ヨーロッパ

海外旅行のお土産にも!ヨーロッパの美味しいお酒4選

取材・写真・文:

神奈川在住
訪問エリア:16ヶ国

2018年9月6日更新

1,062view

お気に入り

出典:makimomo.com

海外旅行の楽しみは観光だけでなく、現地のお酒を味わうのもひとつでしょう。世界には珍しいお酒がたくさんありますが、今回は旅の土産にもおすすめの、ヨーロッパの美味しいお酒を4つ選んでみました。

この記事の目次表示

1.ブラックバルサム【ラトビア】

まず最初は北ヨーロッパ・バルト三国の真ん中の国「ラトビア」のお酒です。こちらはブラックバルサム(Riga Black Balsam)といって、24種類のハーブと様々な材料からできた薬用酒です。アルコール度数が高いことで知られていて、ラトビアではギフトショップ・スーパーマーケット・コンビニなど、あちこちで見かけます。

ブラックバルサムは4種類の味があり、アルコール度数も30度、40度、45度とそれそれです。それだけでなくボトルのサイズも色々あるので、まずは小さなボトルで飲み比べして、気に入ったものをお土産にするのもいいアイデアです。値段はサイズや購入場所によって様々ですが、どれも300~1,800円くらいの間で買えると思います。

紫ラベルのBlack Currant

  • 写真:まきまき

一番人気の紫のラベルはベリーやブドウのような甘みがあり、アルコール度数は30パーセントもあるにもかかわらず、ストレートでクイクイいけてしまう魅惑のドリンクです。お酒の弱い方は注意してください。

ストレートで飲むのがおすすめですが、強いのはちょっと…という場合はジュースなどで割ってカクテルにしてもいいでしょう。実は筆者はヨーグルトドリンクを入れて飲んでみましたが、まるでブルーベリーヨーグルトのような味わいになり、とても気に入ってしまいました。一瞬引かれそうな組み合わせですが、勇気のある方は試してみてください。


2.ヴァナタリン【エストニア】

続いてこちらもバルト三国のお酒です。フィンランドの南に位置する「エストニア」のヴァナタリン(Vanatallinn)です。ジャマイカ産のホワイトラムがベースで・オレンジ・レモン・シナモン・バニラなどがブレンドされた風味豊かなリキュールで、アルコール度数は種類によって40〜50パーセントあります。

原料を見ると甘くてまろやかなイメージですが、ストレートで飲むにはかなり濃厚です。ですが「エストニアのお土産といったらヴァナタリン!」というほど人気があるので、現地で一度飲んでみることをおすすめします。

ヴァナタリンはギフトショップやスーパーマーケットに売られていて、値段は種類によって9〜13ユーロ(約1,200円〜1,700円)。タイミングが良ければスーパーマーケットでセールになってる場合もあります。

3.ポルトワイン【ポルトガル】

  • 写真:まきまき

ポルトガルの宝石と言われる甘口のお酒「ポルトワイン」です。日本では「ポートワイン」と呼ばれているようですが、これはポルトガルの第2の都市「ポルト」から出荷されるワインであるため、こう名付けられています。

アルコール度数は20度前後と、普通のワインに比べるとかなり高く、こちらも甘く危険なお酒です。特徴としては封を開けた後でも長期保存が可能です。そのため寝酒に一口ずついただくこともできます。

ポルトの街にはポルトワインが安く飲めるレストランや、品揃え豊富な販売店もたくさんあります。お土産として持ち帰るのもいいですし、ポルトの美しい川を眺めながら飲むのも最高です。値段は高級なものからお手頃なものまでピンキリなので、ご自身の予算に合わせて選んでみてください。ちなみにレストランでは1杯2〜6ユーロ(約250〜780円)ほどで飲めると思います。

4.ベヘロフカ【チェコ】

  • 写真:まきまき

チェコといったらビールですが、実はベヘロフカ(Becherovka)というリキュールも有名です。ベヘロフカはチェコで最も有名な温泉地である「カルロヴィヴァリ」が産地であり、200年前から親しまれています。

ベヘロフカは30種類以上のハーブが使われ、胃腸にいいといわれています。アルコール度数は38度もあるのですが、ハーブの風味が豊かで甘みがあり、ストレートで飲んでもアルコール独特の嫌味が残りません。ジュースや炭酸で割っても合うと思うので、強いお酒が苦手な方でもいろいろ工夫ができそうです。

カルロヴィヴァリには博物館もあるようなので、歴史や原料などの知識を得るとより面白いかもしれません。ベヘロフカは日本でもときどき売られていて、750mlのボトル1本3,000円前後で買えるようです。現地の値段は場所によって様々ですが、チェコのTESCOでは1リットルボトルが1,900円ほどの値段だったので、やはりチェコのお酒はチェコで楽しむのが一番ですね。

ヨーロッパの旅行予約はこちら

ヨーロッパのパッケージツアーを探す

ヨーロッパのホテルを探す

ヨーロッパの航空券を探す

ヨーロッパの現地アクティビティを探す

ヨーロッパのWi-Fiレンタルを探す

関連するキーワード

※この記事は2018年9月7日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

【保存版】フィンランドのお土産厳選10選!

北欧デザインにサンタクロース、森の中でのウォーキングにサウナ。こんなキーワードを聞くだけで、ほのぼのとしたおとぎ話の世界が思い浮かぶフィンランド。日本から直行便...

【保存版】オランダのお土産・厳選10選!

ヨーロッパ北西部にあるオランダ王国は、チューリップ畑に水車といった田園風景や運河沿いの家々の街並みが代名詞的存在の牧歌的な国です。また画家レンブラントやフェルメ...


【イギリス】ロンドン土産はこれで決まり!老舗スーパーM&S(マークス&スペンサー)のオリジナル商品がプチプラでおしゃれ♡

ロンドン旅行者必見のおすすめお土産!イギリスを代表する老舗スーパーM&S(マークス&スペンサー)のオリジナル商品は、おしゃれで品質も良くロンドンっ子や女性観光客...

ウズベキスタンで女子におすすめのおみやげはこれ!

旅行先として注目度急上昇中のウズベキスタン。異なる文化が交差する歴史をもつウズベキスタンには女子の心をとらえるおみやげがいっぱい!ドライフルーツ、スザニ、陶器、...


ばら撒きから定番まで【イギリス】土産はここで買おう6選

お土産選びはいつも旅の楽しみでもあり、悩みでもあります。人気の品からばら撒きに便利な品まで、イギリスならではのお土産を、高級デパートのハロッズ、街の土産物屋、ス...

この記事を書いたトラベルライター

トラベルフォトグラファー
カメラを片手に一人旅をしています。行ったことのある場所を再び訪れても、旅にはふたつとして同じ経験はなく、世界はミラクルの連続です。感動からハプニングまで、様々な出会いの中にたくさんの面白さがあり、出発してから帰るまですべての場所が目的地ですね。

それらを旅好きな仲間達と共有していけたらと思っています。みなさんの旅がHappyでありますように。
http://makimomo.com

スーツケースのキャスターゴムの自力でかんたん修理方法

スーツケースのキャスターを保護する表面のゴム部分。ここが取れてしまったら大ピンチです。壊れる前に対処をしなければなりませんが、修理に出したり買いかえるのはちょっ...

世界一の築地市場!場内見学をする際のおすすめ時間と注意点

日本の食の台所と言われる築地市場。世界一の規模を誇る卸売市場は、移転が決まってからも人々の関心は衰えることはなく、80年の歴史を惜しむ声が上がるほどの伝統のある...


のんびり過ごせる冬の沖縄・石垣島の楽しみ方とおすすめ観光

日本を代表する南国の島といえば、沖縄県の石垣島。その素晴らしい光景は、一度訪れたことで虜になる人も多いのではないでしょうか。ただ南国といっても、活動的に過ごすだ...

スーツケースDIY修理!セルフでキャスターを交換する方法

スーツケースのキャスター部分を修理に出すと、1ヶ所数千円もかかるため買い替えた方が早いです。でも部品そのものは安価であるため、自力で直せたら助かりますね。今回は...


美味しいタコスが人気!神戸ハーバーランドのおすすめ店、ネイティブアメリカンカフェSUNNY BLESS

神戸ハーバーランドは港のおしゃれな景観に、たくさんのレストランが並ぶ人気の高いスポットです。初めての時はどこに入っていいのか迷ってしまいますが、そんなときはネイ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?