ダナン
ダナン観光
人気上昇中のシティ型ビーチリゾート

【ベトナム】半日で巡る!お土産天国ダナン市街の見どころ

取材・写真・文:

神奈川在住
訪問エリア:5ヶ国

2019年6月17日更新

19,254view

お気に入り

この記事の目次表示

ダナンのおすすめツアー
【サマーセール】<残り10席!まだ間に合うお盆休みの夏旅行!>“これぞまさに陸の孤島”街の喧騒とは無縁のプライベートリゾート空間 『アンサナ・ランコー(5つ星)』泊 ダナン4泊6日[往復日本語送迎&全朝食付き]
134,800円~218,800円
【サマーセール】<残り10席!まだ間に合うお盆休みの夏旅行!>最新シェラトングループに泊まる!広大な敷地を持つビーチ沿いホテル『シェラトングランド(5つ星)』泊 ダナン4泊6日[往復日本語送迎&全朝食付き]
124,800円~201,800円
【サマーセール】<残り10席!まだ間に合うお盆休みの夏旅行!>~ディナー&ワイン1回の特典付き!~2018年12月にオープンしたばかりの高級ホテル『ヒルトン・ダナン(5つ星)』泊 ダナン4泊6日[往復日本語送迎&全朝食付き]
104,800円~176,800円

3.ダナン大聖堂

このチャンフー通りでひときわ目立つ薄ピンクの建物がダナン大聖堂です。気軽に入れるので大聖堂を撮影しようと観光客でいっぱい。屋根のトップには鶏の像があることから「鶏教会」とも呼ばれているそうですよ。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhotoダナン大聖堂

大聖堂の周りにある石像も観光客定番の撮影スポットです。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto
ダナン大聖堂
ダナン / 社寺・教会
住所:156 Tran Phu Street, Da Nang, Vietnam地図で見る
電話:236-3825-285

4.ハン市場

こちらはダナン市街地のど真ん中に構えるマーケット。いかにもアジアのマーケットという熱気で、とっても旅行気分に浸れる場所です。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhotoハン市場

1階は食料品を中心に、2階は衣類のお店が並びます。2階の奥にはミシンをかける女性たちがいて、その場でワンピースなんかを作っています。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhotoその場でワンピースを作る女性達

どちらかといえば2階の衣類店の方が人気があるようで、すり抜けるのも大変なほど観光客がいっぱい。お気に入りの一着を安く仕入れようと熱心に値段交渉する風景が多く見られました。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhotoぎっしりの衣類

覗くだけでも価値がありますよ。

ハン市場
ダナン / 市場・朝市
住所:119 Trần Phú, Hải Châu 1, Hải Châu, Đà Nẵng地図で見る

5.カフェで一休み

ハン市場の熱気にあてられたら、少しここでクールダウンしましょう。おすすめはウォーターフロント。デトックススムージーなど女性向けのドリンクが豊富なカフェです。お値段は500円程度。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhotoウォーターフロント
  • 写真:えいぶゆう/TossyPhotoデトックススムージー
ウォーターフロント
ダナン / カフェ・喫茶店
住所:150 Bach Dang st, Da Nang, Viet Nam地図で見る
電話:905 411 734
Web:http://waterfrontdanang.com/

6.時間合わせはチャム彫刻博物館で

ベトナムを代表する世界遺産であるミーソン遺跡を中心にチャム族の遺物を展示しているのが、ここチャム彫刻博物館です。まずチケット売り場で大人150円ほどのチケットを購入します。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhotoチャム彫刻博物館

大きな荷物を抱えていると、係りの人がロッカーに誘導してくれます。荷物はここに預けます。このロッカーがびっくりするほど大きいんですよ。1人や2人くらいだったらそのままゴロンと横になれるレベルです。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhotoロッカー

さて中に入ると世界遺産ミーソン遺跡で発掘されたものが、触れるほどくらいの近さで展示されています。よく海外の博物館や美術館はむき出しの展示で写真撮影OKなところが多いですが、ここもそうです。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto展示物

ベトナムは仏教のイメージが強いですが、元々はヒンドゥー教なので、日本でもおなじみのラクシュミーなんかが展示されています。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhotoラクシュミー

チャム彫刻博物館の近くは ちょっとした公共の駐車場になっており、シャトルバスやタクシーが止まっています。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto駐車場

多くの近郊のホテルではシャトルバスを運行していて、だいたい待ち合わせの場所に指定されるのがここなので、ドラゴンブリッジ方面に戻る形になりますが、ダナン観光の最後にチャム彫刻博物館を持ってくると時間調整にぴったりですよ。

チャム彫刻博物館
ダナン / 博物館・美術館
住所:Bao Tang Cham ,Số 2 2 Tháng 9, Bình Hiên, Hải Châu, Đà Nẵng地図で見る
電話:+84 236 3574 801

おわりに

いかがでしたか?たった半日の行程ですが、それでもダナンの魅力を味わっていただけるかと思います。近郊のビーチリゾートや世界遺産の合間にぜひ訪れてみてくださいね。

ダナンの旅行予約はこちら

ダナンのパッケージツアーを探す

ダナンのホテルを探す

ダナンの航空券を探す

ダナンの現地アクティビティを探す

ダナンのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年8月20日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

2019夏休みの海外旅行におすすめの国・都市11選!夏がベストシーズンの旅行先特集

長期連休が取りやすい夏休み。せっかく海外旅行に行くなら、この時期にぴったりな旅行先へ出かけたいですね。夏休みの海外旅行先に迷っている方へ、夏の時期がベストシーズ...

ベトナム・ダナンのおしゃれカフェ5選!女子旅にもおすすめ

近年リゾート地として注目を集めているダナンから、女子旅にもぴったりのおしゃれなカフェをご紹介します。ビーチで泳ぎ疲れた時、街歩きで一休みしたい時、ぜひ立ち寄って...


【ベトナム】今注目のリゾート地「ダナン」!ビーチも街歩きも世界遺産も最短2泊4日で満喫するモデルコース

成田から直行便で行けるベトナム中部最大の都市ダナンは、今注目のリゾートエリア!海やホテルステイだけでなく、グルメ、街歩き、そして近隣には3つの世界遺産「ホイアン...

【ベトナム】ベトナム土産の新定番!美味しいチョコを自分で選べる「Pheva Chocolate」

ベトナムのお土産というとみなさんは何を思い浮かべますか?今回は、海外旅行のお土産の定番中の定番「チョコレート」をベトナムのお土産としてお勧めします。今回ご紹介す...


美しすぎる満月の夜の祭典【ベトナム・ホイアン】ランタン祭の魅力

ベトナム最大のランタンの祭典がある町、ホイアン。まさにこのために、ベトナムへ行くのもアリ?実はホイアンは、17世紀から19世紀にかけて、江戸時代だった日本と盛ん...

この記事を書いたトラベルライター

旅はいつも心のまんなかに
知らない土地、知らない文化、知らない人。知らない何かがいつも自分の心を広げてくれます。広がったその先を見てみたい。その探求心や好奇心はそのまま「旅」として、いつも心のまんなかにあります。

えいぶゆう(文)とTossyPhoto(写真)の2人で、心のまんなかにある「旅」を切り取っていきます。

あなたの心にも旅の灯がともりますように。

本当は教えたくない!鎌倉の隠れ寺「寿福寺」

沢山の寺院が並ぶ鎌倉の中で、鎌倉幕府が定めた鎌倉五山に名を連ねる「寿福寺」。鎌倉幕府の中核を担った北条政子のお墓があるなど、鎌倉を興した人々に多くのゆかりがある...

【神奈川県・三浦半島】侮れない!プチ本格登山を楽しむ三浦アルプス

神奈川県の三浦半島にある三浦アルプスは、逗子、葉山、横須賀の境界にある山稜地帯です。三浦アルプスの一番の魅力は、200m程度の低い山々にもかかわらず、まるで原生...


絶対後悔させない!湘南【江の島】の超詳しい観光&時間ガイド

湘南を代表する観光スポット「江の島」。どメジャーな観光スポットですが、意外にもガイドブックでは紙面の都合からか、江の島の見どころを収めきれていないんです。実際に...

どメジャーなのに謎だらけ?鎌倉大仏の謎に迫る旅

「鎌倉」と言えば多くの人が連想するのが、青銅色の巨大な大仏様ではないでしょうか?そんな鎌倉のシンボル的な存在でありながら、実はいつ誰が何のために建造したものなの...


鎌倉の恋の神様にご縁を願おう「葛原岡神社」

鎌倉の縁結びの神様として女性参拝者に人気なのが、「葛原岡神社」。縁結びのご利益を持つ神様はたくさんいらっしゃいますが、女性に人気なのは、至る所に女子力を高めてく...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?