兵庫
兵庫観光
2つの海に面する、観光資源が豊富なエリア

【兵庫】大満足のバックスクリーン体験「甲子園歴史館」

取材・写真・文:

兵庫在住
訪問エリア:45都道府県

2019年7月28日更新

171view

お気に入り

写真:こごみ

野球の聖地「甲子園球場」には、タイガースファンはもちろんのこと、やはり高校野球に関する歴史がたっぷりと詰まっています。自分の子供時代や青春も重ね合わせての懐かしさも。極めつけはバックスクリーンからの眺めを体験。野球ファン必見の「甲子園歴史館」をご紹介します。

この記事の目次表示

甲子園球場のレフト側に向かって

  • 写真:こごみ

阪神電車「甲子園」の駅から5分ほどの所に甲子園球場はあります。写真は蔦の色が青々活き、いちだんと綺麗な7月夏の甲子園。2007年から2010年にかけて行われた大規模修復工事の際にいったん取り払われた蔦ですが、里帰りしてぐんぐん成長中。2019年には、だいぶ復活してきました。

  • 写真:こごみ

向かって左側をレフト側に歩いていくと、甲子園歴史館の入口が現れます。入場料は大人600円、子供4歳から中学生まで300円。開館時間は10時から18時(11月から2月までは17時)です。

まずは高校野球エリア

  • 写真:こごみ
  • 写真:こごみ

甲子園歴史館の展示は、高校野球に関するエリアと甲子園がホーム球場である阪神タイガースのエリアに分かれています。ゲートを抜けると、まるで宝塚のような階段。そこを上っていくと、まずは高校野球のエリアです。

  • 写真:こごみ

非常にたくさんの展示物に圧倒されます。高校野球にあまり詳しくない人でも、聞いたことのある学校や選手たちに関する資料やグッズがいっぱい!かなりの見ごたえです。

  • 写真:こごみ

歴代の名勝負や名場面が映像と写真などで再現されているので、「なつかしー!」「あー、これ知ってる知ってる!」と大興奮。その時の自分自身の記憶もまざまざと蘇えってきます。

阪神タイガースエリア

  • 写真:こごみ

球団創設当初は、「阪神」タイガースではなく、「大阪」タイガースだったのですが、会社は創立当時から阪神電鉄でした。今見るとレトロなポスターがおしゃれです。

  • 写真:こごみ
  • 写真:こごみ

1983年から1988年まで阪神タイガースで活躍した史上最強の助っ人「バース」と、2003年、18年ぶりに阪神を優勝に導いた「星野仙一」監督。どちらも阪神ファンには忘れられないお二人。

バックスクリーン体験

  • 写真:こごみ
  • 写真:こごみ
  • 写真:こごみ

甲子園記念館の目玉の一つであるバックスクリーンに向かうまでの細長い道が、バックスクリーンウォーク。高校野球のユニフォームや野球漫画の一場面が並んでいます。そしてかつてスコアボードに掲示されていた手書きの選手の名板がズラリ!

そして、いよいよ開かれた扉から外に。階段をカンカンとのぼっていくとー

  • 写真:こごみ

目の前にパーと広がる圧倒的な迫力!甲子園球場バックスクリーンから見る球場です。芝生の緑が美しいこと!今や甲子園の名物ともなっている名グラウンドキーパーで知られた「阪神園芸」さんたちがお仕事中でした。バックスクリーン下は何かのイベントの準備中のようでした。

  • 写真:こごみ

野球を見る時は、必ずライト側かレフト側かどちらかのエリアにいるはずなので、ちょうど真ん中のこの場所は普通は体験できませんね。

  • 写真:こごみ

この角度からの眺めはかなり貴重です。でもバックスクリーンに出ることができない日もあるので注意です。野球の試合直前から試合中、もしくはイベント開催中、雨天などは不可ですので、訪れる際には事前にチェックを。

ショップには面白いグッズがたくさん

  • 写真:こごみチャーム付きボールペン600円

出口には阪神タイガースや甲子園にちなんだグッズが並ぶショップがあります。もちろん外からでも入れます。筆者は、近年発売された新しい甲子園名物「阪神園芸グッズ」を買いました。こちらではここでしか買えない甲子園球場にちなんだオリジナルグッズがありますよ。

野球の聖地を体験

  • 写真:こごみ

創設当初、日本で一番大きかった甲子園球場。ここには様々な歴史がたっぷりと詰まっています。プロ野球に興味が無くても、戦争で亡くなった選手たちがいたことや、日本の野球の成り立ちを知ることは貴重な体験だと思います。そしてバックスクリーンから球場を眺め、その広さと気持ちよさと共に、野球を見られる平和な今をぜひ体験してみてください。

甲子園歴史館
兵庫 / 博物館・美術館
住所:兵庫県西宮市甲子園町1-82地図で見る
電話:0798-49-4509
Web:http://www.koshien-rekishikan.com/

兵庫の旅行予約はこちら

兵庫のパッケージツアーを探す

兵庫のホテルを探す

兵庫の航空券を探す

兵庫の現地アクティビティを探す

兵庫のレンタカーを探す

兵庫の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年7月28日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


カップルで行きたい関西のおすすめデートスポット45選!

ずらっと並ぶ鳥居が神秘的な伏見稲荷大社に、2人で思いっきり楽しめるUSJ、風情あるお出かけが楽しめる嵐山の渡月橋や竹林の道など、カップルで行きたいデートにおすす...


関西のおすすめドライブスポット・コース55選!日帰りでお出かけしよう

爽快な景色が楽しめるドライブルートに、花や緑が豊かな景勝地、美しい夜景が望める展望スポットなど、日帰りで行ける関西のおすすめドライブスポット・コースをご紹介しま...

神戸の人気観光スポットTOP25!旅行好きが行っている観光地ランキング

南京町(中華街)やメリケンパーク、北野異人館街をはじめとする、神戸の観光スポットの中で、トリップノートの4万2千人の旅行好きトラベラー会員(2019年8月現在)...

兵庫デートに!カップルにおすすめのデートスポット35選

六甲ガーデンテラスや摩耶山 掬星台などの夜景スポットや、イルカやペンギンと触れ合える須磨海浜水族園、日本で唯一パンダとコアラを同時に見られる王子動物園など、カッ...

【2019年版】みんなが行った国内の人気観光スポットランキングTOP50!

2019年の1年間にトリップノートアプリでトラベラー会員が登録した「行ったスポット」のデータを元に、トラベラーのみなさんが実際に行った国内の人気観光スポットラン...

この記事を書いたトラベルライター

旅と本と野球があればしあわせな毎日
興味深いものや謎に満ちたものはいろんな所に存在しています。おいしいものも食べたことないものもまだまだいっぱいある!何気ないものが思いがけない歴史を持っていたり、知らなかったことに驚いたりした時、地球って深いなあと実感する、そんな瞬間を味わいたくてあちこちうろつく日々です。
https://kogomitabi.hatenablog.com/

【兵庫県姫路市】安富町の「かかしの里」は人とかかしがいっしょに暮らす村

四方を山に囲まれた静かな集落に、「奥播磨かかしの里」はあります。村人と見間違ってしまうくらい、かかしが山郷の風景と一体化しており、気持ちよくのんびりとしたとても...


【岡山】映画『八つ墓村』のロケ地「満奇洞」と「笹畝坑道」めぐりはちょっと怖い

岡山には横溝正史の映画の舞台となった場所がたくさんあります。中でも有名なのが映画『八つ墓村』の洞窟「満奇洞」です。事件のお屋敷になった歴史的価値のある旧家も残さ...


【奈良】定番とはちょっと違う奈良みやげ9選

奈良のおみやげの定番といえば、奈良漬け、柿の葉寿司、三笠など色々と浮かびますが、今回はちょっと定番からはずれた奈良みやげを選んでご紹介。奈良公園周辺で買えるとい...

【神戸市】横尾忠則現代美術館は摩訶不思議なアート空間!カフェも楽しい

世界的にも有名な画家「横尾忠則(よこおただのり)」氏の美術館は、神戸市灘区にあります。通りを隔てて動物園と文学館が並ぶ静かな場所にありますが、外の穏やかさとは裏...

【岐阜県】下呂温泉のおいしくて癒されるおみやげ7選

日本三大名泉と言われている温泉の一つ岐阜県「下呂温泉」。お湯を楽しみおいしい食事をいただける温泉街ですが、もう一つの楽しみはおみやげ選びです。温泉の街ならではの...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?