茨城
茨城観光
史跡や自然景勝地が豊富な、国内一のメロン生産地

夏から秋へ!湖上に蘇る帆引き船を見に行く【茨城】

取材・写真・文:

福島在住
訪問エリア:30都道府県

2019年9月20日更新

899view

お気に入り

写真:Olive

かつて霞ケ浦(かすみがうら)での漁に欠かせなかった帆引き船。一時は姿を消しましたが、現在は、観光帆引き船として、蘇っています。夏から秋にかけて見られる美しくも迫力ある姿を、船に揺られながら、あなたも見てみませんか?

この記事の目次表示

帆引き船(ほびきせん)が見られるのは?

  • 写真:Olive

帆引き船は、茨城県のかすみがうら市、行方(なめかた)市、土浦市の3市が操業しています。例年、7月末から11月末ごろまで操業されますが、操業時期、受付場所、出航場所など、市ごとに違うので、興味のある方は、事前に公式HPをご覧ください。なお今回ご紹介している写真は、かすみがうら市の操業のものです。

帆引き船の歴史

  • 写真:Olive

帆引き船とは、風の力を利用して漁をするために考案されたものです。それまでは、20人以上の人手が必要だった大型船での漁が、帆引き船ができてからは、2人で操業できるようになり、漁民の暮らしが安定しました。

  • 写真:Olive

明治13年に、かすみがうら市の漁師が考案した帆引き船は、多くの人々に享受され、約100年もの間、霞ケ浦漁業で不可欠の船となりました。大きく広がる帆を使い、風の力を利用しながら進む船は、シラウオ漁やワカサギ漁に使われましたが、昭和40年ごろからトロール漁(底引き網漁の一種)にとって替わり、姿を消すことになります。

帆引き船を間近で見よう!

  • 写真:Olive

姿を消してしまった帆引き船ですが、昭和46年に観光帆引き船として復活しました。霞ヶ浦漁業の歴史を知る上で、極めて重要な文化的遺産であることから、平成30年には、「霞ヶ浦の帆引き網漁の技術」が、国選択無形民俗文化財に選定されます。

観光帆引き船は、霞ヶ浦沿岸に位置する3市、かすみがうら市、行方市、土浦市からそれぞれ出航しますので、好みの港をチョイスできます。間近で見る帆引き船の迫力に、あなたもふれてみませんか?

かすみがうら市の帆引き船を見に行く

乗船までの流れ

  • 写真:Olive

まずは、事前予約が必要です。電話、または公式サイトでの電子申請になります。出航は、かすみがうら市の志戸崎(しとざき)漁港になります。30~60分前には、かすみがうら市交流センターで受付・料金の支払いをすませます。漁港には駐車場がないので、センター前の駐車場(無料)を利用しましょう。

いよいよ出航

  • 写真:Olive
  • 写真:Olive

時間になると、配布されたライフジャケットを身に着け、伴走船に乗り込みます。この日は、3艘の伴走船が運行し、1艘あたり10名弱の乗船でした。薄めのカーペットが敷かれていますが、ほとんどの方は土足のまま座ります。帆引き船が先に出航し、伴走船があとを追います。

  • 写真:Olive

帆引き船は沖に出ると、漁のための網を投下し、帆を広げ始めます。担当者によると、風は強すぎても、弱すぎても帆を上げられないとのことで、出航の是非も当日10時ごろまで不明ですし、帆があげられるかどうかも、その時の風次第となります。

  • 写真:Olive

伴走船は帆引き船の周りを、何回も近づいたり離れたり、周ったりしてくれるので、前後左右どこに座っても、写真撮影は問題ありません。大きなものだと、高さ9m、幅16mにもなる白い帆が、風を受け大空に広がる様子は壮観で、天気を心配していた分、よけいに感動してしまいます。時間になると、帆を下ろし、網を引き揚げ、漁港に戻ります。所要時間は、約1時間15分でした。

見学の際のアドバイス

  • 写真:Olive

漁港に戻る際の伴走船は、スピードがジェットホイル並みで、スリル満点で楽しいのですが、座面が固いので、持ち運べるアウトドア用のクッションなどがあると、痩せている方には良いかもしれません。船上は、陽をよけられないので、帽子は必須です。ただし、風も強いので、飛ばされないよう対策が必要です。熱中症対策も各自お忘れなく。水しぶきもかかる場合があるので、汚れても良い履物や服装をお勧めします。

かすみがうら市帆引き船の概要

帆引き船の操業期間

2019年7月21日(日)~11月24日(日)までの毎週日曜日 ※10月13日(日)、11月3日(日・祝)は運休

運航時刻

  • <7~10月>14時出航
  • <11月のみ>16時出航
  • 30~60分前に受付を済ませましょう

料金

  • 大人¥2,000 
  • 小人¥1,000 (未就学児無料)

予約先

029-897-1111 かすみがうら市観光協会

観光帆引き船
茨城 / 乗り物 / 女子旅
住所:受付:茨城県行方市玉造甲1963-5 道の駅たまつくり地図で見る
電話:0299-55-1221
Web:https://www.ibarakiguide.jp/seasons/recommend/kasu...

かすみがうら交流センター案内

休憩に便利

  • 写真:Olive

帆引き船観覧の前後におすすめなのが、受付窓口も設置されるかすみがうら交流センター。2015年に完成した交流センターは、霞ケ浦湖岸にあるため景色も良く、センター内には、レストランや、カフェ、ショップ、トイレなども設置されているので、大変便利です。

  • 写真:Olive

また2013年に全線開通したかすみがうらサイクリングロードの休憩スポットとしても人気で、この日も多くの愛好者が訪れていました。Mont-bellのフレンドショップにもなっており、ここで自転車を借りることも可能です。

カフェとレストラン

  • 写真:Olive

1階のカフェスペース「かすみマルシェ」では、ジェラートやハンバーガーなどの軽食がいただけます。筆者が訪れた日は、とても暑い日だったので、かき氷(¥600)が大人気でした。

  • 写真:Olive

2階は、「かすみキッチン」という名の、地産地消×ヘルシーをコンセプトにしているレストランで、霞ケ浦の名産品を材料にしたメニューが並びます。店内は、近隣で廃校となった小学校の備品が活用され、店内を見まわしていると、楽しい発見に思わず声があがります。

  • 写真:Olive蓮根豚レモンジンジャー焼きセット¥1,500
  • 写真:Oliveシラウオのピッツァセット¥1,350

ランチセットは、メイン+ライスかパン+サラダ+ドリンク付きで¥1,400から。単品注文も可能ですし、スィーツメニューも揃っています。

かすみマルシェ
茨城 / カフェ・喫茶店
住所:かすみがうら市坂4784番地先地図で見る
Web:http://kasumigaura.miraidukuri.jp/marche/
かすみキッチン
茨城 / 洋食・西洋料理 / ランチ
住所:茨城県かすみがうら市坂4784番地地図で見る
電話:029-896-1227
Web:http://kasumigaura.miraidukuri.jp/kitchen/

茨城の旅行予約はこちら

茨城のパッケージツアーを探す

茨城のホテルを探す

茨城の航空券を探す

茨城の現地アクティビティを探す

茨城のレンタカーを探す

茨城の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年9月11日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


関東のデートスポット35選!カップルのお出かけにおすすめ

展望や食事が楽しめる東京スカイツリーや、ライトアップもロマンチックな横浜赤レンガ倉庫、「天空のペンギン」が人気のサンシャイン水族館など、カップルで行きたいデート...


日帰りで楽しむ!関東近郊の女子旅おすすめスポット30選

イギリスのお城を移築した「ロックハート城」や、『ラピュタ』の世界を思わせる「猿島」、ムーミンバレーパークも人気の「メッツァビレッジ」など、東京から日帰りできる、...

関東のおすすめドライブスポット・コース55選!日帰りでお出かけしよう

景色が楽しめる絶好のドライブルートや、都市部から少し離れた自然豊かな景勝地や観光スポットなど、日帰りで行ける関東のおすすめドライブスポット・コースをご紹介します...

【2020】12月の国内おすすめ旅行先28選!冬・年末の旅行にぴったりな観光地特集

12月はイルミネーションに雪景色など、全国各地で冬ならではの絶景に出会えるシーズン。雪見温泉も格別な時期です。12月の週末や年末旅行におすすめの国内旅行先をご紹...

【2021】1月の国内おすすめ旅行先35選!お正月旅行にもぴったりな観光地特集

寒さ厳しい1月は、雪や氷の絶景が全国各地で見られるシーズン。冬の夜に映えるイルミネーションイベントもまだまだ楽しめます。1月のお正月旅行や週末旅行におすすめの国...

この記事を書いたトラベルライター

お出かけ、食べることが大好き!
日帰りドライブから、国内、海外を問わずお出かけするのが大好きです。ずっとタウン重視でお買い物に夢中の旅でしたが、10年ほど前にアメリカ・サンフランシスコに在住。国立公園めぐりをしたことをきっかけに、自然も大好きになりました。少し歴史を知ってから出かけると楽しいこと、美味しい食べ物や綺麗な風景に出会えると幸せなこと。小さな情報が、誰かの楽しい!や嬉しい!につながったらいいなと思っています。これからも、いろんなところへ出かけて、たくさんの情報を発信してゆきたいと思っています。少しでも参考になれますように!

これで完璧!奄美土産31選はここで買う!

島特有の文化が残る奄美大島では、古くから島に伝わる調味料や、加工品が多くあり、お土産としても喜ばれそうな品が豊富です。特産品を使ったお菓子や、珍しい雑貨などと共...


半日で周れる!奈良のいいとこ取り観光スポット・ベスト3

日本の国宝の5分の1は、奈良県にあると言われるほど、見どころの多い奈良ですが、町中から離れている場所もあり、1度に見て周るのは大変です。そこであまり時間はないけ...


これで完璧!【広島・宮島】の観光スポット10選と名物グルメ5選

海に浮かぶ社殿で有名な嚴島神社は、広島県にある世界遺産の一つ。本州の宮島口から10分ほどのプチ船旅で、神秘の島「宮島」に到着します。古より神の島として崇められ、...

きっと一番心に残る旅!ベルギー・ブルージュの観光スポット14選

「天井のない美術館」、「北のベネチア」、「ベルギーの水の都」と呼ばれ、ベルギーで最も人気の街ブルージュ。街を流れる運河に羽を休める白鳥、歴史的な建造物と昔ながら...

【長野】湯田中温泉周辺の観光スポット10選&お土産

長野でも潤沢な湯量を誇る湯田中温泉周辺はとても魅力的な場所。車で1時間圏内には、人気の観光スポットが目白押しです。素朴な温泉街、美味しいものに溢れた町歩き、地獄...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?