スペイン
スペイン観光
ガウディの個性的な建築に代表される世界遺産

スペイン最古の列車“ソーリェル鉄道”でマヨルカ島の世界遺産の大自然を走る

取材・写真・文:

福岡在住

2020年6月24日更新

11,641view

お気に入り

写真:a s a

マヨルカ島を走る、スペイン最古の木造列車といわれる''「ソーリェル鉄道(Ferrocarril de Sóller)」''。世界遺産のトラムンタナ山脈の風を感じながら縦断し、ちょっぴりアドベンチャー気分を味わえます。今回は、そんなソーリェル鉄道の魅力と見どころをご紹介!

この記事の目次表示

ソーリェル鉄道の走るマヨルカ島とは?

地中海に浮かぶスペインの島

マヨルカ島はスペインのバレアス諸島の中のひとつで、地中海に浮かぶ美しいリゾートアイランドです。美しい海と暖かい気候でバカンスにもってこいのこの島は、日本でも有名なイビザ島と同じくらい人気があります。

バレアス諸島で最も大きな島で、沖縄県の3倍ほどの大きさがあります。ガウディも修復に携わったというパルマ・デ・マヨルカ大聖堂が有名です。

  • 写真:a s a
  • 写真:a s a
  • 写真:a s aパルマ・デ・マヨルカ大聖堂
パルマ・デ・マヨルカ大聖堂
スペイン / 社寺・教会 / 教会
住所:Plaça de la Seu, s/n, 07001 Palma, Illes Balears, スペイン地図で見る
Web:http://www.catedraldemallorca.org/
マヨルカ島
スペイン / 町・ストリート
住所:マヨルカ島地図で見る

マヨルカ島までのアクセス

バルセロナから飛行機で約1時間で、欧州各国からの直行便運航も多くあります。特にドイツからの観光客が多く、島内の多くのお店ではドイツ語が通じるほどです。

空港から市内中心部までのバスの運行もあり、パルマ中心部や界隈エリアの移動だけであれば、バスの利用だけでも事足ります。パルマだけでなく、マヨルカ島内あちこち好きなようにまわりたい場合は、レンタカーがおすすめです。

ソーリェル鉄道に乗ろう!

ソーリェル鉄道とは?

ソーリェル鉄道はマヨルカの首都、パルマ・デ・マヨルカから島北西部にある港町ソーリェルを結ぶ列車です。その運行の歴史は1911年、もともとはこの地の名産であるオレンジやレモンの輸送のために運行が始まりました。またパルマ~ソーリェルの列車区間に加えて、ソーリェル~ソーリェル港までの路面電車(トラム)の運行もあります。

  • 写真:a s a
  • 出典:goo.gl赤マークのある部分が終点の港町ソーリェル
  • 写真:a s a

チケット購入方法

チケットは現地窓口現金支払いのみでの販売となっています。列車の運行は1日片道4~6本となっているため、出発間際の窓口は比較的込み合います。時間に余裕をもって窓口に行きましょう(※朝イチがおすすめ)。片道・往復券だけでなく、上記のトラムとセット券の販売もあります。往復券購入の場合、往路の時間をあらかじめ指定する必要があります。

【運行】4月~10月:6往復/日、11月~3月:4往復/日
【料金】片道18€(約2,400円)/往復25€(約3,300円)
・チケットの走行区間は、パルマ~ソーリェル列車区間のみ
・その他、ソーリェル~ソーリェル港の路面電車(トラム)とのセット券あり。
・詳細は公式HPにて確認してください
  • 写真:a s aパルマ・ソーリェル鉄道専用駅
  • 写真:a s a
  • 写真:a s a
パルマ・ソーリェル鉄道専用駅
スペイン / 駅・空港・ターミナル
住所:Carrer d'Eusebi Estada, 1, 07004 Palma, Illes Balears, スペイン地図で見る
Web:http://trendesoller.com/en/

いざ乗車!

チケットを購入したら、ホームで待ち、列車が駅に入ってきたら早速乗車です!外観だけでなく内装もレトロな列車では、タイムスリップしたような気持ちにテンションが上がります☆基本的に自由席なので、好きな席に座ることができます。窓のない連結部分はちょっぴりスリリングですが、覗いてみる価値ありです。

  • 写真:a s a
  • 写真:a s a
  • 写真:a s a
  • 写真:a s a

街中から大自然へ、そして世界遺産の景色

パルマ駅を出発した列車は、しばらく街中を路面電車のように運行し、オリーブ畑などの田畑を経て、徐々に世界遺産のトラムンタナ山脈を目指します。走行中の独特の車両の音は旅情をそそり、次々に移り変わる変化に富んだ車窓からの景色は、飽きることがありません。

  • 写真:a s a
  • 写真:a s a
  • 写真:a s a
  • 写真:a s a
  • 写真:a s a
  • 写真:a s aトンネル内走行中

途中下車して世界遺産を一望

ソーリェル鉄道が横断するトラムンタナ山脈は、2011年に「トラムンタナ山脈の文化的景観」としてユネスコ世界文化遺産に登録されています。パルマ発→ソーリェル行きの便に関してのみ、山間部にある“ブニョーラ(Bunyola)”という駅で一時停車し、一度列車を降り、トラムンタナ山脈の景色を堪能することができます☆ここからの景色が圧巻です!

  • 写真:a s a
  • 写真:a s a
  • 写真:a s a
  • 写真:a s a
ブニョーラ駅
スペイン / 駅・空港・ターミナル
住所:39.697349, 2.693653地図で見る

ソーリェル(Sóller)到着

ブニョーラを出てまもなくすると、列車は目的地のソーリェルの街に到着です。パルマ・デ・マヨルカとはまた違った雰囲気があるので、往路の列車の時間まで街歩きを楽しみましょう。

  • 写真:a s aソーリェル駅
  • 写真:a s a
  • 写真:a s a
  • 写真:a s aサン・ バルトメウ教会
  • 写真:a s a
ソーリェル駅
スペイン / 駅・空港・ターミナル
住所:Sóller station地図で見る
Web:http://trendesoller.com/en/

トラムに乗ってソーリェル港へ向かうのもおすすめ

到着駅からソーリェル港へ行く路面電車(トラム)も、街中から海辺を走り、列車とはまた違う絶景を楽しめることで大人気です。時間がある方は、是非トラムへの乗車もトライしてみてください!

  • 写真:a s a
  • 写真:a s a市街地のぎりぎりを走るトラム

おわりに

スペインで最古の歴史を持つレトロな列車に乗って、世界遺産を超え、大自然を味わうことができるソーリェル鉄道。乗った瞬間から到着まで、わくわくしっぱなし!マヨルカ島を訪れた際には、ぜひ体験してみてほしい大人気のアクティビティです!

  • 写真:a s a

※記事内のユーロから円への換算は1ユーロ=130円で計算しています

スペインの旅行予約はこちら


スペインのパッケージツアー(新幹線・飛行機付宿泊プラン)を探す

スペインのホテルを探す

スペインの航空券を探す

スペインの現地アクティビティを探す

スペインのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【2024】ヨーロッパの人気観光スポットTOP56!旅行好きが行っている観光地ランキング

ローマのコロッセオやトレビの泉、パリのエッフェル塔などヨーロッパの観光名所を、トリップノートの9万2千人を超える旅行好きトラベラー会員(2024年1月現在)が実...


【2024】ヨーロッパの人気のお城・宮殿TOP33!旅行好きが行っているお城&宮殿ランキング

バッキンガム宮殿やノイシュバンシュタイン城などをはじめとするヨーロッパの城・宮殿を、トリップノートの9万2千人を超える旅行好きトラベラー会員(2024年1月現在...

保存版★コロナ後に行きたい!ヨーロッパの大自然絶景スポット17選

新型コロナウィルス終息後の海外旅行を楽しみにしている方へ、いつか訪れたいヨーロッパの大自然絶景スポットを、厳選して17カ所ご紹介します。海外旅行に出かけられない...

数倍楽しくなる!【スペイン】サグラダ・ファミリアの見どころガイド

1882年の着工以来、今も工事が続けられているサグラダ・ファミリア。かつては完成までに300年はかかると言われていましたが、建築技術の進歩や寄付金などの収益、多...

摩訶不思議!一度は見たい「世界の秘境・絶景スポット」11選

世界には想像を絶する景色がたくさんあります。秘境から有名な観光スポットまで、一生に一度は見てみたい摩訶不思議な絶景をご紹介。ちょっと人とは違う所に行きたい!地球...

この記事を書いたトラベルライター

“きゅん”っと来るものが旅の原動力+*
福岡県出身。なんとなくでドイツ語を始め、初めての海外渡航でドイツへ行ってヨーロッパに感動!就職と同時に上京し、数年後に1年間ドイツ勤務。なんとなくから始まってどこか切っても切れない縁があるドイツが大好きです。基本的には列車旅行がメインです。きゅん!とした気持ちをきっかけに旅してます♪

意外と知らない?ドイツ・フランクフルトで味わうべき名物5選!

日本からの直行便もあり、ドイツだけでなくヨーロッパ各国への玄関口ともいえる都市フランクフルト。フランクフルトに滞在する人も、移動の拠点とする人も、乗り継ぎで利用...


独特な雰囲気がたまらない!北ドイツの世界遺産の町リューベック

北ドイツを中心としたハンザ同盟都市の中心として400年以上歴史を支えてきた商業都市リューベック。赤レンガ造りの建物が街に独特な雰囲気を醸し出す旧市街は、ユネスコ...


【ポーランド】週末が狙い目!?美しい世界遺産ワルシャワの街歩き

ポーランドの首都ワルシャワは、日本からの直行便もあるアクセスしやすいヨーロッパ都市のひとつ。そんなワルシャワの街歩きと、観光するなら週末がちょっとお得なポイント...

絶対行きたい☆ドイツ生まれのニベア専門店"NIVEA Haus Berlin"

ドイツで生まれたスキンケアブランドで、今や日本ではもちろん世界中でも定番のNIVEA(ニベア)。その専門店"NIVEA Haus(ニベアハウス)"には、日本未発...

【ドイツ】ドラゴン伝説を追う旅~竜の岩山ドラッヘンフェルスとドラッヘンブルク城~

デュッセルドルフからマインツまでのライン川沿いには、“ライン川伝説街道”と呼ばれる街道があり、その中にケーニヒスヴィンター/Königswinterという街があ...

トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります