ポーランド
ポーランド観光
首都ワルシャワは中世の町並みを復元し世界遺産に

【ポーランド】週末が狙い目!?美しい世界遺産ワルシャワの街歩き

取材・写真・文:

福岡在住

2018年7月5日更新

8,237view

お気に入り

写真:Asako!

ポーランドの首都ワルシャワは、日本からの直行便もあるアクセスしやすいヨーロッパ都市のひとつ。そんなワルシャワの街歩きと、観光するなら週末がちょっとお得なポイント、そして立ち寄りたいローカルおすすめスポットをご紹介。

この記事の目次表示

ポーランドのおすすめツアー
◇リーズナブルに中央駅前の4つ星ホテルに泊まる!◇《メルキュールワルシャワセントラム》ご宿泊!世界遺産の美しい街並みを誇る《ワルシャワ》5日間【羽田夜発/カタール航空利用】
85,800円~181,800円
◆日本語アシスタントと行く【アウシュビッツ-ビルケナウ終日見学】付き!人気急上昇中!歴史めぐりに雑貨めぐりに楽しめる♪戦争から美しく復興した世界遺産の街【ワルシャワ】5日間【成田夜発/エミレーツ航空利用】
89,800円~243,800円
【初売り】=早い者勝ちの特価セール開催中=初売り限定価格!戦争から美しく復興した世界遺産の街《ワルシャワ×クラクフ》6日間【成田夜発】
93,800円~233,800円

まずはワルシャワ歴史地区へ

ユネスコ世界遺産に登録されている旧市街を中心としたワルシャワ歴史地区。第二次世界大戦時に8割を破壊された街は、市民の思いから忠実に再建・復元されました。その市民たちの街への愛が評価され、世界遺産に登録されたという経緯があります。

バルバカン

旧市街地と新市街地の間には、大きなレンガ作りのバルバカン(砦)が残されています。ヨーロッパでバルバカンが現在も残されているのは世界でたった3つ。そのうちの一つがワルシャワです。

第二次世界大戦中に破壊されたため、現存するバルバカンは復元されたものではありますが、当時のままの存在感を感じられるほど忠実に再建されています。

  • 写真:Asako!
  • 写真:Asako!
バルバカン(ワルシャワ)
ポーランド / 遺跡・史跡
住所:Nowomiejska 15/17, 00-001 Warszawa地図で見る

旧市街広場

旧市街の中心である旧市街広場にはたくさんのレストランやショップがあり、広場の中心には街の紋章でもありシンボルでもある人魚の像があります。これはかつてワルシャワの漁師に救われた人魚が、そのお返しにワルシャワの街を見守り続けることを誓ったいう伝説からきているとか。

  • 写真:Asako!
旧市街広場
ポーランド / 公園・動植物園
住所:Rynek Starego Miasta Warszawa地図で見る

旧王宮と旧王宮前広場

広場の中心には、旧都のクラクフからワルシャワへ首都を移したジグムント3世の記念碑が建てられ、このエリアには常に多くの人が集まっています。かつて行政だけでなく文化の中心でもあった旧王宮は、現在では博物館になっています。

館内は豪華絢爛な調度品、国王のコレクションであったレンブラントの絵画なども展示してあり、かつての煌びやかな王政時代の姿が再現されています。

  • 写真:Asako!
  • 写真:Asako!

また旧王宮に隣接する聖アンナ教会にある展望台からは、このエリアを一望することができるので必見です!

  • 写真:Asako!聖アンナ教会隣接の展望台からの眺め
ワルシャワ王宮(旧王宮博物館)
ポーランド / 建造物
住所:plac Zamkowy 4, 00-277 Warszawa地図で見る
聖アンナ教会
ポーランド / 社寺・教会
住所:ul Krakowskie Przedmieście 68,Warszawa地図で見る

洗礼者ヨハネ教会

バルバカンから旧王宮前広場へ向かう道中で目を引く、レンガ造りの印象的なファザードを持つ建物。これが元々は14世紀に建てられた、ワルシャワで最も古い教会の洗礼者ヨハネ教会です。かつては国家的行事も多く行われてきた場所のひとつで、ヨーロッパ初の成文国民憲法(5月3日憲法)の憲法宣言もここで執り行われました。

  • 写真:Asako!
  • 写真:Asako!
洗礼者聖ヨハネ大聖堂(ワルシャワ)
ポーランド / 社寺・教会
住所:Kanonia 6, 00-278 Warszawa地図で見る
Web:http://www.katedra.mkw.pl/

ヴィジトキ教会

18世紀に建てられたこの教会は、奇跡的に第二次世界大戦の爆撃を免れ、今も当時のままの姿を残している貴重な建物のひとつです。ショパンが学生の頃ここでオルガニストを務めたという事でも有名です。

  • 写真:Asako!
  • 写真:Asako!
ヴィジトキ教会
ポーランド / 社寺・教会
住所:Kościół Rzymskokatolicki Wizytek地図で見る
Web:http://www.wizytki.waw.pl/
ワルシャワ旧市街
ポーランド / 町・ストリート
住所:Old Town Warsaw地図で見る

夏季に観光するなら週末が狙い目の理由

金曜・土曜の夜は噴水公園でショー!

旧市街から歩いて行ける距離のヴィスワ川沿いにある噴水公園では、夏季の金曜日と土曜日の夜21:30~に噴水ショー(無料)が開催され、多くの人が集まります。通常の噴水ショーとは異なり、プロジェクションマッピングのような演出でワルシャワの歴史が映し出されるなど、一味違う水と光の演出が楽しめます。

  • 写真:Asako!
  • 写真:Asako!
  • 写真:Asako!
噴水公園(ワルシャワ)
ポーランド / 公園・動植物園
住所:skwer I Dywizji Pancernej, 00-221 Warszawa地図で見る
Web:http://www.parkfontann.pl/

日曜日にはショパン無料コンサート!

夏季の日曜日には、ワジェンキ公園のショパン像のあるエリアで、無料のピアノコンサートが開催されます。“クラシックのコンサート”と聞くと少し敷居が高いイメージになりがちですが、こういったイベントは、ワルシャワにゆかりのあるショパンの音楽を気軽に楽しむことができる絶好のチャンスです。

  • 写真:Asako!
<詳細>※2018年現在
・開催期間:5月~9月末の日曜日
・開催時間:12:00~ 16:00~
・詳細は公式サイトにてご確認ください。
ワジェンキ公園
ポーランド / 公園・動植物園
住所:Agrykola 1 Street, Warsaw, Poland地図で見る
Web:http://www.lazienki-krolewskie.pl/

上記2つのイベントはいつでも見られるものではなく、夏の週末だからこそ体験できるイベントです。

日曜日はショパン博物館が無料

こちらはシーズン問わず、日曜日の入館が無料になります。日曜日のショパン無料コンサートと合わせて行きたいコースです。(通常通り、チケットオフィスでチケットを受け取る必要があります)

  • 写真:Asako!
  • 写真:Asako!
  • 写真:Asako!
フレデリック・ショパン博物館
ポーランド / 博物館・美術館
住所:Pałac Gnińskich, 00-368, Okólnik 1, 00-368 Warszawa地図で見る
Web:http://chopin.museum/en
【関連記事】
より詳しいショパンに関する旅情報は、aka-regionさんのコチラの記事をご参考ください。
欧州ポーランドが生んだ作曲家、ショパンづくしの旅!

次のページを読む

ポーランドの旅行予約はこちら

ポーランドのパッケージツアーを探す

ポーランドのホテルを探す

ポーランドの航空券を探す

ポーランドの現地アクティビティを探す

ポーランドのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年7月3日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


世界のカラフルな街並み23選!インスタ映え間違いなしのフォトジェニックな街を歩こう

世界には、フォトジェニックでかわいい街並みがたくさん!アルゼンチンやポルトガル、エストニアにフランスといった世界各国から、インスタ映え間違いなしのカラフルな街並...


【ポーランド】空港で買えるオススメのお土産14選!愛らしいポーランド食器や雑貨達♡

人気急上昇中のポーランドの陶器ですが、雑貨も小物も可愛いものばかり!中欧の国らしい素朴さと愛らしさに誰もが虜になってしまいます。物価が安いのでそのお値段にも注目...

ヨーロッパの人気のお城・宮殿TOP30!旅行好きが行っているお城&宮殿ランキング

バッキンガム宮殿やノイシュバンシュタイン城など、ヨーロッパの有名なお城・宮殿の中から、トリップノートの4万7千人の旅好きトラベラー会員(2019年10月現在)が...

【厳選】女子旅にオススメ♡心ときめく世界の可愛い村と街12選!

インスタ映え間違いなし!まるで童話の世界のような可愛い家や、中世の面影残る美しい街並み。一度は行きたいとっておきの村や街を、可愛いものに目がない筆者が厳選してご...

【ポーランド】負の遺産から学ぶ「アウシュビッツ博物館」

ヒトラー率いるナチス・ドイツが、第二次世界大戦中に造った強制収容所「アウシュビッツ」。当初はポーランド人の政治犯が多く収容されましたが、次第に「労働に適さない」...

この記事を書いたトラベルライター

“きゅん”っと来るものが旅の原動力+*
福岡県出身。なんとなくでドイツ語を始め、初めての海外渡航でドイツへ行ってヨーロッパに感動!就職と同時に上京し、数年後に1年間ドイツ勤務。なんとなくから始まってどこか切っても切れない縁があるドイツが大好きです。基本的には列車旅行がメインです。きゅん!とした気持ちをきっかけに旅してます♪

意外と知らない?ドイツ・フランクフルトで味わうべき名物5選!

日本からの直行便もあり、ドイツだけでなくヨーロッパ各国への玄関口ともいえる都市フランクフルト。フランクフルトに滞在する人も、移動の拠点とする人も、乗り継ぎで利用...


独特な雰囲気がたまらない!北ドイツの世界遺産の町リューベック

北ドイツを中心としたハンザ同盟都市の中心として400年以上歴史を支えてきた商業都市リューベック。赤レンガ造りの建物が街に独特な雰囲気を醸し出す旧市街は、ユネスコ...

ラプンツェルの世界へ♪ドイツの古城ホテル「ホテルブルク トレンデルブルク」

ドイツ・メルヘン街道沿いにある小さな町トレンデルブルクには、あの人気グリム童話でディズニー映画にもなっている『塔の上のラプンツェル』のモデルとなった古城がありま...

ドイツ・ライン川最大の古城ホテル「シュロスホテルラインフェルス」

様々な古城が点在するライン川。世界遺産にも登録されているこのエリアの中でも、その大きさから一際目を引く古城「ラインフェルス城」。13世紀半ばに建てられたこの城は...

スペイン最古の列車“ソーリェル鉄道”でマヨルカ島の世界遺産の大自然を走る

マヨルカ島を走る、スペイン最古の木造列車といわれる''「ソーリェル鉄道(Ferrocarril de Sóller)」''。世界遺産のトラムンタナ山脈の風を感じ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?