茨城
茨城観光
史跡や自然景勝地が豊富な、国内一のメロン生産地

【茨城】大リニューアルでお洒落に変身!半日楽しめるフラワーパーク

取材・写真・文:

茨城在住
訪問エリア:45都道府県

2021年6月3日更新

4,251view

お気に入り

写真:Yaguruma

茨城県石岡市に位置する「いばらきフラワーパーク」が、2021年4月にリニューアルオープンしました。パークは小高い里山にあり、美しい景色が広がります。この記事では、リニューアルを経て驚くほどお洒落に変身したパークの様子を、エリアごとの見どころに加え、カフェ、レストラン、マーケットなど園内施設ごとに隅々までご紹介します。

この記事の目次表示

いばらきフラワーパークとは

緑豊かな里山に広がるパーク

いばらきフラワーパークは、里山風景が美しい石岡市八郷(やさと)地区に位置しています。1985年に開園しました。小高い丘いっぱいに広がったパークの敷地では、四季折々の花を観賞できます。

  • 写真:Yagurumaいばらきフラワーパーク/石岡市八郷地区

毎年、初夏(5~6月)にかけて咲き誇る900種類のバラが人気ですが、年間を通して様々な花(例えば春には桜、夏には紫陽花、秋にはコスモス、冬にはロウバイなど)が楽しめます。ちなみにバラは茨城の県花です。

  • 写真:Yagurumaいばらきフラワーパーク/春バラシーズン(5,6月)が人気
  • 写真:Yagurumaいばらきフラワーパーク/バラは茨城の県花

2021年4月に大規模リニューアルオープン

2021年には、開園以来初の大規模リニューアルが行われました。パークのコンセプトも新たに、「花を愛で、自然を感じ、五感を取り戻す(見る、香る、味わう、触れる、聴く)」へと生まれ変わっています。

  • 写真:Yaguruma2021年4月リニューアルオープン!いばらきフラワーパーク

青山フラワーマーケット(リテール事業)やパーカーズ(空間デザイン事業)などを展開する株式会社パーク・コーポレーションが指定管理者としてリニューアルプロジェクトに参画されたそうです。

  • 写真:Yaguruma2021年4月リニューアルオープン!いばらきフラワーパーク

それもあって、パークは驚くほどお洒落に変身しました。パーク全体の統一感や、置かれている雑貨、使われている食器など、きめ細やかなこだわりが伝わってきます。リニューアル前のパークとは全く異なった空間となっていますので、従来のパークをご存知の方もぜひ再訪してみては。

  • 写真:Yaguruma2021年4月リニューアルオープン!いばらきフラワーパーク
  • 写真:Yaguruma2021年4月リニューアルオープン!いばらきフラワーパーク

見学所要時間

散策時間は2~3時間もあれば十分楽しめるでしょう。ただし、カフェでお茶をしたり、レストランで食事をする場合はその時間も別途確保したいところです。筆者は散策、お茶、ランチ、ショッピング、すべてを含めて4時間ほど滞在しました。

  • 写真:Yagurumaいばらきフラワーパーク/見学所要時間は2~3時間程度

ショッピングについては、生花、雑貨、地元の工芸品、地元の加工食品など様々なものが販売されていますので、見ているだけでも時間がかかります。ゆとりを持ったスケジューリングで目一杯楽しみましょう。

  • 写真:Yagurumaいばらきフラワーパーク/園内マップ
【いばらきフラワーパーク基本情報】
●開園時間:9-17時(3-11月)/9-16時(12-2月)※入園は閉園30分前まで
●休園日:火曜日(祝日の場合は翌平日)※臨時休業あり
●入園料:一般900円、小中学生300円、未就学児童無料、ペット200円(※バラの時期は特別料金あり)
●年間パスポート:大人3,600円、小人1,200円、ペット500円
●公式ホームページ:こちら

パーク内・エリア別の見どころ

パークはいくつかのエリアに分けられていますので、それぞれの様子を簡単にお伝えします。

【1】バラのトンネル

パーク内へ入ると、まずは「バラのトンネル」へと導かれます。順路の看板が立っていますので、それに従い進みましょう。白やピンクのバラがトンネルの脇に絡まり可愛らしいです。トンネル自体は長くはありません。

  • 写真:Yagurumaいばらきフラワーパーク/バラのトンネル

【2】バラテラス

「バラテラス」エリアには低農薬で育ったバラが植えられ、サステイナブルなガーデンを演出しています。屋根付きの休憩所もあり、そこからパークを見渡せるようになっています。

  • 写真:Yagurumaいばらきフラワーパーク/バラテラス
  • 写真:Yagurumaいばらきフラワーパーク/バラテラス

【3】ローズパレット

「ローズパレット」エリアには、11色のバラが色ごとに分かれて植えられています。遠くから眺めると色がグラデーションになっている様子が分かります。お気に入りのバラの色がここで決められるかもしれませんね。

  • 写真:Yagurumaいばらきフラワーパーク/ローズパレット

【4】アトリエローズファーム

温室をワークショップスペースとして活用したエリアです。ここでは、地元や園内の植物を使うことにこだわったイベントを随時開催しています。イベントスケジュールやご予約は、公式ホームページ内「100の体感」から行えます。

  • 写真:Yagurumaいばらきフラワーパーク/アトリエローズファーム
  • 写真:Yagurumaいばらきフラワーパーク/アトリエローズファーム

【5】バラの品種園

このエリアでは、多種多様なバラが栽培されています。品種ごとに名前が付いていて、プレートが掲げられています。大小様々、形も色々で、文化的にも貴重なコレクションなのだそうです。木々とバラ園がマッチしたダイナミックな景色も堪能できます。

  • 写真:Yagurumaいばらきフラワーパーク/バラの品種園

【6】ヒルテラス

筑波山麓とバラを眺めながらウッドデッキでピクニックができるエリアです。ウッドデッキからの眺望が素晴らしく、里山の風景を存分に味わえます。園内は広いので、休憩するのに最適な場所です。

  • 写真:Yagurumaいばらきフラワーパーク/ヒルテラス
  • 写真:Yagurumaいばらきフラワーパーク/ヒルテラス

次のページを読む

茨城の旅行予約はこちら


茨城のパッケージツアー(新幹線・飛行機付宿泊プラン)を探す

茨城のホテルを探す

茨城の航空券を探す

茨城の現地アクティビティを探す

茨城のレンタカーを探す

茨城の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【2024最新】全国の人気水族館TOP37!旅行好きが行っている水族館ランキング

沖縄美ら海水族館や海遊館、八景島シーパラダイスをはじめとする全国の人気水族館を、トリップノートの9万2千人の旅行好きトラベラー会員(2024年1月現在)が実際に...


【関東】6月のおすすめ花畑29選!6月に見頃を迎える花の名所ガイド

6月は、春バラにあじさい、ハナショウブ、ラベンダーに蓮などの花々が見頃を迎える季節。しっとりした梅雨空の下に広がる花畑の光景を見に出かけませんか。6月に見頃を迎...

諸説あり!「日本三大稲荷」に数えられる有名稲荷を一挙紹介

日本三大稲荷といえば総本宮の伏見稲荷大社は必ずその1つに挙げられますが、残り2社は諸説あり、比較的知られた説の中だけでもなんと計13もの神社が候補に挙がっていま...

日本三大名瀑【華厳の滝・那智の滝・袋田の滝】&三名瀑に負けないおすすめの滝7選!

日本三大名瀑に数えられる華厳の滝・那智の滝・袋田の滝。そして日本にはこの三名瀑にも負けないスケールや美しさを誇る名瀑がまだまだ存在します。この記事では日本三大名...

日本のおすすめパワースポット24選!全国の最強パワースポット特集

日本の総氏神のように信仰される天照大御神をお祀りする伊勢神宮や、”願いが叶うパワースポット”として有名な来宮神社、全体が最強パワースポットと言われる皇居など、日...

この記事を書いたトラベルライター

大自然に魅せられて

【静岡】本当は広めたくない!柿田川湧水公園の神聖な見どころ5選

富士山に降った雨や雪が数十年の旅を経て、地上に現れる。それが静岡県清水町にある、柿田川湧水公園内の湧き水の正体です。こんこんと湧き出る、透明度の高い洗練された水...


【島根】1日で全部回れる!松江市のおすすめ観光スポット15選&ざっくりタイムスケジュール

島根県松江市街地のおすすめ観光スポットをご紹介します。宍道湖(しんじこ)を中心に栄えている町の魅力がたっぷり!朝から夜まで丸一日かけて、充実の松江観光を楽しんで...


人気の焼き芋が買える店を巡ろう!茨城県の焼き芋専門店・販売店13選

茨城県はサツマイモの生産地として有名です。最近では焼き芋を取扱うお店も増えました。地元住民、観光客どちらからも大人気です。この記事では茨城県内にある焼き芋専門店...

【茨城】100円でサツマイモ詰め放題!蔵出し焼き芋かいつか・かすみがうら本店工場直売所の魅力に迫る

まるでスイートポテトのような、クリーミー感とジューシー感。こんな焼き芋があったんだ!と、一口食べれば誰もが感じる焼き芋を販売しているお店、それが「かいつか」です...

【北千住】気分で使い分け!下町銭湯4軒を元住民が徹底解説!

下町情緒溢れる足立区北千住駅。駅前を離れ、町を歩くとアットホームな銭湯に数多く出会うことができます。この記事では、北千住駅西口エリア元住民の筆者が、西口にある銭...

トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります