ドイツ
ドイツ観光
ロマンティック街道には古城や中世の街並

ミュンヘンでの寄り道♪BMW本社ビルが街のランドマークって知ってた?

取材・写真・文:

神奈川在住
訪問エリア:5ヶ国

2020年4月15日更新

261view

お気に入り

写真:えいぶゆう/TossyPhoto

ミュンヘンは、羽田からの直行便もあるドイツを代表する都市。あまり大きい街ではないので、数日あれば主要なところは周れてしまいます。そこで、ちょっとした時間調整に、またはニッチな観光として、BMWの本社を撮影しに行ってみるのはいかがでしょうか?

この記事の目次表示

BMWの本社がかなり特徴的って知ってた?

BMWといえばドイツを代表する自動車メーカーです。そのBMWの本社が、かなり特徴的なルックスをしているってご存知ですか?BMW本社はドイツ南部の都市ミュンヘンにあり、1999年に歴史的建造物としても認定され、街のランドマークにもなっています。

どうやって行くの?

前述したとおり、ドイツのミュンヘンにあります。ミュンヘンは羽田からの直行便も出ており、日本からのアクセスもいい都市です。そしてミュンヘンと言えば、ドイツを代表する古城「ノイシュヴァンシュタイン城」に行くための最も一般的な経由地なので、訪れる方も多いはず。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhotoノイバンシュタイン

BMW本社へ向かうには、ミュンヘンでの市民の足である地下鉄やトラムを利用して「オリンピア公園」を目指します。オリンピア公園は、かつての1972年ミュンヘンオリンピックで利用された敷地で、現在は公園として市民の憩いの場となっています。ドイツ語では「Olympiapark München(オリンピアパーク・ミュンヘン)」と表記されます。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhotoオリンピア公園

オリンピア公園へは、次の方法でアクセスするのが一般的です。

  • 地下鉄Uバーンを利用する場合は、U3に乗車し「Olympiazentrum駅」で下車
  • トラム20または21番に乗車し「Olympia Park West」で下車します
オリンピアパーク・ミュンヘン
ドイツ / 公園・動植物園 / 公園
住所:Spiridon-Louis-Ring 21, 80809 München, Germany地図で見る
Web:https://www.olympiapark.de/en/olympiapark-munich/

オリンピックタワーの展望台を目指そう

BMW本社はオリンピア公園に隣接しており、ミュンヘンオリンピックとも深い関係があります。というのも、本社ビルは1972年の夏季オリンピックに間に合うように建てられたのです。そんなBMW本社ビルを綺麗に見ることができるのが、オリンピア公園内にある「オリンピックタワーの展望台」です。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto公園内は広い

ということで、BMW本社をベストショットで撮影するために、オリンピックタワーの展望台へ向かいましょう。オリンピア公園の敷地内は広いので、のんびり散策しながら歩きましょう。ちなみにオリンピックタワーの高さは約291m、一方でBMW本社ビルは101mなので、タワーの展望台からは、BMWの本社ビルを完ぺきに見下ろすことができます!

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhotoオリンピックタワー

オリンピックタワーの営業時間は9時から最終入場23時30分まで。大人7ユーロ(約825円)、小人5ユーロ(約590円)です。

中へ入って、ボタンを開閉する係の人がいるメタリックなエレベーターで上へ登ると・・・

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhotoオリンピックタワーのエレベーター

屋内展望スペースに到着します。ここからさらに階段を登ると

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto屋内展望スペース

オープンエアーの展望スペースがあります。さらに続く階段を登ると

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto外階段

一番高い展望台に到着です!

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto展望スペース
オリンピックタワー
ドイツ / 展望・景観
住所:Spiridon-Louis-Ring 21, 80809 München, Germany地図で見る
Web:https://www.olympiapark.de/en/tours-sightseeing/si...

BMW 4シリンダー(BMW本社)とご対面

BMW本社は、その外観からBMW 4シリンダー(ドイツ語ではBMW-Vierzylinder)と呼ばれています。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhotoBMW 4シリンダー

シリンダーとは自動車などのエンジンの内部にある円筒の部品のことです。自動車が前に進むためのエネルギーを生み出す、エンジンの心臓部ともいえるべき部品。一般的な自動車は4つのシリンダーを使用しています。よく「4気筒」という表現を車のカタログやCMで見ませんか?あの気筒がシリンダーです。

ちなみに、このシリンダーは実は地面から建ってはいません。中央にあるサポートタワーによって吊り下げられているらしく、驚きです!

ちなみにシリンダーとセットで大事な部品として、シリンダーヘッドがあります。そこで、BMW本社の左下に注目してください。ひらべったい円筒の建物があるのがわかりますか?

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhotoシリンダーヘッド

これは「BMWミュージアム(BMW博物館)」で、シリンダーヘッドを模しています。4シリンダーの横にちょこんと置かれたような配置になっているのか可愛らしいですよね。どちらも、オーストリアの建築家カールシュヴァンツァー氏によって設計されました。

さらにミュンヘンには、ドイツサッカーの名門バイエルン・ミュンヘンの本拠地「アリアンツ・アレーナ」もあります。下の写真のような角度からだと、BMW本社とアリアンツ・アレーナを同じフレーム入れて撮影することが出来ます。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhotoアリアンツ・アレーナとBMW

写真の上部にあるUFOみたいな建物がアリアンツ・アレーナです。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhotoアリアンツ・アレーナ

お時間とタイミングがあえば、アリアンツ・アレーナでサッカー観戦もおすすめですよ。

アリアンツ・アレーナ
ドイツ / スポーツ・アウトドア
住所:Werner-Heisenberg-Allee 25, 80939 München地図で見る
Web:https://allianz-arena.com/jp
BMW博物館
ドイツ / 博物館・美術館 / 博物館
住所:Am Olympiapark 2, 80809 München地図で見る
Web:https://www.bmw-welt.com/de/locations/museum.html
BMW本社
ドイツ / 建造物
住所:Petuelring 130 Munich, Germany地図で見る
Web:https://www.bmw.de/de/index.html

BMWを眺めながらランチはいかが?

さて、BMW本社の左側には、「BMWミュージアム(BMW博物館)」の他にも、ひらたくて大きな建物「BMW Welt」があります。Weltはドイツ語で「世界」という意味で、直訳すると「BMWワールド」という感じでしょうか。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhotoBMW Welt

BMW Weltには、車の展示スペース、ショップ、レストラン、イベントブースが併設されています。海外からの観光客よりも、ドイツ国内の人が訪れていることが多い印象です。2013年のデータでは、訪問客数が約300万人で、そのうち60%はドイツ国内からだそうです。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhotoショールーム
  • 写真:えいぶゆう/TossyPhotoショップ

BMWの車を見ながら休憩するにはもってこいで、気軽にランチがいただけます。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhotoレストラン

また、このレストランのシステムが我々日本人にとっても馴染みが深くなっています。カウンターで料理を注文すると、日本のフードコードでよく見る、ブザーが鳴ってブルブル振動するあの機械を渡されます。そして自分の料理ができあがるのを待つシステム。これは馴染みがありますよね~。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhoto呼び出しベル

筆者は、タイやラオスの代表的なスープ料理「トムカーガイ」を注文し、10分ほどで準備されました!約12ユーロ(約1,420円)です。なんでドイツに来てトムカーガイとは聞かないでください・・・。なんとなく食べたくなったのです。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhotoトムカーガイ
BMW Welt
ドイツ / その他スポット
住所:80809 ミュンヘン Am Olympiapark 1&2地図で見る
Web:https://www.bmw-welt.com/en.html

おまけ

ドイツの有名な自動車メーカーといえば、もちろんメルセデス・ベンツも有名です。どちらかというとBMWよりベンツのほうが有名でしょうかね。メルセデスベンツの本社は残念ながらミュンヘンではありませんが、世界最大規模のショールームがミュンヘンにあるんです。それがこちら!

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhotoメルセデス・ベンツ ショールーム

中に入ってみると、車がミニカーに見えるほどおかしな広さ・・・。

  • 写真:えいぶゆう/TossyPhotoショールームの沢山のベンツ

ちなみに、ショールームの横にはオフィスビルが併設されていて、ショールームにあるエレベーターで行けてしまうのでご注意を。ドイツ語表記しかなく、何となく乗ってしまうとオフィスに突入です。気まずいのでお気をつけくださいね!

ドイツの旅行予約はこちら

ドイツのパッケージツアーを探す

ドイツのホテルを探す

ドイツの航空券を探す

ドイツの現地アクティビティを探す

ドイツのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2020年4月14日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


ヨーロッパの人気のお城・宮殿TOP30!旅行好きが行っているお城&宮殿ランキング

バッキンガム宮殿やノイシュバンシュタイン城などヨーロッパの城・宮殿の中から、トリップノートの6万3千人の旅好きトラベラー会員(2020年9月現在)が実際に行って...


ヨーロッパの人気観光スポットTOP55!旅行好きが行っている観光地ランキング

ローマのコロッセオやパリのエッフェル塔などのヨーロッパの観光名所の中で、トリップノートの6万3千人の旅行好きトラベラー会員(2020年9月現在)が実際に行ってい...

【ドイツ】『進撃の巨人』のモデルの街、ネルトリンゲンを巡る旅

ミュンヘンから、電車で2時間ほど北上したところにある都市「ネルトリンゲン」。隕石が落下した跡にできたこの街は、日本でおなじみの漫画『進撃の巨人』のモデルとなった...

【ドイツ】定番だけ厳選したベルリンのおすすめ観光地11選+みどころ

ドイツの首都ベルリン。実際に3年間住んだ経験を元に、旅行者におすすめなベルリンの定番観光地を11件厳選し、 各地のみどころと共に紹介します!

【ドイツ】モザイクなし!ベルリン人体博物館

ベルリン観光のハイライトシーンが集うアレキサンダー広場の中でも、一番目立つランドマークであるテレビ塔(Fernsehturm)。よくよくそのあたりを散策してみる...

この記事を書いたトラベルライター

旅はいつも心のまんなかに
知らない土地、知らない文化、知らない人。知らない何かがいつも自分の心を広げてくれます。広がったその先を見てみたい。その探求心や好奇心はそのまま「旅」として、いつも心のまんなかにあります。

えいぶゆう(文)とTossyPhoto(写真)の2人で、心のまんなかにある「旅」を切り取っていきます。

あなたの心にも旅の灯がともりますように。

本当は教えたくない!鎌倉の隠れ寺「寿福寺」

沢山の寺院が並ぶ鎌倉の中で、鎌倉幕府が定めた鎌倉五山に名を連ねる「寿福寺」。鎌倉幕府の中核を担った北条政子のお墓があるなど、鎌倉を興した人々に多くのゆかりがある...


【ベトナム】半日で巡る!お土産天国ダナン市街の見どころ

ベトナム中部の都市ダナンは、お土産天国と言っても差支えないほど、様々な名品が低価格で購入できるんです。中には女子ウケするカワイイ小物もいっぱい。そんなダナン市街...


絶対後悔させない!湘南【江の島】の超詳しい観光&時間ガイド

湘南を代表する観光スポット「江の島」。どメジャーな観光スポットですが、意外にもガイドブックでは紙面の都合からか、江の島の見どころを収めきれていないんです。実際に...

【神奈川県・三浦半島】侮れない!プチ本格登山を楽しむ三浦アルプス

神奈川県の三浦半島にある三浦アルプスは、逗子、葉山、横須賀の境界にある山稜地帯です。三浦アルプスの一番の魅力は、200m程度の低い山々にもかかわらず、まるで原生...

天下の難所・箱根旧街道をちょっとズルしてハイキング【神奈川・箱根】

箱根といえば日本でも有数の温泉地です。平日・休日問わず、多くの観光客が訪れます。日本の温泉地ランキングでは、常に上位に挙がるほど人気で定番ともいえるエリア。その...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

アプリ「Pokke」でドイツの音声ガイドを聴く

ドイツの観光スポットの音声ガイドをアプリ「Pokke」で聴くことができます。

旅行前にダウンロードしておけばオフラインでも使える!
プロのガイドに案内されるように旅を楽しめる!

Pokkeについて

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?