浜松・浜名湖
浜松・浜名湖
浜名湖うなぎや浜松餃子のご当地グルメも

浜松の定番・観光スポットならココ!17選

2018年7月5日更新

635view

お気に入り

徳川家康が初代城主であった「浜松城」や、東海地方で最大規模の鍾乳洞「竜ヶ岩洞」、日本三大砂丘の「中田島砂丘」、そしてレイクアクティビティと観光にレジャーにと思いっきり楽しめる浜松。この記事では、浜松の定番の観光スポットはもちろん、浜松で食べたいうなぎや浜松餃子の有名店もあわせてご紹介しています。

この記事の目次表示

【1】竜ヶ岩洞

東海地方で最大規模の鍾乳洞で別世界へ

東海地方で最大規模の鍾乳洞で、総延長は1,000mを超えます。公開されているのは400mですが、年中18度に保たれた洞内は夏は涼しく、冬には暖かい。一番の見どころである落差30mの地底の大滝は、地底の滝としては日本最大級。出口には資料館やお土産物店もあります。

竜ヶ岩洞
浜松・浜名湖 / 自然・景勝地
住所:静岡県浜松市北区引佐町田畑193
電話:053-543-0108
Web:http://www.doukutu.co.jp/

【2】うなぎパイファクトリー

静岡を代表する銘菓”うなぎパイ”づくしで大満足!

静岡土産のド定番であり、全国的に有名な銘菓「うなぎパイ」を製造する春華堂の工場。予約不要で自由に館内を見学できますが、コンシェルジュの説明を聞きながら工場を見学できる、要予約の「ファクトリーツアー」もあります。

そのほか、「うなぎパイカフェ」では、うなぎパイを使った絶品スイーツがいただけ、もちろんお土産の購入も。

うなぎパイファクトリー
浜松・浜名湖 / 工場・施設見学
住所:静岡県浜松市西区大久保町748-51
電話:053-482-1765
Web:http://www.unagipai-factory.jp/

【3】航空自衛隊浜松基地広報館 エアーパーク

入館無料で航空自衛隊の航空機を間近に見られる!

普段あまり目にすることのない航空自衛隊の航空機を、間近に見て体験できる施設。一番の見どころである航空機の実物展示では、実際に操縦席に座ることができる航空機があり、またフライトスーツの貸し出しも行っており、本格的な写真を撮ることができます。

そしてフライト・シュミレーターでは、揺れも再現された本格的なパイロット体験が可能。

航空自衛隊浜松基地広報館 エアーパーク
浜松・浜名湖 / 博物館・美術館
住所:静岡県浜松市西区西山町
電話:053-472-1121
Web:http://www.mod.go.jp/asdf/airpark/

【4】中田島砂丘

冬には”風紋”がアートのように美しい

鳥取県の鳥取砂丘、千葉県の九十九里浜と並ぶ”日本三大砂丘”のひとつ(諸説あり)。浜松駅から車で15分ほどの場所、海岸沿いに広がる東西4kmもの広大な砂丘です。

冬には強い季節風で砂丘に”風紋”という美しい模様が作り出され、まるで芸術作品のような美しさ。夏にはウミガメの産卵が見られる場所としても有名です。

中田島砂丘
浜松・浜名湖 / 自然・景勝地
住所:静岡県浜松市南区中田島町1313
電話:053-452-1634

【5】はままつフルーツパーク時之栖

定番から珍しい果物まで一年中果物狩りが楽しめます

いちごやさくらんぼなどの定番から、イチジクやアケビなどの珍しい果物まで、年間約15種類の果物の収穫が楽しめます(採った分を量り売り)。

そのほか、ワイナリーやワイン工場の見学、ワイングラスの名入れ体験、バーベキュー、レストラン、フルーツをモチーフにした遊具、そして期間限定の噴水ショーと一日を通して楽しめます。

はままつフルーツパーク時之栖
浜松・浜名湖 / 体験・アクティビティ
住所:静岡県浜松市北区都田町4263−1
電話:053-428-5211
Web:http://www.tokinosumika.com/hamamatsufp/

【6】浜松城

徳川家康が天下統一の足がかりを築いた城

元亀元年(1570年)に徳川家康が築城し、17年間過ごした城。歴代の城主の多くが江戸幕府の重役に出世したことから「出世城」とも呼ばれています。

往時の石垣の上に新天守閣が再建されており、展望台からは浜松市街を360度の大パノラマで見渡すことができます。そして城内には徳川家康や城下町浜松にまつわる資料などを展示しています。

浜松城
浜松・浜名湖 / 建造物 / 観光名所
住所:静岡県浜松市中区元城町100-2
電話:053-453-3872
Web:https://www.entetsuassist-dms.com/hamamatsu-jyo/

【7】龍潭寺

国指定名勝の庭園が見事な伊家の菩提寺

2017年大河ドラマの主人公、井伊直虎ゆかりのお寺。歩くとキュッキュと鶯の鳴き声のような音がする鴬張りの廊下、木彫りの龍、そして国の名勝に指定されている日本庭園が大きな見どころです。

水を張った池がある庭を、建物に座って鑑賞する池泉鑑賞式の庭園で、春のさつき、6月のアジサイ、秋の紅葉と四季折々の様子を楽しむことができます。

龍潭寺
浜松・浜名湖 / 社寺・教会
住所:静岡県浜松市北区引佐町井伊谷1989
電話:053-542-0480
Web:http://www.ryotanji.com/

【8】浜松市楽器博物館

演奏体験もできる、世界の楽器が集まる博物館

ヤマハ、カワイなどの世界的な楽器メーカーがある浜松市は、日本を代表する音楽都市。「浜松市楽器博物館」は世界中から集めた楽器を常時1,300点展示する博物館で、珍しい民族楽器を見ることができたり、ピアノの歴史について学ぶことができます。体験ルームではさまざまな楽器を自由に演奏することもできますよ。

浜松市楽器博物館
浜松・浜名湖 / 博物館・美術館
住所:静岡県浜松市中区中央3-9-1
電話:053-451-1128
Web:http://www.gakkihaku.jp/

【9】かんざんじロープウェイ

日本で唯一、湖の上を渡るロープウェイ

遊園地「浜名湖パルパル」と、浜名湖に浮かぶ大草山の山頂を結ぶ全長723mのロープウェイで、約4分間の空中散歩が楽しめます。山頂の展望台からは360度のパノラマビューが楽しめ、浜名湖や舘山寺温泉はもちろん、天気がよければ富士山も眺めることができます。

かんざんじロープウェイ
浜松・浜名湖 / 乗り物
住所:静岡県浜松市西区舘山寺町1891
電話:053-487-2121
Web:http://www.kanzanji-ropeway.jp/

【10】浜名湖ガーデンパーク

花と緑に癒される浜名湖畔に広がる公園

2004年に開催された「浜名湖花博」の会場を利用した緑ゆたかな公園。西側エリア、街のエリア、里のエリアの3つのエリアからなり、可愛い花や自然を眺めながらの「ガーデンクルーズ」や、画家クロード・モネがフランス・ジヴェルニーに造った庭をモチーフにした庭がある「花の美術館」、最上階の展望室からは園内や浜名湖を一望する景色が楽しめる高さ50mの「展望塔」などの見どころがあります。

浜名湖ガーデンパーク
浜松・浜名湖 / 公園・動植物園
住所:静岡県浜松市西区村櫛町5475-1
電話:053-488-1500
Web:http://www.hamanako-gardenpark.jp/

次のページを読む

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年7月3日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

この記事を書いたトラベルライター

あなたが旅するキッカケと、あなたの旅のコンシェルジュに。
旅行好きなメンバー数名で、この tripnote[トリップノート] を運営しています。日帰りのお出かけから、長期の海外旅行まで、もっとたくさんの人たちに旅をしてほしい!そんな想いから、少しでもみなさんに役に立つ旅情報を発信していきたいと思っています。
https://tripnote.jp

夏休み旅行に!夏旅(6月・7月・8月)におすすめの国内旅先23選!

夏(6月・7月・8月)の時期ならではの見どころが揃ったおすすめの国内旅行先を、月ごとにご紹介します!夏休みやお盆休みなどの家族旅行や、カップルでのお出かけにもぴ...

女性が喜ぶシンガポールのお土産7選

お土産さがしは楽しいけれど、正直ちょっと難しくて大変!とくに男性の方にとって、女性へのお土産は悩みどころだと思います。そんな方のために、今回の記事では女性が喜ぶ...

シンガポール旅行の人気お土産「アーユルベーダ石鹸」徹底ガイド

シンガポールのお土産として、女性に大人気なアーユルベーダ石鹸(せっけん)。アーユルヴェーダというインドの伝統医学をもとに作られている100%植物性の石鹸で、お肌...

3月・4月・5月の国内おすすめ旅行先22選〜春がベストシーズンの旅先に出かけよう

春(3月・4月・5月)の時期ならではの見どころが揃ったおすすめの国内旅行先を、月ごとにご紹介します!春休みの家族旅行や、カップルでのお出かけにもぴったりな旅先を...

間違いない!サンフランシスコのおすすめお土産12選

旅行の楽しみのひとつで、悩みの種でもある「お土産」。旅行中にお土産を探す時間があまりない方や「もう明日帰国!!」という方でも迷わず購入できる、サンフランシスコの...



トラベルライターアワード・2017年間受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?