弘前
弘前観光
りんごの生産量日本一!アップルパイは必食!?

サクラ色に染まるお濠が美しい!青森「弘前さくらまつり」へ行こう!

取材・写真・文:

ニュージーランド在住

2018年9月6日更新

1,380view

お気に入り

首都圏から一足遅れてサクラが開花し、ちょうどGWに満開を迎える青森「弘前さくらまつり」。弘前城を中心に、約2,600本ものサクラが咲き乱れる様は圧巻の美しさです。とくに桜吹雪が舞いはじめ、お濠がサクラの花びらで埋め尽くされる「桜の絨毯」は、国内外問わず多くの注目をあつめていますよ。お花見し忘れた方も、ぜひ満開のサクラを見にいってみませんか?

この記事の目次表示

「弘前さくらまつり」とは

青森県弘前市にある弘前公園(旧弘前城)を舞台に、約2,600本ものサクラが咲き誇るお祭り。1918年から始まり、2018年に100周年を迎えます。

弘前市は日本一のりんご生産地であり、りんご栽培法を活かしてサクラを剪定することにより、幾重にも折り重なるように咲いたり、一つの花芽にモコモコといくつも花がつく特徴があります。その美しさは、日本一の桜の名所と称されます。

  • 写真:mumin

最近ではSNSを中心に、お濠がサクラの花びらで埋め尽くされる「桜の絨毯」が注目され、海外からも多くの観光客が訪れている「弘前さくらまつり」。ここでは祭りの見どころから、100周年を記念して早くも催されているイベントなど、祭りがもっと楽しくなるオススメの観光情報をご紹介します。

弘前さくらまつり
場所:弘前公園
期間:4/22〜5/7(2017年)
露店・出店の営業時間:9:00〜21:00
料金:無料(ただし、本丸・北の郭の有料区間は別途)
弘前さくらまつり
弘前 / イベント・祭り / 春のおすすめ観光スポット / インスタ映え
住所:青森県弘前市下白銀町1-1地図で見る
Web:http://www.hirosakipark.jp/sakura/

祭りの見どころ

西濠の「桜のトンネル」

西濠沿いにある「桜のトンネル」は、サクラが一面に咲き誇る弘前公園のなかでも随一の見どころ。サクラがどこまでも続く様はとても風情があり、時間を忘れて眺めてしまうほど美しいです。

ゆったりと下から眺めるのがオススメですが、西濠で行われている貸しボートに乗って、お濠の水面からお花見を楽しむのも人気です。時間に余裕のある方は、ぜひ乗ってみてくださいね。

西濠ボート
期間:4/22〜5/7(2017年)
時間:9:00〜17:00
乗り場:西濠周辺
料金:60分¥1,000

日本最古のソメイヨシノ

弘前公園のサクラは、日本一とも言われる徹底した管理技術でも有名です。二の丸・東内門の近くにあるこのソメイヨシノは、1882年に旧弘前藩士から寄贈されたもので、現存するソメイヨシノでは日本最古のもの。

ソメイヨシノは平均寿命60年といわれるなかで135年も生き続け、今もなお美しく咲き続けています。夜にはライトアップされ、さらに艶やかな美しさを魅せてくれますよ。

サクラがお濠を埋め尽くす、桜の絨毯

弘前公園のサクラは咲いている期間はもちろんのこと、散り際まで美しいのが特徴。

ちょうどGWに満開を迎える弘前公園のサクラは、GW中頃から桜吹雪が飛びはじめ、お濠の水面を花びらが流れていく「花筏(はないかだ)」となり、やがてお濠一面を埋め尽くす幻想的な「桜の絨毯」へと美しく変貌していきます。

2017年の弘前さくらまつりでは、これまで入れなかった外濠の一部が解放され「桜の絨毯」を間近で見られるようになりました。ぜひ一度ご覧になってくださいね。

水鏡にうつる、ライトアップされたサクラ

昼間に美しく咲き乱れるサクラのもう一つの魅力が、日没からライトアップされる艶やかな姿。

西濠では濠沿いに咲き誇るサクラが水面にうつり込み、まるで水鏡のようです。首都圏からもこのライトアップを見るためだけに、仕事終わりに駆けつける方がいるほど、観光の目玉になってきています。

2017年のライトアップは、4月25日からは、ライトアップが23:00まで1時間延長されているので、見逃した方はぜひ見に行ってみてくださいね。

夜間特別照明(ライトアップ)
期間:4/22〜5/7(2017年)
時間:日没〜22:00(4/25〜23:00まで延長)

弘前城の見どころ

現存する弘前城天守閣

この地を治めた弘前藩主・津軽氏よって築かれた弘前城。本丸にある天守閣は江戸時代に建てられたもので、東北地方では唯一現存している天守閣です。国の重要文化財にも指定されていますよ。

当初は5層の天守閣でしたが落雷により焼失してしまったので、当時の本丸辰巳櫓を改築した3層の天守閣になっています。

現在は石垣の修繕工事のため、天守閣が曳家され本丸の中央に移動しています。これにより、今までは見ることのできなかった天守閣・サクラ・岩木山のコラボレーションがみられるんですよ。貴重な景色をぜひご覧になってみてはいかが?

  • 本丸・北の郭有料区域(2017年4月現在):大人310円、小人100円(※天守閣は無料で見学できます)

本丸から眺める津軽富士

本丸まで登ったら、ぜひ見てほしいのが本丸からの見事な眺め。遠くにみえる岩木山は、その美しさから別名・津軽富士とも称される県内最高峰の山。春はサクラに彩られ、まるで一枚の絵画のようです。

城を守るのに欠かせない、3つの櫓(やぐら)

矢倉や矢蔵とも記されることのある櫓は、矢を射って攻防したり、敵の動きを観察する役割を担った、城を守るのに欠かせない建物。弘前城には、辰巳櫓、未申櫓、丑寅櫓の3つの櫓が現存しており、いずれも国の重要文化財となっています。

実は、現在の弘前城天守閣も、元々は本丸の辰巳櫓を改築したものなので、正確にいえば弘前城には4つの櫓が残されているんですよ。天守閣は中に入ることができるので、ぜひ中の様子をご覧になってみてくださいね。

  • 天守閣見学(2017年4月現在):無料(※ただし本丸への入場は有料)

重厚な雰囲気が漂う、5つの門

貴重な歴史遺産がのこる弘前城は、城門も立ち寄りたいスポット。弘前公園には追手門、東門、亀甲門(北門)、東内門、南内門の5つの門が当時のまま現存しており、すべて国の重要文化財に指定されています。

弘前城の城門は2層の櫓門で、全体的に簡素な素木造りとしている特徴があり、全国の城門の中でも戦国時代の古い形式を残すものとして注目されています。

濠にかかる、色鮮やかな橋

  • 写真:mumin

弘前公園内にいくつもある、色鮮やかな橋も見どころのひとつ。それぞれに役割があり、その成り立ちに因んだ名前がつけられていたりします。ボランティアガイドと歩いたり、案内板をみながら散策すると面白いですよ。

写真の橋は西濠にかかる「春陽橋」といい、1932年に市民通行の利便性のため架橋された城内最長の橋。この橋から眺める西濠沿いの「桜のトンネル」と呼ばれる桜並木の景色が、とても美しいです。

見られるのは今だけ、石垣の修繕工事

  • 写真:mumin

弘前城では、以前から本丸の石垣が外側にふくらむ「はらみ」がみられていて、大地震などがおきたときには崩落の恐れがあると言われていました。そこで2014年から石垣の修繕工事が始められ、内濠を埋め立てたり、天守閣の曳屋(ひきや)などが行われています。

写真はもともと天守閣があった真下に位置する石垣で、東面の約100mと南面の約10mが修繕工事中です。この工事は約10年かけて行われ、工事が無事におわった暁には、天守閣も元の位置に戻されるよう。全国的にも珍しい、城を動かして行われる石垣の修繕工事を、ぜひ間近でご覧になってみては?

弘前城
弘前 / 城 / 観光名所 / 一人旅 / 雨の日観光 / 春のおすすめ観光スポット / 夏のおすすめ観光スポット / 秋のおすすめ観光スポット / 冬のおすすめ観光スポット
住所:青森県弘前市下白銀町1地図で見る
電話:0172-33-8739
Web:http://www.hirosakipark.jp/

次のページを読む

\紹介されたスポットに立ち寄るなら/
弘前の旅行予約はこちら

弘前のパッケージツアー(新幹線・飛行機付宿泊プラン)を探す

弘前のホテルを探す

弘前の航空券を探す

(青森空港)

弘前の現地アクティビティを探す

弘前のレンタカーを探す

弘前の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


2023年2月のイベント・行事31選!一度は足を運びたい全国のおすすめイベント特集

2月は節分にバレンタインなどのイベント・行事のほか、北では雪と氷のお祭り、南では桜や梅のお祭りが開催されるシーズン。裸祭りなどの奇祭も各地で行われます。2月に開...


【2023】4月の国内おすすめ旅行先25選!春休み・GW旅行にもぴったりな観光地特集

4月は桜はもちろん、ネモフィラや藤などの花が各地で咲き、春爛漫の絶景が楽しめる時期です。春休みやゴールデンウィークなど、4月のお休みにおすすめの国内旅行先をご紹...

春の国内旅行におすすめの観光地43選!春がベストシーズンの旅先ガイド

春は桜をはじめとする花が開花し、過ごしやすい気候から野外でのイベントも増えてくる季節。旅行にはもってこいの時期です。春の国内旅行におすすめの観光地を厳選してご紹...

2023年1月のイベント・行事37選!一度は足を運びたい全国のおすすめイベント特集

1月は北国の各地では雪や氷、ライトアップなどのイベントが盛んに行われる一方、沖縄では早くも桜が咲き始め、お花見を楽しめる時期です。1月に行われる全国のおすすめイ...

【2022】5月の国内おすすめ旅行先12選!お出かけシーズンにぴったりな観光地特集

5月は初夏を迎えて気温も上昇し、咲き誇る花々やみずみずしい新緑が全国各地で楽しめる、お出かけにぴったりの季節。ゴールデンウィークや週末旅行など、5月のお休みにお...

この記事を書いたトラベルライター

無計画さが玉にきず、自由気ままなトラベラー。
幼い頃からよく動き回る子どもだった私は、そのまま大人になり大の旅行好きとなりました。見知らぬ街で、はじめてみる景色や人との出会いが、冒険しているようで大好きです。国内外さまざまな場所へ行き、「旅をしながら暮らすこと」が将来の夢。自分の経験も踏まえつつ、読者の方に役立つ情報をお届けしたいと思います。

【岩手県】ここだけは行きたい!定番のおすすめ観光スポット5選

北海道に次いで広い面積をほこる岩手県は、世界遺産の「平泉」をはじめ、リアス式海岸で知られる「浄土ヶ浜」や「龍泉洞」など、歴史的建造物やうつくしい景勝の宝庫!日本...


冬の蔵王はこう楽しむ!山形・蔵王の見どころ4選&周辺のおすすめ観光スポット4選

宮城県と山形県の県境にそびえる「蔵王連峰」。日本百名山にも選ばれた美しい山は、夏はエメラルドグリーンの神秘の湖「御釜」や、冬にはスノーモンスターと呼ばれる「樹氷...


秋田観光の穴場、「抱返り渓谷」の見どころ完全ガイド!

神秘的な碧い渓流や、紅葉の名所として知られる「抱返り渓谷」。田沢湖や角館からも程近く、秋田観光の穴場スポットです。今回は抱返り渓谷に行くならおさえておきたい見ど...

お土産も揃う、巨大市場!八戸観光の定番「八食センター」の見どころ10選

八戸観光といえばココ、「八食センター」。港町・八戸ならではの新鮮な魚介類や珍味、変わり種スイーツに八戸B級グルメモニュメントまで、ありとあらゆるものが揃う巨大市...

天然芝生の美しい海岸線!八戸・種差海岸の見どころ10選&楽しみ方3選

異国情緒ただよう、美しい海岸「種差海岸」。代表的な景観の「種差天然芝生地」をはじめ、趣ある松並木や西洋の古城のような展望台、"かぶあがり祈願"で有名な神社など見...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります