ドイツ
ドイツ観光
ロマンティック街道には古城や中世の街並

【ドイツ】おとぎ話の世界が溢れる可愛い街マールブルク

取材・写真・文:

福岡在住

2019年8月1日更新

2,891view

お気に入り

写真:Asako!

フランクフルトからローカル線で約1時間ほどの距離にあるマールブルクは、有名なマールブルク大学があることから、学生の街として有名です。それだけでなく、メルヘン街道に属するこの街には、あちこちにグリム童話にまつわる"何か"が隠れています♪

この記事の目次表示

マールブルクとは

大学、そしてメルヘンの街

マールブルクは、ドイツ西部のヘッセン州にある都市です。グリム兄弟も通ったマールブルク大学は、現在もたくさんの学生を抱えており、この街は"学生の街"としても有名です。旧市街には、ドイツらしい木組みの家も多く立ち並び、見ごたえのある街のひとつです。

フランクフルトから日帰り観光におすすめ

フランクフルト中央駅からは30分に1本の頻度で列車が運行しており、乗り継ぎ無しで所要時間は約1時間。片道16EUR(約2,000円)ですが、日帰り観光であれば下記のチケットを利用するのがお勧め

■ヘッセンチケット/Hessen Ticket
ヘッセン州を走る列車(ICE/ICを除く)、U-bahn、S-bahn、バスに1日利用できるチケット
1枚:35ユーロ(約4,300円) 2等のみ / 最大5名まで利用可能
※詳細はドイツ国鉄HPにてご確認ください。https://www.bahn.de/p/view/index.shtml
マールブルク駅
ドイツ / 駅・空港・ターミナル
住所:Marburg Station, マールブルク ドイツ地図で見る

マールブルクの見どころ

  • 写真:Asako!
  • 写真:Asako!

マールブルクは比較的小さな街なので、駅から旧市街やマールブルク城まで徒歩で回ることができます。ただし、石畳の坂道も多いので、不安な方は駅からのバスまたは、旧市街~マルクト広場~マールブルク城館を運行している、観光シャトル"MarburgSchlossBahn"に乗っても良いでしょう。

聖エリザベート教会

  • 写真:Asako!
  • 写真:Asako!
  • 写真:Asako!

この街で最も重要な教会のエリザベート教会は、この街で慈善活動などの献身的な活動を行った、聖女エリザベートのために建てられました。ドイツでも早い時期に建てられたゴシック建築で、あのケルン大聖堂のモデルになったといわれています。

聖エリザベート教会
ドイツ / 社寺・教会 / 教会
住所:Elisabethstraße 3, 35037 Marburg, ドイツ地図で見る
Web:https://www.elisabethkirche.de/

グリム作品に出会う散策ルート/Grimm-Dich-Pfad

  • 写真:Asako!
  • 写真:Asako!

旧市街からマールブルク城を結ぶまでの道のりには、Grimm-Dich-Pfadと名付けられた、総距離2Km弱の散策ルートがあります。街中のあちこちに、グリム童話にまつわるオブジェ等があり、この街に潜む可愛らしいグリムの世界を肌で感じることができます。昔読んだことある童話の内容を思い出しながら歩いていると、どこかノスタルジックな気分になります。ルートマップは公式HPにて事前に確認もできます。

マルクト広場

  • 写真:Asako!
  • 写真:Asako!

旧市街の中心に位置するマルクトは、市庁舎を中心としていわゆる"ドイツらしい"景色が広がっています。木組みの家が立ち並ぶ通りは、カフェやバーでにぎわい活気にあふれています。

  • 写真:Asako!
  • 写真:Asako!

マルクト広場から続くBarfüßerstraßeという通りでは、かつてグリム兄弟が過ごした下宿先を見つけることができます(現在は食品店)。

マールブルク城/方伯城・Landgrafenschloss Marburg

  • 写真:Asako!
  • 写真:Asako!
  • 写真:Asako!
  • 写真:Asako!
  • 写真:Asako!

丘の上に建ち、街のシンボルともいえるこちらの方伯城・Landgrafenschloss(通称 マールブルク城)は、もともとは11世紀に建てられたもので、1529年に宗教家のマルティンルターが、スイスのツヴィングリらと宗教問答(マールブルク会談)を行った場所でもあります。

現在館内は、この地域の歴史に関する大学文化史博物館の一部として利用。お城からは、マールブルク市内の美しい景色を眺望することができます。また、敷地内の公園も美しく、野外映画上映会などのイベントも行われるそうです。

この記事を書いたトラベルライターから一言

  • 写真:Asako!

マールブルクは、比較的こじんまりとした街なのですが、石畳の道や木組みの家、ちょっと入ってみたくなるような小道、そしてお城とそこからの景色など、いわゆる"ドイツっぽい!"といえるような見どころが、ギュッとつまった街に感じました。フランクフルトからも近いので、日帰り観光に是非お勧めしたい街です♡(Asako!)

ドイツの旅行予約はこちら

ドイツのパッケージツアーを探す

ドイツのホテルを探す

ドイツの航空券を探す

ドイツの現地アクティビティを探す

ドイツのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年8月1日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【ドイツ】『進撃の巨人』のモデルの街、ネルトリンゲンを巡る旅

ミュンヘンから、電車で2時間ほど北上したところにある都市「ネルトリンゲン」。隕石が落下した跡にできたこの街は、日本でおなじみの漫画『進撃の巨人』のモデルとなった...


ヨーロッパの人気のお城・宮殿TOP30!旅行好きが行っているお城&宮殿ランキング

バッキンガム宮殿やノイシュバンシュタイン城などヨーロッパの城・宮殿の中から、トリップノートの6万3千人の旅好きトラベラー会員(2020年9月現在)が実際に行って...

ヨーロッパの人気観光スポットTOP55!旅行好きが行っている観光地ランキング

ローマのコロッセオやパリのエッフェル塔などのヨーロッパの観光名所の中で、トリップノートの6万3千人の旅行好きトラベラー会員(2020年9月現在)が実際に行ってい...

【ドイツ】定番だけ厳選したベルリンのおすすめ観光地11選+みどころ

ドイツの首都ベルリン。実際に3年間住んだ経験を元に、旅行者におすすめなベルリンの定番観光地を11件厳選し、 各地のみどころと共に紹介します!

【ドイツ】今やハンブルグの観光名物!伝説の風俗街「レーパーバーン」

ドイツ・ハンブルクのザンクトパウリ地区に存在する巨大歓楽街レーパーバーン(Reeperbahn)は、今やB級スポットとして大人気の観光地。「飾り窓」や「ビートル...

この記事を書いたトラベルライター

“きゅん”っと来るものが旅の原動力+*
福岡県出身。なんとなくでドイツ語を始め、初めての海外渡航でドイツへ行ってヨーロッパに感動!就職と同時に上京し、数年後に1年間ドイツ勤務。なんとなくから始まってどこか切っても切れない縁があるドイツが大好きです。基本的には列車旅行がメインです。きゅん!とした気持ちをきっかけに旅してます♪

意外と知らない?ドイツ・フランクフルトで味わうべき名物5選!

日本からの直行便もあり、ドイツだけでなくヨーロッパ各国への玄関口ともいえる都市フランクフルト。フランクフルトに滞在する人も、移動の拠点とする人も、乗り継ぎで利用...


独特な雰囲気がたまらない!北ドイツの世界遺産の町リューベック

北ドイツを中心としたハンザ同盟都市の中心として400年以上歴史を支えてきた商業都市リューベック。赤レンガ造りの建物が街に独特な雰囲気を醸し出す旧市街は、ユネスコ...


【ポーランド】週末が狙い目!?美しい世界遺産ワルシャワの街歩き

ポーランドの首都ワルシャワは、日本からの直行便もあるアクセスしやすいヨーロッパ都市のひとつ。そんなワルシャワの街歩きと、観光するなら週末がちょっとお得なポイント...

ラプンツェルの世界へ♪ドイツの古城ホテル「ホテルブルク トレンデルブルク」

ドイツ・メルヘン街道沿いにある小さな町トレンデルブルクには、あの人気グリム童話でディズニー映画にもなっている『塔の上のラプンツェル』のモデルとなった古城がありま...

スペイン最古の列車“ソーリェル鉄道”でマヨルカ島の世界遺産の大自然を走る

マヨルカ島を走る、スペイン最古の木造列車といわれる''「ソーリェル鉄道(Ferrocarril de Sóller)」''。世界遺産のトラムンタナ山脈の風を感じ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

アプリ「Pokke」でドイツの音声ガイドを聴く

ドイツの観光スポットの音声ガイドをアプリ「Pokke」で聴くことができます。

旅行前にダウンロードしておけばオフラインでも使える!
プロのガイドに案内されるように旅を楽しめる!

Pokkeについて

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります