グアム
グアム観光
日本から3時間半ほどで行けるビーチリゾート

【グアム】フォトジェニックな旅で行くならここで決まり!おすすめスポット7選

取材・写真・文:

茨城在住
訪問エリア:4ヶ国

2018年4月5日更新

24,250view

お気に入り

この記事の目次表示

【6】グアムを代表するビーチといえばここ!タモンビーチ

グアムといえば、やはり透き通った海でしょう。グアムを代表するビーチの一つであるタモンビーチは、多くのホテルが建ち並んでいるタモン地区にあるビーチです。タモン湾に沿うようにして広がっているため、タモン地区にあるホテルに滞在するのであれば、歩いてすぐにビーチへ行くことができます。

  • 写真:あやか昼のタモンビーチの様子

また、タモン地区にある各ホテルのオーシャンビューの客室から眺めることもできます。

  • 写真:あやか筆者が宿泊したホテル「ハイアットリージェンシーグアム」の客室から見た昼間のタモンビーチ
  • 写真:あやか筆者が宿泊したホテル「ハイアットリージェンシーグアム」客室から見た夜のタモンビーチの様子

透明度がとても高く、南国リゾートといった雰囲気があります。夕方にはこんな素敵なサンセットも見れてしまいます。

  • 写真:あやか夕方のタモンビーチ

昼夜問わず楽しめるビーチ。何度訪れても楽しめること間違いなしです。

タモンビーチ/タモン湾
グアム / ビーチ
住所:Tumon Beach, Harmon Guam,96913地図で見る

【7】見るだけも楽しい!スーパーマーケットといえば「Kmart(ケーマート)」

グアムに行ったら必ずと言っていいほど観光客が訪れるスーパーマーケットが、アメリカ本土でも人気のあるKmart。

ばらまき用のお土産を買うのにもうってつけなこちらのスーパーマーケットは、様々な商品が棚にズラッと並べられていて、見るだけでも楽しいのです。可愛らしいジュースやぬいぐるみなど、思わず写真を撮りたくなります。

  • 写真:あやかKmart店内 ズラッと並べられたジュース
  • 写真:あやかkmart店内 ズラっと並べられたぬいぐるみたち

そして、ショッピングカートもアメリカンなビックサイズです。

  • 写真:あやかKmart ビックサイズなジョッピングカート

グアムに行ったら、一度はKmartへ訪れてみてくださいね!

ケーマート
グアム / スーパー・コンビニ
住所:Kmart, 404 North Marine Drive Tamuning,Guam 96913地図で見る

グアム観光には赤いシャトルバスを利用しよう!

グアムに着いたら観光、ショッピング、レストランなど、やりたいことはたくさんあるかと思います。そのような時、やはり移動はなるべく効率よくしたいもの。そんなグアム観光で便利なのが、旅行者向けの人気路線バス「赤いシャトルバス」です。

  • シャトルバス

日本のバスとは違い、一部、窓がない作りになっています。天気が良い日は風を浴びることができて気持ちがよいです。

  • シャトルバスの中の様子

ただバスの運転手によっては運転が少々粗いのが気になるところ。ですが、そこは海外なので、しょうがないなくらいに思ってくださいね。

赤いシャトルバスの路線と乗車料金

赤いシャトルバスは観光地に合わせて複数の路線が運行されています。筆者が利用したのは2日間乗り放題券とTギャラリア発のグアム国際空港行のバスです。以下がそのチケットになります。

  • 写真:あやかシャトルバス利用券 上:Tギャラリアからグアム国際空港行き($7 約728円) 下:TWO DAYS PASS($15 約1,560円)

このように、日本語表記もあるので安心できますね。これ以外にももちろん沢山の路線があります。簡単ではありますが、筆者が利用したものも含め、チケットの種類を以下に紹介します。

赤いシャトルバスの乗車券の種類
・1回乗車券 $4(約416円)
・1日乗り放題券 $12(約1,248円)
・2日乗り放題券 $15(約1,560円)
・5日乗り放題券 $25(約2,600円)
・子供乗り放題券(6歳~11歳) $13(約1,352円)
・チャモロビレッジナイトシャトルトクトク往復チケット $7(約728円)
・Tギャラリア発グアム国際空港行チケット $7(約728円)
・恋人岬シャトルトクトクチケット(往復乗車券+恋人岬展望台入場券付き) $10(約1,040円)
・朝市シャトルトクトク往復チケット $7(約728円)
・ハガニアマリンバス往復チケット $4(約416円)

グアムに来たら1回以上は確実にバスに乗ると思いますので、滞在期間や訪れる場所によってチケットを選んで購入しましょう!

シャトルバスのチケットはホテル内ツアーデスク、グアム空港内、ショッピングセンター設置のチケットブースで販売しています。又、シャトルバスの時刻表は半年ごとに新しいもの更新されているので、詳しくはグアム政府観光局のサイトをチェックしてみてください。

最後に

いかがでしたでしょうか。今回はグアムのフォトジェニックスポットを紹介させていただきました。どこも比較的行きやすい場所にありますので、2泊から3泊程度あれば周れます。

海外は不安、行ったことがないなんて方も、グアムなら日本との時差は1時間、移動時間も3時間半程度ですので、初めての海外旅行にもおすすめです。こちらを参考に是非、グアムを訪れてみてください。

※2018年3月現在、$1=104円で換算しています。

グアムの旅行予約はこちら

グアムのパッケージツアーを探す

グアムのホテルを探す

グアムの航空券を探す

グアムの現地アクティビティを探す

グアムのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年4月3日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


年末年始の海外旅行におすすめの国・都市16選!お正月は海外で年越ししよう

お正月休みに海外旅行へ出かけたいという方に、冬にベストシーズンを迎える国や、年越しのカウントダウンイベントが魅力の旅行先など、年末年始の海外旅行におすすめの国・...


グアムの人気観光スポット・グルメTOP15!旅行好きが行っている観光地・レストランランキング

タモンビーチや恋人岬、エッグスンシングスなどグアムの観光スポット・名物グルメ店の中で、トリップノートの4万人の旅行好きトラベラー会員(2019年7月現在)が実際...

【グアム】秘境感がスゴい南部の名所「イナラハン天然プール」

グアムの歴史を語る上で欠かせないグアム南東部の村「イナラハン(Inarajan)」。そんなイナラハンきって名所「イナラハン天然プール(Inarajan Natu...

押さえておくべき観光スポットを巡れて歴史も学べる!グアム半日観光ツアー「City Sightseeing Tour」

日本から飛行機でわずか約3時間半、気軽に海外旅行を楽しめるスポットとして人気の高いグアム。ビーチやショッピングなど「リゾート感」を満喫できますよね。でもそれだけ...

グアムで行き当たりばったりツアー!【ジャングルジム・アイランド・アドベンチャー】

地元に詳しいガイドさん付きで、レンタカーを借りずに自分の行きたいグアムを満喫してみませんか?【ジャングルジム・アイランド・アドベンチャー】の「行き当たりばったり...

この記事を書いたトラベルライター

旅する歴女
東京生まれ東京育ち。
小さいころから歴史好きで、大学では歴史と博物館について学び、卒業。
社会人になってからは、仕事の休みは大好きな旅ばかりしてきました。
介護職→歴史・文書館関係のお仕事→東京から茨城(県北)へ移住。
2021年4月~地域おこし協力隊として活動中です◎

一度きりの人生、どんなこともチャレンジ!
「好き」を仕事に、自由に生きていく方法を日々模索しています。

1日で満喫できる!尾道・しまなみ海道【生口島】のおすすめ観光プラン

しまなみ海道は、広島県尾道市と愛媛県今治市を繋ぐ全長約60キロメートルに及ぶ西瀬戸自動車道の愛称です。瀬戸内海にある6つの島を9本の橋で結び、美しい景観やグルメ...


【福岡】インスタ映え抜群!糸島のおすすめ観光スポット6選

福岡県の最西部に位置する糸島市。福岡市の中心部から車で約40分という距離にありながら、玄界灘に面した糸島半島は、美しい海岸線と豊かな自然が広がっています。そんな...


【鬼怒川温泉】駅周辺で買える!オススメお土産5選&お土産店のご紹介

「東京の奥座敷」と呼ばれる関東有数の温泉地、鬼怒川。鬼怒川温泉駅周辺にはいくつものお土産屋さんがあります。今回この記事では、実際に筆者が購入して良かったお土産を...

【栃木】鬼怒川温泉エリアをのんびり観光!1泊2日モデルコース

「東京の奥座敷」といわれる鬼怒川温泉。今回この記事では、実際に筆者が体験した、鬼怒川温泉の1泊2日のモデルコースをざっくりの時間と共にご紹介します。時間がなくて...

2020年秋までの期間限定オープン!チームラボプラネッツ【東京・豊洲】

2018年6月にオープンしたお台場のデジタルアートミュージアムに引き続き、2018年7月には新豊洲駅前に「チームラボプラネッツ」がオープンしました。こちらのチー...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります