イスタンブール
イスタンブール観光
ヨーロッパとアジアにまたがるトルコ最大の都市

知らなきゃ損!ミュージアムパスを利用してイスタンブールをかしこく周ろう!

取材・写真・文:

訪問エリア:17ヶ国

2018年4月24日更新

5,931view

お気に入り

写真:Zon

トルコ イスタンブールの博物館をお得に見学することができるミュージアムパスをご存知ですか?長い歴史を持つ街 イスタンブールには、ビザンツ帝国時代の建造物を利用した博物館、オスマン帝国時代の宮殿など、様々な見学スポットがあります。周りたいところが1つか2つなら、その都度入場券を買うのもありですが、3つ以上気になる箇所があればミュージアムパスがとってもお得です!

この記事の目次表示

イスタンブールのおすすめツアー
◆◇2ヶ国周遊◇◆ “世界一美しい村”チェスキークルムロフ日帰り訪問♪ 美しき千年の都プラハ&東西文化の架け橋イスタンブール 【イスタンブールは旧市街ホテル指定&送迎付き】 4泊7日間 【成田夜発/ターキッシュエアラインズ利用】
99,800円~354,800円
~*トルコ式風呂“ハマム”でゆったり癒しの時間を*~ 東西文化の架け橋イスタンブール/世界遺産の旧市街モダンな4つ星ホテル「レヴニホテル&スパ」宿泊 送迎付き2泊5日間【成田夜発/航空会社未定プラン】
99,800円~239,800円
☆★口コミ人気ホテルに泊まる!★☆ 魅惑の古都イスタンブール/世界遺産の旧市街・コスパ抜群4つ星ホテル「ネオリオン」宿泊 安心の送迎付き2泊5日間【成田夜発/航空会社未定プラン】
99,800円~249,800円

ミュージアムパスとは?

イスタンブールで3つ以上気になる博物館などがあるかたは、手に入れて間違いないのがミュージアムパスです。

気になるお値段

85TL(約2,465円)で5日間有効。トプカプ宮殿やアヤソフィア博物館など計11か所の主要なスポット(2018年1月現在)に、これ一枚で入場することができます。

  • 写真:Zonミュージアムパスひとつで訪れることができる場所がたくさん!

なぜそんなにお得なの?

例えばトプカプ宮殿の入場料が40TL(約1,160円)、トプカプ宮殿のハレムが25TL(約725円)、アヤソフィア博物館が40TL(約1,160円)、となると、もうこの時点ですでにミュージアムパスを購入するほうがお得なのです!

そのほかの博物館も10TL(約290円)以上の入場料がかかるので、購入して損はないパスです。

購入場所

トプカプ宮殿、アヤソフィア、国立考古学博物館、トルコ・イスラーム美術博物館、大宮殿モザイク博物館、ガラタ・メヴラーナ博物館、カーリエ博物館で購入可能です。(2018年1月現在)

今回は、ミュージアムパスを使って入場できる、トプカプ宮殿、アヤソフィア博物館以外のおすすめの博物館をご紹介します。

トルコ・イスラーム美術博物館

アッバース朝、セルジューク朝、マムルーク朝など19世紀までのイスラム圏の伝統的な美術工芸品が集められてる博物館です。

  • 写真:Zonトルコ・イスラーム美術博物館

クルアーン(コーラン)の写本は特に見ごたえがあります。高さ40センチはあるのでは?というくらい大きく、装飾も美しいクルアーンの写本は、アラビア文字が読めなくても見とれてしまうでしょう。オスマン帝国時代の、壁一面に展示された巨大絨毯も印象に残ること間違いなしです。

  • 写真:Zonトルコ・イスラーム美術博物館

内部は写真撮影不可なので気をつけましょう。

トルコ・イスラーム美術博物館
イスタンブール / 博物館・美術館
住所:Binbirdirek Mh. Atmeydanı Sk. No: 12 - Sultanahmet/İSTANBUL地図で見る

アヤイリニ博物館

「聖なる平和」という意味のアヤイリニは、トプカプ宮殿に辿り着く途中の第一庭園にある、ビザンツ帝国時代に建てられた教会です。コンスタンティノープルに最初に建てられた教会で、その歴史はアヤソフィア博物館よりも古いのです!

  • 写真:Zonアヤ・イリニ博物館
  • 写真:Zonアヤ・イリニ博物館 外壁

コンスタンティノープル陥落後、アヤイリニはメフメト2世によって教会から武器庫に変えられました。いまでは音楽祭の会場、博物館として利用されています。イスタンブールの教会はモスクに改修されることが多かったのですが、アヤイリニは改修されなかった数少ない教会のひとつです。

  • 写真:Zonアヤ・イリニ博物館 内部

内部の天井には大きな十字架が描かれています。

アヤイリニ
イスタンブール / 博物館・美術館
住所:Cankurtaran Mh.34122 Fatih Istanbul地図で見る

大宮殿モザイク博物館

スルタンアフメット・ジャーミィ(ブルー・モスク)の南側にある博物館です。

  • 写真:Zon大宮殿モザイク博物館

この辺りは、第四回十字軍の頃まで使われたビザンツ帝国の宮殿があった場所です。建物は残っていませんが、さまざまなモザイクが発見され、復元されて展示されています。内部は床面から壁まで、様々なモザイク画でいっぱいです!

  • 写真:Zon大宮殿モザイク博物館 床も壁もモザイク画

緑や黄など鮮やかな色合いのタイルが多く、動物や木々などの様々な物語が描かれています。

  • 写真:Zon大宮殿モザイク博物館 モザイク画
  • 写真:Zon大宮殿モザイク博物館 動物や植物のモザイク画が多い

ひとつひとつのタイルが微妙に違った色合いで、全体として素晴らしいモザイク画になっています。

  • 写真:Zon大宮殿モザイク博物館 絶妙な色合い
  • 写真:Zon大宮殿モザイク博物館 何世紀も前の美しさが残っている
大宮殿モザイク博物館
イスタンブール / 博物館・美術館
住所:Arasta Çarşısı, Sultanahmet Mah. - Fatih / İSTANBUL地図で見る

国立考古学博物館

トプカプ宮殿の第一庭園の北側、石畳を下ったところにある博物館です。

  • 写真:Zon国立考古学博物館

この博物館の敷地には、新館、旧館、古代東方博物館、装飾タイル博物館があり、展示物の数は膨大!全部じっくり見ていると半日くらいかかってしまいます。

  • 写真:Zon古代東方博物館 館内

なかでも特に時間を割いてでも見ていただきたいのが、装飾タイル博物館です。

装飾タイル博物館

敷地内でひときわ目立つ美しいエントランスがこちらの装飾タイル博物館です。1472年にメフメト2世によって建てられたもので、もとはポロ競技の見物のための建物でした。オスマン朝期の非宗教の建物のなかでは現存する最古のものなので、外観も見逃せません!

  • 写真:Zon装飾タイル博物館 エントランス部分

内部は、モスクのようなドーム状の天井になっています。

  • 写真:Zon装飾タイル博物館 内部

壁一面の装飾タイルは繊細なデザインがこの世のものとは思えないくらい美しく、見る者を圧倒します。

  • 写真:Zon装飾タイル博物館 1432年の作品

青と緑はいかにもトルコらしい色合いです。1540年の作品ですが、色褪せることなく残っています。

  • 写真:Zon装飾タイル博物館 アラビア文字が美しい

クジャクやチューリップ、カーネーションの絶妙な色合いが美しいこちらの作品はムラト3世の時代のものです。

  • 写真:Zon装飾タイル博物館 1590年頃のムラト3世の時代の作品

このほか、イズニックやチャナッカレなどの陶器の展示もあります。イスラム圏らしい作品を思う存分味わうことができる博物館です。

装飾タイル博物館
イスタンブール / 博物館・美術館
住所:Alemdar Cad. Osman Hamdi Bey Yokuşu Sok. 34122, Gülhane, Fatih, İstanbul地図で見る
国立考古学博物館
イスタンブール / 博物館・美術館
住所:Alemdar Cad. Osman Hamdi Bey Yokuşu Sok. 34122, Gülhane, Fatih, İstanbul地図で見る
Web:http://www.istanbularkeoloji.gov.tr/

ガラタ・メヴラーナ博物館

こちらは新市街にある博物館です。イスティクラル通りの観光ついでに立ち寄ることができる便利な立地。

  • 写真:Zonガラタ・メヴラーナ博物館

ここは、1491年に創立されたメヴレヴィー教団の修行場のひとつでした。メヴレヴィー教団とは、イスラム教の神秘主義の教団のひとつです。イスティクラル通りの喧騒が嘘のように、博物館内部は静かでどこか神秘的な空気が漂っています。

  • 写真:Zonガラタ・メヴラーナ博物館 展示物
  • 写真:Zonガラタ・メヴラーナ博物館 展示物

笛や太鼓、衣装など、ほかの博物館では目にすることがないような展示物がたくさんあります。教団の中心地であるコンヤに行けなくても、イスタンブールでその神秘的な雰囲気を味わうことができる博物館です。

ガラタ・メヴラーナ博物館
イスタンブール / 博物館・美術館
住所:Şahkulu Mh.Galip Dede Cd. No:15 34420 Beyoğlu/İstanbul地図で見る

おわりに

すべての博物館でいちいちチケットを買うと費用も嵩みますが、ミュージアムパスがあればかなりお得に博物館巡りができます。チケットブースの行列に毎回並ばなくていいのも、旅行者にとっては嬉しいですよね!イスタンブールでは是非ミュージアムパスを片手に、博物館巡りを楽しんでみてください!

※価格は2018年1月現在(1TL約29円)

イスタンブール旅行を自分好みにアレンジしよう!

オンライン旅行会社「旅工房」ならばイスタンブールのツアーのアレンジも承ります(相談無料)。

  • 泊数を変えずに価格を抑える
  • 複数のホテルに宿泊する
  • 2ヶ国以上周遊する、など

旅工房でイスタンブールのすべてのツアーをみる>>

イスタンブールの旅行予約はこちら

イスタンブールのパッケージツアーを探す

イスタンブールのホテルを探す

イスタンブールの航空券を探す

イスタンブールの現地アクティビティを探す

イスタンブールのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年1月22日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


イスタンブール新空港⇔市内のアクセスならエアポートバス「Havaist」がおすすめ

2019年4月に本格的に始動したトルコ最大の国際空港、イスタンブール空港(イスタンブール新空港)。空港⇔市内間をバスでアクセスする方法や料金、所要時間などをご紹...


【トルコ】イスタンブール名物!サバサンドの屋台船「Derya Balık Ekmek」

トルコ・イスタンブール名物グルメ、サバサンド。中でも有名な、ガラタ橋やエミノニュ広場の近くにあるサバサンドの屋台船「Derya Balık Ekmek」の詳細を...

実は見どころ満載!ユスキュダルでアジア側のイスタンブールを大満喫

トルコ イスタンブールは、ボスポラス海峡を挟んでヨーロッパとアジアに分かれる街です。有名な観光スポットの多くはヨーロッパ側にあるため、アジア側は観光客はなかなか...

王道プラン!イスタンブール旧市街を一日で観光する満喫コース

世界で唯一ヨーロッパとアジアにまたがる街、トルコ イスタンブールには一日では観光しきれない魅力的なスポットがたくさんあります。今回はイスタンブールの旧市街を効率...

ガイドブックに載らないイスタンブールの魅力!カドゥキョイでしたいこと4選

トルコ イスタンブールの主要観光スポットは、ヨーロッパ側に集中しています。しかしアジア側のKadıköy(カドゥキョイ)も、トルコらしさ、イスタンブールらしさを...

この記事を書いたトラベルライター

トルコの魅力を発信中
トルコ、特にイスタンブールの魅力を発信中!
ガイドブックには載らないけれど魅力なスポット、現地の人と実際に触れ合うからこそ発見できるような場所、もちろん定番の観光スポットや食べ物もご紹介していきます。

ロシアへの留学を含め、訪問した国は17ヶ国
海が見える場所、モスク、バクラヴァ、カフェ、ハマム、飛行機が大好き。
https://ameblo.jp/zonistanbul

イスタンブール新空港⇔市内のアクセスならエアポートバス「Havaist」がおすすめ

2019年4月に本格的に始動したトルコ最大の国際空港、イスタンブール空港(イスタンブール新空港)。空港⇔市内間をバスでアクセスする方法や料金、所要時間などをご紹...


欧州のエアライン王者!ターキッシュエアラインズで飛ぶ快適な空の旅

みなさんはターキッシュエアラインズに搭乗されたことがありますか?トルコの国営航空会社であるターキッシュエアラインズは、どの航空会社よりも多くの国に運航していて、...

絶対に喜ばれるトルコ土産!ロクムの老舗ハジュ・ベキル

みなさんはトルコのお土産と聞くと何を想像しますか?色とりどりのトルコランプや繊細な模様が美しいトルコ絨毯、それともエキゾチックな香り漂う香辛料?選ぶのも迷ってし...

エキゾチックがとまらない!トルコで買いたいお土産5選☆

トルコと聞いて、思い浮かぶお土産はなんですか?見ているだけでも楽しくなる異国情緒たっぷりの雑貨が多いトルコでは、お土産選びも楽しみのひとつ。空港でもある程度買う...

実際に買いました!おすすめのトルコ土産4選

トルコ イスタンブールには定番以外にも魅力的なお土産がたくさんあります。自分用にも友達用にも会社用にも、イスタンブールマニアの筆者が実際に買って「よかった!」と...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?