浜松・浜名湖
浜松・浜名湖観光
浜名湖うなぎや浜松餃子のご当地グルメも

浜松科学館&浜名湖ウォット♪幼児と一緒に浜松アソビ旅

取材・写真・文:

訪問エリア:45都道府県

2020年12月17日更新

323view

お気に入り

写真:mikish

横に長い静岡県の、愛知県寄りにある浜松市。「徳川家康にゆかりのある街」「楽器の街」として有名ですが、実は子連れ旅におすすめの街でもあるんです。今回は浜松駅前に宿泊し、浜松科学館と浜名湖ウォットを幼児と巡る1泊2日のプランをご紹介します。

この記事の目次表示

1日目~浜松科学館「みらい~ら」で遊ぶ!~

新幹線(こだま)も停車する、浜松市のハブ駅「浜松駅」からスタートです。まずは、駅近くの複合施設アクトシティ内の歩く歩道を通って徒歩7分のところにある「浜松科学館(みらい~ら)」へ向かいましょう。

  • 写真:mikish

浜松科学館は、2019年7月にリニューアルオープンしたとても近代的な科学館で、浜松市の特色を押し出した展示や、最新の体感ゲームがたくさん導入されています。

幼児から大人まであらゆる年代がそれぞれの楽しみ方で一日遊べる施設でありながら、入館料は大人600円、中学生300円、小学生以下無料と市立施設ならではの良心的な価格となっています。(プラネタリウムは別料金)

  • 写真:mikish

筆者が訪れたときは、館内へ入ると、色とりどりのガーベラの生花が出迎えてくれました(同じく浜松市にある「はままつフラワーパーク」とのタイアップ企画なんだそうです)。ここは科学館なので、もちろんただお花を展示するだけではなく、切り花を長持ちさせながらパネル状に展示するための特別な一輪挿しについての解説がされています。入館早々に興味深い展示がされていると、期待が高まりますよね。

さて、受付で入館チケットを購入したら、手荷物を売店前にあるコインロッカーへ預けましょう。100円玉が必要ですが、帰りにコインは戻ってくるので無料で預けることができます。館内には体感ゲームがたくさんあるので、荷物は最小限にしてゲートを通るのがおすすめですよ。

浜松科学館は3階建てで、1階と2階が展示室、3階がプラネタリウムとなっています。1階の「自然ゾーン」では、浜松市の地形を観察できるジオラマや、近隣に生息する生き物の種類について学ぶことができます。また、こちらのフロアの壁には巨大なスクリーンがあり、画面上に現れるアイコンをタッチして遊ぶゲームができます。幼児から小学生までが、夢中になっていますよ。

2階へ上がると、フロアが丸ごと展示室になっています。ゾーンはそれぞれ「光ゾーン」「力ゾーン」「音ゾーン」「宇宙ゾーン」などに分かれていて、どれもとても魅力的!

  • 写真:mikish画面の中に入り込んで遊べる展示も。
  • 写真:mikish実際にアクセル・ブレーキ・ハンドル操作もできる展示。シートを調節したら、ドライブへ出発!

中には、テレビで見たことのあるような、スクリーンに合わせて体を動かして遊べる展示や、実際に存在する自動車・バイクを使って運転シュミレーションをできる展示などがあり、全身を使って遊んで学べます。

「楽器の街」浜松市を体中で体感できる「音ゾーン」

  • 写真:mikish

その中でもおすすめは「音ゾーン」。こちらの写真は、音ゾーンの目玉である「アクティブ・サウンド・ライブ」の様子。最大4名がステージ上に上り、それぞれがタッチパネルで選んだ好きな楽器を使い「体の動きで」演奏を楽しむことができるという超最新の展示です。

背後の巨大スクリーンには、演奏時の様子が投影されるとともに、それぞれの楽器が奏でている音の波形が映し出されるため、さながらアーティスト気分を味わうことができます。

こちらの演奏には、ぜひ家族みんなで参加してくださいね。演奏の様子は自動で録画されており、演奏が終了してしばらくすると大画面に映されるます。このタイミングであればスマホ撮影は可能ですよ!また、専用アプリを使えば音声を保存することも可能なんだそうです。

  • 写真:mikish

他にも、音ゾーンにある展示はどれも魅力的!こちらの写真は「電子楽器の世界」という展示で、小部屋に設置された電子ピアノやパーカッションを演奏すると、音に反応して動く映像を楽しめます。

「楽器の街」浜松市を体中で体感できる「音ゾーン」は、是非チェックしてみてくださいね!

浜松科学館みらいーら
浜松・浜名湖 / 博物館 / 子供が喜ぶ / 雨の日観光 / 遊び場 / プラネタリウム
住所:静岡県浜松市中区北寺島町256-3地図で見る
電話:053-454-0178
Web:http://www.hamamatsu-kagakukan.jp/

次のページを読む

浜松・浜名湖の旅行予約はこちら

浜松・浜名湖のパッケージツアーを探す

(浜名湖・舘山寺・弁天島)

(浜松)

浜松・浜名湖のホテルを探す

浜松・浜名湖の航空券を探す

浜松・浜名湖の現地アクティビティを探す

浜松・浜名湖のレンタカーを探す

浜松・浜名湖の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2020年12月16日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


静岡デートに!カップルにおすすめのデートスポット35選

国内最大級の御殿場プレミアム・アウトレットや、富士山の絶景を楽しめる三島スカイウォーク、海岸線をお散歩できる城ヶ崎海岸など、カップルで行きたい静岡デートにおすす...


静岡のおすすめドライブスポット30選!車で行きたい絶景スポット&名所特集

富士山の絶景スポット「さった峠」や富士山の湧き水が流れる「白糸の滝」、温泉もあるテーマパークのような道の駅「伊東マリンタウン」など、静岡ドライブにおすすめのスポ...

静岡のおすすめ絶景スポット15選!感動の写真が撮れる観光スポット特集

雄大な富士山を望む絶景はもちろん、「ここが日本?」と驚くような透明度の高い美しい海など、静岡には一度は見てみたい絶景が目白押し!感動の景色を写真に撮れる、おすす...

全国の人気鍾乳洞・洞窟TOP20!旅行好きが行っている鍾乳洞・洞窟ランキング

全国の数ある鍾乳洞・洞窟の中から、トリップノートの5万8千人の旅行好きトラベラー会員(2020年3月現在)が実際に行っている順に全国の人気鍾乳洞・洞窟ランキング...

静岡・子供と行きたい観光スポット50選!子連れ旅行におすすめ

アクティビティも充実している三島スカイウォークや、間近に迫る動物に大興奮の富士サファリパーク、カピバラが可愛い伊豆シャボテン動物公園など、静岡への子連れ旅行にお...

この記事を書いたトラベルライター

[国内97温泉地滞在]温泉旅をこよなく愛する子連れトラベラー
私にとって、未知なる場所へ行くことは最高の楽しみです。
目的地へ向かう道中も含めて、旅行が大好き。
そこで出会う人、景色、そして食べ物、すべてに心ときめきます。

大学卒業後は温泉に夢中になり、一日でも休みがあれば温泉旅行へ。
仕事帰りに夜行バスに乗って日本国内を周りました。

現在は1児の母として育児に奮闘しながら、のんびり家族旅行を楽しんでいます。

育児に頑張るママさんパパさん方へも
疲れた心と体を癒す旅行の情報をお伝えできれば幸いです。

【豊田市】鞍ヶ池公園にある無料動物園のクセがすごい!デートにもファミリーにもおすすめ

東海環状自動車道のハイウェイオアシスでもあり、アクセス良好な愛知県豊田市立鞍ヶ池公園は、ボート池・動物園・芝生広場・植物園など盛りだくさん。カップルにもファミリ...


共通語は英語!?クラブメッド石垣島で海外リゾート気分を満喫しよう!!

フランス発のリゾート、クラブメッドをご存知でしょうか?オールインクルーシブ(つまり滞在中は食べ放題&飲み放題&遊び放題)のリゾートです。沖縄県にあるクラブメッド...


【愛知】絶景ありグルメありブランコあり!日間賀島で遊びつくそう!

ご存知でしょうか?日本三大都市のひとつ名古屋市からたったの1時間強で行ける離島、日間賀島(ひまかじま)。昔から、近海でたくさん獲れるタコとフグがとても美味しいこ...

【豊田市】夏の香嵐渓で「流しそうめん」と森林浴!三州足助屋敷で過ごす涼しい週末

東海地方が誇る紅葉の超名所「香嵐渓(こうらんけい)」が、実は夏も楽しめるスポットだということをご存じでしょうか?流しそうめんなどのイベントも盛りだくさん、家族み...

【沖縄】ジャグジーから満天の星空も!カヌチャリゾートで過ごす休日

今度の大連休はリゾートへ行こう!という時にまず思いつくのが沖縄ですよね。今回は、沖縄県に数あるリゾートホテルの中でも広大な敷地面積を誇る「カヌチャベイホテル&ヴ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります