アメリカ
アメリカ観光
大都会も大自然も楽しめるエキサイティングな国

アメリカ・バージニア州はワインの名産地!おすすめワイナリーは【Three Fox Vineyards】

取材・写真・文:

兵庫在住
訪問エリア:18ヶ国

2018年7月24日更新

518view

お気に入り

写真:まき子

アメリカのワインといったら西海岸のナパバレーが有名ですが、東海岸の【バージニア州】も実はワインの名産地!ワシントンD.C.からアクセスも便利で、1日だけでたくさんのワイナリー巡りができちゃいます。今回はその中でもピクニックや大自然の光景が楽しめるオススメワイナリー【Three Fox Vineyards】をご紹介します。

この記事の目次表示

ワイン造りが盛んなヴァージニア州ってどんなところ?

  • 写真:まき子

バージニア州は東海岸、アメリカの首都ワシントンD.C.のすぐ西隣にあります。

D.C.は首都とは言っても面積は東京23区の1/4ほどしかありません。なのでD.C.の玄関口「ワシントン・ダレス国際空港」や「国防総省ペンタゴン」、ケネディ大統領が眠る墓地で有名な「アーリントン国立墓地」も、実はバージニア州にあります。

また、D.C.内で働いている人のほとんどはバージニア州に家があり、そこから通勤しています。自然も豊かで土地が広大なので、政治家、軍の関係者、企業のトップなどの豪邸もたくさんあります。

そんなバージニア州は、ワインの生産量は全米で5本の指に入るほど! ここ数十年で急成長を続け、今アメリカのワイン業界でも注目されているんです。

バージニアワインは希少価値が高い!

  • 写真:まき子

注目度の高い理由の一つが、バージニアワインは美味しいのに、バージニアでしか飲めないこと。 国外に輸出しているのはごく僅か、それどころかほとんどが地元の人たちのために造られている、まさに “地産地消” のワインです。

地元の方たちの間では、“ワイナリーに行って、蔵出しワインを飲んで楽しむ” というスタイルが定番なので、どこのワイナリーもテラスが広々とあり、とってものんびり過ごせるのも特徴です。

とは言っても、トランプ氏が大統領になった2017年、トランプ家が所有するバージニアの「トランプ・ワイナリー」のごく一部のワインが日本に輸入されることになりました。アジア圏では初の出来事です。これに続く輸出も、もしかしたら増えるかもしれません。


10のエリアに分かれる生産地域

  • 写真:まき子

一言でバージニア州といっても その広さは北海道以上!

…という広さに関してはアメリカ全土の州にいえることですが、それでもバージニア州は全体にワイナリーがあり、生産地域は10エリアに分けられています。ご興味のある方は、バージニアワインを統括するHP を是非ご参照ください。ここから行きたいワイナリーを検索することもできます。

ワシントンD.C.からアクセス便利な【バージニア北部】に注目!

これら生産地域の中でも、特にワイナリーが集中しているのが、バージニア北部 Northern Virginia(写真MAPの赤いエリア)と バージニア中部 Central Virginia(写真MAPの緑のエリア)。

  • 写真:まき子

今回はワシントンD.C.から車で40分というアクセス便利な バージニア北部 Northern Virginia のお勧めワイナリー【Three Fox Vineyards】をご紹介します!

上記写真に○で囲ったワイナリーが密集してるエリアにあるので、隣のワイナリーへは車で15分間隔…という感じでいろんなワイナリー巡りも楽しめます。

なお、その道中はあまりにも田舎の光景、他の車もあまり見かけないので「こんなところに本当にワイナリーがあるの?」と不安になってしまうかもしれませんが、それがバージニア。ナパバレーのような有名地とは違う、バージニアらしい “田舎っぽさ” が楽しめます♪

【Three Fox Vineyards】広〜い芝生での〜んびり!

  • 写真:まき子

写真から伝わるでしょうか、この “の〜んびり感” 。空気も美味しいです。

  • 写真:まき子

入口も「え?ここ?ここを入って行くの?大丈夫?」と思ってしまうほど素っ気ない看板です(笑)こんな光景がワシントンD.C.から40分で広がっているんです。

  • 写真:まき子

入口からずんずん進んで行くと、ワイナリーの名前にもなっている“Three Fox 3匹のキツネ” があちこちに見られます。サングラス、なかなかお茶目。

かわいらしいテイスティングハウス

  • 写真:まき子
  • 写真:まき子

駐車場まで来るとかわいらしい建物が。この中で試飲やワイン販売を行なっています。周りには涼しげなテーブル席がいっぱい。

  • 写真:まき子
  • 写真:まき子

中に入っても、あちこちで Three Fox がお出迎えしてくれます。

  • 写真:まき子

テイスティングは$13(約1,400円)で何種類か楽しめます。テイスティング銘柄の紙があるだけではなく、メモが書けるように鉛筆を添えてくれるのは嬉しいですね。

そして、テイスティングでお気に入りのワインがあったら、ぜひ購入して外で飲みましょう!

次のページを読む

アメリカの旅行予約はこちら

アメリカのホテルを探す

アメリカの航空券を探す

アメリカのパッケージツアーを探す

アメリカの現地アクティビティを探す

アメリカのWi-Fiレンタルを探す

アメリカのレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年7月24日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

【アメリカ】誰でも訪問可能!アップル本社のApple Park Visitor Center

使いやすさとデザイン性を重視した製品に定評のあるアップル社。カリフォルニア州にある本社キャンパス(通称Apple Park)のビジターセンターも近未来的でありな...

【アメリカ】LAに行ったらここ‼︎定番スポット13選‼︎

一度は行ってみたいアメリカ・ロサンゼルス(Los Angeles)、通称「LA」!地名は有名だけれども、実をいうとどんな観光スポットがあるかは良くわからない・・...


口コミ世界一を体験しよう!ネブラスカ州「ヘンリードーリー動物園」

ネブラスカはアメリカ中西部にある、緑に囲まれた州です。観光や買い物をして回るというよりは、自然や田舎の風景を楽しみたい場所なのですが、何もないわけではありません...

【アメリカ西海岸サンディエゴ】絶対外せないオススメ観光スポット5選

サンディエゴは一年を通して温暖な気候で、カリフォルニア発祥の地と言われています。街中には所々に隣国のメキシコや、かつての植民地時代を思わせるスペイン風の建物が立...


サンフランシスコにもあります。クリスマス気分が味わえるデコレーション10選

クリスマスシーズンになると楽しみなのが街中を彩るデコレーション。四季の変化に乏しいと言われ雪も降らないサンフランシスコですが、クリスマス気分が味わえるスポットは...

この記事を書いたトラベルライター

じっとしているのは耐えられない旅行好き&飲兵衛です
日本在住ですがアメリカで生活したこともあり、その時にすっかりアメリカ大陸の自然に魅了されました。それ以来、帰国しても日本の自然の素晴らしい場所をあちこち旅行するのが好きです。1児の母でもありますので、“子連れで行くとどんな旅になる?!”という視点も織り交ぜていろんな場所をご紹介できればと思っています。
http://blog.goo.ne.jp/makiko0213ha

シカゴに行ったらコレを食べよう!歴史と共にある4つの個性派グルメ

アメリカ本場でステーキといったらニューヨーク?いえいえ実は、アメリカ人の間では「肉といったらシカゴ!」と言われているそうです。その他にもシカゴには、シカゴピザや...

車で行こう!子連れで楽しもう!【ユニバーサル・スタジオ・ジャパン】

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(以下 USJ)に子連れで車で楽しく行きませんか?!子供用のたくさんの荷物も車ならラクラク♪ 駐車場情報や入場時の混雑具合、また...


【アメリカ】野生の動物を観るのも醍醐味!「イエローストーン国立公園」

“世界で一番最初にできた国立公園”としても有名で、日本でもよく耳にする「イエローストーン国立公園」は間欠泉やプールといった大自然も素晴らしいですが、そこで生きる...

グランドサークルを効率よく巡る!一生に一度は見たい6ヶ所の大自然

日本にはない地球規模の大自然を一度にたくさん楽しめるのが、アメリカ合衆国のユタ州、アリゾナ州、コロラド州、ニューメキシコ州の4州にまたがる【グランドサークル】と...


見どころ満載!カラフルで独特な岩がステキ!アメリカ・ザイオン国立公園

アメリカの国立公園「Zion ザイオン」は、そびえ立つ岩の色合いがとっても独特!白やオレンジ、ココア色だったり。日本ではあまり馴染みない国立公園かもしれませんが...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?