イスラエル
イスラエル観光
観光のハイライトは旧市街が世界遺産のエルサレム

イスラエルの建国記念日/独立記念日を祝うテルアビブ(国内最大級イベント)

取材・写真・文:

訪問エリア:15ヶ国

2019年3月28日更新

2,222view

お気に入り

写真:がぅちゃん

1948年5月14日に建国/独立したイスラエル。建国記念日/独立記念日はヨムアツマウートと呼ばれ、国内最大級のイベントとなります。ビーチ上空を戦闘機が舞い、夜はお祭り騒ぎとなるテルアビブの様子を紹介します!(記事の様子は2018年の建国70周年)

この記事の目次表示

イスラエル建国記念日とは

  • 写真:がぅちゃん「Ha-Knesset Square」の様子

イスラエル建国記念日とはイスラエルの建国(※)を祝う日の事です。「独立記念日(Independence Day)」や「ヨム・ハ・アツマウート(Yom Ha'atzmaut)」などと呼ばれます。

※イスラエルの建国は、西暦1948年5月14日(ユダヤ暦5708年イヤール5日)、イスラエル初代首相のダヴィド・ベン=グリオンによって宣言されました。

お祭り中によく見かけるダヴィド・ベン=グリオンについて

  • 出典:ja.wikipedia.orgイスラエル初代首相、ダヴィド・ベン=グリオン

ダヴィド・ベン=グリオン(David Ben-Gurion)は、ロシア帝国(現在のポーランド・プロニスク)出身の政治家です。イスラエル最大の国際空港「ベン・グリオン国際空港」の名前にもなっています。

  • 写真:がぅちゃんダヴィド・ベン=グリオンがデザインされた建国70周年の看板

70周年を祝う2018年のイスラエル建国記念日には、看板などのデザインにも採用されていました。

開催日に注意

イスラエルの建国記念日はユダヤ暦を基準に祝うため、西暦の日程とズレが生じます。それに加え、安息日(ユダヤ教徒が働いてはいけない日)との折り合いも兼ねたりして開催日程が調整されるので、毎年開催日が変動します。

【イスラエル建国記念日の開催日】
2019年:5月9日
2020年:4月29日
2021年:4月15日

昼間の様子:建国記念日当日のビーチ周辺

  • 写真:がぅちゃん「Ha-Knesset Square」の近くのビーチ一帯

イスラエル建国記念日当日のテルアビブでは、ビーチ上空でイスラエル空軍による飛行ショーが開催されます。ビーチの中心部である「Ha-Knesset Square(クネセト広場)」周辺は特に混雑します。

クネセト広場
イスラエル / 公園・動植物園 / 広場
住所:Ha-Knesset Square, Tel Aviv, Israel地図で見る

イスラエル空軍の飛行ショー

  • 写真:がぅちゃん
  • 写真:がぅちゃんビーチ上空で飛行パフォーマンス中のイスラエル空軍
  • 写真:がぅちゃんビーチ上空で飛行パフォーマンス中のF15戦闘機

正午を過ぎたあたりから、ビーチ上空でイスラエル空軍のF15戦闘機などによる飛行ショーが開催されます。想像を絶する音なので、遠くに見えても充分に迫力があります。

  • 写真:がぅちゃん飛行機から飛び降りる隊員たち(矢印)

飛行機から隊員が海上にパラシュートで落下するパフォーマンスなども見られます。以下の飛行ショーの動画もご参考ください(音量注意)。

飛行ショーの開催時間:昼12時〜昼2時頃まで

飛行ショー直後の移動には注意

  • 写真:がぅちゃん「Ha-Knesset Square」周辺のバス停の様子
  • 写真:がぅちゃん混雑が原因でバスに乗れず揉めていた乗客

飛行ショー直後のバス停は、とにかくどこも混んでいます。バスに乗れない人をしょっちゅう見かけたので、移動のタイミングには注意が必要かもしれません。

路上の様子

  • 写真:がぅちゃん「Ha-Knesset Square」の周辺の路上

LGBTフレンドリーであることを示すレインボーフラッグと、イスラエル国旗の数々が路上を華やかに彩ります。アメリカの独立記念日の雰囲気にも似ています。

夜の様子:建国記念日前夜のロスチャイルド通り

  • 写真:がぅちゃんロスチャイルド通りの様子

テルアビブでも最も人気の「ロスチャイルド通り」は、建国記念日当日の夜と前夜にライトアップで盛り上がります。また建物の外壁には、プロジェクションマッピング(※)も映し出されます。

※プロジェクションマッピングとは、建物などに映像を映し出す技術のことです。 

ロスチャイルド通り
イスラエル / 町・ストリート
住所:Rothschild Boulevard, Tel Aviv, Israel地図で見る

通りの雰囲気

  • 写真:がぅちゃん
  • 写真:がぅちゃん
  • 写真:がぅちゃんテオドール・ヘルツル(左)&ダヴィド・ベン=グリオン(右)のコスプレ

通りは、歩くだけでも楽しくなるようなお祭りムードです。路上にはダヴィド・ベン=グリオンとテオドール・ヘルツルのコスプレをした人の姿も見受けられます。

余談:テオドール・ヘルツルについて

テオドール・ヘルツル(Theodor Herzl)は、オーストリア帝国(現在のハンガリー・ブダペスト)出身の人物です。イスラエル建国の基礎となるシオニズム(※)運動を起こした人の1人であり、「イスラエル建国の父」などと称されます。

※シオニズムとは、パレスチナにユダヤ人の故郷を作ろうとする思想のことです。イスラエルはこの思想に基づいて建国されています。

  • 出典:ja.wikipedia.org※左右人物写真の出典元は該当画像参照

ことイスラエル建国記念日に関しては、建国の父「テオドール・ヘルツル」と、先に紹介した初代首相「ダヴィド・ベン=グリオン」の2人をもってして「役者は揃った」という感じがあります。

とにかく国旗だらけ

  • 写真:がぅちゃん電信柱に装飾されたオーソドックスな国旗
  • 写真:がぅちゃん木に突き刺さった国旗
  • 写真:がぅちゃん国旗がデザインされた垂れ幕

建国記念日を祝うシーズン中は、写真の通り、街のいたるところにイスラエルの国旗が飾られています。国旗が飾られていない通りを見つけるのが困難なほどです。

国旗をまとう人々も

  • 写真:がぅちゃん国旗を纏う女性
  • 写真:がぅちゃん国旗を纏う男性
  • 写真:がぅちゃん国旗のカチューシャをつけた女性(左)と国旗を担ぐ女性(右)

国旗をまとっているのは若い人が多い印象で、愛国心と言うよりはノリでやっているという印象です。日本のワールドカップみたいな雰囲気でしょうか。

次のページを読む

イスラエルの旅行予約はこちら

イスラエルのパッケージツアーを探す

イスラエルのホテルを探す

イスラエルの航空券を探す

イスラエルの現地アクティビティを探す

イスラエルのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年2月5日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

この記事を書いたトラベルライター

京都出身のゲイライター
インターネットで記事を書いてしばらくになります。よかったらブログも見てください。ツイッターもやっています。
https://gauchan.xyz/

遊ぶならここ!京都最大の繁華街・四条河原町の代表エリア4つ

京都で遊べる繁華街といえば四条河原町ですが、実際はどんなところか? 遊ぶところはどこなのか? 京都出身の筆者が、特に人気の代表エリア4つを紹介します。


「イスラエル料理」の徹底解説と定番メニュー43品

イスラエルで実際に住んで得た知見を元に、イスラエル料理の定義(具体的に何がイスラエル料理と呼べるのか?)などの説明に加え、現地の定番料理を43品厳選して紹介しま...


【ドイツ】定番だけ厳選したベルリンのおすすめ観光地11選+みどころ

ドイツの首都ベルリン。実際に3年間住んだ経験を元に、旅行者におすすめなベルリンの定番観光地を11件厳選し、 各地のみどころと共に紹介します!

【ギリシャ】アテネで食べられる定番ギリシャ料理8選

ギリシャの首都・アテネで簡単に食べられるギリシャ料理を、定番のみ8品ピックアップしました。どんな料理かという説明とともに、味の特徴や食べられる場所も併せて紹介し...

焼くの英語の言い方10選!違いがわかるビジュアル付き解説(海外旅行でも使える)

焼くの英語の言い方は調理方法によって違い、「fry」「grill」「bake」など様々なバリエーションがあります。この記事では、英語で最もよく使われる「焼く」の...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります