカの数ある観光スポットの中で、トリップノートの6万8千人の旅行好きトラベラー会員(2021年1月現在)が実際に行っ...


【サンフランシスコ】アルカトラズ島の刑務所に潜入!

かつて、「世界で最も脱獄の難しい刑務所」といわれていたサンフランシスコ湾の真ん中に浮かぶアルカトラズ島の刑務所。現在は一般公開しており、当時の生々しい様子を見学...

【海外】女子ひとり旅におすすめ旅行先6か国と過ごし方!迷ったらココ!第一弾

女子一人でも安心・満喫できるおすすめの国(都市)をご紹介!気になる治安面を考慮し、街の可愛さはもちろんのこと、周りやすさや物価の安さ、食事のおいしさなどを総合し...

【アメリカ】誰でも訪問可能!アップル本社のApple Park Visitor Center

使いやすさとデザイン性を重視した製品に定評のあるアップル社。カリフォルニア州にある本社キャンパス(通称Apple Park)のビジターセンターも近未来的でありな...

【グランドサークルの回り方】実際にレンタカーでドライブした9泊10日のモデルコースを大公開!

グランドサークルの旅行を計画する際にまず悩むのがそのコース。行きたいところはたくさんあるけれど、予定日程内に収まるのか、また実際にかなりの長距離を運転できるのか...

この記事を書いたトラベルライター

じっとしているのは耐えられない旅行好き&飲兵衛です
日本在住ですがアメリカで生活したこともあり、その時にすっかりアメリカ大陸の自然に魅了されました。それ以来、帰国しても日本の自然の素晴らしい場所をあちこち旅行するのが好きです。1児の母でもありますので、“子連れで行くとどんな旅になる?!”という視点も織り交ぜていろんな場所をご紹介できればと思っています。
http://blog.goo.ne.jp/makiko0213ha

シカゴに行ったらコレを食べよう!歴史と共にある4つの個性派グルメ

アメリカ本場でステーキといったらニューヨーク?いえいえ実は、アメリカ人の間では「肉といったらシカゴ!」と言われているそうです。その他にもシカゴには、シカゴピザや...


【岡山県・西粟倉村】ただの田舎じゃないその魅力とは?!

かつて市町村合併が進んだ中、あえて「村」として生きる道を選んだ岡山県の「西粟倉村」。今、ここには若く発想力も豊かでエネルギッシュな人たち、ローカルベンチャーを目...


日本ではできない体験!アメリカでガン・シューティング【GILBERT INDOOR RANGE】

日本では一般人が実弾の入った銃を撃てる機会はほとんどありませんが、アメリカでは初めての人でも実弾でガン・シューティングができる射撃場がたくさん!屋内の射撃施設「...

車で行こう!子連れで楽しもう!【ユニバーサル・スタジオ・ジャパン】

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(以下 USJ)に子連れで車で楽しく行きませんか?!子供用のたくさんの荷物も車ならラクラク♪ 駐車場情報や入場時の混雑具合、また...

【フランクフルト】歴史的な見所いっぱい!りんご酒もドイツ料理も美味しい!

通称【フランクフルト】と言われるドイツの都市の正式名称は【Frankfurt am Main フランクフルト・アム・マイン】。世界的にも最大級のハブ空港「フラン...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります