茨城
茨城観光
史跡や自然景勝地が豊富な、国内一のメロン生産地

【茨城】2019年春公開映画のモデルにも!海と桜のまち・日立市でおすすめの観光スポット12選

取材・写真・文:

茨城在住
訪問エリア:40都道府県

2019年1月23日更新

620view

お気に入り

写真:菊地早秋

茨城県日立市でおすすめの観光スポットをお伝えします。2019年春には、日立市を舞台にした新田次郎原作の映画『ある町の高い煙突』が全国ロードショーされます。映画公開前に日立市のこと、知ってみませんか。

この記事の目次表示

日立市はどんな町?

海と桜のまち

日立市は、茨城県の北東部に位置します。太平洋に面しており、夏になると海水浴客で賑わう海岸が複数あり、のあるまちとして親しまれています。市の鳥は、ウミウです。

  • 写真:菊地早秋海のあるまち

また「日立鉱山」という、全国有数の銅山から発展した鉱工業都市でもあります。(銅を採り尽くし1981年閉山済。)銅を製錬する段階で煙害が起こり、山の木々が枯れるなど、環境問題が深刻でしたが、創業者自らが問題解決にあたったという逸話が有名です。

その際、山に植樹された多くの木々がでした。これにより、現在も日立市のまちなかでは、春になると桜が咲き乱れます。特に日立駅前からの「平和通り」は、日本さくら名所100選に指定されています。

  • 写真:菊地早秋「煙害」が問題となった日立鉱山

アクセス方法

公共交通機関を利用する場合、【1】~【7】のスポットは、JR常磐線「日立駅」、【8】~【12】のスポットは、JR常磐線「大甕(おおみか)駅」が最寄駅となります。ご参考までに、東京駅から日立駅までの乗車時間は、およそ3時間です。

自動車を利用する場合、【1】~【7】のスポットは、常磐自動車道「日立中央インター」、【8】~【12】のスポットは、常磐自動車道「日立南太田インター」で降りると便利です。日立は山も多く、電車やバスの本数も少ないですので、観光にはお車が断然便利です。

それではさっそくおすすめの観光スポットをご紹介していきます!

【1】日鉱記念館

日立市の歴史を知るなら訪問マスト

創業者・久原房之助(くはらふさのすけ)が「日立鉱山」を開業してから、約100年の歴史を詳細なパネル展示や資料で紹介しています。

日立鉱山」とは、1905年開業~1981年閉山まで、76年間日立市にて稼働してきた銅山です。工業都市・日立市の発展の原点にもなりました。日立鉱山閉山後は、事業をJX金属グループに引き継いでいます。

  • 写真:菊地早秋「日鉱記念館」外観
  • 写真:菊地早秋館内の様子

大手電機メーカー「日立製作所」の創業者・小平浪平(おだいらなみへい)も、日立鉱山で活躍していました。「日立製作所」は、日立鉱山付属の電気機械修理工場が原点となっており、のちに株式会社として独立します。

鉱山町」と呼ばれた、鉱山で働く人とその家族のための町運営は目を見張るものがあり、現代の福利厚生精神を最大限に感じ取ることができます。

具体的には、鉱山直営の共同浴場入浴券(湯札)が配られていたり、他の町より米価が安定していたりと、人々の暮らしは円満だったようです。記念館では、湯札のような貴重な展示物も実際に見ることができます。

  • 写真:菊地早秋湯札
  • 写真:菊地早秋かつての銅山内の疑似体験もできます

住民の生活は円満に見えましたが、徐々に鉱山につきものの環境問題「煙害」が顕著化していきます。従業員が鉱山の近くに住んでいることもあり、創業者自らが問題解決に積極的に取り組んだ歴史があります。

その結果、できるだけ高いところで煙を飛ばそうと建設されたのが「日立の大煙突」です。一部折れていますが、現存しています。「煙害」については、記念館の二階部分にて詳細な説明と写真展示があります。

  • 写真:菊地早秋記念館の二階では主に「煙害」についての説明がされている
  • 写真:菊地早秋鉱山稼働時の「日立の大煙突」
  • 写真:菊地早秋生々しい現実が丁寧に語られている

煙突は必見

日立鉱山を運営していくなかで発生した環境問題「煙害」。日立鉱山で働く人々が、「高い煙突」を立てて煙をできるだけ生活圏から離そうと、なんとか問題解決に向かい努力してきた話は有名です。現在も記念館から、日立市の海側へ向かう道路上より、その煙突を見ることができます。

  • 写真:菊地早秋今も残る「日立の大煙突」

そして2019年春、この日立の煙突エピソードをモデルにした映画が、全国ロードショーされる予定です。原作は、新田次郎著『ある町の高い煙突』で、映画のタイトルも同じく『ある町の高い煙突』となっています。

  • 写真:菊地早秋「日鉱記念館」に飾られていた映画のPRポスター

加害者と被害者が対立を乗り越え、叡智を振り絞り、煙害を解決していった青年たちの感動実話です。映画の公式ホームページに詳細な記載があります。

また、ツイッターフェイスブック等SNSでも情報が発信されていますので、ご興味ある方はのぞいてみて下さい。

日鉱記念館
茨城 / 博物館・美術館
住所:茨城県日立市宮田町3585地図で見る
電話:0294-21-8411
Web:http://www.nmm.jx-group.co.jp/museum/index.html

【2】御岩(おいわ)神社

常陸國最古の霊山

御岩神社の創建の時期は不明ですが、日本最古の地誌『常陸國風土記』(721年)に記載のあることから、古代より信仰の聖地であったとされる場所です。古代縄文人が神をまつった、という遺跡も発掘されており、関東でも有数の霊山として知られています。

  • 写真:菊地早秋早朝に訪問するとまだ暗い
  • 写真:菊地早秋楼門(大仁王門)

敷地内は緑が豊かで、きれいな空気を感じ取ることができます。広さもあるため、参拝には1時間程度みておくと安心です。社務所の営業時間が9時~17時のため、御朱印を頂きたい方は、この時間内に訪問しましょう。

  • 写真:菊地早秋御岩神社

御岩山頂まで登山も

御岩神社がある「御岩山」では、登山も可能です。参拝の途中に登山道への入り口がありますので、そちらから「御岩山」山頂まで行くことができます。

山頂は、「かびれの高峰」とも呼ばれ、標高530メートルあります。片道およそ60分を要し、15時以降の入山は禁止です。雨天時、積雪の際も入山はできませんのでご注意下さい。

  • 写真:菊地早秋登山道への入り口

御岩山周辺は、関東でも有数のパワースポットとして知られています。理由のひとつに、宇宙から地球を見た際、日本に光の柱が立つのが見え、場所を調べてみたら日立市の山中であった、という逸話があります。実際に国内、海外の宇宙飛行士から同じようなコメントが複数寄せられているのだとか。

  • 写真:菊地早秋関東でも有数のパワスポ
御岩神社
茨城 / 社寺・教会
住所:茨城県日立市入四間町752地図で見る
電話:0294-21-8445
Web:http://www.oiwajinja.jp/

【3】とうふ工房名水亭なか里

湧き水を使った本格豆腐

日立の山中にある、小さなお豆腐屋さんです。【2】でご紹介した御岩神社から、徒歩圏内にあります。特におすすめなのが、寄せ豆腐(240円/1個)です。

国産大豆100パーセントで、日立の湧き水を利用して作られています。もっちりした食感と、コクのあるお豆腐はまるでチーズのような美味しさです。

  • 写真:菊地早秋寄せ豆腐がおすすめ
  • 写真:菊地早秋厚揚げ豆腐も種類が豊富

加工品でおすすめなのは、おからコロッケ(130円/1個)です。中身を見ると、おからとお豆がぎっしり詰まっていて、アツアツのヘルシーフードです。

「御岩神社」の文字が焼かれた、どら焼き(190円/1個)も可愛らしいです。

  • 写真:菊地早秋揚げたてコロッケ(130円/1個)
  • 写真:菊地早秋コロッケの中身はぎっしり!
  • 写真:菊地早秋「御岩神社」と焼かれたどら焼き

湧き水はお持ち帰り可能

お店で作られるお豆腐には、敷地内で湧き出ている水が使われています。湧き水はお持ち帰り可能となっています。2リットルペットボトルが110円で販売されていますので、必要な方はお店でお買い求めください。

  • 写真:菊地早秋湧き水

ひんやりしていて、湧き水ならではの、まろやかで雑味のないお水を楽しめます。冷蔵庫で保存すれば数日間はもちます。ちなみにこちらのお水は、県薬剤師会検査センターの水質検査を定期的に受けているとのことで、安心して頂けます。

  • 写真:菊地早秋小さなお店です
とうふ工房 名水亭 なか里
茨城 / その他グルメ
住所:日立市入四間町821番地1地図で見る
電話:0294-22-6025

次のページを読む

茨城の旅行予約はこちら

茨城のパッケージツアーを探す

茨城のホテルを探す

茨城の航空券を探す

茨城の現地アクティビティを探す

茨城のレンタカーを探す

茨城の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年1月22日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

2019春の旅行に!3月・4月・5月の国内おすすめ旅行先・観光地45選

春(3月・4月・5月)におすすめの国内旅行先を月ごとにご紹介!春休みの家族旅行や、カップルでのお出かけにぴったりな旅先を全国から厳選しました。週末の1泊旅行でも...

茨城【ひたち海浜公園】駐車場攻略でネモフィラの青の世界にうっとり

書籍『死ぬまでに行きたい!世界の絶景』にも掲載され、東京から日帰りで見に行けることからも大人気な国営ひたち海浜公園。2017年のゴールデンウイーク期間中の入園者...


全国のおすすめ絶景スポット47選!ゴールデンウィークにお出かけしよう

国営ひたち海浜公園のネモフィラの花畑に、日本屈指の桜の名所・弘前公園、河内藤園の藤の花のトンネルなど、ゴールデンウィークに見に行きたい、全国各地の絶景スポットを...

【茨城】ネモフィラだけじゃない!ひたち海浜公園を楽しむ4つのポイント

どこまでも続く青空と足元に広がる一面のネモフィラ畑。shihoさん著書の『死ぬまでに行きたい世界の絶景』に紹介されてから、一躍話題となっている国営ひたち海浜公園...


【茨城】陶芸の町!笠間市でおすすめの観光スポット6選

茨城県中部に位置する笠間市。陶芸や陶器の町として知られています。自然に囲まれた環境のなか、思う存分に芸術と触れ合うことができるエリアです。観光には欠かせない食も...

この記事を書いたトラベルライター

新しい世界に溶け込んで
こんにちは。ライターの菊地早秋(きくちさき)と申します。旅が大好きでこれまで訪れた場所は、国内40都道府県、海外は東南アジアを中心に12か国です。取材は必ず自らの足で趣き、見たこと聞いたことを大切に、記事に盛り込むようにしています。読者の方に少しでもへえ~と思ってもらえるような、また、紹介される地域やお店の方々のパッションをできるだけ汲んだ作品をお届けしたいと思います。

【よくある執筆ネタ】
・茨城県
・名水/湧水/ネイチャースポット
・食文化/一次産業/地域で頑張る飲食店

【tripnote外の活動】
・足立区発フリペ「銭湯といえば足立」連載
・instagram「#さきが届けるセンスオブワンダー」エッセイ更新
・「人と地球を守るオルタナフード(株)Noblesse Oblige」一部コラム執筆

【Awards】
・H30.10 環境保全茨城県民会議主催「いばらき自然環境フォトコンテスト」部門賞
・H31.01 羽田空港主催「私の旅する日本語2018」企業賞

【静岡】本当は広めたくない!柿田川湧水公園の神聖な見どころ5選

富士山に降った雨や雪が数十年の旅を経て、地上に現れる。それが静岡県清水町にある、柿田川湧水公園内の湧き水の正体です。こんこんと湧き出る、透明度の高い洗練された水...

台南に行ったら絶対ゲットしたい!人気の帆布カバン屋さん3選

皆さんは普段カバンを使いますか?台南では、帆布カバンが人気で、お土産にも購入する人が増えています。 帆布カバンとは、使いやすさ、シンプルなデザイン、丈夫さ、そし...


タオルがいっぱい!今治タオル本店でお気に入りの一枚を見つけよう!

皆さんは今治タオルを使ったことはありますか?「今治タオル」とは、愛媛県今治市に集まっている、様々なタオル会社で作られたタオルの「総称ブランド」のこと。今治市は1...

【茨城】100円でサツマイモ詰め放題!焼き芋「かいつか」本店の魅力に迫る

まるでスイートポテトのような、クリーミー感とジューシー感。こんな焼き芋があったんだ!と一口食べれば、誰もが感じる焼き芋を販売しているお店、それが「かいつか」です...


築地市場と肩を並べる!「足立市場」ってどんな場所?

東京都内には、東京都が設置した11か所の中央卸売市場が存在します。ニュースなどでよく耳にする築地市場はその一つで、全国から様々なお魚が集まってくる、大きな市場で...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?