高知
高知観光
坂本龍馬の出身地として知られる、カツオ漁が盛んな地域

【高知】伊勢だけじゃない!絶品!伊勢海老が食べられるお店「中平」

取材・写真・文:

長野在住
訪問エリア:35都道府県

2018年12月27日更新

13,421view

お気に入り

写真:ポムラぽむ

「伊勢海老」と聞いて思いつく場所、それはおそらく三重県でしょう。しかし、高知県でも伊勢海老が食べられることをご存じでしたか? 釣りファンにも名の知れている「池の浦漁港」の目の前には土佐湾が広がり、黒潮の恵みを受け、とても大きく身のしまった天然の伊勢海老が育ちます。今回は、そんな伊勢海老を提供しているお店「中平」についてご紹介いたします♩

この記事の目次表示

伊勢海老とは

名前の通り、三重県の伊勢志摩での漁獲量が多いことから、伊勢海老と呼ばれています。ですが、あくまで伊勢志摩での漁獲量が多いだけであり、他の場所でも食べられないわけではありません。

千葉県や和歌山県、そして、今回ご紹介する高知県でも伊勢海老を食べることは可能です。伊勢海老の旬の時期は、10月~4月。漁期の伊勢海老は繁殖に向けてエサを大量に摂り始めるので、身が詰まっていて美味しいとのことです。

絶品!「中平」の伊勢海老料理

  • 写真:ポムラぽむ

伊勢海老が捕れる「池の浦漁港」のすぐ側に建つ「中平」。料理の鮮度にこだわっており、必ず生きている伊勢海老を締めてから提供してくださいます。そのため、伊勢海老の身はぷりっぷり!!また、身がぎっしり詰まっている伊勢海老なので、持ち上げるのも一苦労なほどです。

  • 写真:ポムラぽむ
  • 写真:ポムラぽむ

まずご紹介するのは、お刺身。1名様、2名様以上など、人数によって盛り付け方を分けて下さいます。2名以上でお刺身を注文した場合、刺身が盛られる大皿には伊勢海老の頭が載っていて、迫力満点。目で見ても楽しめます。

  • 写真:ポムラぽむ

見るからにぷりっぷりな伊勢海老のお刺身。肝醤油もしくは刺身醤油にていただきます。またお刺身を堪能している間、お刺身用の大皿に乗っていたエビの頭をお鍋に投入し、出汁を作ります。そのまま、お鍋用の伊勢海老が食べごろになるのを待ちましょう。

  • 写真:ポムラぽむ
  • 写真:ポムラぽむ

赤茶色だったエビの甲羅が真っ赤になったら、それが食べごろの合図です。身が詰まっているため、口に入れた瞬間から噛みごたえ満点。そしてエビの甘味が口いっぱいに広がり、自然と笑みがこぼれます。

  • 写真:ポムラぽむ

あっという間に鍋の中身がなくなったところで、シメの登場です。エビのダシがたっぷり溶け込んだお鍋にごはんを入れ、卵でとじて雑炊にしていただきます。エビから出たお出汁の味が、お米にしっかりとしみ込んでいます。これを美味しいと言わずに、なんと言うのでしょうか(笑)。

  • 中平での一人当たりの予算目安:約7,500円前後(税別)

「中平」では、伊勢海老の郵送も可能

「中平」では、伊勢海老を郵送することもできます。お値段は、8,000円(送料別)~。お店で食べてみて、同じ伊勢海老を自宅でも食べたくなった方は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

おまけ:高知のお土産が買える場所

  • 写真:ポムラぽむ
  • 写真:ポムラぽむ

エビ以外にも高知県のお土産がほしいという方には、「はるるの湯」がオススメです。「中平」から車で約40分の場所にある、四国最大級の天然温泉です。高知県の珍しい駄菓子や、アイスなどを販売している売店があります。

その他、高知自動車道を利用する方には「南国サービスエリア」もオススメです。「中平」からは車で約60分。こちらに揃っている高知県のお土産は、とにかく種類が豊富。また、南国サービスエリア上り線でしか買えない芋天もオススメです(笑)。

まとめ

一度行けばその味にはまり、また行きたくなる、そんなお店が「中平」。ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか?お店までは少しくねくねした道もありますが、旬の季節になると伊勢海老が恋しくなり、何度でも通ってしまいたくなることでしょう。

いせえび料理中平
高知 / 魚介・海鮮料理 / ランチ
住所:高知県須崎市 浦の内 池の浦,いせえび料理中平地図で見る
電話:088-856-1651
Web:http://www.iseebi.net/

高知の旅行予約はこちら


高知のパッケージツアー(新幹線・飛行機付宿泊プラン)を探す

高知のホテルを探す

高知の航空券を探す

高知の現地アクティビティを探す

高知のレンタカーを探す

高知の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


全国の人気ご当地グルメ47選!お取り寄せもできる都道府県別の名物グルメ特集

旅行の楽しみの一つ「ご当地グルメ」。この記事では全国47都道府県ごとに、人気の名物グルメを厳選してご紹介します。いずれのご当地グルメもお取り寄せもできますよ。


食べ歩きが楽しい!四国のグルメな観光スポット11選

賑わいある表参道が魅力の「金刀比羅宮」や、歴史ある温泉街歩きも楽しい「道後温泉」、ご当地感あるグルメが揃う「ひろめ市場」など、食べ歩きを楽しみたい、四国のグルメ...

全国のグルメな人気観光スポット37選!食べ歩きも楽しい大型市場・朝市・商店街特集

北は北海道から南は沖縄まで、全国の大型市場・朝市・商店街など食べ歩きが楽しいグルメスポットを厳選!観光スポットとしても人気のグルメスポットをまとめて紹介します。

インスタ映えから変わり種まで!全国のご当地ソフトクリーム24選

特産のオリーブオイルがかかったオリーブソフトや、金箔一枚が贅沢にのった金箔ソフト、名産の二十世紀梨のピューレがたっぷり入った梨ソフトクリームまで、旅先で食べたく...

【高知】ドライブ旅行におすすめ!エリア別の観光スポット・グルメ16選&オンラインショップ情報や動画も♪

四国の中で最も広い高知県は、観光スポットや美味しい高知グルメがたくさんあります。今回は、筆者が実際に訪れた、高知県のおすすめスポットをエリア別にまとめてみました...

この記事を書いたトラベルライター

生き様が芸人
以前、旅行会社に勤めていたということもあり、いつの間にか国内の35ヶ所に足を運んでいました。海外には、プライベートではありますが、10箇所ほど訪れました。
 しかし、当時の私は、歴史などに全く触れて参りませんでしたので、今思うと、まるで赤ちゃんが旅行したかのように各地を訪れていたように感じます。
 もしまた色々な場所に飛び回れる機会が巡ってきたら、その場所の歴史や文化に事前に触れてから訪れ、五感を研ぎ澄ませなせながら隅々まで現地を堪能したいです◎ そして、それを発信していければ最高ですね◎

【兵庫】「日本のマチュピチュ」竹田城跡の雲海を見る方法

兵庫県朝来(あさご)市にたたずむ、竹田城跡。秋が深まるにつれて、雲海に包まれる絶景を見られるチャンスも増えてきます。その雲海を見る方法として、竹田城跡の中まで行...


【大阪・高槻】森林浴でリラックス!摂津峡ハイキング

大都会として知られる大阪ですが、実は府内には美しい公園がいくつもあり、遠出せずともアウトドアを楽しむことができるんです!今回はその中でも、北摂にある「摂津峡」に...


【滋賀】何度も登りたくなる近江富士「三上山」

琵琶湖を周遊していると、どこからでもキレイな三角形の山が見えます。これは「近江富士」と言われる「三上山(みかみやま)」。御上という神様が宿っている神聖な山です。...

【大阪】最強のパワースポット「住吉大社」を徹底解説!ご利益・初辰まいり・周辺グルメまで

「大阪の初詣といえば、すみよっさん」。と言われるほど、全国各地から参拝客が訪れる住吉大社。年間参拝者数は、約230万人!そんな住吉大社は、大阪随一のパワースポッ...

【三重】月に1度しか味わえない!伊勢神宮朔日参りに行ってみよう

毎月1日の早朝に神社へお参りすることを「朔日(ついたち)参り」と呼びます。伊勢神宮にも多くの人が朔日参りに訪れ、近くにある赤福では、その日限定の「朔日餅」を食べ...

トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります