福島
福島観光
首都圏からの観光客も多く観光施設が充実

【福島・会津】東山温泉「くつろぎ宿 新滝」と周辺観光・おすすめのお土産

取材・写真・文:

宮城在住
訪問エリア:32都道府県

2022年3月31日更新

73view

お気に入り

写真:dory

城下町の会津若松に行ったら、東山温泉でゆっくりするのがおすすめ。市内中心部からのアクセスも良好な素敵なお宿「くつろぎ宿 新滝」と周辺観光スポット、おすすめのお土産もご紹介します。

この記事の目次表示

会津東山温泉とは?

福島県西部の会津若松にある温泉郷。春は桜、初夏の新緑、秋は紅葉、冬の雪見風呂と、一年中四季折々の自然が楽しめる会津の奥座敷で、さらさらした単純泉のお湯が特徴の温泉地です。

会津若松市の中心地から車でわずか10分程度の便利な場所に位置し、竹久夢二、与謝野晶子などの文人・墨客にも愛された湯の街でもあります。

くつろぎ宿 新滝へ行こう

  • 写真:dory外観

館内施設と客室

1階にあるライブラリーラウンジは、こちらの宿のオススメポイントの一つ。会津にまつわる本や写真集、旅本などが用意してあり、紅茶、コーヒー、ジュースなどもセルフサービスで楽しめます。湯上がりや散策の休憩を過ごせますし、実は小さなお猪口で地酒も少し楽しめるようになっています。また、今では珍しく卓球台も設置されている旅館で、老若男女多くの人が楽しんでいました。

  • 写真:dory客室 ワイドツイン

客室は新型コロナウイルスの影響もあり、スタッフとの接触を軽減するためにほとんどのお部屋がベッドになっています。部屋も広々としており、冬には外の雪景色を見ながらゆったりとできる客室です。

温泉

素朴な湯治場として会津藩士に親しまれ、戊辰戦争の折に療養に訪れた土方歳三が浸かったといわれる「猿の湯」をはじめ、東山を流れる湯川に面し、美しく繊細な渓流の流れを聞きながら、季節のうつろいを五感で感じられる露天風呂「千年の湯」など、4カ所もお風呂を楽しむことができます。

食事

  • 写真:dory夕食

夕食は会津の素材・旬の素材にこだわり、会津の郷土料理を中心とした会席料理をいただけます。伝統の米作りで収穫された会津産のコシヒカリとともにいただける食事はどれも絶品です。また、会津若松市内には15の蔵元があり、会津地方には福島の半分にもなる40もの蔵元あることから、会津自慢の地酒も常時30種類以上取り揃えられています。

  • 写真:dory朝ごはん(ビュッフェスタイル)

朝食も地のものを多く取り入れた手作りビュッフェで、最高の一日をスタートさせられる健康的で素朴ながら贅沢な田舎の朝ごはんがイメージされています。

くつろぎ宿新滝
福島 / ホテル / 温泉旅館
4.5 (366件の口コミ)
料金(目安):5,300円〜48,042円
宿泊時間:15:00〜11:00
住所:福島県会津若松市東山町大字湯本字川向222地図で見る
Web:http://www.shintaki.kutsurogijuku.jp/

おすすめの立ち寄り観光スポット

東山温泉は市内からのアクセスもいいので、気軽に会津若松や猪苗代観光も楽しめます。鶴ヶ城は会津若松のシンボルであり、難攻不落の名城としても知られる日本百名城の1つです。天守の内部は博物館になっていますので歴史に触れながらお城の雰囲気を楽しんでください。

  • 写真:dory鶴ヶ城

また、猪苗代湖もおすすめです。日本国内で4番目に広い湖で、夏には湖水浴を楽しむ人々で賑わいますし、冬には白鳥が越冬のために立ち寄る飛来地としても知られています。

  • 写真:dory冬の猪苗代湖
鶴ヶ城
福島 / 城 / 観光名所 / 紅葉 / 一人旅 / 春のおすすめ観光スポット / 秋のおすすめ観光スポット / 冬のおすすめ観光スポット / 桜の名所 / ツーリング
住所:福島県会津若松市追手町1−1地図で見る
電話:0242-27-4005
Web:http://www.tsurugajo.com/turugajo/shiro-top.html
猪苗代湖
福島 / 自然・景勝地 / 観光名所 / 絶景 / パワースポット / 女子旅 / 子供が喜ぶ / 冬のおすすめ観光スポット / 白鳥飛来地 / ツーリング
住所:猪苗代湖地図で見る
Web:http://www.bandaisan.or.jp/

おすすめのお土産

お土産を買うのも旅の醍醐味です。会津には代表する民芸品である赤べこや起き上がり小法師、会津塗りの器などが有名です。また、酒蔵も多いので好みの日本酒を購入される方も多いです。

  • 写真:dory磐梯黄金納豆 1個(5パック)250円

隠れた名品も多く、奥田食品が作るご当地納豆の「磐梯黄金納豆」は3分に1パック売れるとも言われている人気商品です。福島県は納豆消費量1位を何度も取ったことがあるほど納豆を愛する県民。そんな福島で作られている納豆は、お土産にも自宅用にもおすすめです。

  • 写真:doryソフトクリーミイヨーグルト 110円

また、日本一飲みにくいとの異名を持つ「会津の雪 ソフトクリーミィ ヨーグルト」も是非ご賞味ください。よく振ってからでないと飲めないくらい非常に濃厚な飲むヨーグルトで、パッケージは昔懐かしいレトロなデザインで愛くるしいです。

これらは道の駅猪苗代で購入できますので、道すがら立ち寄ってみてください。

道の駅 猪苗代
福島 / 道の駅・サービスエリア / ご当地グルメ・名物料理 / おみやげ屋 / ソーツカツ丼 / ファーマーズマーケット
住所:福島県耶麻郡猪苗代町大字堅田字五百苅1番地地図で見る
電話:0242-36-7676
Web:http://www.michinoeki-inawashiro.co.jp/

福島の旅行予約はこちら

福島のパッケージツアーを探す

福島のホテルを探す

福島の航空券を探す

福島の現地アクティビティを探す

福島のレンタカーを探す

福島の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【2022最新】全国の人気水族館TOP35!旅行好きが行っている水族館ランキング

沖縄美ら海水族館や海遊館をはじめとする全国の人気水族館を、トリップノートの7万5千人の旅行好きトラベラー会員(2022年1月現在)が実際に行っている順にランキン...


全国の人気ご当地グルメ47選!お取り寄せもできる都道府県別の名物グルメ特集

旅行の楽しみの一つ「ご当地グルメ」。この記事では全国47都道府県ごとに、人気の名物グルメを厳選してご紹介します。いずれのご当地グルメもお取り寄せもできますよ。

【2022】10月の国内おすすめ旅行先31選!秋の連休に行きたい観光地特集

10月は、北日本や標高の高い場所を中心に紅葉が各地で見頃を迎え、早いところではイルミネーションイベントも始まる時期です。10月の連休や週末におすすめの国内旅行先...

【2022】6月の国内おすすめ旅行先12選!梅雨でも楽しめる観光地特集

梅雨を迎える6月。雨が似合うアジサイの名所など、梅雨時でも楽しめるスポットが日本全国にあります。6月のお休みにおすすめの国内旅行先をご紹介します。

【2022】11月の国内おすすめ旅行先28選!秋を満喫できる観光地特集

11月は各地で紅葉が見頃のピークを迎え、夜のライトアップが楽しめるほか、イルミネーションイベントも全国で始まる時期。11月の連休や週末におすすめの国内旅行先をご...

この記事を書いたトラベルライター

まだ知らないイロドリミドリな世界へ
学生時代からふつふつとしていた旅欲を満たすため、年々フットワークが軽くなり国内外問わずあちらこちらにすぐ顔出します!元海外在住、元外資系豪華客船員が学んだ旅のこと、食べ物のこと、アートのこと、景色のこと、楽しく旅するノウハウをお伝えします!
http://irodorimidori.blogspot.jp

【香川】これでバッチリ!アートを巡る直島観光モデルコース

見どころの多いアートな場所「直島」ですが、どういうルートでめぐるか、どこを優先的にみるべきなのか迷いがちです。くまなく直島を楽しむために、効率的に直島をまわるプ...


【オーストラリア】ジブリだらけ!モデルスポットをめぐる最強の聖地巡礼リスト

オーストラリアはジブリファンにとって生唾モノのモデルスポットがいくつも点在しています!ジブリファンでなくても行きたくなってしまう、フォトジェニックなジブリの世界...


【モロッコ】人気上昇中の旅先で絶対に食べたい絶品モロッコ料理BEST5

今、女子旅人気急上昇の旅先であるモロッコは、どこを切り取ってもフォトジェニックな異文化の香り漂うエキゾチックな国です。そんなモロッコで食べられる本場のモロッコ料...

【仙台】お土産に迷ったらコレ!老舗揃いの仙台銘菓5選

東京から新幹線でたったの1時間半で行ける仙台。旅行や出張で来たら買って帰りたい手土産ですが、思い浮かぶのはやはり「萩の月」でしょうか?いやいや、仙台には歴史ある...

【宮古島・下地島】行くべき絶景17エンドへの行き方・楽しみ方

沖縄県宮古島諸島にあるみやこ下地島空港のすぐそばには、日本とは思えないような青と白のグラデーションが素晴らしい絶景が広がる場所「17エンド」があります。2019...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります