中国
中国観光
アジアでダントツの数を誇る世界遺産の宝庫

香港から日帰り観光におすすめ!中国・深圳の隠れたおしゃれスポット3選

2016年12月13日更新

7,417view

お気に入り

1980年に経済特区に指定されて以来、急激な成長をしている深圳。商業地帯というイメージが強く、安い衣料品や日常雑貨の調達のために訪れる方の多い地域でしたが、実はとってもおしゃれな地区がたくさんあり、観光目的に訪れても楽しいエリア。今回は特におすすめの3地区をご紹介していきたいと思います。

オシャレさん必見☆「OCT-LOFT(華僑創意文化園)」

少し前まで工場や倉庫街だった地域に、アトリエやデザイン設計事務所等が入りおしゃれに生まれ変わった「OCT-LOFT(華僑創意文化園)」。

おしゃれが大好きな地元の人や、観光に訪れた西洋人で終日にぎわっています。ミュージックフェスティバルやアートの展示会などの期間限定イベントも度々行われているので、日程を合わせて行ってみるのも楽しいですよ。

広々とした空間で、のんびりお茶ができる場所がたくさんあります。緑がたくさんありリラックスできるカフェなど、自分好みのお店を見つけて素敵な時間を過ごしてみて下さい。

こちらは花屋さん。色鮮やかで斬新なデザインのフラワーアレンジメントがたくさんあります。花を用いた緑のある空間作りも上手です。店内には大きな木で出来た雰囲気あるシェアテーブルや、形や色の異なるソファーを集めて作った個性豊かな空間のカフェもあり、おしゃれ感たっぷり。入るだけでもワクワクするようなお店です。

OCT-LOFT
中国 / 建造物
住所:Kaiping St, HuaQiaoCheng, Nanshan Qu, Shenzhen Shi, Guangdong Sheng
Web:http://www.octloft.cn/about/oct-loft/

世界の複製絵画のなんと60%が作られている村!Defen Oil Paining Village「大芬油画村」

NHK『地球イチバン』でも取り上げられたこともある「大芬油画村」。輸出用の油絵の卸売を行う地域として知られ、世界市場の60%の複製画がここDefen Oil Paining Village「大芬油画村」で作られているんです。この小さな村は、画家を夢見る人たちの修業の場になっていて、たくさんの絵描き(画工)や画家が全国から集まってきています。

自分の肖像画や好きな風景画などの写真を持っていくとその通りに描いてくれるので、大切な人へのプレゼントに、世界で一つだけのオリジナルの絵を描いてもらうのも良いかと思います。

街並みがアーティスティックで、つい入りたくなるアトリエや、足を止めて写真を撮りたくなる場所がたくさん。小さい村とはいえ気になる小道がたくさんあるので、ぜひ歩き回ってみて下さい。

アーティスティックなカフェもたくさんあり、どこに入るか迷ってしまう程。お店へ一歩入れば、アートとカフェがこんなにしっくりくるものなんだと感じる事ができるかと思います。手作りのケーキやこだわりのコーヒーを飲めるカフェで一休みしながらアートに触れる、そんなお洒落な時間がゆっくり過ごせます。

町では、時間がとてもゆっくり、平和に過ぎており、買い物も落ち着いて楽しめます。キャンパスや絵の具など絵に関する材料も豊富に取り揃えているので、買い物にもよい場所です。

大芬油画村
中国 / 町・ストリート
住所:中国深圳市竜崗区布吉街道大芬村

激安商品を買うならここ!買い物のメッカ「老街(Laojie)」

原宿を連想させる若者でにぎわう町。若者でにぎわっているけど街の名前は“老街”。老街駅のA出口を出ると、老街と言う名前をそのまま現すような、古い中国風の建物が建っています。

服飾、雑貨、美容など、いろいろなものがとても安く手に入り、買い物好きにはたまらない街で、立ち並ぶビルの中には小さなお店がたくさん入っているのでついつい目移りしてしまいます。

フードコートの一角にある「昆虫宴」では、様々な虫の料理を試すことができ、終日、地元の人や観光客で混み合っています。中国本土には虫の料理を試せるお店がたくさんあるので、勇気のある方は、旅の記念に試してみるのも楽しいと思います。

最新トレンドに乗った様々な服が激安で購入できるのも、ここまで足を運ぶポイントです。ショップによって値段も雰囲気もまったく違うので、いろいろなところを歩き回って、好きなお店を見つけてみるのも楽しいですね。

老街
中国 / 町・ストリート
住所:深セン市羅湖区東門歩行街

香港から深圳への簡単な行き方

香港・東鐵線の最終駅「羅湖」から中国本土に入国するのがいちばんメジャーな方法。香港国際空港から直接行く場合は、空港から「羅湖」の一つ手前の「上水」駅まで行けるバスが出ているので、上水まで行ってから東鐵線に乗り換える方法もあります。

香港から日帰りで簡単に行ける深圳。地下鉄が張り巡らされているので、ぜひ利用していろいろ探索してみて下さい。思いも寄らないような発見があり楽しいですよ。

中国の旅行予約はこちら

中国のホテルを探す

中国の航空券を探す

中国のパッケージツアーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2016年8月30日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

週末に行ける海外!上海人気観光スポット「外灘」と千と千尋の世界「豫園」へ!絶品小籠包も♪

日本から3時間で行ける海外として人気の「上海」。今回は初めて上海に行く人におすすめの、上海の外せない観光スポット「外灘」と「豫園」を巡るルートをご紹介します。時...

【中国】ガイドブックには載っていない絶対行きたい広州おすすめエリア5選

中国有数の大都市広州。食は広州にありと言う言葉を聞いたことがある方もいるかと思います。中国でも有名な中華料理店をはじめ、たくさんの工場も近辺にあるため卸売市場も...


【中国・福建】人気リゾート・アモイ!温暖な気候と異国情緒の街並み

中国・福建省に位置するアモイは、海に面した温暖な気候で、人気のリゾート地となっています。また、近代には租界として発展してきたため、西洋風の建築も多く、異国情緒も...

【上海・豫園商城】花文字職人が目の前で実演!世界に一つだけのお土産を

上海に行ったら絶対に行ってほしい観光地が、古き良き明・清代様式の街並みを残したまま、グルメとショッピングを楽しめる「豫園商城」です。豫園商城の中で筆者がお勧めす...


【中国】上海市内から一番近い水郷!七宝老街の楽しみ方

上海周辺の水郷と言えば周荘や朱家角が有名ですが、移動に時間が掛かるため、半日以上時間が無いと行けません。今回ご紹介するのは気軽に地下鉄で行ける水郷「七宝老街」で...

この記事を書いたトラベルライター

Life is an advenure
異文化の人と接してみたい!そう思ってから世界に旅に行くようになりました。バックパッカーから始まり世界各国と旅しているうちに、大自然に魅了され秘境地の虜に。その後、南米に移住。現在は、香港に住んでいます。好きな旅のスタイルは、無計画。行き当たりばったりの旅にワクワクしています。ワインが大好きで世界のワイナリーもめぐっているので合わせて各地のローカルな情報をお伝えしていけたらと思います。
http://nanadolcevita.com/

【香港百万ドルの夜景①】100%眺めを楽しめるスポット6選

香港と言えば、100万ドルの夜景を想像する方も多いでしょう。香港の街に所狭しと林立するビルが夜になるにつれ、様々な色のネオンを放ち、光り輝くステキな夜景と変わっ...

スケールが違う!中国・珠海にある世界一大きな水族館へ行ってみよう!

中国・珠海にあり、世界一大きな水族館の一つとして知られている「チャイムロング・オーシャン・キングダム」。ジンベイザメやベルーガ、ホッキョクグマをはじめとする、た...


香港ガイドブックには載ってない!ライオン・ロックの絶景ハイキング

香港と言えば、本場中華料理にショッピング、そして、100万ドルの夜景をイメージするかと思います。常に賑わっている大都会のイメージから一転、今回は、ガイドブックに...

現地でしか食べられない!香港で食す大人気の麺屋5選

気軽に食べ歩きできる麺屋が香港にはたくさん!麺の種類やスープの味はお店によって違うのでぜひ食べ歩いてみましょう。日本では味わうことのできない香港特有の味が病みつ...


本場で食べたい!香港のリーズナブルな飲茶から高級飲茶まで 7選

香港の飲茶はバラエティー豊か!昔からのワゴン式や高級ホテルで食べられる洗練された飲茶、ファーストフード感覚で行ける気軽なものまで、ここではお勧めの7店をご紹介し...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?